玄米、醗酵食などで美と健康を目指す、正しい食の情報メディア

健康人口倍増計画

甘酒を麹から作るには?便利な電子レンジを使った作り方

      2017/12/13

甘酒を麹から作るには?便利な電子レンジを使った作り方

甘酒を麹で作ってみたいと思われませんか?

麹で作る甘酒は自然な甘さで、とても美味しく、健康に良い飲み物として親しまれてきました。

今回は甘酒を作る方法、特に電子レンジを使って作る方法についてお話します。

また、保温方法のいろいろなアイデアも、一緒にご紹介します。

スポンサーリンク

  こんな記事もよく読まれています

電子レンジで手軽に作れるお菓子!カップケーキのレシピ集!

小さな子どもがいる家庭では、おやつのお菓子を用意するのも...

電子レンジでもトーストは作れる?!オーブンがなくてもOK!

ほとんどの方がトーストを作るのに、トースターやオーブンを使...

味噌作りの容器はどんな材質が最適?プラスチックでもいい?

日本人にとって欠かせない調味料の味噌。 食の欧米化が進...

醤油を刷毛で料理に塗りたい!おすすめの商品や使い方は?

近頃は健康に気を使う人が増え、醤油や味噌なども「減塩」のも...

カロリーゼロは万能ではない!どんな食品でも摂りすぎに注意

カロリーゼロの食品を利用したことがありますか。 小腹が...

カロリーは1日に摂って使って!健康で綺麗な女性を目指そう

皆さんはダイエットをしたことがありますか? 女性であれ...

カロリーはダイエットとは全く関係ないの?多面的に解説

カロリーを抑えればダイエットできるという話をよく耳にしま...

必要カロリーはそれぞれ違う?女性の一日に必要なカロリー

暑い日が続き、今年はいわゆる「酷暑」といわれています。 ...

カロリーが気になるなら牛乳とヨーグルトどちらがおすすめ?

カロリー制限中やダイエット中でも必要な栄養素はバランスよ...

豚肉は高カロリーそうだが、ダイエットに向いているのか

豚肉のダイエットが注目されているそうです。 しかし、豚...

外で食べるカロリーが高いご飯メニューとメリットデメリット

一食で最もカロリーが高いご飯と聞かれたら、それはビュッフ...

若人こそ一食のカロリーが大切!おかずだけで500kcal以上を

1日に必要なカロリーを推定必要エネルギー量と言います。 ...

栄養満点の味噌汁の作り方!ほうれん草の下茹での必要性は?

ほうれん草は、お野菜の中でも特に栄養価が高いと言われてい...

味噌汁の具にもやしを使うとこんなに良いことがあります

暑かったり寒かったり、天候の関係で価格の変動が激しくなっ...

冬が旬のぶり!ぶりの風味豊かな味噌汁のレシピとは?

お料理のメインになるぶりですが、味噌汁の具材にしてもとっ...

納豆に味噌や砂糖を加えると美味しい?!色々な納豆の食べ方

食卓に加えると、食べ応えも栄養も十分に発揮してくれる納豆...

牡丹鍋は味噌味が最強!その歴史と分布・作り方をご紹介

近年はジビエが流行したりと、ちょっと変わったお肉を食べるの...

離乳食の味噌汁はいつからOK?作り方と注意すべきポイント

生後5ヶ月頃から始まる離乳食、赤ちゃんが食べる練習をする...

実はおでんに味噌をつけるのが密かな人気!実際に食べてみた

肌寒くなってくると恋しくなってくるのがおでん。 近年、コ...

ふきのとうで作る「ばっけ味噌」が美味しい!保存のコツとは

山菜がスーパーに出回り始めると「春」を感じますね。 春...

スポンサーリンク


麹で作った甘酒と酒粕で作った甘酒の違い

甘酒は麹から作ったものと、酒粕から作られたものがあります。

いったい、どんな違いがあるのでしょうか?

