美味しい夏野菜!「ズッキーニ」の味噌汁レシピをご紹介!

「ズッキーニ」は、カリウムやビタミンCを含んでいるので、健康のために取り入れたい野菜のひとつです。

定番料理には、ラタトゥイユやマリネ、チーズ焼きなどの洋風アレンジが挙げられますが、実は「味噌汁」に入れても美味しいです。

そこで今回は、ズッキーニを使った味噌汁レシピをご紹介します。

味噌汁にズッキーニを入れて、普段とは一味違う風味をたのしんでください。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

一反分のお米の収穫量はどのくらい?消費が減った理由とは?

皆さんは、お米をよく食べますか?田んぼやお米の量を数える言い方には一反、一升などがありますが、...

玄米茶にカフェインは入っている?妊娠中に飲んでも大丈夫?

日本茶の中でも、苦みや渋みが少ないために比較的飲みやすい玄米茶。妊娠中で悪阻がひどくても、玄...

即席のインスタント味噌汁は健康や栄養面はどうなの?

一般的に、味噌などの発酵食品は身体にいいとされていますね。味噌汁といえば、お湯を注ぐだけで簡単...

アメリカで飲みやすい豆乳&おすすめなライスミルクについて

「健康に良い」と言われている豆乳を飲む人が増えています。大手のコーヒーショップでも、ソイラテ...

豆腐デザートを作ってみよう!簡単お手軽レシピを教えます!

豆腐は大豆から作った栄養満点で様々な料理に使える万能食材です。私たち日本人の健康の維持に欠か...

玄米を炊飯器で炊いたら失敗しちゃった!なんで失敗したの?

玄米は、体に良いって良く聞きますよね。炊飯器のスイッチを押すだけで、健康増進に役立つ玄米が炊...

味噌は冷蔵より冷凍!気になるおすすめの味噌保存容器とは?

日本の食卓に欠かせない味噌は、どのご家庭にもたいていある調味料ではないでしょうか。豊富な...

枝豆と大豆と小豆の違いってどこにあるの?栄養素のまとめ!

ビールに良く合うおつまみの枝豆、馴染み深い納豆、お祝いには赤飯・・・など、美味しい豆食品は豊富にあり...

花豆や甘納豆の栄養効果&花豆や甘納豆を使ったレシピの紹介

多種多様な豆は、日本人が古くから様々な方法で食べてきた、非常に馴染みの深い食べ物です。豆類は...

自家製味噌の手作りで美味しい味噌の出来上がりを楽しもう!

家庭で手作り味噌を作ったことはありますか?大豆を柔らかく煮て、ひたすら潰して、塩と麹と混ぜて...

もやしと枝豆と大豆は元は同じもの?栄養素などに違いは!?

食卓でお馴染みのもやし。ビールのお供に最適な枝豆。対して、納豆やお豆腐など、色々な形...

40歳代の女性が太る原因は?食事改善には、玄米がオススメ!

40歳代になって、太り始めた。という女性も多いのではないでしょうか?女性の中年太りの原因は、...

大豆の水煮ってどう保存するの?また使い方のレシピは?

大豆は食物繊維やたんぱく質(大豆は畑の肉であるとも言われてますよね)、イソフラボンに富み、健康食品...

家庭での味噌の作り方!大豆1kgの作りやすい分量でご紹介!

最近は発酵食が美容と健康に良い効果を与えると見直され、味噌などの発酵調味料も注目を浴びています。...

もう炊飯で失敗しない!米と水の量の正しい重量の割合は?

ご飯をおいしく炊くために重要となるのが水の量です。水の量を間違えると、炊いたご飯がべちゃべちゃ...

スポンサーリンク

ズッキーニってどんな野菜?

味噌汁のレシピをご紹介していく前に、ズッキーニについて少しお話しします。

この頃スーパーでもよく見かけるようになったズッキーニですが、カボチャの仲間だということをご存知でしょうか。

見た目はキュウリのようで、食感はナスに近いため、意外だと思われる方も少なくないはずです。

ズッキーニの特徴をまとめてみたので、是非ご覧ください。

〈ズッキーニ:ウリ科カボチャ属〉

【栄養素】

ズッキーニに多く含まれる栄養素としては、

・カリウム
・ビタミンC
・ベータカロテン(ビタミンB群)

これらが挙げられます。

糖質やデンプン質は少なく、一般的なカボチャよりもローカロリーなのがうれしいポイントです。

【食感】

ズッキーニは調理方法によって、いろいろな食感がたのしめます。

炒め物にすると、表面には歯ごたえが残り、煮込むことでトロトロと柔らかくなります。

お好みや気分で調理方法を変えてみてください。

【色】

ズッキーニには、黄果種と緑果種が存在しています。

生で食べる場合は、青臭さのない黄果種がおすすめで、シャキシャキ感を残したい炒め物には、緑果種を選んでみましょう。

色の異なるズッキーニを同じ料理に入れるというのも、見た目に鮮やかで面白いですね。

ズッキーニの下処理はどうする?

