小麦粉+砂糖+水を混ぜるだけ!簡単シンプルなオヤツレシピ

皆さんの、家庭の台所には「小麦粉」って常備されていませんか?

食卓で大活躍している小麦粉・・・。

小麦粉に水を加えることによってできる、小麦粉特有のたんぱく質のグルテンを聞いた事がありますか?

そのグルテンの働きによって、パンがふくらんだり、うどんの歯ごたえが産まれます。

小麦粉は、幅広い料理に利用されていますが、今回は、小麦粉+砂糖+水を混ぜるだけで作れる、簡単でシンプルなオヤツレシピを紹介します!

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

おいしくて体に良い玄米の炊き方で塩を入れるのはなぜなの?

体に良い玄米ですが、その炊き方は白米に比べて少し面倒で、手間暇がかかります。なかでも、塩を入れ...

お米の炊き上がりは何倍?玄米と白米では違うってホント?

日本を代表する主食、お米。はるか昔から食べられている、歴史ある主食であり、私たちにとってはな...

玄米を美味しく食べよう!浸漬・炊飯の方法や時間とは

日本人の一般的な主食は、玄米ではなく白米です。お米を買う場合も、白米を購入する方が多いでしょう。...

玄米の炊き方と、含まれるとされる「毒」との関係性とは?

玄米は健康に良い食品なので注目される分、「毒」を持っているという噂なども、よく耳にされるのではな...

玄米を圧力鍋で炊くとき、水の量はどのくらいにすればいい?

体に良いとわかっていても、玄米を家で炊くとなると、ちょっと大変だなと思っていらっしゃる方もいます...

お米が黄色い!と思ったらチェックしておくべき原因と対策

お米が黄色い!そんな時、まず確かめてほしいのは、「炊く前から黄色いのか、それとも炊いてから黄...

万能飲料!?の玄米スープのレシピを伝授!玄米の魅力とは?

健康志向の高まりとともに、スーパーなどでもよく見かけるようになった「玄米」や「玄米スープ」。...

お米を農家から直接購入してみよう!そのメリットとは?

お米は毎日食べるものですから、良いものを少しでも安く手に入れたいですよね。とっておきの方法が...

米麹の甘酒はスーパーで買える!手軽な手作り甘酒もご紹介!

アミノ酸を豊富に含み、健康に良い飲み物として、甘酒は近年ブームになっています。甘酒の中でも特...

「玄米は身体にいいのか悪いのか?」本当のところを知りたい

玄米は栄養があって、身体にいいと言われている半面、身体に悪い成分も含まれていると聞きます。...

枝豆・大豆・黒豆は元は同じもの?!栄養に違いはあるのか?

枝豆・大豆・黒豆の違いについて、皆さんはご存知ですか?枝豆のは大豆や黒豆と同じじゃないのでし...

バケツ稲の栽培をしてみよう!土を混ぜる割合と稲作りの流れ

お米は、私達日本人にとって、非常に身近なものですよね。ほぼ毎日、口にするお米ですが、どの...

玄米を浸水させると毒がなくなるっていわれてるけれど本当?

健康に良いと評判の玄米ですが、一部で毒があるといわれています。この毒をなくすには、長時間浸水...

玄米は白米よりも身体に良い?栄養成分の比率で見てみよう。

健康食ブームの昨今、特に注目され、よく耳にするのが「玄米」ですね。ではなぜ、玄米が身体に良いの...

昔なつかしいポン菓子のカロリーは玄米で作るとどれくらい?

スーパーのお菓子コーナーで、ポン菓子を見かけることがありませんか?。手軽に食べられるポン菓子...

スポンサーリンク

小麦粉の種類と用途について

小麦は世界中で生産が行われていますが、生産が行われる季節別に『春小麦』や『冬小麦』、粒の色別に『赤小麦』や『白小麦』、そして、粒の硬度別に『硬質小麦』、『中間質小麦』や『軟質小麦』と分類が可能です。

また、小麦粉の種類によってグルテンの量が違うため、通常は食パン、うどんなどの麺、砂糖を加えて作るさまざまなお菓子ではそれぞれ異なる小麦粉を使用していきます。

ちなみにグルテンとは、小麦粉に水を混ぜて捏ねた際にできあがるものです。

日本では近頃、パンや中華麺を作るのに適した小麦の生産が行われるようになっていて、うどんの製造に関してはオーストラリアで生産が行われている中間質小麦や、日本で生産した小麦を使用していると言います。

