7人の神様が住んでいるお米!玄米30キロの栄養素と精米方法

皆さんのご家庭では、お米を玄米で購入されていますか。

それとも、精米した白米を購入しているでしょうか。

最近では無洗米も主流になってきて、便利になってきましたね。

そんな色々なお米の中でも、今回は玄米のお話です。

農家が販売する1袋は30キロといわれていますが、精米するとどれくらいになるのでしょうか。

玄米を食べるとどんな栄養が摂れるのかなど、玄米についてお伝えします。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

体に良い玄米の家庭での炊き方をご紹介!3合なら水加減は?

健康に良いといわれる玄米ですが、ご家庭でも簡単に炊けることをご存知でしょうか。玄米炊飯モードの...

玄米と押し麦の栄養はどう違うの?どちらがダイエット向き?

体に良いといわれる玄米と押し麦ですが、それぞれに含まれている栄養はどう違うのでしょう。ま...

玄米のびっくり炊きができるルクルーゼのココットをご紹介

玄米を炊く方法で「びっくり炊き」というのが話題になっています。びっくり炊きの良いところは、本...

豆腐に味噌マヨネーズを合わせ栄養効果を上げるレシピを紹介

豆腐は、手軽に摂れるたんぱく質食品です。歯が痛い時や、高齢者で飲み込む力が弱くなった人でも楽...

栗ご飯を玄米で美味しく作るレシピ!栗と玄米の栄養について

肌寒さを感じる季節になると、食べたくなる栗・・・。栗は、秋を代表する味覚で、9月頃が旬ですよ...

毎日量る白米1合は何グラム?お米の単位と簡単に量る方法

白米を量る時に使う際に、「合」という単位を使います。合は尺貫法における単位の一つで、一升の1...

お米の浸水は一晩置いても問題なし?美味しい炊き方とは

お米はちょっとのひと手間で美味しくなる食材です。主食ですから、食べるなら美味しく食べたいです...

豆腐を使ったレシピで1食400キロカロリーを目指す!

近頃女性たちの間で、1日のカロリーを1500キロカロリー以内にするダイエット方法が人気です。...

インスタント味噌汁の栄養や効果的な食べ方とアレンジ方法

味噌汁は体に良いということは、皆さんご存知かと思います。味噌には豊富な栄養が含まれていますよ...

お米は保存方法と環境によっては賞味期限が半年以上になる

お米の賞味期限は、保存方法や環境によって、大きく変わってきます。保存方法をしっかりしていれば...

栄養豊富な白和えレシピの紹介!味噌入り味噌なしバージョン

今日は、体にいいものを食べたい、そんな日は白和えはいかがでしょうか?普段何気なく食べている白...

お米に現れた黒い虫の正体は一体?対処法や予防策はあるの?

皆さんは、米びつを開けた際に、黒い虫を発見したことはありませんか?一度発見すると、お米全体を...

皆大好きなそばとうどん!たぬきそば&きつねうどんについて

日本を代表する麺といえば?ほとんどの方が、そばか、うどんと答えると思います。よく食べ...

体に良い玄米なのに毒があるなんて!正しい炊き方を教えて!

体に良いとされる玄米なのに、毒があるといわれていることをご存知ですか。何が毒なのか、毒とはい...

味噌が袋に入っている場合の正しい保存方法とは?

みなさんはどのように袋に入った味噌を保存していますか?「味噌が腐ってしまっている?」と思ったこ...

