玄米、醗酵食などで美と健康を目指す、正しい食の情報メディア

健康人口倍増計画

出汁の保存期限はどのくらい!?出汁を使った美味しいレシピ

      2017/10/28

出汁の保存期限はどのくらい!?出汁を使った美味しいレシピ

料理の基本は出汁にあり!とよく聞きますよね。

出汁は美味しいだけでなく、体に良い栄養もあり、日本の食卓には欠かすことのできないものですよね。

今回は、美味しい出汁の取り方や出汁の保存方法、保存期限についてご紹介します。

自分で取った出汁を使って、美味しい料理も作ってみましょう。

スポンサーリンク

  こんな記事もよく読まれています

玄米の炊き方と、含まれるとされる「毒」との関係性とは?

玄米は健康に良い食品なので注目される分、「毒」を持ってい...

玄米を浸水のために冷蔵庫を使う時の注意点とポイントとは?

冷蔵庫はとても便利な家電で、玄米の保存にも浸水のためにも...

スープジャーで楽しむ!栄養満点な玄米のあたたかいリゾット

健康やダイエットのために、玄米はとても効果的です。 昼...

マクロビは玄米食がメイン!そこに潜む「危険」とは?

海外のセレブも導入していることで日本にも広まった「マクロビ」...

玄米を土鍋で炊く場合、水の量はどれくらい入れれば良いの?

健康ブームに乗って見直されている玄米ですが、炊飯器ではな...

私たちの生活に馴染深くて体に良い玄米やお茶の歴史を教えて

お米もお茶も、私たちの食生活の根幹をなす大変歴史ある食材で...

玄米の早炊き方法を色々紹介!玄米でいつもの食卓をご馳走に

玄米は精白米よりも、炊き方が面倒、普通の炊き方では固くて...

すごい健康パワー!緑茶や玄米茶に含まれる優れた効能とは?

私たちの食生活に、お茶は切っても切り離せない存在です。 ...

玄米茶の効能はこんなに色々!副作用の少ないお茶で健康に

暑い夏は、水分の補給にとお茶系のドリンクが人気になります...

玄米茶のカフェインはどれくらいあるの?授乳中でも大丈夫?

緑茶のさわやかさに玄米の香ばしさが加わった玄米茶は、近年...

カロリー高めパスタと、ダイエット中もOKな低いものはどれ?

私たち女性が毎日でも食べたいくらい大好きなパスタですが、...

日本にはまだまだあるトランス脂肪酸ゼロの美味しいお菓子

2018年6月に、国外ではトランス脂肪酸の規制が始まりま...

トランス脂肪酸ゼロの商品の有無とその表示についての疑問

トランス脂肪酸が含まれる植物油脂を使った商品に、どれだけ...

忙しくても電子レンジを使って卵を割るだけ簡単調理をご紹介

電子レンジで卵料理をすると、卵の黄身が割れてしまって、う...

電子レンジについてしまった焼き魚のにおいを取る方法とは?

電子レンジは今では時短料理や温めのテクニックが紹介され、...

電子レンジでパスタを茹でると光熱費は安くなる?高くなる?

鍋でパスタを茹でるときは、たっぷりのお湯を沸騰させて麺と...

植物油脂に含まれるトランス脂肪酸の危険性と表示への疑問

植物油脂を使ったマーガリン等には、トランス脂肪酸が含まれ...

正しい食生活ならサラダ油のトランス脂肪酸含有量も怖くない

サラダ油は、どんな油が入っているかをご存知ですか? ...

1日の食事のカロリー配分!朝昼晩の理想的な食べ方とは?

忙しい毎日を送るなかで、何となく済ませがちな食事…。 ...

カロリーの一日の摂取目安は?10代の体作りに必要な事は?

カロリーという言葉を聞いて、皆さんはどのようなイメージを...

