基本の味噌汁の作り方!味わい深い「昆布だし」を簡単に作る

味噌汁にはだしが必要不可欠ですが、普段どのようなだしで味噌汁を作っていますか。

手軽な風味調味料を利用しても良いですが、「昆布」や「かつお節」などでだしをとる方もいるでしょう。

特に昆布だしは、上品で優しい味わいで、素材の味や香りを生かした味噌汁を作ることができます。

そこで今回は昆布だしに注目し、基本のだしの取り方や、昆布だしを使った味噌汁の作り方などをご紹介していきます。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

試してみる価値あり!?豆乳を使った紅茶のレシピをご紹介

健康飲料として話題の豆乳を、ぜひ普段の食生活に取り入れてみませんか。クセが苦手という人もいる...

毎日食べても飽きない!玄米と雑穀米の美味しい炊き方は?

玄米や雑穀米は栄養豊富で、ヘルシーだと言われていますが、パサパサした触感や特有のえぐみ、匂いがあ...

玄米は粥にした方が消化は良くなるの?美味しい玄米粥って?

健康のために玄米を食べている人も多いですよね。しかし玄米は硬さがあるので、よく噛まないと食べ...

ちまたで話題の玄米を食べるならこのおすすめ銘柄を選ぼう!

最近、玄米食に対する評価が、見直されてきています。玄米が健康に良さそうだということは、以前か...

玄米を圧力鍋で炊くとき、水加減はどれくらいにすればいい?

健康に良いとわかっていても、硬くてポソポソとした食感が気にかかる玄米ですが、圧力鍋で炊くと玄米とは...

玄米と発芽玄米の違いは?発芽玄米は玄米より栄養価が高い?

健康に気遣っている方で、白米を玄米にしている!という方、いらっしゃいますよね。玄米は、白米に比...

お米に現れた黒い虫の正体は一体?対処法や予防策はあるの?

皆さんは、米びつを開けた際に、黒い虫を発見したことはありませんか?一度発見すると、お米全体を...

もち米1合って何g?知っておきたいもち米の基礎知識

突然ですが、もち米のこと、どこまでご存知ですか?おはぎなどを作るために用いるご家庭も多いことで...

玄米をおいしく炊くための2つのお約束は乾煎りと充分な浸水

栄養の宝庫と言われる玄米ですが、硬くて食べにくいとか、発芽抑制因子が含まれていると聞いて心配だと...

味噌鍋のレシピで八丁味噌を利用してみたらこんなに便利

八丁味噌は見た目が濃いのに、味が塩辛くなくコクがあります。この話がメディアで取り上げられてか...

ピーマンは「味噌」を使えば人気食材に!?子供が喜ぶレシピ

子供の中には、「ピーマンが苦手」という子も多いでしょう。しかし、ピーマンにはビタミンCなどの...

そのままでも隠し味でも!おいしい味噌のレシピが大人気!

日本の伝統的な調味料の一つ、味噌。子どものころは、母親の作る味噌汁の香りで毎朝目が覚めた方も...

お米の浸水は一晩置いても問題なし?美味しい炊き方とは

お米はちょっとのひと手間で美味しくなる食材です。主食ですから、食べるなら美味しく食べたいです...

納豆や豆腐のタンパク質の種類は?タンパク質の役割って何?

納豆や豆腐を毎日食べている方、多いのではないでしょうか?納豆や豆腐は栄養満点ですよね。...

初夏が旬!青唐辛子を使った味噌の簡単な作り方と保存方法

梅雨の時期がはじまり、雨がしとしとと降り続けるような季節ですが、そんな時季に旬な食材があります。...

スポンサーリンク

味噌汁に使う「昆布だし」とは?

