お米1合は、何カップ?専用のカップでなくても計量できる?

ご飯を炊くときには、お米の計量をしますよね。

お米を量る専用の計量カップがあればよいですが、ない場合、普通の計量カップで量ることはできるのでしょうか。

その場合、1合は1カップで良いのでしょうか。

お米を量る、さまざまな方法をご紹介します。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

味噌の賞味期限は3ヶ月くらい?期限が切れた味噌は使える?

味噌は、馴染み深い、代表的な調味料の一つですよね。 昔から、沢山の日本料理に使われています。...

玄米を浸水時間あり、なしで炊く時の炊飯器調理について

玄米は浸水時間がありでも、あるいはなしでも、炊飯器で炊けるようですね。ただ、色々と調べると、...

お米の正しい保存方法は?長期保存にベストなお米と保存方法

お米の保存方法に悩んでいる方は多いのではないでしょうか?お米は正しい保存方法でないと美味しくな...

小麦粉を使ったお菓子の簡単レシピ!小麦粉不使用のお菓子も

お菓子作りは、手間や材料が多くて大変だと思いませんか?もちろん、手間をかけたり、材料をたくさ...

そのままでも隠し味でも!おいしい味噌のレシピが大人気!

日本の伝統的な調味料の一つ、味噌。子どものころは、母親の作る味噌汁の香りで毎朝目が覚めた方も...

アメリカで飲みやすい豆乳&おすすめなライスミルクについて

「健康に良い」と言われている豆乳を飲む人が増えています。大手のコーヒーショップでも、ソイラテ...

玄米は栄養価が高いからおかずがいらないって本当なの?

玄米は栄養価が高く、マクロビオティック界では「完全栄養食」と言われています。もし、本当に...

豆腐デザートを作ってみよう!簡単お手軽レシピを教えます!

豆腐は大豆から作った栄養満点で様々な料理に使える万能食材です。私たち日本人の健康の維持に欠か...

覚えて安心!味噌に合った保管場所と保存容器の選び方

毎日欠かさず料理に使われる味噌。日本の食事にはなくてはならないものです。昔は自家製の味噌...

寝かせ玄米を食べるメリットや作り方!2合炊きで挑戦しよう!

近年、人気がある玄米ご飯ですが、苦手な方も多いのではないでしょうか。食感やにおいが苦手・・と...

味噌が袋に入っている場合の正しい保存方法とは?

みなさんはどのように袋に入った味噌を保存していますか?「味噌が腐ってしまっている?」と思ったこ...

玄米おにぎりで糖質制限!毎日継続するためのコツとは?

糖質制限する人におすすめなのは、玄米です。しかし、味が単調でなかなか続かないという人が多いよ...

いつもの玄米の精米方法を分づきに変えると栄養がアップ!?

玄米は身体に良いと聞きますが、どのくらい栄養豊富かご存知ですか?また、玄米を精米するとき皆さ...

小麦粉と砂糖のスイーツレシピ!甘みを出すには天然物を!!

皆さんの趣味は何ですか?女性は特にスイーツ作りが好きで、趣味にしている方は多いですよね!...

味噌を手作り!大豆選びから大豆をつぶす道具などをご紹介!

日本食というと、ご飯と味噌汁、お漬物が定番ですね。この3点があるだけで十分といえるほど、慣れ...

スポンサーリンク

お米1合は1カップじゃない?

まず、料理で使われる1カップの量ですが、2パターンあります。

1つめは、液状のものを量るときです。
液状の1カップは200mlです。

2つめは、今回の本題である、お米を量るときです。

お米1合は、液体を量るときとは違い、1カップで180mlになります。

これは、特別な計量単位です。

日本の計量カップは1カップ200mlなので、180mlのメモリに合わせて、お米を量る必要があります。

余談ですが、アメリカの計量カップは、1カップ240mlと、日本のものと異なります。

もし、お米1合を量るカップがないときは、計量器でも量れます。
重さで表すと、お米の種類によって多少前後しますが、1合は150gです。

計量カップで量ると、メモリに合わせる必要があるので、誤差が生じてしまいます。
ですが、重さで量ると、正確に1合のお米を量ることができるので、おすすめな方法です。

正確な分量でお米を炊けば、より美味しい炊き上がりになります。

もう一度おさらいすると、「お米1合=180ml=150g」です。

専用のカップがなくても、お米1合は量れる

計量カップや、計量器がないときに、代用可能なものがあります。

それは、コップや牛乳瓶です。

一般的なコップは、180mlに設計されているので、すりきりで量れば、1合のお米を量れます。

牛乳瓶ですが、こちらは一般的に200ml設計なので、すりきりよりも少なめの量に調整すれば、180ml(1合)が量れます。

お米を計量するものが、そもそもない場合や、1合ではなく適当なお米の量で炊きたい場合でも、対処する方法があります。

そのような場合は、お米とお水の割合を、1対1にして炊きましょう。

お米を入れられそうなコップや容器に、お米を入れて計測したら、同じ量のお水を量れば良いのです。

この方法なら、お米の量もお水の量も量らずに、十分に美味しいご飯に炊きあがります。

計量カップを使って計量するのが面倒な方でも、簡単にできるのでおすすめです。

終わりかけのお米など、ピッタリ1合残っていないときでも、活用できますよ。

屋外でお米を炊くときのお水の量は?