ここで、小麦の仕組みについても触れておくと、小麦の粒のおよそ83%が胚乳でできていて、これが最終的に「小麦粉」となるのです。
「胚乳」は糖質、たんぱく質を多く含みますが、粒の場所によってこれらを含む量が異なってきます。

「表皮」は小麦の粒のおよそ15%を占めていて、製粉が行われている途中で胚乳と分かれた後「ふすま」となり、牛などのエサとしても用いられるものです。

「胚芽」は小麦の粒の2%程とはなっていますが、脂質やたんぱく質、ビタミン、ミネラルなどさまざまな栄養素をたくさん含んでいます。

製粉が行われている途中で分かれ、健康食品の原料としても用いられるものです。

小麦粉との上手なお付き合いの方法

小麦粉は料理に応じて分けて使用していきます。

例えば、強力粉の場合は食パンやピザの生地などに使用し、中力粉はうどんやその他の料理、薄力粉は砂糖とともにケーキなどのお菓子、あるいは水と混ぜて天ぷらの衣を作る際などに使用していくものですので、種類を誤らないようにしましょう。

また、一度開けると虫、カビが発生する可能性があるため、開封後は早めに使い切ることが重要です。
ですから、小麦粉は使用する分だけ購入するのが賢明かと思います。

次に小麦粉の賢い保存方法についてですが、小麦粉は外部の臭いに非常に弱く、湿気にも弱いため、強烈な臭いを発するものと同じ場所に保存することや、湿気の多い場所にも保存するのは好ましくありません。

臭いが付着すると風味にも影響が出てしまいますし、湿気に関しても高温にならない乾燥した環境で保存しなければ、虫、カビが発生するといったこと以外にも品質も変化してしまうこととなるのです。

そのため、小麦粉が余った時は密閉し、適切な環境で保存するようにしてください。
そして、虫を防ぐという意味では、フタ付きの別容器に保存するというのも賢い方法であります。

ちなみに、小麦粉を好む虫はチャタテムシ、コクヌストモドキなどであり、キッチンの棚や押し入れの隅っこ、畳の裏の部分などを住処としているようです。
上記で挙げた虫はハエやゴキブリなどとは異なり、口にしても問題が起きるようなことはありません。

砂糖を使ってドーナツも作れる!小麦粉と水で作られるグルテンを用途によって使い分けよう!

小麦粉はグルテンによって使い道が変わってきますが、水を加える量、あるいはどのように捏ねるのか?などといったことに関してもグルテンによって変わってくるのです。

パンを作る場合は、グルテンを多く含む強力粉を用いますが、水は粉の量の60%から65%が理想であり、グルテンを形成されやすくするため、よく捏ねなければなりません。

うどんを作る場合は、グルテンを含む量が薄力粉と強力粉の中間に位置する中力粉を用いていき、水は粉の量の30%から40%が理想です。
その後、ミキサーを使って粗い粉状にした後にローラーで延ばしていきます。

自分で作るうどんの場合は、加える水の量が多く、十分に捏ねていくため、グルテンの形成が十分に行われて、ほどよい硬さとなるのが特徴です。

ケーキを作る場合や天ぷらの衣を作る場合は、グルテンをあまり含まない薄力粉を用いていきますが、このグルテンの形成が過剰となるのを防ぐため、何度も混ぜるようなことはしません。
またこの際、小麦粉を十分にふるったものを使用することでより完成度が高まります。

そして、前述した通り、小麦粉は湿気に弱いため一回使用した小麦粉の再利用はしないことと、ドーナツなどの生地を作る際には小麦粉100gあたり3g以上のベーキングパウダーと10g以上の砂糖を絶対に加えるようにしてください。
これらを加えないと生地が爆発して油がはねて火傷をするおそれがあるのです。

卵・牛乳使用なし!小麦粉(薄力粉)と砂糖と水で作るホットケーキの作り方

ホットケーキミックス、牛乳、卵がなくてもホットケーキができるので、紹介したいと思います。
甘みが少ないため、ジャムなどを付けてもよいかもしれません。

材料は小麦粉140g(こちらは薄力粉をご用意ください)、コンスターチもしくは片栗粉10g、ベーキングパウダー6g、砂糖40g、塩1g、水170ml(目安は170mlですが、お好みで加減してください)です。

