玄米、醗酵食などで美と健康を目指す、正しい食の情報メディア

健康人口倍増計画

忙しくても電子レンジを使って卵を割るだけ簡単調理をご紹介

   

忙しくても電子レンジを使って卵を割るだけ簡単調理をご紹介

電子レンジで卵料理をすると、卵の黄身が割れてしまって、うまく調理ができないという経験はありませんか?

最近は100円均一で、電子レンジで作れる卵焼き、オムレツといったグッズが人気です。

食品メーカーでは、卵を割り入れるだけで、電子レンジで作れるオムレツという商品も売っています。

電子レンジを使って、卵を割るだけで綺麗に料理ができたら嬉しいですね。

そこで、今回は電子レンジで簡単に作れる卵料理と、黄身を割らずに卵料理を作る方法とグッズをご紹介します。

スポンサーリンク

  こんな記事もよく読まれています

電子レンジのターンテーブルにケーキ型をのせて手作りケーキ

小さい子どものため、ケーキを焼きたいという人のために、便利...

チューブタイプのバターに含まれるトランス脂肪酸への疑問

チューブタイプのバターと聞くと、いつもは固く感じがちなバ...

自然製法でもトランス脂肪酸フリーのバターは存在しない?

2018年6月にアメリカでは、トランス脂肪酸の使用の規制...

味噌を詰める容器がガラスであるメリットと注意点とは?

味噌というと、スーパーで売られているパック入りの味噌が一...

麦味噌を作ってみよう!試しに2kgを容器に詰めてみよう

麦味噌をご存知ですか? 九州や愛媛県、山口県ではメジャ...

カロリーと脂肪の量がうまく絡む豚肉と部位の深い関係

肉の部位とカロリーは大きく関係します。 多くの人が、精...

カロリーの一日に必要な摂取量はどれくらいなのでしょうか?

飽食の時代と言われて久しい現代、生活習慣病に悩む人々も増...

お茶碗一杯分のカロリー消費にはどんな運動をどれくらい?

秋、食事が美味しくなる季節です。 ついつい箸が進み、食...

枝豆はカロリーが低くてダイエットに最適って本当なの?

夏から秋にかけての旬といえば、枝豆ですよね。 最近は芸能...

おにぎりと大福のカロリーと満足度の比較をしてみた結果…!

お弁当の定番はおにぎりという方も多いのではないでしょうか...

ドライトマトにはどんな栄養がある?カロリーはどれぐらい?

ドライトマトといえば、美容・健康・ダイエットに効果があると...

5kgダイエットするために必要な消費カロリーは?方法は?

年々、付きやすく、落ちにくくなってきました。 これは体...

食事が進まない2歳児!1日に必要とするカロリーの目安は?

かわいい盛りの2歳児は、「魔の2歳児」といわれるぐらいで...

自分のカロリー消費量を知ろう!1日の活動強度ごとに解説

あなたは、自分の体が1日にどれくらいのカロリーを消費して...

玄米の炊き方と、含まれるとされる「毒」との関係性とは?

玄米は健康に良い食品なので注目される分、「毒」を持ってい...

玄米を浸水のために冷蔵庫を使う時の注意点とポイントとは?

冷蔵庫はとても便利な家電で、玄米の保存にも浸水のためにも...

スープジャーで楽しむ!栄養満点な玄米のあたたかいリゾット

健康やダイエットのために、玄米はとても効果的です。 昼...

マクロビは玄米食がメイン!そこに潜む「危険」とは?

海外のセレブも導入していることで日本にも広まった「マクロビ」...

玄米を土鍋で炊く場合、水の量はどれくらい入れれば良いの?

健康ブームに乗って見直されている玄米ですが、炊飯器ではな...

私たちの生活に馴染深くて体に良い玄米やお茶の歴史を教えて

お米もお茶も、私たちの食生活の根幹をなす大変歴史ある食材で...

スポンサーリンク


電子レンジで卵を割らずにゆで卵

卵料理を電子レンジで作れたらいいのに、と思いませんか?

朝の忙しい時間、朝食やお弁当に卵料理を1つは作りたい、と思いますよね。

しかし、フライパンを出して卵の殻を割って、卵焼きやスクランブルエッグを作り、仕事へ行く前に、フライパンを洗う、という行程を考えると面倒になります。

鍋でゆでるだけなら、鍋もあまり汚れずに楽かもしれない、と思ってはみたものの、ゆで卵の殻をむくのが面倒になります。

簡単なようで、面倒なのが卵料理です。

それでも、子どものお弁当に卵を1つ入れるだけで、茶色と緑のおかずに黄色が入り綺麗です。

卵を割るだけで、生卵以外の料理が作れたらお弁当作りも楽になります。

もっと簡単に作りたい、冷凍コロッケやっハンバーグ、小松菜のおひたしのように電子レンジで作れたらいいのに、と考えませんか?

