抹茶を楽しもう!スイーツレシピご紹介!簡単にできます!

抹茶といえば、最近ではスイーツの定番フレーバーの仲間入りをしていますね。

そのため茶道は難しいというイメージでも、抹茶は好きという人は多いのではないでしょうか。

もし、抹茶に興味があるのであれば、自宅でもっと簡単に抹茶を活用してみませんか?

こちらでは、自宅で抹茶を楽しむ方法や、抹茶の簡単レシピを紹介してきたいと思います。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

電子レンジでもオーブンでも使える耐熱皿をタイプ別にご紹介

近年は、食卓でお皿として使える、耐熱皿の種類が充実しています。しかし、冷蔵庫に入れてある作り...

生クリームを使ったケーキ!簡単なものから上級者向けまで

生クリームを使ったケーキは、とっても多いです。王道のショートケーキから、チーズケーキにも生クリー...

オーガニッククッキーを簡単レシピで手作りしてみよう!

健康のため、オーガニックにこだわる方も多くなってきました。しかし、お菓子までは気にしている方...

味噌汁の作り方ってどうしてる?だしの素は使う?使わない?

食卓に欠かせない味噌汁は、ご家庭によって味が違ったり、味噌の配合が違ったり、作り方はお家の数だけきっ...

カレーを作る!玉ねぎをすりおろしすることでメリットが沢山

初めて作った料理が、カレーという方は多いのではないでしょうか。カレーは、簡単に作れて、子ども...

別茹でなし!味噌煮込みうどんのレシピ!乾麺使用で時間短縮

うどん料理を作るとき、皆さんは市販の茹でうどんを使いますか?それとも乾麺を使いますか?乾...

シチューやカレーのルーの正しい保存方法&賞味期限について

小さい子どもから大人まで、シチューとカレーは昔から人気があります。市販されているルーを使えば...

味噌味の焼きおにぎりをフライパンで手軽に楽しむ方法

焼きおにぎりは、その独特の香ばしさがおいしいですね。お店のメニューにあったり、冷凍食品のライ...

さわらの味噌焼きのおいしい焼き方!焦がさないポイントは?

春が来たら、さわらを食べたくなる季節ですね。さわらといえば、西京焼きが有名です。外食では...

ほっぺが落ちそう!?クッキーをサクサクに焼くコツは?

クッキーが焼きあがるときのあの何とも言えない香り、クッキーが焼きあがりつまみ食いするときのワクワク...

ご飯は冷凍保存がおすすめ!日持ち&美味しさを保つ方法は?

食べきれなかったご飯を、みなさんはどう保存していますか?炊飯器で保温したり、冷蔵庫に入れたり...

大根の下茹でするときはお米のとぎ汁を使うと良いのはなぜ?

大根を調理するとき、下茹でをする際にお米のとぎ汁を使用すると良いと、聞いたことがある方は多いので...

美味しい味噌ラーメンの作り方は?簡単・本格両方紹介!

ラーメンは、とんこつや鶏を煮て、時間がかかるイメージですよね?確かに、塩ラーメン、醤油ラーメ...

味噌作りの容器はどんな材質が最適?プラスチックでもいい?

日本人にとって欠かせない調味料の味噌。食の欧米化が進んでいても、味噌汁は毎日飲む人は多いので...

小麦粉のグラム表示を大さじ・小さじ、カップに換算する方法

お菓子作りのレシピを見ると、小麦粉などの材料がグラムで表示されていることが多いです。キッ...

スポンサーリンク

抹茶ラテを使った簡単スイーツのレシピ

手軽な抹茶飲料を使用したレシピの抹茶パウンドケーキは、抹茶のほんのりしとた風味としっとりふんわりのパウンドケーキです。

抹茶パウンドケーキ
【材料】(5人分)
・抹茶ラテ飲料粉末40g(スティック3本位) 
・薄力粉100g 
・バター80g 
・砂糖60g 
・卵黄1個分 
・卵白2個分 
・ベーキングパウダー小さじ1/3

【作り方】
1)薄力粉とベーキングパウダーはふるっておきましょう。

2)ボールにバターを入れて混ぜ、砂糖の半分量を少しずつ入れよく混ぜます。

3)2のボールに「抹茶ラテ」と卵黄を入れてよく混ぜてください。

4)ボールで2個分の卵白をよく泡立てて、砂糖の残りを少量ずつ入れ泡立てます。

5)3のボールに4の泡立てた卵白を少しずつ混ぜ、型に流し込み170℃で30~35分位焼きましょう。

6)冷めたら好みの大きさにカットして完成です。

冷やし固める簡単な抹茶ミルクプリンのレシピです。

抹茶ミルクプリン
【材料】(4人分)
・抹茶ラテ飲料粉末40g(スティック3本)
・牛乳300cc  
・生クリーム100cc 
・粉ゼラチン5g 
・お湯大さじ3 
・季節のフルーツ適量

