焼きたてのパンに賞味期限はあるの?長期保存はできるの?

朝食やおやつ、軽食まで、幅広く食べられているパン。

ホームベーカリーで、焼きたてのパンを楽しむ方も多いですよね。

そんな焼きたてパンには、賞味期限があるのでしょうか。

ご家庭で作ったパンの上手な保存方法とは?

疑問にお答えします。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

納豆と味噌汁の栄養について!それぞれの栄養効果について

納豆と味噌汁は、日本人の食事に欠かせないですよね。毎日食べているという方も多いのではないでし...

玄米ご飯にしようとしての失敗!アレンジでどうにかできる?

玄米ご飯がよく健康に良いと話題にあがっているため、試してみたものの失敗してしまうことがあります。...

パンとお米の栄養などの違いについて&和食をすすめる理由!

私達日本人の食生活で、身近な存在と言えば「お米」ですよね。しかし、最近では「主食がパン派」...

玄米の栄養効果はアトピー改善にも良い?上手な玄米の食べ方

アトピー性皮膚炎で悩んでいる人は、沢山いると思います。かゆみのある湿疹が繰り返される辛いアトピー...

美味しい味噌の作り方は大豆1kgで甘くてコクがたっぷりです

味噌は大豆、麹、塩だけを原料としたシンプルな食材です。それだけに、各原料の配分が味噌の決め手...

玄米を精米すると量も栄養価も目減りする!分づき米のススメ

玄米は白米よりも栄養価が高く、健康に良いといわれています。白米は、玄米より量も栄養価も目減り...

黒豆豆乳の作り方を教えます!黒豆と豆乳で健康増進を目指す

皆さんは、黒豆や豆乳を積極的に摂取していますか?どちらかと言うと、女性の方が男性に比べて、口...

玄米をおにぎりにして食べよう!それを冷凍保存すると便利!

栄養が豊富な玄米は、健康や美容を意識している方は、摂り入れているのではないでしょうか。栄養満...

玄米で作るおいしいお粥でカロリーを気にせず健康な体づくり

栄養の宝庫と言われる玄米は、食感が硬いのがマイナスイメージですが、お粥にすることでおいしくいただ...

味噌の味や色の違いは熟成に要する期間によって変わるの?

味噌は発酵食品としておなじみです。発酵といえば、何年も寝かせるイメージがあります。いった...

体に良い、ザ・日本の発酵食品味噌。味噌汁の作り方は簡単!

発酵食品が注目されています。発酵食品は、含まれる微生物の力で、食品の栄養成分が吸収されやすく...

玄米の効果とは?コレステロール値が下がるって本当?

「玄米は白米よりも健康的」・・・そう聞いたことがある方はいるのではないでしょうか。玄米はコレス...

美味しいお味噌汁に合った味噌も具に合った種類もお好みで

和食では「一汁三菜」というのがあり、この汁はお味噌汁や澄まし汁のことになります。お味噌汁には...

玄米を毎日食べたい!炊き方で人気があるのはどんな方法?

玄米は体に良いと耳にしますが、炊き方がちょっと面倒というイメージもありますよね。しかし、慣れて...

体に良い玄米を2合炊くとき、水の量はどれくらいがいいの?

健康ブームで注目されている玄米を、ご家庭でも炊いてみませんか。普段お使いの炊飯器はもちろん、...

スポンサーリンク

パン屋さんのパンは、いつまで食べれるの?

コンビニやスーパーで売られているパンは、賞味期限も記載されていて、保存料が入っていることが多いので日持ちします。

しかし、パン屋さんで売られているパンは賞味期限の記載がなく、いつまで食べることができるのか疑問ですよね。

★賞味期限

パン屋さんで売られているような、焼きたての手作りのパンには保存料が含まれていないので、長期間の保存ができません。

マヨネーズや生クリームが使われているものは、当日。
その他の惣菜パンや菓子パンも2日以内、具材のない食パンやロールパンも3日以内に食べ切りましょう。

★消費期限

パン屋さんで売られているパンは、4~5日ぐらいです。

賞味期限と違い、消費期限を過ぎてしまうと菌の繁殖により、カビが発生したり、さらに品質が落ちてしまいます。

消費期限の過ぎてしまった食品は安全に、そして安心して食べられる保証がありません。

美味しく食べるには、決められた期限内に食べ切るようにしましょう。

特に、湿度や気温の高い季節は、腐りやすくなります。

カビの生えているものや、異臭がする場合は廃棄してください。

食パンの保存の仕方

1袋の食パンを、すべて食べ切らない場合は、皆さんどのように保存していますか。

食パンの入っていた袋のまま、保存していますか?