スポンサーリンク

農家で買うお米は1袋が玄米30キロ

農家から直接お米を購入すると、籾袋にほぼ30キロの玄米が入ることから、30キロ1袋で何円という設定で販売してくれるところが多いです。

中には一年間分のお米を購入し、そのまま必要に応じて玄米を農家から持ってきてもらうという方法をとっている人もいますよね。

玄米を精米せずにそのままいただくというのも1つですが、農家の玄米はスーパーで販売している玄米とは違います。

スーパーで販売している玄米は、きれいにホコリなどを除去しているため、袋から出してそのまま炊飯器で炊いているご家庭がほとんどですよね。

しかし、農家から購入したお米は、ホコリやごみ、虫がついていることがありますので、必ず水につけてさっと取り除きましょう。

また、メーカーが販売している普通に炊ける玄米とは違い、精米後の白米と混ぜて炊くということはできません。

そのため、農家で購入したお米は、玄米のまま土鍋で炊いたり、炊飯器の「玄米」というモードを利用したり、精米機で白米にして頂きます。

30キロの玄米は一般の4人家族のご家庭で、毎日食べてもおよそ1カ月分です。

あまりお米を食べないご家庭や、子どもが小さいご家庭は1カ月半分になります。

一年間で30キロの玄米を12袋と、都市部の住宅では家の中に置いておくには大変な量ですね。

玄米30キロ分のお米を家庭で精米する

玄米には糠や胚芽が含まれています。

30キロの玄米は精米すると、その部分がなくなるため当然小さく軽くなりますよね。

家庭用炊飯器で簡単に炊くためには、精米をして炊くのが一番簡単です。

では、玄米の精米方法をみてみましょう。

玄米を精米するためには、色々な方法があります。

1つ目は、玄米を購入した農家にお願いする方法です。

農家は農協などに卸すときに精米をすることもありますので、精米機を持っていることが多いです。

2つ目は、お米屋さんにお願いして精米してもらう方法です。

こちらは有料になりますが、一番安心して精米をお願いできます。

3つ目は、コイン精米機を使う方法です。

農協や田畑の多い地域には、よく道端にコイン精米機があります。

1回300円ほどで精米できますよ。

時々玄米をもらったり、実家から玄米をもらうことがあるなど、年に数回精米する人におすすめです。

4つ目は、家庭用精米機です。

家庭用の精米機は、約1万円くらいで販売されています。

毎年、農家から一年分の米を玄米で購入するというご家庭であれば、1台持っているととても便利ですよ。

家庭用の精米機は1回に1合~5合を精米します。

食べる分だけを精米するという感覚で毎回精米をしてくため、新鮮なお米を食べることができます。

ただし、1回に最大5合(750g)しか精米できませんので、30キロの玄米は40回以上に分けて精米することになります。

少し大変ではありますが、家庭用の精米機の操作を変えれば、5分つきや白米、無洗米といったご自分の好みのお米にできます。

その時の気分やおかずの内容で、お米そのものが変えられるのは面白いかもしれません。

色々な種類のお米を食べることができて楽しいですね。

30キロの玄米を色々なお米にしたときの重さ

玄米は精米するとき、最も多種類を選べる精米機で、

上白米・白米・8分・7分・6分・5分・4分・3分・2分つき米・胚芽・胚芽白米仕立て

と、11種類選ぶことができます。

ここまで細かいと重さの違いも微妙になりますが、代表的な精米機では胚芽米、3分・7分・白米・無洗米というのが一般的です。

玄米と白米では、重さがおよそ10%の減少になります。

3分つきなら3%、7分つきでは7%くらいの減少と考えて良いのではないでしょうか。

農家から30キロの玄米を購入しても、精米をして白米の状態にしてもらうと、およそ27キロのお米になります。

そこで、家庭用精米機を使って、自分好みのお米にしてみましょう。

胚芽の重さや糠の重さはどのくらいなのかということになりますが、胚芽は実際にはあまり重さはなく、胚芽精米も精米後の白米もほぼ同じ重さになります。

胚芽精米は玄米と違い、普通の白米と同じ炊き方ができますよ。

さらに、胚芽には白米には含まれていない栄養素が含まれているとううことで、胚芽精米の人気が上がっています。

それでは無洗米はどうでしょうか。

栄養価の高い白米のとぎ汁がそのまま下水に流れると、海の富栄養価(ふえいようか)の原因になり、水質が汚染されます。

海の環境を守るために、お米を研がずに済む方が良いと開発されたものが無洗米です。

無洗米は、普通の白米よりも肌糠と呼ばれる層が全くないため、およそ3%重さが減少します。

そのため、30キロの玄米なら26.2キロになります。

最近では忙しい主婦層で無洗米が人気ですが、無洗米が元々誕生した理由は、楽だからということではなく環境問題だったのですね。