味噌汁のだしにはさまざまな種類や作り方がありますが、中でも昆布だしは上品で優しい味わいが特徴です。

昆布は「ヨウ素」や「食物繊維」などの栄養素が豊富で、生命維持に必要な「ミネラル」に関しては牛乳の約23倍もあると言われています。

昆布をだしとして活用すれば、それらの栄養素も効率よく摂取することができるのです。

また、昆布だしには「水だし」と「煮だし」の2種類がありますが、味噌汁に向いているのは煮だしです。

だしに使う昆布は以下の4種類から選ぶことができます。

・羅臼昆布
・真昆布
・利尻昆布
・日高昆布

上記の昆布は、それぞれ味や香りが異なります。

好みの昆布を選んで、味噌汁に使用しましょう。

また注意点ですが、だしをとる昆布は水洗いをしてはいけません。

昆布を見ると、白く汚れて見える部分がありますが、これは昆布の旨味成分です。

昆布を水洗いすると旨味成分まで流れ出てしまうため、乾いたふきんなどで拭くだけにしておきましょう。

和食の基本!昆布だしの作り方

ここでは、味噌汁のための昆布だしの作り方をご紹介していきましょう。

●基本の昆布だしの作り方

【材料(4人分)】

・水 1L
・昆布 20g

※昆布は用意する水に対して2%になるようにします。

【作り方】

①昆布を水にさらす

まず、鍋に昆布を入れ、30分ほど水にさらします。

火にかける前に水につけることで、旨味成分をじっくりと引き出すことができるのです。

昆布が大きい場合は、ハサミでカットしておきましょう。

②火にかける

水につけた昆布がだいぶ戻り、かさが増えたら火にかけます。

蓋をせず、「中火」にして鍋を温めます。

③昆布を取り出す

中火のまま温め、気泡が出始めて、沸騰直前になったら昆布を取り出します。

昆布の旨味がつまった昆布だしの完成です。

注意すべきポイントですが、昆布は必ず「沸騰直前」で取り出してください。

そのまま煮続けると、海藻臭さやねばり、えぐみが出る原因となります。

また、鍋に火をかける際は、強火ではなく必ず中火にしてください。

急激に加熱することでも、ねばりやえぐみが出る原因となります。

では、次項ではこの昆布だしを使って美味しい味噌汁を作っていきましょう。

昆布だしを使った味噌汁の作り方

味噌汁は食卓にかかせないものですよね。

旨味たっぷりの昆布だしを使って、基本の味噌汁を作っていきましょう。

●基本の味噌汁の作り方

【材料(4人分)】

・昆布だし 1L
・味噌 100g
・豆腐 適量
・乾燥わかめ 適量
・長ねぎ 適量

※味噌は用意するだしに対して10%になるようにします。

【作り方】

①下ごしらえをする

まず、具材を切っていきます。

豆腐はさいの目に切り、長ねぎは小口切りにし、乾燥わかめは水で戻しておきましょう。

②火にかける

豆腐、わかめを鍋に入れて火にかけます。

火の通りづらい具材から先に煮込んでいきましょう。

③味噌を溶かす

だしが沸騰し、具材に火が通ったら火をとめます。

おたまを使い、味噌を溶かし入れて、再び鍋を火にかけます。

④煮えばなにする

鍋を火にかけたら、煮えばな(沸騰する直前)で火をとめてください。

最後に長ねぎを加えたら完成です。

煮えばなの見極めは、鍋の味噌汁がふつっとなった状態になります。

もっとも味噌の味と香りが良いのが煮えばなの状態なので、お椀によそる直前に煮えばなになるようにしてくださいね。

味噌汁の旨味を増すためのポイントとは?