最後まで美味しく食べるためにも、食パンを乾燥させないことが大切です。

この乾燥によって、ふわふわの食パンがパサパサになり、あまり美味しくないと感じる要因になってしまいます。

食パンの保存は、基本的には常温ですが、すぐに食べ切らない場合は、冷凍庫での保存をオススメします。

凍らせることで、水分の蒸発を防いで、美味しさを保つことができます。

★冷凍保存

面倒な場合は、食パンが入っていた袋のまま、冷凍庫に入れてしまっても良いですが、空気をできるだけ抜いてから入れてください。

しかし、そのまま冷凍してしまうと、食パンがくっついて、食べるときが大変になってしまいます。

時間に余裕のあるときは、1枚1枚ラップして、ジップ付きの袋に入れてから冷凍保存すると良いですよ。

最後に、空気を抜くことを忘れないでください。

★冷蔵庫での保存

注意していただきたいのが、食パンは冷蔵庫での保存は向いていないということです。

冷蔵庫に入れると、食パンに含まれる水分がどんどん抜けて、パサパサして美味しくなくなってしまいます。

では、ご家庭で手作りした焼きたてのパンは、どのように保存をすればいいのでしょうか。

焼きたての食パンは、どのように保存すればいい?

まずは、常温での保存方法から見ていきましょう。

★常温保存

ホームベーカリーで焼いたパンは、当然ながら焼きたてなので、アツアツです。

1時間ほど置いて、熱をしっかり取りましょう。

ジップ付きの袋にパンを入れて、ジップを閉じないまま、さらに1時間ほど置き、冷まします。

水滴が袋に付いていないことを確認したら、できる限り空気を抜いて、口を閉じましょう。

ストローを袋に差して、口で空気を吸い込み、真空状態にすると、なお良いですよ。
空気を抜くことが、美味しい食パンを保存するポイントです。

湿気のない場所で保存して、1~2日で食べ切りましょう。

続いて、食べ切らない場合の保存方法です。

★冷凍保存

購入してきた食パン同様、食べやすい大きさにカットしたら、1枚1枚ラップしてジップ付きの袋に入れてから、冷凍しましょう。

特に手作りのパンは、断面が綺麗にカットできない場合が多いので、まとめて冷凍すると食べるときに剥がしにくくなってしまうので、小分けにして保存することを、オススメします。

手作りした食パンをパサパサにすることなく、美味しい状態でストックすることができます。

冷凍保存したパンを、焼きたてのように美味しく解凍する

常温で保管しているパンは、長期間の保存はできませんが、冷凍したパンは約1ヶ月もちます。

しかし、これ以上経過するとパンの水分が抜け出し、乾燥してパンがスカスカになってしまいますので、できる限り早めに食べましょう。

では、冷凍したパンの解凍方法を、見ていきましょう。

★自然解凍

食べる前日の晩に、冷凍庫から冷蔵庫に移し替えます。

そのまま食べれますが、冷凍独特のニオイが気になる場合は、オーブントースターで焼くと、ニオイが気にならなくなります。

★電子レンジ

15~20秒加熱したら、表面に軽く霧吹きをしてから、オーブントースターで焼きましょう。
この作業をすると、パリッとした焼きたてのパンのように、美味しく味わうことができます。

