似ている!?ブイヨンとコンソメの違いは?代用可能なの!?

スーパーに買い物に行くと、同じ棚に陳列されていることが多い「ブイヨン」と「コンソメ」。

普段の調理で、何気なくブイヨンとコンソメのどちらかを、使っている方も多いでしょう。

ブイヨンとコンソメの違いって、一体どこがどう違うのか気になりませんか?

そこで今回は、似ている様で違いがあるブイヨンとコンソメについて調べてみました!

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

オーブンなしで出来る!電子レンジやトースターで作るお菓子

お菓子作りはどうしてもオーブンに頼りがちですが、オーブンがなくても電子レンジやトースターで作れます...

教えて!味噌漬けした豚肉、鶏肉、魚は洗うべきなの!?

味噌漬けは、材料を混ぜて漬けておき、あとは焼くだけなので、非常に簡単に作ることができます。で...

電子レンジで焼き魚が作れる?シリコン容器がとっても便利!

様々な料理に役立ってくれる電子レンジですが、なんとなく「蒸す」「茹でる」という調理に偏ってしまい...

料理のつなぎに使うのは片栗粉?小麦粉?適した使い方とは?

唐揚げの衣作りや、料理にとろみをつける場合などに、片栗粉はよく使われますよね。一方で、小麦粉は、...

和食上手になれる!?ふろふき大根&味噌だれの作り方を伝授

日本では、古くから食べられていた大根。今でも一年中食卓にのぼる機会が多い、私達に身近な野菜の...

オーブンを使ってパン作りに大切な発酵温度管理も簡単に

パンを作るに際に必要な「発酵」という手順。細かな温度管理が必要になってくる繊細な工程です。今...

天然塩と精製塩とは?その違いと見分け方のコツは!?

塩にこだわっている方も多いですね。塩は産地だけではなく、原料や製法も違いがあるということをご...

正しいお米の研ぎ方が知りたい!ざる上げで吸水させるとは?

きちんとお米の研ぎ方を学ぶ機会というものは、あまりないですよね。調理学校でない限り、きちんと...

「味噌玉」ってご存知ですか?作り方も簡単で便利なんです!

体が温まる発酵食品の味噌汁。1日に必ず1杯、朝の忙しい時でも食べたいですよね。しかし味噌...

お米の水の量を間違えた!簡単リメイクでおいしく復活

お米の水の量を間違えたら、ご飯がおいしく炊けません。お米の水の量が多すぎると、ベタベタした水分...

生クリームとバターを使わなくても美味しいお菓子は作れる

生クリームやバターはお菓子、特に洋菓子では基本的に使われている材料というイメージが強いかと思います...

ヨーグルトでチーズケーキが作れる!?しかも簡単!楽チン!

ケーキ屋さんのショーケースの中には、たくさんの種類のケーキが並べられて、何にしようかと迷ってしまいま...

魚の冷凍は焼いてからできる!焼く前・焼いた後のポイント

冷凍庫にある魚を解凍して、焼く人はとっても多いです。でも、魚を解凍するのって結構面倒ですよね...

ご飯は冷凍保存しよう!自然解凍したおにぎりは美味しい?

食欲がないときでも、おにぎりだったら食べられますよね。食べやすいおにぎりは、朝ごはんにもぴったり...

甘酒を麹のみで作ると自然な甘みが!色々な道具を使う作り方

甘酒というと、年末年始に神社やお寺で売られているイメージですが、美容効果やダイエットに良いと噂に...

スポンサーリンク

ブイヨンとコンソメの違いが知りたい!まずはブイヨンについて

今回は似たような認識をされているブイヨンとコンソメについて、その違いを説明しようと思います。

まずブイヨンですが、主にフランス料理でスープなどのベースになるダシの事です。
フランス料理には大きく分けて2つのダシがあり、ブイヨンとソースやシチューに使われるものを「フォン」と言います。

単にブイヨンと言うと、鶏ガラからダシを取った物を指し、牛骨から取れば「ブイヨン・ド・ブフ」野菜から取れば「ブイヨン・ド・レギューム」となります。

日本では固形のものが調味料として使われていますが、本場のブイヨンは大量の素材を長時間煮込み、アクを取りながら慎重にダシを取っていく、手間ひまの掛かる物です。

また使われる水も日本とは違います。
日本は軟水で和風だしはこの軟水向きと言われているのですが、ヨーロッパは硬水が多くブイヨンも当然硬水で作られます。
その為ブイヨン作りにこだわりたいのあれば、硬水を用意したいところです。

ブイヨンを使った料理はシチューやカレー、ミートソースなどがあります。

コンソメとは?よく使われる料理は何?

