玄米、醗酵食などで美と健康を目指す、正しい食の情報メディア

健康人口倍増計画

米を計量カップで量ると1合は何ml?水は何ml入れればいい?

      2018/02/24

米を計量カップで量ると1合は何ml?水は何ml入れればいい?

目盛りのついた炊飯器や、ワンプッシュで自動的に計量できる米びつの普及により、最近は計量カップで量って炊飯する機会が減りました。

しかし、米びつが壊れたときや土鍋で炊くときなどには、やはり計量カップは欠かせません。

いざというときになって、計量カップは何mlで何合か、また、水は何ml入れたらいいのかなどをわかっていないと、困ってしまいますよね。

今回は、米を炊くのに最低限知っておきたい、基本的な計量についてお話しします。

スポンサーリンク

  こんな記事もよく読まれています

1人暮らし向け電子レンジとオーブンレンジのおすすめ8選!

これから1人暮らしを始める方、1人暮らしで電子レンジやオーブ...

グルテンフリーなパンなら市販のアレルギー除去米粉パンを!

パン屋さんに並ぶさまざまな種類のおいしそうなパン。 そ...

甘酒や麹は市販の健康食品の中でも大人気!おすすめ理由詳細

今の食生活を改めて見つめてみた時に少し不安を感じることはあり...

味噌鍋にご飯を入れて美味しい雑炊を作るレシピをご紹介

味噌鍋を食べた後のスープを使って、うどんや雑炊を作ると美味し...

冬に食べたい味噌煮込み料理のレシピ!人気の食材は?

味噌煮込みの料理というと、恐らく誰もがイメージするのは愛知県...

味噌と豆腐でメインのおかずになる料理の作り方をご紹介

豆腐をそのまま使うだけでなく、より美味しく食べるために、豆腐...

バランスの良い食生活改善はダイエットだけでなく美容効果も

私たちは、食生活改善をすることでダイエットになり美容にも効果...

食事改善で便秘を軽減し、運動の継続で更に効果が見込める!

体に何らかの病的症状が見られた時、つい、薬に頼ってしまう傾向...

健康のためには食事改善!タンパク質はプロテインで補おう!

ダイエットやメタボリックシンドロームの予防のためには、食事改...

食事改善とダイエットを家事をしながら成功させてみよう!

健康のために、食事改善とダイエットに取り組んでいる方も多いこ...

海老と味噌を使ったヘルシー料理で美味しく食事改善を図ろう

健康の秘訣は、バランスの良い食事と適度な運動です。 食...

メタボリックシンドロームは食事改善で生活習慣病も防ごう!

飽食の時代と言われ、食べ物にあふれた生活を私たちは送っていま...

カロリーが高い食品や食材は一番太る?色々な食品を比較

カロリーが高いと太る、カロリーが低いと太らないと、よくいわれ...

美味しくて健康に良いと評判のオーガニックティーとは?

健康志向の現代人に、オーガニックティーが人気になっています。...

豚肉の味噌鍋レシピは色々!自分だけのオリジナルレシピ作り

寒い時には、身体が温まる味噌鍋レシピは最高ですね。 豚...

豆腐に味噌マヨネーズを合わせ栄養効果を上げるレシピを紹介

豆腐は、手軽に摂れるたんぱく質食品です。 歯が痛い時や...

子どものころから食生活改善!痩せるだけではないダイエット

私たちのほとんどは、ダイエットと痩せるという言葉を同じ意味と...

食事改善でダイエットするには日本食を美味しく食べること!

ダイエット、人は誰でも一度は気にしたことがあるテーマではない...

食事改善で症状を緩和!アトピー性皮膚炎や喘息を楽にしよう

アレルギーと呼ばれるものに、アトピー性皮膚炎や喘息があります...

美味しい醤油うどんの作り方!人気の食材の組み合わせは?

日本人が古くから親しみ、食してきた「うどん」。 うどん...

スポンサーリンク


米1合は計量カップで何ml?

米を量る単位は現代でも1合、2合、と「合」が使われています。

この「合」とは昔、米を量る時に使われていた、木製の四角い升に由来しています。

升1杯分、つまり1升の米は10合にあたります。

1合はその1/10、1回に食べるごはんの量を1合の米としていました。

その1合を現代の単位であるmlに換算すると、180mlです。

mlはccと同じなので、1合=180ml=180ccになります。

普段、ボタンをワンプッシュすると自動的に1合、2合の米が出てくる米びつを使っているかたは、米1合が180mlといわれてもどれくらいの量なのかピンと来ないと思います。