電子レンジでの加熱のしすぎは、パンがカチカチになってしまい、オーブントースターでいきなり焼くと、真ん中だけ解凍できていない状態になってしまいます。

ですので、パンの真ん中を電子レンジで温めてから、外側をトースターで焼くと良いのです。

焦げないように、様子を見ながら、焼きましょう。

焼きたて塩ロールパンの作り方

ここからは、ホームベーカリーで作るパンのレシピをご紹介します。

★塩ロールパン

中はふわふわで、外はカリッとした塩ロールパンです。

焼きたてはもちろん、冷めても美味しいですよ。

【材料】8個分

・無塩バター40g
・オリーブオイル 小さじ1
・塩 適量

・水 170ml
・無塩バター 5gを8個
・強力粉 250g
・砂糖 10g
・塩 5g
・ドライイースト 3g

【作り方】

1)
ホームベーカリーにパン生地の材料を入れて、生地作りコースでパンの生地を作ります。

2)
生地が出来上がったらケースから出して、丸めてガス抜きをしておきましょう。

3)
8等分に分けたら丸めて成型し、固く絞った濡れ布巾をかけて10分間、生地を休ませます。

4)
滴型にして生地を伸ばし、塩をふりかけて、手前にバターを置きます。

5)クルクルと手前から丸めていき、巻き終わりを下にしておきましょう。
これが倍の大きさになるのを目安に、二次発酵させます。

6)
オリーブオイルをハケで塗って、塩をふりかけます。

7)
230℃に予熱したオーブンで、5)を15分焼けば出来上がりです。

冷凍保存ができますが、ロールパンは厚みがあるため、解凍をするときに、中まで温まるのに時間が掛かってしまいます。

表面が焦げて中は冷たい、なんてことを避けるには、アルミホイルをパンの表面に被せて、オーブントースターで加熱すると焼きやすいですよ。

挟むだけ!メロンパンアイスの作り方

話題沸騰のメロンパンアイスをご家庭で。

★メロンパンアイス

【材料】10個分

・強力粉 250g
・砂糖 50g
・バター 45g
・溶き卵 1個
・牛乳 50ml
・水 45ml
・ドライイースト 3g
・塩 2g

・バター 36g(室温に戻す)
・砂糖 76g
・溶き卵 36ml
・薄力粉 120g
・グラニュー糖 適量

・アイス お好みで

【作り方】

1)
ホームベーカリーのパンケースに、パン生地の材料を全て入れて、生地作りコースでパンの生地を作ります。

2)
パン生地を作っている間にクッキー生地を作りましょう。

ボウルにバターと砂糖を入れて、白っぽくなるまで泡立て器でよく混ぜます。

そこに溶いた卵を少しずつ入れて、さらに混ぜ、振るった薄力粉を入れて、ヘラでサックリと粉っぽさが無くなるまで混ぜてください。

3)
10個に分けて、それぞれを直径10cmに丸く伸ばしたら、伸ばしたままラップで包んで、15分冷蔵庫で冷やしておきましょう。

4)
パン生地作りに戻ります。

生地ができたらガス抜きをして、10等分に分けたら丸く成型します。

5)固く絞った濡れ布巾をかけて、15分ほど休ませましょう。

6)
3)のクッキー生地のラップをはがして、その上に、4)のパン生地を置き、ラップで包み込むように丸く成型します。

7)
ラップを外したら、グラニュー糖をクッキー生地にたっぷりとつけてください。

8)
スケッパーなどを使って、縦と横に4本、模様を入れて天板に並べていきます。

9)
35℃のオーブンにで45分、二次発酵します。

10)
190℃に余熱してたオーブンで、10分ほど焼けばメロンパンの出来上がりです。

11)
メロンパンの横に包丁で切り込みを入れて、お好きなアイスを挟めば、メロンパンアイスの完成です。

焼きたてはアツアツなので、火傷に注意して切り込みを入れてください。

メロンパンも、小分けで冷凍保存が可能です。
解凍するときは、電子レンジで加熱しすぎると、カチカチになってしまいます。

前日の晩に冷蔵庫に移し、トースターで焼いたほうが、クッキー生地がサクサクのまま味わえます。

焦げやすいので、アルミホイルを被せてトースターで焼いください。

冷凍保存で美味しく長持ち

市販のパンも、手作りのパンも、期限を守って食べ切るようにしましょう。

たくさん買ったり、作ったりしたパンは冷凍保存方法をマスターして、いつでも美味しさの変わらないパンを食べましょうね。

ご紹介したホームベーカリーで作るパンのレシピも、ぜひ作ってみてください。