卵料理の中でも基本中の基本、ゆで卵は電子レンジで作ることができるのでしょうか。

しかし、電子レンジを使って卵を割ることなく、ゆで卵を作るというのは、なかなか想像できませんね。

そんなお悩みを解決するグッズがあります。

その名も「レンジでらくチンゆでたまご」です。

容器の中に卵と水を入れて電子レンジで加熱するだけです。

容器はポリプロピレンですが、内側はアルミニウムのアルマイト加工になっています。

半熟も固ゆでも作れるという優れものグッズです。

1つあったらとても便利ですね。

電子レンジでオムレツ作り?!卵を割るだけ簡単!

ゆで卵もいいけれど、せっかくお弁当に入れるなら卵焼きやオムレツが作りたいです。

フライパンを使わずにオムレツや卵焼きが作れたら、お弁当にも彩りがプラスされます。

日本ハムでは、そんな忙しい皆さんのために、卵を割って、専用のビニール容器に入れて混ぜるだけで、電子レンジで作れるオムレツのレトルト食品を販売しています。

本当に便利です。

卵を割るだけです。

日本ハムの「ふくろのままレンジでふわたまオムレツ」は、袋の中に卵2個を割り入れて中でしっかり混ぜるだけです。

袋のまま電子レンジ500w4分半で、フワフワのオムレツが出来上がります。

お弁当のおかずに、朝食のおかずにととても便利なレトルト食品です。

仕事を持つ忙しいお母さんに、ピッタリのレトルト食品と、口コミでも人気です。

溶き卵を入れて混ぜるという指示がありますが、私は直接袋の中に殻を割った卵を入れて、中で混ぜるという荒業をしています。

それでも、十分にふわふわオムレツが作れます。

ベーコンとチーズ味の2種類を販売していますが、以前はほうれん草なども含めて数種類ありました。

電子レンジで4分半温めている間に他のおかずを作ったり、ご飯をお弁当箱に詰めたり、とできるため、忙しい人にはとても便利なレトルト食品です。

電子レンジを使ってラップの上に卵を割るだけ簡単オムレツ

簡単なレトルト食品をご紹介しましたが、実は日本ハムの「ふくろのままレンジでふわたまオムレツ」は、1つだけデメリットがあります。

それは、1回作るたびに1つの袋に入っているレトルト食材をつかいますので、当然使い捨てになります。

しかし、電子レンジで使える袋は、しっかりとした耐熱性ということもあり、オムレツを1つ作るだけで、卵の他に200円程度かかります。

使い捨てで200円は高いということですね。

その額が高すぎるという意見もあり、たまには使いたいけれど、という人が購入するようです。

毎日使っているという人は、数少ないかもしれません。

そこで、使い捨てのレトルト食品を買うのはもったいない、わざわざオムレツ用のグッズを買うのももったいない、という人のために、家の中にあるもので作れる簡単オムレツをご紹介します。

