玄米、醗酵食などで美と健康を目指す、正しい食の情報メディア

健康人口倍増計画

栄養価の高い発芽玄米の作り方!ヨーグルトメーカーで作れる

      2017/12/07

栄養価の高い発芽玄米の作り方!ヨーグルトメーカーで作れる

皆さんは、発芽玄米をご存知でしょうか。

身体にとても良いそうですが、発芽玄米はどのようにして手に入るのでしょうか?

市販でも発芽玄米があり、手軽に発芽玄米が食べれます。

しかし、毎日食べるとしたら、結構高くついてしまいます。

それなら、自分で作ってみるのはいかがでしょうか?

今回は発芽玄米の効能や、ヨーグルトメーカーを使った作り方についてお話します。

スポンサーリンク

  こんな記事もよく読まれています

カロリーゼロは万能ではない!どんな食品でも摂りすぎに注意

カロリーゼロの食品を利用したことがありますか。 小腹が...

カロリーは1日に摂って使って!健康で綺麗な女性を目指そう

皆さんはダイエットをしたことがありますか? 女性であれ...

カロリーはダイエットとは全く関係ないの?多面的に解説

カロリーを抑えればダイエットできるという話をよく耳にしま...

必要カロリーはそれぞれ違う?女性の一日に必要なカロリー

暑い日が続き、今年はいわゆる「酷暑」といわれています。 ...

カロリーが気になるなら牛乳とヨーグルトどちらがおすすめ?

カロリー制限中やダイエット中でも必要な栄養素はバランスよ...

豚肉は高カロリーそうだが、ダイエットに向いているのか

豚肉のダイエットが注目されているそうです。 しかし、豚...

外で食べるカロリーが高いご飯メニューとメリットデメリット

一食で最もカロリーが高いご飯と聞かれたら、それはビュッフ...

若人こそ一食のカロリーが大切!おかずだけで500kcal以上を

1日に必要なカロリーを推定必要エネルギー量と言います。 ...

栄養満点の味噌汁の作り方!ほうれん草の下茹での必要性は?

ほうれん草は、お野菜の中でも特に栄養価が高いと言われてい...

味噌汁の具にもやしを使うとこんなに良いことがあります

暑かったり寒かったり、天候の関係で価格の変動が激しくなっ...

冬が旬のぶり!ぶりの風味豊かな味噌汁のレシピとは?

お料理のメインになるぶりですが、味噌汁の具材にしてもとっ...

納豆に味噌や砂糖を加えると美味しい?!色々な納豆の食べ方

食卓に加えると、食べ応えも栄養も十分に発揮してくれる納豆...

牡丹鍋は味噌味が最強!その歴史と分布・作り方をご紹介

近年はジビエが流行したりと、ちょっと変わったお肉を食べるの...

離乳食の味噌汁はいつからOK?作り方と注意すべきポイント

生後5ヶ月頃から始まる離乳食、赤ちゃんが食べる練習をする...

実はおでんに味噌をつけるのが密かな人気!実際に食べてみた

肌寒くなってくると恋しくなってくるのがおでん。 近年、コ...

ふきのとうで作る「ばっけ味噌」が美味しい!保存のコツとは

山菜がスーパーに出回り始めると「春」を感じますね。 春...

文明開化の味?牛鍋のレシピ!醤油味も味噌味も簡単に!

牛鍋を食べられるお店は、現在減りつつあるようです。 そん...

自然薯はとろろ以外にもレシピが豊富!味噌汁にしても美味!

自然薯は、一般的にはとろろにして食べることが多いですよね...

トランス脂肪酸は危険?マーガリンに多いって本当?

近年、マーガリンはトランス脂肪酸が多いから体に悪いという...

トランス脂肪酸を含まない油を選んで健康生活を送りましょう

心血管系疾患リスクや、その他の健康被害に影響を及ぼすこと...