材料・作り方・効果効能も違うのですが、甘酒は麹で作る場合、砂糖を加えず、アルコールを含まない飲み物になります。

麹で作る甘酒は、栄養たっぷりで、飲む点滴と呼ばれるほどで、昔は夏バテ防止のためにも飲まれていたそうですよ。

一方、甘酒を酒粕で作る場合、砂糖を加える必要があり、アルコールを含んだ飲み物です。
そのため、子供や車を運転する前の人、妊婦さんは飲めません。

しかしながら、麹で作った甘酒よりも酒粕の甘酒のほうが、ビタミン類・タンパク質・食物繊維が、たっぷり含まれているそうです。

それでいて、酒粕の甘酒は美容や便秘解消などに効果的ですし、手作りとしては酒粕の甘酒のほうが安く、簡単にできます。

麹で作る甘酒も酒粕から作る甘酒も、それぞれの美味しさや効能がありますので、ご自分のお好みや状況に合わせて選ぶと良いでしょう。

今回は、麹で作る甘酒にスポットを当てて、効能や作り方を詳しく取り上げていきます。

電子レンジを使って作る方法もありますから、ぜひ参考にしてみてください。

甘酒を麹で作るメリット

先ほども述べましたが、麹から作る甘酒は飲む点滴と言われます。
では、どのような栄養を含んでいるのでしょうか。

・ビタミンB群
・食物繊維
・葉酸
・アミノ酸
・ブドウ糖
・オリゴ糖

これらの甘酒の栄養は、点滴の栄養と、とても似ています。

その栄養価のゆえに、飲む点滴と言われているのですね。
では、麹から作る甘酒の効能は、どのようなものがあるでしょうか。

●美肌効果

麹には、シミや美白に効くコウジ酸が、たくさん含まれています。

コウジ酸はシミの原因となるメラニンが作られるのを抑え、シミやくすみを防いで、美肌を保たせてくれるのです。

また、ビタミン類が皮膚を活性化させてくれます。

●ダイエット

甘酒にはブドウ糖が含まれていて、血糖値を上げる効果があり、満腹感を得ることができます。

その結果、ご飯の食べ過ぎを防いでくれます。

●体力回復

ブドウ糖がたっぷりの甘酒を飲むと、体力回復の効果があります。

含まれているビタミンB群も、炭水化物をエネルギーに換えて、疲労回復のサポートをしてくれる働きがありますよ。

●腸内環境を整える

食物繊維がたっぷりですし、発酵食品なので整腸作用が期待できます。
便秘解消など、うれしい効果があります。

いかがでしょうか。

麹で甘酒を作って、健康と美容をキープしてみたくなってきますよね。

次に、電子レンジで甘酒を作る方法をご紹介します。

甘酒を麹で作る方法は?電子レンジで作ろう

【材料】

・もち米 100g
・熱湯 900cc
・米麹 100g

【作り方】

①もち米を下茹でします。
500ccの熱湯にもち米を入れて、5分ほど茹でましょう。

② ①をザルでこして、湯を切りましょう。
もち米を耐熱容器に移し、400ccの熱湯を加えます。

③ ②にラップをして、10分電子レンジにかけます。

④いったん取り出し、木しゃもじでかき混ぜ、さらに電子レンジで5分加熱します。

電子レンジから取り出して、温度を60℃~65℃くらいまで下げましょう。
ここは温度計を使って、きっちり計りましょう。

⑤ ④に米麹を加えます。

米麹を加えた時点で温度が下がってしまうので、湯煎にかけて、温度を65℃まで引き上げます。
米麹は温度に敏感ですから、温度管理はしっかりしましょう。

⑥ ⑤を保温効果の高い水筒に移します。

6時間ほど放置しましょう。
ときどき、水筒を揺らすと、発酵を促すことができます。

⑦味を見て、甘くなっているか確認してみましょう。

もし甘くなかったら、もう一度湯煎にかけて、65℃まで温度を上げて、水筒に入れて2時間ほど置いておきます。

⑧ ⑦を鍋に移して、80℃まで温めて発酵を止めます。

