玄米を圧力鍋を使って炊く時の水の量はどのくらいがいいの?

玄米は体に良いけど、ポソポソした硬い食感がイヤというかたも多いですよね。

しかし、圧力鍋を使えば、玄米とは思えないほどもちもちに炊き上がりますよ。

今回は、圧力鍋を使って玄米を炊く方法を、洗米の仕方や水加減、火加減などのポイントを押さえながらご紹介していきます。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

美味しいお味噌汁に合った味噌も具に合った種類もお好みで

和食では「一汁三菜」というのがあり、この汁はお味噌汁や澄まし汁のことになります。お味噌汁には...

味噌汁の具の定番!豆腐と油揚げに合わせる具は何がお勧め?

味噌汁の具といえば、豆腐に油揚げ・ワカメ・ネギ・大根・ほうれん草など定番と呼ばれるものがあります。...

蕎麦を食べるときは小麦粉多い・少ないに気を付けよう!

蕎麦が健康に良いことは、よく知られていますね。最近では、美容やダイエットでも蕎麦が注目されていま...

沖縄定番の油味噌!ごはんやおにぎりの具におすすめの常備菜

一般的に味噌というと味噌汁や料理の味付けに使用する調味料のイメージですが、沖縄には「油味噌」とい...

今、話題の食材!もち麦と玄米の栄養についてピックアップ!

最近よく話題に上がるもち麦と玄米は、最近スーパーなどの店頭で広くブースが設置されたりなどして見かける...

硬い玄米に小豆を加えて土鍋で炊くと、ふっくらつやつやに!

体に良い栄養がたくさん含まれているといわれる玄米は、太りにくい主食としてダイエッターからも注目を...

玄米といっても、酵素玄米や発芽玄米など違いがある?

皆様、酵素玄米や発芽玄米についてご存知ですか?玄米と言う言葉は聞いたことがあり、また食べたこと...

おもちを作る!もち米の玄米はコイン精米機で精米可能なの?

お正月に食べる食べ物といったら『おもち』ですよね。もち米を使って、杵でもちつきをしたり、家庭用...

美味しい玄米ご飯のカロリーは炊く前と炊いた後でどう違う?

お米は玄米でも精白米でも、炊く前と炊いた後では、水の量が含まれて重量が変わります。私たちが日...

玄米で作る毎日食べても飽きない炊き込みご飯の人気レシピ

玄米が身体に良いというイメージは、誰もが持っていますよね。しかし、「玄米はおいしくなくて飽き...

豆腐に味噌マヨネーズを合わせ栄養効果を上げるレシピを紹介

豆腐は、手軽に摂れるたんぱく質食品です。歯が痛い時や、高齢者で飲み込む力が弱くなった人でも楽...

妊婦は玄米ご飯を食べても大丈夫?玄米によるメリットとは?

妊娠したら、お腹の赤ちゃんのために栄養素が豊富に含まれる体に良いものを摂りたい!と皆さん思いますよ...

納豆やレンコンのネバネバ食材を使ってサラダ作りをしよう!

ネバネバ食材の代表とも言える「納豆」。ひと口に納豆と言っても、沢山の種類がありますね。ネ...

パンとお米の栄養などの違いについて&和食をすすめる理由!

私達日本人の食生活で、身近な存在と言えば「お米」ですよね。しかし、最近では「主食がパン派」...

玄米茶にカフェインは入っている?妊娠中に飲んでも大丈夫?

日本茶の中でも、苦みや渋みが少ないために比較的飲みやすい玄米茶。妊娠中で悪阻がひどくても、玄...

スポンサーリンク

玄米を圧力鍋で炊く前にやっておきたい!吸水率を高める下準備とは?

玄米を圧力鍋で炊くと、もちもちに炊きあがります。

しかし、できるだけおいしく、ふっくらと炊き上げるには、丁寧な下準備が必要です。

順を追ってご説明いたしましょう。

①水で軽く洗ってゴミを取り除く

玄米はもみ殻だけを取り除いた状態なので、ゴミや殻のカスなどが混入しています。

そこでまず、このゴミを取り除きます。

炊く分の玄米をボウルなどにあけて水を注ぎ入れ、軽くかき回すと不純物が上に浮き上がってきますから、手で取り除いてあげます。

この作業を水をとりかえながら2~3回行います。

②拝み洗いで外皮にキズをつける

次に玄米を両手にとり、こすり合わせるように洗います。

こうすることで外皮にキズが付き、キズ口から吸水できるので、水分の浸透率が高まるのです。

玄米は水の吸収が悪いため、炊き上がりがポソポソと硬くなりがちです。

おいしく炊くポイントは、いかに多くの水分を吸収させ、柔らかくふっくら炊きあげられるかにかかっています。

格好がまるで拝んでいるようなので「拝み洗い」と名付けられたこの洗米方法をとることで、玄米の内部にしっかりと水分を行き渡らせましょう。

拝み洗いを2~3回繰り返したら、次の工程に進みます。

玄米を圧力鍋で炊く前に欠かせない!一晩水に漬けておくこと

白米でもそうですが、お米は研いで(洗って)から水に漬けておくことで水分を吸収し、ふっくらつやつやに炊きあがります。

玄米は白米よりも水の吸収率が悪いので、長めに水に漬けておきます。

最低でも6時間、できれば8時間は漬けておくといいでしょう。

前日の夜に翌朝分をセットしておくのがおすすめです。

夕食分には、その日の朝食後にセットしておきます。

圧力鍋の場合、水に長時間漬けておかなくても、洗ってすぐでもしっかり炊けるといいますが、硬い食感が残ります。

芯のない、ふっくらもちもちの食感に仕上げたいならやはり、水に漬けておいた方がいいですね。

ボウルに洗った玄米を入れ、浸る程度の水を注ぎ入れて一晩寝かしておきます。

あるいは、直接圧力鍋に玄米と水を入れておいてもOK。

そのまますぐに炊けるので合理的です。

圧力鍋で玄米を炊く時の水加減はどれくらい?