玄米と精米後の白米30キロの栄養の違い

それでは、玄米30キロを精米後の白米にしたとき、胚芽精米にしたときでは、栄養素の量はどう違うでしょうか。

玄米と胚芽精米、白米で最もカロリーが高いのは白米です。

100g当たりで1kcalずつ違いますので、30kcalを食べたら300kcalも違います。

玄米と白米では2kcal違い、30キロ分で600kcalの違いですね。

たんぱく質の量は玄米が最も多く、100gあたり6.5gに対して、白米は6.1gになります。

胚芽精米は玄米と同じ6.5gになりますので、お米のたんぱく質は胚芽部分が最も多いのかもしれません。

米糠油というものがあるのでも分かるように、脂質も玄米が最も多く100g当たり3.3gに対して、白米はわずか0.9gです。

これは30キロなら、720gも多くなります。

それなのになぜ、白米が一番カロリーが高いかというと、炭水化物いわゆる糖質が最も多いからです。

白米は100g中77.1gが糖質です。

それに対して、玄米は糖質が71.2g、食物繊維は白米の6倍になります。

胚芽精米は糖質が74.6gになりますので、白米は本当に高糖質食品といえますね。

そして、何よりも大きいのは、玄米や胚芽精米には多く含まれるビタミンB1がなくなってしまうことです。

玄米には100g中0.35g、胚芽精米には0.23g含まれるビタミンB1が、白米にはわずか0.08gしか含まれていません。

糖質がエネルギーになるために必ず必要なビタミンB1は、玄米を食べてこそ意味があるということです。

玄米のお米30キロのお値段は?

そんなに身体にいいのなら、今年は玄米を買ってみようかと考える人もいらっしゃいますよね。

玄米は普通のスーパーで購入することもできますが、白米よりも高くなります。

白米が2,000円なら玄米は2,500円くらいで、お米屋さんで購入しても同じです。

それは、一般的な流通では白米の方が需要があるため、あまり売れない玄米の方が高額になってしまうということのようです。

手間がかかっていないのに不思議ですね。

それなら農家で購入しようと考えている人もいますよね。

一般的に農家にお願いすると、籾袋の大きさが30キロサイズになるため、1袋30キロで販売します。

お米のブランドや等級によっても違いはありますが、玄米は30キロで5,000円~6,000円程度です。

ただし、お米が実るまでの初夏から秋にかけて雨が少ないことや、寒すぎる、暑すぎるなどの気候変動で、お米が不作になり直接販売することがない年もあります。

こういった特殊な事例がなければ、玄米1袋は5,500円前後と考えて良いでしょう。

玄米ご飯を使ったレシピを紹介

最後に玄米を使った美味しいご飯レシピをご紹介しましょう。

玄米ご飯と秋野菜のベジタブルカレーです。

【材料 4人分】

・カボチャ 600g
・レンコン 300g
・ほうれん草 5束
・しめじ 200g
・生姜 4片
・グリーンカレーペースト 50g
・ココナッツミルク 500ml
・水 200ml
・砂糖 大さじ4
・ココナッツオイル 大さじ2
・塩 少々
・玄米ご飯 4人分

【作り方】

①玄米は炊飯器で炊きます。

②レンコンは半月切り、ほうれん草はざく切り、生姜はみじん切り、しめじは石づきを取りほぐします。

③カボチャはラップをかけて、500wの電子レンジで約5分加熱し、一口大に切っておきましょう。

固いときは、さらに1分加熱します。

④鍋にココナッツオイルと、生姜、レンコン、カボチャとほうれん草以外の野菜を入れて炒めます。

⑤塩を加えて全体に火が通ったら、ココナッツミルクと水を加え、ぐつぐつするまで煮詰めます。

⑥ここに、カボチャとほうれん草を加え、約1分煮込んだらグリーンカレーペーストと砂糖を加え、味を整えます。

⑦玄米ご飯と一緒にお皿に盛って完成です。

エスニック風のカレーは普通のご飯よりも、雑穀米ご飯や玄米ご飯の方が合いますよ。

スープカレーのときも、白米よりも玄米の方がサラッとした食感が味わえて、とても美味しいです。

30キロの玄米があれば、ほかにもたくさんのレシピを楽しむことができますね。

ご家庭の精米機があればお米の種類も増えて、さらにバリエーションが増えるかもしれません。

色々と試してみてくださいね。

玄米30キロで健康ご飯

栄養価も高く美味しい玄米ご飯は、スーパーやお米屋さんだけでなく、農家からも直接購入ができます。

パンや麺も良いですが、玄米で購入し、ご家庭で精米してお米を色々な形で食べるのも面白いです。

お米には一粒に7人の神様がいます。

30キロ分の玄米には、いったい何人の神様がいるのでしょうね。

精米をしたら神様が1人こぼれてしまうのかもしれません。

明日からは、そんなことを考えながらお米一つ一つを大切に食べましょう。