まず、水を除く上記に挙げたものをボールに入れ、十分に混ぜた後、水を入れていきますが、この際、軽く混ぜるようにすることがポイントです。

次にフライパンに油を入れ、中火で熱した後、濡れ布巾にフライパンを乗せて少し冷まします。
その後、また中火でフライパンを熱し、先ほどの生地をフライパンよりかなり上の方から流し入れてください。

流し入れた生地にポツポツと穴が開くようになったら、裏返して蓋をします。

菜箸のようなものを差し、生地が付着しなければ完成です。

このホットケーキを美味しく作るには、粉に水を入れた後は軽く混ぜるようにすることであり、多く混ぜてしまうとふっくらとしたホットケーキが出来上がりません。
また、ある程度の高さから生地を流し入れるのは、空気を含ませて膨らみ具合をよくするためであり、蓋も同じ理由です。

以上の点に注意すれば、厚さのあるホットケーキが出来上がるかと思います。

小麦粉と水のみで簡単にクラッカー風のお菓子を作ってみよう

次に砂糖を使用せず、小麦粉、水、油を使用しない健康にやさしいクラッカーの作り方を紹介します。

用意する材料も小麦粉と水を適量用意するだけであり、小麦粉に関しては薄力粉、強力粉どちらでも構いません。

まず、小麦粉に水を加えて、耳たぶと同じような硬さになるまで混ぜた後、約10分そのまま休ませます。
休ませた後、ほどよい大きさに切り分け、それを3mm程度に厚さになるまで延ばした後、弱火で熱したフライパンで焼いていきます。

きつね色になったら裏返して同じように焼いていくわけですが、片面が焼きあがるのに約10分と意外に時間を要することをご承知おきください。

完成したものは何も付けずに食べるのもいいですが、クリームチーズを付けても美味しくいただけるかと思います。

特にコツといったものはないわけですが、敢えていうなら十分に焼くといったところでしょう。

つづいてクラッカーに合うクリームチーズの作り方も紹介します。

材料としてはヨーグルト50g、スキムミルク大さじ5杯、塩5gをご用意ください。

作り方はまず、上記の材料を十分に混ぜた後、それをザルのようなものに入れて一日置いて余分な水分がなくなれば完成です。

酸味が好きな人は、できあがったものにレモン果汁を少し入れてもよいかもしれません。
また、単なる水切りヨーグルトにスキムミルク、塩を加えたものもオススメすることができ、ホエーも摂取できます。

子供でも簡単!小麦粉と砂糖、水ではなくサラダ油を使ったクッキーの作り方

卵やバター、水や砂糖などがなくても、5分で完成する簡単なクッキーの作り方を紹介します。

材料は薄力粉を軽めに大さじ5杯、砂糖大さじ3杯、サラダ油を大さじ2杯半、それとあればココア大さじ2分の1もご用意ください。

作り方はまず、薄力粉、砂糖、ココアをビニール製の袋の中で振って混ぜ合わせたところにサラダ油入れ、袋の上から軽く混ぜてください。
ただこの際、力を入れすぎると硬いものができてしまうので、お気をつけください。
力が入りすぎてしまう人は、木製のヘラを用いるとよいでしょう。

また、この生地に牛乳を入れるのもオススメで、袋ではなくボールを使って混ぜる人は少し力を入れながら混ぜるようにしてください。

次に出来上がった生地をレンジ用のシートの上に乗せて、2分間電子レンジにかければ完成です。

最後に応用編として、すりゴマ、小麦粉、ゴマ油、蜂蜜を4:2:1:1の割合で用意したものを混ぜ合わせて電子レンジにかければ、程よい食感のゴマサブレが出来上がります。

もしゴマサブレがどうしても焦げてしまうという人は、クッキングシートではなく、シリコンのシートを使用するといったことや、電子レンジのワット数を低くして焼き時間を多少長くするなどの工夫をしてみてください。

今回はシンプルに作れることに重点を置いたため、サラダ油としたわけですが、同じ量のバターを溶かしたものでもいいですし、牛乳を足してみるのもオススメです。

小麦粉は栄養いっぱいで利用価値が高い!

いかがでしたか。

太陽と雨、大地の恵みを受けて育った小麦。
その小さな一粒には、体に必要な栄養が沢山含まれていて、利用価値の高い穀物なのです。

小麦粉は、多種多様な姿に形を変える事ができて、とても便利でかかせないものですね。
そんな小麦粉を使って、材料が少なくても作れる、簡単なオヤツ作りにも挑戦してみましょう。