玄米を一晩水に漬けておいたら、そのお米と水と塩を圧力鍋に入れましょう。

塩を入れることで吸水率が増し、糠臭さが取れるうえ、海塩にすればミネラルも補給できます。

塩の量は玄米2合に対し、小さじ1/2杯、3合に対して小さじ2/3杯が目安です。

水は玄米の1.2~1.5倍くらい入れます。

玄米が2合なら水の量は約430ml~540mlに、3合なら約650ml~810mlです。

水の量はいろいろ試して、お使いの圧力鍋に最も合う分量を定めてください。

水は水道水でもいいですが、ミネラルウォーターにするとお米に甘みが出るといいます。

洗米後、圧力鍋に玄米とミネラルウォーターと海塩を入れて、一晩おいておくのが最も手っ取り早い方法ですね。

お好みで、だし昆布やお酒を入れるかたもいます。

風味が増しておいしくなりますよ。

全体を大きくかき混ぜておきましょう。

圧力鍋を使った玄米の炊き方

いよいよ圧力鍋で玄米を炊きます。

蓋をしたら強火にかけます。

圧力がかかってきたら火を弱め、圧がかかった状態をキープしながら弱火で20分炊きます。

一瞬強火にして水分を飛ばしてから火をとめ、圧力鍋をコンロから外してそのまま10分蒸らします。

蓋を開けて、全体を大きく混ぜたら出来あがりです。

圧力鍋はきっちり密閉されているので蒸気が逃げず、内部にたっぷりと水分が行きわたります。

そのため、ふっくらもちもちに炊きあがるのです。

さらに、おいしく炊くコツがあります。

それは、強火から弱火に落とす際、30秒から1分間はそのまま強火を続け、それから弱火にすることです。

すぐに弱火にすると出来あがりが硬く感じられます。

圧力がかかったら、しばらく火はそのままにすることで、圧を維持します。

それから火を弱めても、圧がそのままの状態を維持できるのです。

玄米の炊き方で最も大切なのは、蒸らしです。

ここで均一に水分を行き渡らせます。

焦げ付かせないように、圧力鍋をコンロから外して蒸らしましょう。

最後に、上下をひっくり返すようにサックリと混ぜて出来あがりです。

もちもちの玄米に仕上がっていますよ。

玄米ご飯の硬さは水加減で調節して!

圧力鍋で炊くと、しっかりと水分が行きわたったもちもちご飯になります。

炊飯器で炊くのと同じ量の水だと、柔らかく感じるでしょう。

したがって、いくらか少なめの水で炊くくらいでちょうど良いかもしれません。

2合の玄米で水の量は約430ml~540ml、3合なら約650ml~810mlを目安に、と申し上げましたが、

・玄米2合で水400ml、3合で600ml

・玄米2合で水500ml、3合で700ml

・玄米2合で水600ml、3合で800ml

など、好みや圧力鍋の違いによりさまざまです。

浸水させる時間が長めだと、炊飯時の水の量が少なめでもふっくら炊けます。

中にはぬるま湯で浸水させて発芽させ、炊く時は少なめの水にしているかたもいます。

一方、浸水なしで洗米後すぐに炊くかたは、多めの水で炊いています。

柔らかいのが好きなかたは浸水時間を長くするか、炊飯時の水を玄米の1.5倍くらいにするといいでしょう。

硬いのは苦手でも、もちもちした食感と、ある程度の噛みごたえも欲しいかたは、水の量を1.2倍くらいとするといいかもしれません。

玄米本来のうまみと食感を味わいたいなら、1.1倍くらいでいいでしょう。

お試しのうえ、ピッタリの水加減を求めてくださいね。

圧力鍋なら大丈夫!玄米の大量炊きで作り置きを

炊飯器なら最大3合くらいまでしか炊けなくても、圧力鍋ならもっと多くの玄米を、まとめて一気に炊くことができます。

1回分ごとにラップにまとめて冷凍保存しておけば、ほしい時に解凍してそのまま食べたり、白米と混ぜていただくこともできます。

忙しい毎日におすすめな、まとめ炊きのやり方をご紹介いたしましょう。

【材料】

・玄米 4合
・水 900ml
・海塩 小さじ2/3杯

【作り方】

①玄米を洗米したら、24時間以上たっぷりの水に浸して冷蔵庫に入れておきます。

②ざるに玄米を煎れて水切りします。

③圧力鍋に②と水、海塩を入れて軽く混ぜます。

④蓋をしめて高圧に設定し強火にかけます。

⑤圧力がかかったら弱火にして23分炊きます。

⑥カニ穴ができていたら火を止めてコンロからおろし、上下をひっくり返して再び蓋をして、10分間蒸らしたら出来あがりです。

玄米5合の場合は、水の量を1000ml入れるといいでしょう。

圧力鍋で炊けば玄米はふっくらもちもちに

圧力鍋を使えば、玄米はもちもちに炊き上がります。

拝み洗いをしたり、長時間浸水させたり、塩をひとつまみ入れて炊いたりすることで、水分をしっかり吸収させ、ふっくらしっとりと炊けます。

さらに、水加減を玄米の1.1~1.5倍程度にすることで柔らかく炊けます。

圧力鍋をお持ちであれば、ぜひ1度玄米ご飯にチャレンジしてみませんか。