それは、どの家庭にもある、ラップを使って作るオムレツです。

耐熱の容器、できればボールのように深いものに、ラップを敷きます。

二重に敷くと良いです。

その上に卵を割り、溶きほぐしてマヨネーズを大さじ1、チーズやベーコン、パセリなどの具を入れてよく混ぜます。

上からもラップをふわっとかぶせておきます。

電子レンジで2分加熱します。

中がまだ半熟なので、再度かき混ぜて、さらに電子レンジで1~1分半加熱します。

固まったら、そのままラップで包み形を整えます。

冷めるとかわいい形のオムレツが出来上がります。

ラップがあれば卵を割るだけで、電子レンジで簡単にオムレツができました。

ラップを使うので、耐熱容器のボールも簡単に洗うことができます。

電子レンジで卵料理を作る時のポイント

電子レンジで卵料理をうまく作るポイントは、卵の黄身が割れないようにすることです。

黄身を割ると、電子レンジの庫内に飛び散って、あと片付けが大変です。

そこで、電子レンジで卵料理をする一番のポイントは、つまようじなどであらかじめ黄身に穴をあけて置くことです。

こうすることで、電子レンジを汚すことなく、簡単に卵料理が作れます。

それでは、卵料理の定番の目玉焼きを電子レンジで作ってみましょう。

まずは、耐熱のカップ容器に、割った卵を入れます。

次に、黄身を軽く楊枝で刺します。

そのまま150wで1分半温めて、さらに30秒ごとに温めて黄身の堅さを好みのものにします。

耐熱の皿にオーブンレンジシートを乗せて、卵を割って温める方法もあります。

オーブンシートを敷いてから卵を割って温めると、油を使わずにヘルシーで、お皿もほとんど汚れません。

洗い物の手間を省くだけでなく、災害時に水が不足している時に活用してみましょう。

お弁当の中に直接入れる耐熱容器を使うなら、中に子どもが苦手な野菜を入れてココット風にしても良いですね。

卵が電子レンジの中で破裂するのは、中の黄身を覆っている膜が中の黄身の水分が熱で膨張することで、割れてしまうからですね。

熱を加えることで、黄身を覆っている膜が割れて破裂するなら、その前に膨張した黄身の水分を逃がす穴をあけてしまいましょう。

つまようじで穴をあけることで黄身が割れて、破裂することを防ぐことができます。

目玉焼きは、つまようじで黄身に穴をあけるのを忘れないようにすれば、簡単に作ることができます。

卵を割るだけで作れるオムレツをアレンジ!

お弁当を作る時、卵だけでは彩りがさみしいという人のために、野菜と卵を使った電子レンジ料理をご紹介します。

トマトを使うと、リコピンやカロテンも摂れて栄養も補えます。

プチトマトを使うと包丁やまな板も使わずに、卵と野菜を使ったお料理が作れます。

しかしラップを使ったオムレツにトマトを入れようとすると、どうしてもトマトがトロッとしてしまい、うまくまとめることができません。

そこで、普通の耐熱容器に、卵2個を割りほぐし、その中にざく切りにしたトマト、またはフォークで穴をあけたプチトマトを入れます。

マヨネーズを混ぜて、電子レンジで温めます。

トランス脂肪酸が気になる人は、マヨネーズではなく塩コショウと、パルメザンチーズを混ぜて、上からラップをかけて電子レンジで1分温めます。

レンジから出して、全体を混ぜ直してさらに1分半~2分温めます。

トマト以外の野菜でも、簡単に野菜を入れたオムレツが作れます。

ほうれん草とベーコン、ハムを入れて同じように作ることができます。

野菜を加えることで、彩りも綺麗になり、さらにビタミンCやカロテン、食物繊維を摂ることもできますので、お弁当にも最適です。

耐熱容器はどんな形でも良いですが、お弁当に入れる時はできるだけ、四角い形の容器が良いですね。

卵を割るだけで簡単に作れるので、お弁当や朝食はもちろん、夕食の一品にもなります。

卵料理で食生活に健康と彩りを

卵を食べなくても、別に食生活には困らない、と考えている人はいませんか?

確かに、アレルギーを持っている人は卵が使えないということもあります。

コレステロールが心配だから卵は1日に1個という人もいます。

しかし、コレステロールは細胞膜や性ホルモン、副腎皮質ホルモンの原料やビタミンDの成分にもなります。

身体の中につねに100gが必要で、毎日新しく1g以上の供給が必要です。

ダイエットなどで脂質を控えている人ほど、卵からコレステロールを摂ることが大切になります。

食や生命科学の専門家の中には、1日2個以上食べても心配はないという人もいます。

新鮮な卵なら割るだけでもご飯のお供になります。

電子レンジを使って、こんなに簡単に色々な卵料理も作れます。

スーパーでは売り出しの日なら1パック10個100円くらいで購入できることもあります。

1人暮らしで食生活に偏りがある人ほど、卵は欠かせないアイテムです。

食費が乏しい時でも、肉や魚が購入できなくても、卵が冷蔵庫に1つあるだけでたんぱく質を摂ることができます。

日本の卵の賞味期限は生で食べる期限になっているため、数日過ぎても加熱調理をすれば食べることもできます。

こんな便利で健康にも良い卵です。

毎日上手に調理して、必ず1個は摂るようにしましょう。

卵料理で明るい食卓に

電子レンジを使って卵料理を作るのは、意外と簡単でしたね。

お弁当や朝食に1つ加えるだけで、こんなにも色々なメリットのある卵料理でした。

卵は忙しくても食費が乏しくても、殻を割るだけで食卓を明るくするひまわりのような食材です。

卵1つで、お金も手間もかかりません。

電子レンジを使うと洗い物も減らすことができて、水の節約にもなります。

明日からの朝食に、お弁当に卵料理を加えて、食事をもっと楽しいものにしましょう。

 - 料理のポイント