お米を量る方法はたくさんありますが、キャンプやバーベキューなど屋外でお米を炊きたいとき、お米に対して、お水の量の調整が難しいですよね。

先ほどご紹介した、計量カップやコップなどを使った計量方法でも、もちろんできます。
しかし、道具を使わなくても、お米に最適なお水の量を量ることができます。

お水の量は、指を使って量りましょう。

お米を研いだ後に、そっとお米の上に人差指を置いて、人差指の第一関節に合わせて、お水を入れてください。

お米が正確な分量でなかったとしたも、お米を炊くことができます。

もうひとつ方法があります。
それは、手のひらが浸かる大きさの鍋を使用するときに、活用できる方法です。

やり方は簡単です。

お米を洗い、手のひらをお米の上に広げて、手首を垂直にします。
あとは、お水を手首の付け根まで入れればOKです。

正確に調整したい方は、ご自宅の炊飯器で1合のお米を炊くときに、何度か試して確認しましょう。

手首のシワの位置・血管・出っ張った骨などを目印にして、覚えておくようにしましょう。
そうすれば、簡単に目測で水を入れることができますよ。

計量カップは不要?お米1合を量ってくれる容器

お米を保存している容器というと、米びつや、冷蔵庫で保管できるボトル型の容器でしょうか。

このような、お米を保存する容器で、自動で1合のお米を量ってくれるものもあります。
便利な機能があるものを使うことも、オススメですよ。

毎回、カップで計量する手間が省けます。

●アスベル 計量米びつ 12kg

米びつ型で、透明のケースなので、お米の量の把握ができます。
お米の量が見えると、買い足すタイミングも分かって便利です。

レバーを下げると、1合のお米が量れます。
パーツを分解できるので、丸洗いが可能です。

プラスチックなので、錆びてしまう心配もありませんよ。
カラーバリエーションは、ホワイト・レッド・ブラウンの3色です。

●米スターの米ポット 2kg

コンパクトなボトル型なので、冷蔵庫でも保管が可能です。

レバーをスライドすると、約1合のお米をこぼさずに量れます。
樹脂製なので、水洗いもできます。

お米1合は何人分?カロリーは?

工夫をすれば、お米専用の計量カップがなくても、1合のお米が簡単に量ることができますね。

では、お米1合は、何人分にあたるのでしょうか。

1合(150g)のお米を炊くと、約330gのご飯になります。

ご飯1人前の量は、一般的に150~180gと言われています。
1合のお米を炊くと、中くらいのお茶碗で2杯ほどですので、ご飯を炊くときの目安にしてくださいね。

そしてカロリーですが、炊く前のお米1合だと、534kcalです。

炊いたあとのお米(ご飯)を160gとすると、カロリーは356kcalとなり、差が生じます。

カロリーを計算したいときは、炊いたあとのお米のカロリー参考に行いましょう。

大切な栄養価も見てみましょう。

●タンパク質

・お米1合 9.15g
・お茶碗1杯(160g) 4g

●脂質

・お米1合 1.35g
・お茶碗1杯 0.48g

●炭水化物

・お米1合 115.65g
・お茶碗1杯 59.36g

炭水化物は、糖質と食物繊維の総量です。

お米1合に含まれる食物繊維の総量は0.75gなので、114.9gは糖質になります。

お米1合で作れるレシピ

では最後に、お米1合で作れるレシピを2つ、ご紹介します。

☆シイタケちりめんご飯

【材料】

・無洗米(普通のお米でも) 1合
・干しシイタケ 3つ
・干しシイタケを戻したお水 1カップ
・ちりめんじゃこ 15g
・醤油 小さじ1
・ゴマ油 小さじ1
・紅生姜 少々

【作り方】

①干しシイタケを、水1カップで戻しておきます。

②炊飯ジャーに、お米と干しシイタケを戻したお水(1カップ)を入れます。

③千切りした椎茸・ジャコ・醤油を加えて、普段通りに炊飯します。

④炊き上がったらゴマ油を回しかけ、お茶碗によそい、紅生姜をのせれば出来上がりです。

☆1合でたけのこご飯

【材料】

・たけのこの水煮 1/2本
・にんじん 5cm
・油揚げ 1/2枚
・お水 お米1合分

◎お酒 小さじ1
◎醤油 大さじ1
◎みりん 小さじ2
◎塩 少々
◎だしの素 小さじ1/2

【作り方】

①計量カップに◎を全て入れ、そこに、お米1合分になるように水を入れておきます。

②お米1合をとぎ、①を入れます。

②たけのこの水煮を半分に切って、薄切りにしましょう。

にんじんは皮を剥いて、厚さ2mmほどの半月切りにします。
油揚げを半分に切って、5mmほどの細切りにしましょう。

③ ①に②の具材を入れます。

お米がお水を吸うまで時間を置き、炊飯ボタンを押して、炊き上がれば出来上がりです。

あらゆる方法で計量できる

毎日食べるご飯だからこそ、美味しく食べたいですよね。

専用のカップがなくても、今回ご紹介した方法で計量し、お水の量を調整してみてください。

量るのが面倒な場合は、簡単に計量できるアイテムも使うと良いですよ。