これをしないと、発酵が進みすぎて、酸っぱくなってしまいます。

鍋を冷水にあてて甘酒を冷やし、保存容器に移して冷蔵庫で保存しましょう。

麹の甘酒を電子レンジを使わないで常温で作る方法

甘酒は、常温で作ることもできることを、ご存知でしょうか。

ここでは電子レンジを使ったり、火にかけたりせずに、甘酒を作る方法をご紹介します。

【材料】

・米麹 500g
・白米 3合
・水 1ℓ~1.5ℓ

【作り方】

①白米を研いで、普段通りにご飯を炊きます。

②炊きあがったご飯に水を1ℓ加えて、40℃くらいの温度にしましょう。

③甘酒を作る容器に②を入れて、よくほぐした麹を加え、しゃもじでよく混ぜます。

そこに、水をひたひたになるまで加えて、部屋の暖かいところに置きましょう。

フタは、少しずらして乗せておきます。

ときどき揺らして、発酵を促していくと、3日から1週間ほどで出来上がります。

ちょうど良い味になったら、冷蔵庫に入れて保存しましょう。

甘酒を電子レンジで温めるときに気をつけること

麹菌は、40℃を超えると死んでしまいます。

そのため、甘酒が出来上がっていないときに、麹を電子レンジにかけると麹菌は死んでしまい、甘酒ができないということになってしまいます。

また、出来上がった甘酒を沸騰させてしまうと、栄養素が損なわれてしまいます。

電子レンジで温めるのが一番お手軽ですが、温めすぎには気をつけましょう。

電子レンジを使って60℃くらいになるまで、少しずつ温める方法か、鍋に移して、ゆっくり混ぜながら温めるようにしましょう。

万が一、温めすぎたとしても、オリゴ糖は熱に強いので、オリゴ糖の効果は期待できます。

オリゴ糖は、善玉腸内細菌の栄養となります。
また、温めすぎたとしても美味しいので、そのまま飲みましょう。

甘酒作りのコツは温度管理

上記の電子レンジを使った甘酒の作り方で、お気付きになられたかもしれませんが、甘酒づくりのコツは温度管理です。

どんな温度管理法があるのか、ご紹介します。

●炊飯器
炊飯器の蓋を開けた状態で、保温する方法があります。
もしくは、炊飯器の中で甘酒を、さらに湯煎にかける方法もあります。

湯煎だと、温度の上がり方が緩やかになります。

●ヨーグルトメーカー
ヨーグルトメーカーはヨーグルト菌を発酵させるためのものですから、温度を一定に保つことにかけては、他の機器より優れています。

これにより、温度が上がりすぎたり、下がりすぎたりすることなく甘酒を作れるので、失敗も少ないかもしれません。

●こたつ
冬限定とはいえ、自分が温まるついでに、甘酒もできてしまうとはお得感がありますよね。
足で蹴って倒してしまうことに気をつければ、美味しい甘酒が作れます。

●湯たんぽ
この方法は、温度が上がりすぎることはないというメリットがあります。
とても、経済的ですね。

発泡スチロールの箱の中に、湯たんぽとともに甘酒の素を入れて毛布でくるみ、発泡スチロールの蓋を少しずらしてのせ、6~7時間そのまま放置します。

●魔法瓶
65℃くらいに温めた甘酒の素を魔法瓶に入れて8時間ほど放置します。

●低温で
3日間くらい掛かりますが、15℃以下の低温でも甘酒が作れます。

冷蔵庫で腐敗菌の繁殖は抑えつつ、ゆっくりと麹菌の酵素の働きにより、甘酒の素を糖化させていきます。

甘酒を飲むを習慣にしよう

体調管理のため、便秘解消のため、美容のため、甘酒を飲む方も増えてきています。

毎日継続することにより、健康と美容を保っていくのが一番理想的です。

朝1杯飲もう、夜寝る前に1杯という風に、ご自身で決めて、習慣にしてしまうと継続しやすいですよ。

ぜひ、今回学んだことを参考に、健康的な生活を始めてみてくださいね。

 - 料理のポイント