スポンサーリンク


発芽玄米とは

発芽玄米とは玄米を1~2日ほど、ぬるま湯に浸し、芽を出させたものです。

成長に伴って、玄米の中では多くの変化が生じます。
そして、発芽玄米になると、玄米と比べて栄養が高く、体内に栄養が吸収されやすいと言われています。

なぜかというと、発芽に伴い、貯蔵ガードとして働いていたフィチン酸の役割が終了します。

そのため、ミネラルとフィチン酸が分離して、玄米の状態では吸収されにくかったミネラルも、吸収されやすくなるのです。

発芽玄米は、玄米と比べると食感は、もちもちしています。

「ぼそぼそ」「パサパサ」しがちな玄米の食感が好きになれなかった人も、発芽玄米なら大丈夫かもしれませんね。

また、食感だけではなく、玄米に比べて旨味が増し、美味しくなっていますので食べやすいです。

栄養価が高く食べやすいうえ、その栄養も吸収しやすいので、おすすめです。

では、なぜ発芽玄米の栄養価が、玄米より高くなるのでしょうか。

玄米が発芽するとき、その中のデンプンを使って、成長に必要な物質を作り出します。
また、玄米が芽を出すとき、酵素が活性化し、玄米の中の栄養価が高くなるのです。

発芽玄米専用の発芽玄米炊飯器なるものも登場していますが、価格はそれなりにします。

発芽玄米にしてから炊いてくれる優れものですが、どこの家庭でもあるわけではないですね。

そのため、後ほど、コスパの優れたヨーグルトメーカーを使った発芽玄米の作り方もご紹介します。

発芽玄米の栄養素

玄米自体、栄養がたっぷりです。
食物繊維・マグネシウム・カルシウム・ビタミンB1などの栄養素を含んでいるのです。

発芽玄米になると、これらに加えて、他の成分が増えています。

例えば、ギャバというアミノ酸はストレスを軽くし、不安を和らげる効果が期待できます。
ほかにも、高血圧を改善し、血糖値を低下させて糖尿病を改善させる効果があります。

また、ギャバは、肝臓や腎臓の働きを高める効果もあります。
ギャバが発芽玄米は玄米の3倍、白米の10倍含まれるそうですから驚きですね。

発芽玄米に含まれるオリザノールという成分は、コレステロールの吸収を抑えてくれます。
また、更年期障害からのイライラや不安を抑え、睡眠を改善する効果があります。

オリザノールは、精神状態を安定させてくれます。

そして、抗酸化作用のあるフェルラ酸が活性酸素を取り除いてくれます。
細胞の老化を防いでくれる、嬉しい効果がありますよ。

フィチン酸は腎結石や尿路結石を防ぐ働きやがんの予防効果があり、イノシトールは神経の伝達機能や脳の働きを正常にする効果があります。

それに伴い、発毛効果もあるそうですよ。

こう考えると発芽玄米炊飯器であれ、ヨーグルトメーカーであれ、ついつい作ってみたくなりますよね。

今回は、ヨーグルトメーカーでの作り方をご紹介しますが、もう少し発芽玄米について知っておきましょう。

発芽玄米の効能はどうなの?

発芽玄米を食べ続けると、美肌をキープできると言われています。

含まれているビタミンが、肌に良いのです。
綺麗でありたい人は、発芽玄米生活を始めてみましょう。

また、発芽玄米は、ダイエットにも良いと言われています。
歯ごたえがあり、よく噛むので満腹感が増し、食べすぎを防いでくれるのです。

白米の6倍の食物繊維がたっぷり含まれているので、便秘解消の効果があり、美容に繋がる食品です。

また、発芽玄米に含まれているビタミンのおかげで基礎代謝が上がるので、痩せやすい体質へと変化していくことができます。

何度もお伝えしていますが、発芽玄米は食物繊維を多く含むので、血糖値が上がりにくくなるのです。
もちろん、食べるときは野菜などを先に食べると、血糖値上昇をより効果的に防ぐことができますよ。