スポンサーリンク


美味しい出汁の取り方で保存期限は変わる

まず最初に、出汁の基本ともいえる「かつお昆布出汁」の取り方をご説明します。

【材料 だし4カップ】

・昆布 10g(3×25cm)
・削り節 20g
・水 5カップ

【作り方】

①まずは、水に材料の昆布を浸けます。
そして、30分置いてから中火にかけます。

②鍋の水が沸騰する直前に、昆布をひき上げます。
沸騰したら火を止めましょう。

③ここで、ひと呼吸置いてから削り節を加え、そのまま2分ほどおいてください。

④水にぬらしたキッチンペーパーを敷いたザルで、出汁をこします。

続いては、煮干の出汁の取り方です。

【材料 だし4カップ分】

・煮干し 30~40g
・水 5カップ

【作り方】

①煮干しの出汁は、下処理が肝心です。
煮干しの頭を取って、身を分けます。

②煮干しの内臓を取り除き、水に煮干しを入れて、ひと晩おいてください。
時間のないときは、30分位で構いません。

③鍋を中火にかけます。
煮干しのアクが出てきたら、すくい取りながら、5分ほど煮てください。

④ぬらしたキッチンペーパーを敷いたザルで、出汁をこしてください。

手間をかけて取った出汁は、常温保存では腐敗や酸化が進み、傷みやすくなってしまうので、気をつけましょう。

次は、出汁の保存方法や、保存期限についてお話します。

出汁の保存方法や保存期限について

出汁を作り過ぎて余ってしまった!という経験をされた方は、沢山いらっしゃると思います。

作り置きをして、保存期限を伸ばしたいときは、まずは冷蔵庫を活用しましょう。

保存期限を伸ばしたいといっても、残念ながら出汁の冷蔵庫での保存は、長期保存には向いていません。

しかし、使いたいときに、すぐに出汁を使えるのは、とても便利ですよね。

作りすぎた出汁を冷蔵庫で保存しておけば、朝食のおみそ汁も簡単に作ることができますよ。

では、冷蔵庫での保存方法をご説明します。

まず、作った出汁をよく冷ましてください。
よく冷ましたものを、ピッチャーやタッパーなどの保存容器に入れます。

計量カップが一緒になっているものや、ペットボトルに入れて保存すれば、冷蔵庫から取り出して、すぐに煮物やお吸いものを作れて便利ですよ。

時短になるので、忙しい皆さんにおすすめの保存方法です。

冷蔵保存の場合は、2日ほどで使い切るようにしてください。

出汁の冷凍保存で保存期限を長くする

出汁の冷凍保存は、冷蔵保存よりも保存期限が伸び、長期保存ができます。
つまり、冷凍することは、出汁の作り置きには最適な保存方法なのです。

あらかじめ、出汁の分量を量ってから凍らせると、料理で使用するときに便利です。

冷蔵保存と同じように、よく冷ました出汁をフリーザーバッグやタッパーなどに入れて、凍らせて保存してください。

アイスキューブを作る器を活用すると、一人前を作るときに、とても便利ですよ。

アイスキューブに入れる出汁を取るときは、通常の出汁を取るときよりも、2倍から3倍濃く取っておきましょう。

アイスキューブで凍らせた出汁は、そのまま保存せずに、フリーザーバッグなどに入れ直してください。
なぜならば、冷蔵庫内の匂いがついてしまい、出汁の風味が落ちてしまうからです。

冷凍した出汁の保存期限は、3週間ほどです。

時間が経つごとに風味が変わってしまうので、なるべく早く使い切るようにしてください。

調理の時短に!出汁を簡単に取る方法

ここでは、出汁を簡単に取る方法をご紹介します。

まずは、茶こしを使う出汁の取り方です。
一人前の汁ものや、おひたし、ごま和えなどで少量の出汁が必要な場合に便利です。

茶こしに、かつおぶしを入れて、そこにお湯を注ぎます。

お湯1カップにつき、かつおぶしの量5gが目安です。

2つめは、電子レンジを使う方法です。
昆布をつけておいたり、煮出したりする時間がないときには、とても便利ですよ。

耐熱のボウルに昆布5cm、削り節ひとつかみ、水2カップを入れて、ラップをふんわりかけます。

それを、電子レンジ(600w)で3分、加熱してください。

加熱後に出汁をこせば、できあがりです。

最後に、水だしする方法をご紹介します。

鍋やボウルに、水・昆布・かつおぶしを入れて、冷蔵庫で寝かせておくだけです。

水だしすると、味がまろやかでカドがない、上品な出汁になります。

寝かせておく時間が、美味しい出汁を作ってくれるのですね。

ただし、水だしの保存期限は2~3日と短いので、早めに使いきることを心がけてください。

以上のように、簡単な出汁の取り方を覚えておくと、調理の時短に繋がりますよ。

出汁の美容効果とは!?

体に染み渡るような、出汁の効いたお吸いものの味は格別ですよね。

日本人に産まれて良かったな、と思える瞬間です。

出汁は保存期限内であれば、美味しいだけではなく、美容にも効果的です。

出汁が美味しいのは、かつおぶしや昆布から摂れる旨み成分のアミノ酸が、たっぷり含まれているからです。

アミノ酸には、肌の保湿力を高める効果があるので、スキンケア製品にもよく使われています。

アミノ酸以外にも、出汁には、ビタミンやミネラルが、たっぷり含まれています。
コラーゲン生成を促し、ハリと弾力のあるお肌を作るためのサポートをしてくれます。

飲む美容液、それが「出汁」なのです。

女性には、嬉しいことばかりですね。

しかしながら、市販されている出汁の素や液体調味料には、添加物が含まれています。
含まれている塩分量も多いので、使いすぎると、肌荒れやむくみの原因になることも…。

美容と健康を考えるのであれば、今回ご紹介したような方法で、自分で出汁を取ることをおすすめします。

出汁を使った美味しい料理レシピ

出汁をきちんと取り、余ったら保存期限を守って、冷蔵庫や冷凍庫に入れる。

もちろん、それでも良いのですが、せっかくですから取りたての出汁を使って、美味しい料理を作ってみましょう。

ではさっそく、おすすめのレシピをご紹介していきます。

まずは、「ハマグリ湯豆腐」です。
出汁と、ハマグリから出る出汁がマッチして美味いですよ。

【作り方】

①ハマグリとお酒を鍋に入れて、フタをして強火にかけます。

②完全に貝が開くまで蒸します。

③鍋のハマグリを一旦取り出し、殻からはずします。

④そこに出汁を加えて、ひと煮立ちさせ、豆腐とネギを加え、最後にしょうゆで味を整えて出来上がりです。

2品目は、「大根の出汁煮」です。

【作り方】

①大根は、厚めの輪切りにして皮をむきます。

②面取りをして、片面中央に十字に切り込みを入れます。
隠し包丁を入れることで、出汁が染み込みやすくなります。

③鍋に大根とだし汁を入れて火にかけ、沸騰したら弱火で30分ほど煮てください。

④そこに塩を加えて、一度火を止めてください。
フタをして、そのまま冷まして出来上がりです。

☆一度冷ますことで、大根に味がよく染みますよ。

出汁を上手に活用しよう

いかがでしたか。

料理を美味しくしてくれる、魔法の調味料でもある出汁。

今回ご紹介したように、出汁の取り方や保存方法は色々ありますよね。

自分のライフスタイルに合った方法で、美味しい出汁を上手に活用しましょう。

 - 料理のポイント