ウリ科カボチャ属のズッキーニですが、ナスのように「アク」が出るとも言われています。

油で炒めるなら下処理は必要ありませんが、味噌汁に入れるときは、アク抜きをしておくのがおすすめです。

そこで、ズッキーニの下処理方法をお伝えしておきましょう。

●塩水に浸す方法

ズッキーニをカットする前に、塩水を用意しておきます。

水100mlに対して、塩はひとつまみ程度で十分です。

容器に入れて塩を溶かしたら、カットしたズッキーニを浸しましょう。

ズッキーニを塩水に入れるときは、重ならないようにしてください。

そのまま10分程度放置し、キッチンペーパーで水分を拭き取れば、アク抜き完了です。

●塩を直接振る方法

ズッキーニを水洗いしてから、カットします。

カットしたズッキーニをお皿に並べて、軽く塩を振りましょう。

放置時間の目安は、30分程度です。

ズッキーニから出てきた水分を拭いたら、下処理完了です。

それでは次項から、ズッキーニの味噌汁レシピをご紹介します。

シンプルなレシピから!ズッキーニと油揚げの味噌汁

はじめにご紹介するのは、基本の味噌汁レシピです。

油との相性が良いズッキーニは軽く炒めて、だし汁をそそいでみましょう。

味噌汁の具材としてよく登場する「油揚げ」を入れて、シンプルな味わいへと仕上げます。

【材料(4人前)】

・ズッキーニ 小1本
・油揚げ 1~2枚
・味噌 大さじ3
・だし汁 750ml
・サラダ油 小さじ1

【作り方】

①ズッキーニを半月切りにする

縦半分にしてから、1cm幅で半月切りにしてください。

②油揚げを短冊形にする

短冊のような長方形にしてください。

③小鍋にサラダ油をそそぐ

④「③」にズッキーニを入れて炒める

1分程度炒めて、ズッキーニに火を通しましょう。

⑤「④」にだし汁をそそぐ

⑥「⑤」に油揚げを入れる

火力は中火くらいにしてください。

⑦味噌を溶かす

ズッキーニに火が通ったことが確認できてから、弱火にして味噌を入れます。

味噌の分量は、お好みで調整してください。

これで、ズッキーニと油揚げの味噌汁の完成です。

ミョウガをアクセントに!ズッキーニとナスの味噌汁レシピ

続いてご紹介するレシピは、ズッキーニとナスの味噌汁です。

最後にミョウガを加え、少し大人な味に仕上げてみましょう。

【材料(4人前)】

・ズッキーニ 小1本
・ナス 小1本
・ミョウガ 2個
・味噌 大さじ3
・だし汁 750ml

【作り方】

①ズッキーニとナスを輪切りにする

5mm程度の厚みにしてください。

②ミョウガを小口切りにする

③それぞれの野菜をアク抜きをする

ナスやミョウガも水にさらしておきましょう。

④小鍋にだし汁を入れる

だし汁を入れたら、火にかけてください。

⑤「④」にズッキーニとナスを入れる

火が通るまで加熱します。

⑥味噌を溶かす

弱火にしてから味噌を入れます。

このとき、ブクブクと沸騰しないように気をつけてください。

⑦ミョウガを散らす

最後にミョウガを入れて、ズッキーニとナスの味噌汁の完成です。

お好みで、「⑥」の前に溶き卵を加えてもマイルドな味に仕上がります。

とても美味しいので、是非お試しください。

ズッキーニとトマトで味噌汁を洋風に仕上げる!

近年は、味噌汁を洋風にアレンジするレシピが流行していますよね。

洋風味噌汁は、汁物のバリエーションを増やしたい方におすすめです。

ズッキーニとトマトを使い、ご飯よりもパンやパスタに合う味噌汁を作ってみましょう。

【材料(4人前)】

・ズッキーニ 小1本
・トマト 大1個
・バター(もしくはオリーブオイル) 小さじ2
・コショウ 少々
・味噌 大さじ2
・だし汁 750ml

【作り方】

①ズッキーニをさいの目切りにする

食べやすいように、1cm程度のさいの目切り(角切り)にしてください。

カットしたら、アク抜きも行なっておきます。

②トマトをさいの目切りにする

ズッキーニと同じサイズにします。

③小鍋にだし汁を入れる

だし汁を入れたら、火にかけて温めます。

④「③」にズッキーニを入れる

2分程度火にかけましょう。

⑤「④」にトマトを入れる

トマトを入れたら、さらに数分温めます。

⑥味噌とバターを溶かす

火を止めてから、味噌とバターを加えてください。

⑦コショウを散らす

お好みでコショウを入れましょう。

そのほか、バジルなどの香草や、チーズを入れても美味しいです。

自分なりのアレンジでおたのしみください。

夏にぴったり!ズッキーニの冷や汁レシピ

最後に、味噌汁と同じように味噌を使用する郷土料理、「冷や汁」のレシピをご紹介します。

ズッキーニを入れて、少し洋風な雰囲気へと変化させましょう。

ご飯ではなく「豆腐」にかけるため、ダイエット向けのレシピです。

【材料(4人前)】

・ズッキーニ 小1本
・トマト 小1個
・もめん豆腐 1丁
・青じそ 4枚
・白いりゴマ 少々
・ゴマ油 少々
・だし入り味噌 大さじ4
・氷 適量
・水 400ml

【作り方】

①だし入り味噌をオーブントースターで焼く

アルミホイルの上にゴマ油を塗り、そこにだし入り味噌をのせてください。

だし入り味噌の上に白いりゴマを散らし、オーブントースターで5分程度焼きます。

②ズッキーニを薄切りにする

皮は縞剥きにし、2mm程度で薄くスライスします。

また、軽くアク抜きもしておきましょう。

③トマトをさいの目切りにする

1cm程度の大きさにしてください。

④豆腐を手でちぎる

食べやすい大きさにしておきます。

⑤容器に「①」と水、ズッキーニを入れる

このとき、ズッキーニに味をなじませてください。

⑥「⑤」にそのほかの材料も入れる

これで、洋風冷や汁の完成です。

淡白な味わいのズッキーニは味噌汁にも合う!

今回は主に、ズッキーニを使った味噌汁レシピをご紹介しました。

イタリアンに使うイメージのあるズッキーニですが、味噌との相性もバッチリです。

炒めて良し、煮込んで良し、生でも食べられるズッキーニは、料理のバリエーションを増やしてくれるはずです。

この記事でご紹介したレシピを、是非ともお試しください。