そして、発芽玄米は抗酸化成分を含んでいるので、活性酸素を取り除き、しわやシミの対策ができます。
若々しい見た目を、キープしやすくなりますね。

発芽玄米に含まれているカリウムは、余計な塩分を体外へと排出してくれます。
むくみやすい人におすすめです。

発芽玄米は色々な成分が吸収されやすく、鉄分も体に吸収されやすいので、貧血を効果的に予防できます。

こんなに美容と健康に良いのなら、ヨーグルトメーカーが自宅になくても、発芽玄米を作ってみたいですよね。

次項では、何の家電も使わなくてできる、発芽玄米の作り方についてご紹介します。

ヨーグルトメーカーを使わない発芽玄米の作り方

自宅に、発芽玄米を作る専用機械や発芽玄米炊飯器、ヨーグルトメーカーもないという人は、こちらの作り方を参考にしてみてください。

加熱処理のされていない玄米を、大きめの容器に入れ、ぬるま湯(30℃ほど)を注ぎます。

保温のため、ラップで覆い、ラップに穴を爪楊枝などで開けましょう。
穴は、玄米が呼吸できるようにする処置なので、お忘れなく。

玄米が芽を出すまで、常温で放置しましょう。
温度を30℃くらいで保つようにすると、発芽しやすいです。

機械がないと、この一定の温度を保つのが難しいかもしれません。
温かい場所に置いたりして、工夫してみてください。

ある程度の間隔で、お湯を替えます。
そのとき、軽く洗いながら、お湯を替えましょう。

夏は5回くらい、冬は2回くらい水を替えることになります。
24時間くらいで芽が出て、出来上がりです。

ヨーグルトメーカーでの作り方

玄米をザルに入れ、優しく流水で洗いましょう。
ほこりが落ち、ごみもなくなれば大丈夫です。

よく滅菌したヨーグルトメーカーの内容器に、洗った玄米を入れて、たっぷりの水を加えます。
このまま、30分ほど浸して、水を吸わせましょう。

ヨーグルトメーカーのスイッチを入れて、温度は30℃、時間は24時間にセットします。

玄米を発芽させるためには、空気が必要です。
そのため、内蓋は使わず、外蓋もしっかり閉めるのではなく、軽く乗せるだけにします。

24時間ほど経ったら、発芽しているかチェックしてみましょう。
チョンと、芽が出ているなら成功です。

発芽していたら、ザルに挙げて、よく洗い、炊飯器の玄米コースで炊きましょう。

たっぷりと水を含んでいるので、白米コースでも炊けますし、白米と混ぜて炊くことも可能です。

白米の10%~30%ほど混ぜて、炊いてみてください。

お好みで、割合を増やしたり減らしたりすると良いですよ。
圧力鍋で炊いても、美味しいです。

この作り方で注意すべきなのは、夏場です。

気温が高いせいで、玄米が腐敗しやすくなります。
それ以外の時期は、ヨーグルトメーカーで発芽玄米をお楽しみください。

作り方が簡単なヨーグルトメーカーのおすすめは?

発芽玄米専用の機械がなくても、一定の温度を保つのに、かなり重宝するのがヨーグルトメーカーです。

このヨーグルトメーカー、発芽玄米の作り方がグッと楽になります。

おすすめのヨーグルトメーカーをご紹介します。

●生活家電のメーカー三ツ谷電機株式会社のヨーグルトメーカーYGT-4

設定温度が25~65℃と設定できて、タイマーも1~48時間設定ができて便利です。
ヨーグルト以外にも塩麹や甘酒、納豆づくりにも使える優れものです。

お値段は5,000円程度です。

●タニカ電機のヨーグルティアS

25~70℃の設定温度が選べ、温泉卵も作れます。

設定温度までの上昇スピードが速く、より安定した発酵ができます。

設定時間は、30分~48時間まで選べ、発酵終了をブザーで知らせてくれます。

カラーは4色から選べます。
お値段は10,000円ほどです。

●i-WANOのヨーグルトメーカー

25~65℃の設定温度が調整できます。

設定時間は1~48時間に設定可能で、わかりやすい説明書とレシピ集付きです。

お値段は4,000円ほどです。

発芽玄米の栄養と効能に感服

いかがでしたか?

発芽玄米の栄養と効能に惹きつけられますね。

専用の家電製品がなくても作れますし、ヨーグルトメーカーがあれば簡単に作れます。

夏場の暑い季節などは注意しながら、ぜひトライしてみましょう。

発芽玄米で、健康的な食生活を送ってみませんか?

 - 料理のポイント