前項では、昆布だしを使った基本の味噌汁の作り方をご紹介しました。

昆布だしを使った味噌汁は味わいが良く風味豊かですが、よりおいしい味噌汁を作れたら良いですよね。

ひと手間かけてでも、おいしい味噌汁を作るためには、他に何か踏まえるポイントはあるのでしょうか。

まず、食べ物をおいしいと感じるためには、「旨味」を増すことが大事です。

栄養学的に考えると、「植物性」の具材と、「動物性」の具材を掛け合わすことがとても良いとされています。

植物性の食材には「グルタミン酸」が多く含まれ、動物性の食材には「イノシン酸」が多く含まれています。

上記の2つを合わせることで、感じる旨味が何倍にもなると言われています。

これを味噌汁に置き換えると、豚肉と根菜をたっぷり入れた「豚汁」などがぴったりでしょう。

豚汁は少し手間がかかりますが、立派なおかずの一品として、献立に取り入れることができます。

豚肉以外だと、鶏肉を入れるのもおすすめです。

味噌汁1品で、タンパク質とビタミンなどの栄養が摂取できることになるため、ひと手間かけてでも、旨味たっぷりのおいしい味噌汁を作りましょう。

味噌汁には昆布とかつお節の「一番だし」もおすすめ

味噌汁を作るなら、昆布だしだけでなく「一番だし」もおすすめです。

一番だしとは、昆布とかつお節の両方でとる、上品で深い味わいのだしです。

味噌汁以外の、お吸い物や蕎麦のだしとしても活用できますよ。

詳しい作り方をご説明しましょう。

●一番だしの作り方

【材料】

・水 1L
・昆布 20g
・かつお節 30g

【作り方】

①昆布を水にさらす

まず、鍋に昆布と水を入れ、30分ほど置いておきます。

昆布がある程度戻ったら、中火にかけましょう。

②かつお節を入れる

鍋が沸騰する直前に昆布を取り出します。

その後煮立ったら、かつお節を入れてください。

③あくをとる

かつお節を入れたら一煮立ちさせます。

すぐに火をとめ、あくがでたら取り除いてください。

④こす

しばらくすると、かつお節が鍋の底に自然に沈みます。

ふきんやキッチンペーパーを使ってこしたら、一番だしの完成です。

だしに使用する昆布は、冒頭でご紹介した昆布ならどの種類でも大丈夫です。

一番だしは和食の基本と言われるほど、どのような料理にも使用することができます。

とても便利なので、ぜひ覚えておきましょう。

知っておこう!味噌汁に合う「二番だし」の作り方

前項では、和食の基本として一番だしの作り方をご紹介しました。

この一番だしをとった後の昆布とかつお節で作る、「二番だし」をご存知でしょうか。

二番だしも昆布だし同様、味噌汁によく合うだしにです。

食材や調味料の味を引き立てる、控えめなだしとなるため、煮物などの和食にもぴったりです。

詳しい作り方をご紹介しましょう。

●二番だしの作り方

【材料】

・水 1L
・一番だしをとった後の昆布とかつお節
・かつお節(追いがつお分) 10g

【作り方】

①火にかける

まず、鍋に水を入れ、一番だしをとった後の昆布とかつお節も入れます。

強火にして煮立たせてください。

②煮込む

煮立ったら弱火にして、10分程度煮込みましょう。

煮込んだら、新しいかつお節を追いがつおとして加えます。

③あくをとる

追いがつおを一煮立ちさせます。

火をとめ、あくが出たらきれいにすくってください。

④こす

しばらく待つと、鍋の底にかつお節が沈みます。

ふきんやキッチンペーパーを使い、こしたら完成です。

二番だしは優しい味わいの、和食で使いやすいだしです。

昆布やかつお節を一番だしだけとって捨ててしまうのは勿体ないので、二番だしとしてしっかり活用することをおすすめします。

昆布だしを使った味噌汁は上品で深い味わい

昆布は、旨味のもととなる「グルタミン酸」の量が、わかめなどの他の海藻より高いと言われています。

ミネラルや食物繊維などの栄養素も豊富なため、積極的に取り入れたい食材です。

昆布だしを使った味噌汁は、上品で優しい味わいで、どのような具材にも合います。

旨味をよりアップさせたいなら、ひと手間加えて豚汁などを作り、おかずの一品として味噌汁を楽しんでも良いでしょう。