【作り方】
1)お湯に粉ゼラチンを入れ溶かします。

2)牛乳と抹茶ラテ飲料を鍋に入れ火にかけ、沸騰直前に火を止め、1を加えてください。

3)2の鍋に生クリームを入れ混ぜます。

4)水で鍋底を冷やし混ぜながら粗熱を取り、器に入れて冷やして固めてください。

5)フルーツを飾りましょう。

☆ポイント☆ 
混ぜながらしっかり粗熱を取り、器に入れると抹茶が沈みません。

抹茶ラテの簡単レシピ!

自宅でも簡単に作れるレシピなので、ぜひお試し下さい。
この抹茶ラテは、朝起きた時や休憩の時などに飲むと、リラックスして気持ちも落ち着き、ストレスも軽減します。

抹茶ラテ
【材料】 
・抹茶パウダー小さじ1と1/2  
・お湯大さじ1 
・牛乳1カップ 
・砂糖小さじ1

【作り方】
1)カップに抹茶パウダーを茶こしでふるいながら入れます。

2)1のカップにお湯を入れましょう。

3)抹茶パウダーをミルク用の泡だて器でお湯にときます。

4)鍋に牛乳と砂糖をいれて火にかけてください。

5)鍋周りに泡がでてきたら、ミルク用泡だて器で10秒程泡立ててください。

6)抹茶を溶かしたカップに5を入れます。

7)上に抹茶パウダーをふりかけできあがり。

その他、抹茶ミルクも簡単に作れます。

抹茶ミルク
【材料】(1人分)
・牛乳1と1/3カップ 
・抹茶小さじ1 
・甘味料3.6g(冷たい牛乳の場合はガムシロップなど)

【作り方】
1)ボールに抹茶と甘味料を入れ混ぜてください。

2)グラスに冷たい牛乳を注ぎ1を入れてよく混ぜます。

好みで生クリームを加えてもよいですし、温めた牛乳で作る時も同じ手順で作ります。

抹茶とチョコは相性バツグン!簡単抹茶チョコのレシピ

バレンタインにもオススメのホワイトチョコレートと抹茶のチョコレートのレシピです。
抹茶チョコレート
【材料】(20個分)
≪マイルド≫ 
・マイルドホワイトチョコレート45g 
・抹茶1g 
≪ビター≫ 
・・ビターホワイトチョコレート45g
・抹茶6g

【作り方】
1)ホワイトチョコレート45gをボールに入れ、50℃の湯せんでチョコレートを溶かし、1gの抹茶を入れてよく混ぜたら10個に絞り出すか、型に流し、3時間以上常温に置いてください。

ビターも、マイルドと同じ手順で作ります。
ホワイトチョコレートは各メーカーで固まり具合が違い、固まらない場合は冷蔵庫に入れて固めましょう。

続いて、市販のビスケットを使用したタルト台で、焼かずに作る簡単なタルトを紹介します。

抹茶チョコタルト
【材料】(底が外れるタルト型15cm)
・ビスケット70g
・バター50g  
・生クリーム100ml 
・ホワイトチョコレート200g 
・抹茶パウダー大さじ1 
・バター20g 

【作り方】
1)できるだけ細かく砕いたビスケットにバターを合わせ、シートを敷いた型に敷き詰めたら冷蔵庫で冷やしてください。

2)生クリームを鍋に入れて沸騰したら、火を止めて砕いたチョコを加え溶かし、抹茶とバターを入れてツヤがでるまで混ぜ型に流し入れ蔵庫で冷やして固めます。

市販のタルト台もありますし、ミニタルトカップを使っても可愛くできます。
見栄えもよく簡単で濃厚な抹茶チョコタルトは、プレゼントにも喜ばれますね。

お茶は難しい?楽しく抹茶を飲もう

部活やお茶の教室でお茶を習っていた方もいると思いますが、日頃の生活では家で抹茶を飲む機会はあまりないと思います。

私はお茶の教室に通っていましたが、今でも1人でのんびりとしたい時には、キッチンで好きなお菓子と抹茶を飲みホットくつろいでいます。
気持ちもゆったりとして落ち着きますし、オススメしたいです。