炊飯器を買うと付いてくる米専用の計量カップが1合です。

これに、すり切りで米を入れると180ml(=180㏄)になるのです。

一般的な料理用の計量カップは1カップが200ml(=200cc)なので、1合を料理用計量カップで量ると0.9カップになります。

カップによって違いがあるので注意が必要です。

米を計量カップで量るときは、カップの底をトントンすると規定より多く入ってしまうので、普通にカップ1杯分の米をすくい取るようにしてください。

180mlの計量カップならすり切りに、200mlの計量カップなら20ml減らせば1合になります。

計量カップがなくても大丈夫!米1合は何g?ご飯何杯分

計量カップがなくても、1合の米が何gなのか知っていれば、はかりで計量できます。

米1合の重さは150gです。

米を3合炊きたかったら、150×3=450、450gの米を計量すればいいのです。

ちなみにmlやccは体積の単位、重さの単位であるgとは似ているようで異なります。

1ml=1ccで、1ccとは1辺が1cmのサイコロの体積です。

このサイコロが、発泡スチロールであろうと鉛であろうと、体積は1ccに変わりありません。

しかし、重さは明らかに違いますよね。

素材が変わっても体積は変わりませんが、重さは変わるのです。

ただし、水に限り、体積と重さの比率は1:1。

水1ml(=1cc)の重さは1gです。

米は体積と重さの比率が1:0.85。

米1合で見れば、体積は180ml(=180cc)で重さは150gです。

この1合の米を炊くと、約350gのごはんになります。

といわれても、350gはどのくらいの量なのかわかりませんよね。

350gのご飯とは、大きさにもよりますが、だいたいお茶碗2杯分といわれています。

4人家族でひとり2杯ずつご飯を食べるとしたら、1回に4合炊けばいいことになります。

5人家族なら5合、3人家族なら3合。

ひとり1回1合の米を食べると考えた昔の人は、1回にご飯2杯を食べていたんですね。

米1合を炊くとき水は何ml必要?計量カップでどれくらい?

基本的に水は、米の体積の1.1~1.2倍入れます。

米1合180mlを炊くなら、水の量は198~216ml必要です。

約200ml入れればいいでしょう。

料理用計量カップで、ちょうど1カップです。

米専用の計量カップなら、1カップと20ml。

20mlは、米専用計量カップで1/9カップです。

同様に、

・米2合(=360ml)水396~432ml(約400ml)
・米3合(=540ml)水594~648ml(約600ml)
・米4合(=720ml)水792~864ml(約800ml)

となります。

水は米の2割増しで覚えておくと便利です。

炊飯器の目盛りがない量を炊くとき、たとえば1.5合を炊きたいときは、水の量を計算によって求めることができます。

米1.5合は270mlなので、270×1.2=324、324mlの水を入れればいいことになります。

これは、米専用計量カップで1.8カップ。

1と4/5カップです。

料理用計量カップでは約1.6カップ。

1と3/5カップです。

新米を炊くときは水分を多く含んでいるので、いくらか水の量を減らすといいでしょう。

米1合を重さで量るとき、水は何ml必要?

水は米の体積の1.1~1.2倍必要ですが、米の重さを基準にすると1.4倍必要になります。

米1合150gを炊くなら、150×1.4=210、210gの水を入れます。

水は、210g=210mlなので、210mlの水を入れればいいことになります。

体積を基準にした場合でも水の量は198~216ml、約200ml入れればよかったので、ほとんど差がありません。

計量カップがなくてもはかりがあれば、重さを体積に換算して水の量が求められるのです。

さらに、計量カップやはかりがなくても、次のような方法で水の量が量れます。

・米に人差し指を立て第1関節まで水を入れる。

・米の表面に手のひらをピッタリ押し当てて、手首を直角に曲げたときの出っ張った骨のあたりまで水を入れる。

・米の表面に手のひらをピッタリ押し当てて、手の甲がすっぽり隠れるまで水を入れる。

昔の人はみな、こういったやり方で水を入れていたのですね。

出来あがりに多少硬軟の違いがあるため、お好みで調整してみてください。

玄米やもち米を計量カップで量るとき、水は何ml入れればいい?

水は米の体積の1.2倍、重さの1.4倍必要といいましたが、これは白米の場合です。

玄米やもち米だと、水加減がちょっと変わります。

玄米1合180mlのときは、水を300ml入れます。

料理用計量カップで1カップ半、米専用計量カップですと約1と7/10カップです。

もち米1合180mlのときは、水を150ml入れます。

料理用計量カップで3/4カップ、米専用計量カップでは約4/5カップです。

米を水に浸しておく時間も変わります。

玄米は白米の4~8倍長く浸します。

夜セットしたものを朝食べ、朝食後セットしたものを夕食に食べるサイクルがおすすめです。

逆に、もち米は浸す時間なしです。

研いでからすぐにスイッチを入れても大丈夫です。

最近は健康ブームのためか、食物繊維の豊富なもち麦や押麦を入れて炊く人も増えています。

水の量をいくらか多めに入れるだけでいいので、扱いもラクです。

お好みで水の量を増減してみてください。

計量カップの代用となるもの

ワンプッシュで量れる米びつも、計量カップも、はかりもない場合、どうやって計量すればいいのでしょうか?

まず、計量カップの代わりになるものを探してみましょう。

日本酒や焼酎のワンカップ、牛乳瓶があると便利です。

いずれも180mlなので、ちょうど米1合分になるからです。

また、ゼリーなどのカップには容量が記載されているものがあります。

計量カップの代わりになるので、ぜひお試しください。

持っているかたは少ないかもしれませんが、キャンプで使う飯盒は内蓋1杯が米2合分、360mlになっています。

さすがはキャンプ用品、計量カップがなくても量れるよう工夫されているんですね。

計量カップがなくても計量スプーンがあれば、十分活用できます。

大さじ1杯が15ml、小さじ1杯が5mlなので、1合180mlならちょうど大さじで12杯です。

ちょっと面倒ですが、1合くらいなら計量スプーンで量れますよね。

他にもペットボトル、インスタントコーヒーやメンマ、海苔の佃煮などの瓶で使えそうなものが色々あるので、利用してみてください。

計量カップを用いて米を炊く基本に帰ろう

ふだん自動的に計量できる米びつを使っているかたも、たまには計量カップで量ってみると、1合はこれくらい、2合はこれくらい、と大まかな米の量が把握できると思います。

水の量も然り。

炊飯器の目盛りに合わせているばかりでは、実際の量がつかめませんよね。

米の2割増し(重さなら4割増し)を実感するためにも、計量カップで量ってみてはいかがでしょうか。

基本的なことだからこそ、たまにはキチンと手をかけてみるのもいいのではないかと思います。

 - 料理のポイント