続いてはコンソメの説明をします。

ブイヨンはあくまでも料理のダシですが、コンソメは料理そのものである点が違います。
ブイヨンをベ―スとして、更に肉や野菜を入れて煮込み、具材を濾して取り除いた物に調味料などで味付けした透明のスープです。
そこに鶏が入ればチキンコンソメ、牛が入ればビーフコンソメとなるのです。

コンソメとはフランス語で「完成された」という意味があり、フランス料理のスープの中でも別格の扱いとされています。
その澄み切った琥珀色の見た目で、1つの料理として確立されています。

日本ではレストランなどで出されるスープとしての側面と、固形や顆粒のダシとして市販されているものがあります。
スーパーなどで市販されている物は、ブイヨンよりも一般的で認知度も高いのではないでしょうか。

やはり家庭で使われる場合はスープ料理が多い様ですが、ラーメンのダシとして使ったり、チャーハンなどに使っても良いですね。
固形のコンソメは小さじ2杯分くらいの量があるので、割ったり、削ったりして塩辛くなり過ぎない様にしましょう。

ブイヨン・コンソメ・鶏がらスープの違い

上記の様にブイヨンとコンソメの決定的な違いは、ブイヨンが料理のダシで、コンソメは料理そのものだという事です。
コンソメのベースに使われているのがブイヨンという事からもそれが分かります。

日本ではフランス料理店は別として、どちらかと言えば料理のダシや調味料として認識されている物ではないでしょうか。
スーパーなどで市販されている物は塩が含まれおり、湯に溶かせばスープとして飲めるものが多いです。
しかし大体はそれをアレンジして料理に使うものであり、そのままを食す事は少ない様に思います。

コンソメとブイヨンは本来の意味では大きく違う物ですが、日本で市販されているものに大きな違いは無く、ほぼ同じと考えて差し支えありません。
わずかにコンソメの方が湯に溶いた時に透明感があるかな?程度の差です。

これらと似たスープの素材的な物に鶏ガラスープの素がありますが、こちらは中華料理に使われる事が多く、入っている野菜もフレンチ系のコンソメやブイヨンとは大分異なります。

ブイヨンとコンソメの微妙な違いを知っておくことで代用する際の仕上がりに差がでる!

日本で市販されているブイヨンとコンソメはほぼ同じものと言いましたが、若干ながら塩分や旨み成分の量が違います。
その為、微妙な変化だとは思いますが、料理の味に違いが出る事は覚えておきましょう。
ブイヨンは本質がダシなので、少し塩分が控えめで淡白な味です。
一方のコンソメはスープそのものですから、塩分も旨みもそのまま食べる用に調整されています。
ただ両方とも常備しているというご家庭は中々ないと思うので、どちらかで代用する事も考えなくてはなりません。

まず基本的に濃いめの味がお好みならコンソメ、薄味がお好みならブイヨンを常備しておくと良いでしょう。
また代用する時、ブイヨンをコンソメとして使う場合は、鶏がらスープの素や塩を加えて味を足しましょう。
反対にコンソメをブイヨンとして使う場合は、コンソメの量をレシピより減らすか、料理そのものの塩分量を少なくして調整すると良いと思います。

本当にわずかな違いではあるのですが、この違いを知っておけば仕上がりに差が出るはずです。

鶏がら・牛骨を使ったブイヨンの作り方

それでは、実際にフランス料理で使うブイヨンやコンソメスープをご家庭で作ってみましょう。
まずはブイヨンのレシピから紹介します。
今回は一番ポピュラーと言えるチキンブイヨンを作ってみます。

【材料】(1500㏄分)
・鶏ガラ 2羽分
・人参1本
・玉ねぎ1個
・セロリ1/2本
・水3000㏄
・にんにく 1片

【作り方】
1)鶏がらを熱湯に入れて、再沸騰してからもう2分ゆでます。

2)冷水に上げてから、内臓を取り除き、ダシが出やすい様に適当な大きさに切ってください。

3)もう一度鍋に熱湯を用意して鶏がらを入れます。

4)アクや脂をすくい取っていき、少なくなったら野菜を投入しましょう。

5)沸騰したら弱火にして、約1時間煮半込んだら火を止めます。

6)ざるで具材を濾して完成です。

コツとしては、野菜をある程度大きく切る事です。
小さくし過ぎると煮込んだ時に野菜が溶けてブイヨンが濁ってしまいます。

また材料の違いで仕上がりの風味を変える事も出来るので、お好みでローリエやタイムなどのハーブ類を加えても良いと思います。

手軽に本格的なコンソメを作れるレシピ

では前項で作ったブイヨンを使ってコンソメスープを作ってみましょう。

☆キャベツとトマトのコンソメスープ

【材料】(3~4人前)
・キャベツ1/4個
・玉ねぎ1/2個
・トマト2個
・ウィンナー6本
・ブイヨン600cc
・塩コショウ適量

【作り方】
1)キャベツ、トマトは2㎝角、玉ねぎは薄切り、ウインナ―は1/3くらいに切ります。

2)鍋にブイヨンを入れて沸騰させたら1を投入します。

3)塩コショウで味を整えます。

4)15~30分煮ます。
(お好みの固さにしてください)

☆トマトとズッキーニの冷製コンソメスープ

【材料】(4人分)
・トマト1個
・ズッキーニ1/2本
・ブイヨン450㏄
・酢小さじ2
・塩コショウ少々

【作り方】
1)具材を食べやすい大きさに切ります。

2)鍋にブイヨンを入れて沸騰したらトマトとズッキーニを入れます。

3)1分ほど煮たら火を止めて酢を入れます。

4)あら熱を取ってから冷蔵庫で冷やします。

どうでしょうか?
ブイヨンを作っておくと色々なコンソメスープにアレンジが効いて便利です。
また市販の固形のブイヨンと違い、味にバリエーションが出せるのも良いですね。

出汁のブイヨンとスープのコンソメを使い分けよう

いかがでしたか。

ブイヨンとコンソメは、日本では両者とも洋風調味料として売られていますよね。

作る料理によっては、できあがった料理の味に違いを感じる場合もありますが、どちらを使ってはダメということはないのです。

ただ、味の濃さに違いがあるので、代用で使う際は、使用量に注意しましょう。