今回は、自宅で手軽に抹茶を楽しむための方法を紹介します。

まず、抹茶を用意しますが、近くのお茶屋さんなどで、「自宅で飲む抹茶はどれがオススメですか?」と聞くとお手頃な抹茶をすすめてくれると思います。
また、ネットでも購入できますし、京都などのお茶の産地に旅行に行った時に購入してもよいですね。

ただ、酸化したお茶は美味しくないので、20gくらいの缶を早めに飲み切りましょう。
残った場合は、先ほどの簡単レシピのスイーツや料理、抹茶塩などにして使うとよいでしょう。

気軽に抹茶を楽しみたい時は、スーパーに抹茶があります。
やはり、お茶屋さんの味には敵いませんが値段が半分くらいで購入できます。

お茶を点てる(たてる)場合はお茶屋さんの抹茶がよいでしょう。
お茶を点てる時には、和菓子も必要なのでお好みのお菓子を用意しますが、近くの和菓子屋さんなどで、華やかな季節の練りきりやきんとん、干菓子などを用意して目と舌で楽しみましょう。
また、日持ちするかわいい半生菓子がネットで購入できます。

抹茶を楽しむための道具

お茶を点てる時には、抹茶碗があった方がお茶を点てやすいのでよいですね。

この時に、抹茶碗が小さいと茶筅(ちゃせん)がふりにくくなります。
抹茶碗はネットでも購入でき、1,500円前後の手頃で素敵な抹茶碗もあり、高いものでなくても十分ですので、抹茶碗を用意しましょう。

茶筅は、先ほど抹茶ラテのレシピでも使用したミルクフォーマーや泡だて器でも代用可能ですが、お茶を点てる時の雰囲気を楽しむにはやはり茶筅が重要ですので、ネットで1,500円くらいの茶筅を購入してもよいですね。

その他には、抹茶をこすための道具の、茶こしやふるい缶などがあります。
抹茶をそのまま使うとダマができてしまい美味しくお茶が点てられないので、飲む分だけの抹茶を必ずこしてから使いましょう。

このひと手間をかけることで、抹茶が滑らかになり美味しくなります。
また、専用のふるい缶も400円くらいで購入できます。

お茶を点てる時には、このような道具を用意します。

お店に中々いけない人や、お店に行くのが気後れしてしまう人は、ネットを活用してお茶の道具を購入するとよいですね。
ネットでは、3,000円くらいで、抹茶碗と茶筅、抹茶のセットで販売されているものもあり、お気に入りの道具を見つけてお茶を楽しみましょう。

次は、簡単に抹茶を点てられる方法を紹介します。

自宅で簡単に抹茶を点ててみよう

抹茶を楽しみたいけど、抹茶は茶道のイメージがあり難しそうですし、どうやって抹茶を点てればよいのか分からない人も多いと思います。
しかし自宅でも簡単にポットのお湯で抹茶を点てることができますから安心してください。

お茶を点てる道具は、お茶屋さんで置いている場合もありますので購入できます。

茶道は、きちんとした所作の印象がありますが、家で楽しむ場合は作法は関係なく楽しむことができるでしょう。

急須でいれるお茶と違って、抹茶はそのまま全部飲めるのでカロテンや食物繊維も摂れます。
また、健康にもよい抹茶は、今回紹介した以外にもスイーツや料理のレシピがたくさんあります。

それでは最後に美味しい抹茶の点て方を紹介します。

1)茶こしやふるいを使い抹茶がダマにならないようにこします。

2)お湯を茶碗に注いで茶碗を温めたらお湯を捨てて、布巾で水滴が残らないように拭いてください。

3)抹茶を茶碗に1.5g程(ティースプーンで山盛り軽く1杯)入れます。

4)80℃のお湯を60ml茶碗に入れましょう。

5)軽く茶筅でかき混ぜてから、前後に勢いよく振り十分に泡立てて、最後にゆっくりと茶筅を動かして泡を細かくして完成てす。

時間がない時は、抹茶に煎茶を少し加えると甘みと深いコクがでますし、冷たい抹茶が飲みたい時は、抹茶を濃い目に点ててから氷を2~3個入れて、冷たい抹茶にしてもよいですね。

また、濃い目の抹茶を、白玉と小豆のぜんざいに入れた抹茶ぜんざいもオススメです。

抹茶をもっと気軽に楽しもう

いかがでしたか?

今からスーパーに行って、抹茶を買いたくなりますよね。

抹茶についていろいろお伝えしてきましたが、もっと簡単に抹茶をお湯に溶かして飲むだけでも、抹茶の風味が直に感じられて美味しいですよ。

そのまま飲んでも美味しくて、スイーツにしても美味しい変幻自在な抹茶を、もっとご家庭でも楽しんでくださいね。