玄米、醗酵食などで美と健康を目指す、正しい食の情報メディア

健康人口倍増計画

もち麦と玄米って糖質低いの?実際、糖質量はどれ位なの?

      2018/09/25

もち麦と玄米って糖質低いの?実際、糖質量はどれ位なの?

もち麦、玄米両方とも、今、ダイエットや健康に良いと言われており、注目されている食材です。

しかし、どうダイエットに良いかわかりません。

糖質量が少ないとダイエットに良いとされていますが、実際どうなのか調べてみましたので、参考にしてください。

スポンサーリンク

  こんな記事もよく読まれています

豚肉の味噌鍋レシピは色々!自分だけのオリジナルレシピ作り

寒い時には、身体が温まる味噌鍋レシピは最高ですね。 豚...

豆腐に味噌マヨネーズを合わせ栄養効果を上げるレシピを紹介

豆腐は、手軽に摂れるたんぱく質食品です。 歯が痛い時や...

子どものころから食生活改善!痩せるだけではないダイエット

私たちのほとんどは、ダイエットと痩せるという言葉を同じ意味と...

食事改善でダイエットするには日本食を美味しく食べること!

ダイエット、人は誰でも一度は気にしたことがあるテーマではない...

食事改善で症状を緩和!アトピー性皮膚炎や喘息を楽にしよう

アレルギーと呼ばれるものに、アトピー性皮膚炎や喘息があります...

美味しい醤油うどんの作り方!人気の食材の組み合わせは?

日本人が古くから親しみ、食してきた「うどん」。 うどん...

味噌汁の具の定番!豆腐と油揚げに合わせる具は何がお勧め?

味噌汁の具といえば、豆腐に油揚げ・ワカメ・ネギ・大根・ほうれ...

食生活改善で健康的にダイエット!痩せ体質を作る生活とは?

健康的に痩せたいと思ったら、食生活改善をしましょう。 ...

食事改善のダイエットでは改善できない!低い運動量は要注意

食事改善をしても、ダイエットをするためには運動をすることも大...

ダイエットにはウォーキング!効率的にカロリー消費するコツ

年末年始などの家族の集まりがあると、つい食べ過ぎてしまいます...

カロリー摂りすぎが太るのはなぜ?太る仕組みの改善方法とは

カロリーを摂りすぎると太る、という言葉が一般的になったのは昭...

カロリーは1日にどれだけ必要?成人女性、年代別に解説!

あなたは、毎日の食事から摂取しているカロリーのことをどれだけ...

美味しいお味噌汁に合った味噌も具に合った種類もお好みで

和食では「一汁三菜」というのがあり、この汁はお味噌汁や澄まし...

体の芯からあったまろう!美味しい味噌風味鍋のおすすめ6選

日本人が古くから親しんできた鍋料理。 寒い冬には体をあ...

食生活改善でニキビをなくす!そのため摂りたいビタミンは?

ニキビをなくすためには肌に合ったスキンケア用品を使うこと...

おいしく作ろう!生姜と味噌をつかったアレンジおにぎり

おにぎりに生姜と味噌。 白米を圧倒しそうな具材ですが、...

食生活改善に挑戦してみましょう!ニキビで悩む思春期の方へ

思春期の頃というのは、心も体も子供から大人に変わる時期と...

味噌や納豆は優れた発酵食品!菌の力とその活用方法を解説!

私たち日本人は、優れた発酵食品に恵まれた食生活をしていま...

食生活改善して健康にも精神にも良い食べ方&食べ物を選ぼう

普段の生活でストレスを抱えている人には、どうやら落ち込み...

味噌汁の簡単な作り方はえのきで始めてみましょう

味噌汁は日本に昔から続く伝統料理です。 最近では味噌汁...

スポンサーリンク


私たちが普段食べている精白米の糖質量はどれくらい?

もち麦と玄米の糖質量をご紹介する前に、精白米の糖質量についてご紹介させて頂きます。

私たちの普段食べている白米は精白米です。

精白米とは玄米のぬか等の栄養はあっても、臭みのある部分を取り除いたものです。

この精白米部分のカロリーは100グラム当たり約350キロカロリーで、糖質量は約75グラムとなっています。

主な精白米のエネルギーの比率は、たんぱく質・脂質を抑えて糖質が占めています。

そして、精白米は日本人の重要なエネルギー源であり、1食あたりの食品構成の大半は精白米が占めています。

つまり、私たちの体はほとんど精白米によるエネルギーで動いていると言っても過言ではありません。

それどころか、精白米の糖質量は栄養があり過ぎて、体の中へ貯蔵されてしまうことも多々あります。

それが体についている脂肪です。

脂肪がたまり過ぎると肥満へとつながり、健康的によろしくありません。

何でも取り過ぎはよくないということですね。

因みに、体のエネルギーが不足したときにこの脂肪を代謝してエネルギーにして使います。

脂肪は、たまり過ぎると肥満だけでなく脂肪肝も引き起こすので注意が必要です。

一度脂肪肝になると治療するのが大変なので、気を付けたい所です。

もち麦の糖質量はどれ位なの?

もち麦の糖質量は、100グラム当たり、約65グラムとなっています。

精白米よりも、もち麦の糖質量の方が約10グラムも低めです。

それに加えて、カロリーは約240キロカロリーと、約100キロカロリーほど低くなっています。

カロリー、糖質量の両方とも精白米よりももち麦の方が低いなんて、いかにもダイエットに良さそうです。

これはもち麦1粒1粒が、水分を沢山吸い込んで、もち麦が膨らんでもちもちになるために100グラム当たりのカロリーや糖質が精白米よりも低くなっています。

このカロリーが低い点が、精白米や玄米よりも特に優れています。

その為、精白米ともち麦を粒単位でよくみると、100グラム当たりに占める粒数は精白米よりもち麦の方が少ないのです。

これは水分でもち麦が太ったから当然だとわかると思いますが、それでは栄養も少なくなるではないかと思われる方も少なくないかと思います。

もち麦の方が精白米より100グラム当たりの粒数が少ないのだから、そう思われるのも当然です。

しかし、実際は100グラム当たりの栄養効果は高く、実は精白米よりも色々な種類の栄養が入っています。

もち麦の糖質量は精白米より低く、栄養豊富!

もち麦にはどんな栄養が入っているのでしょうか?

①食物繊維のβ-グルカン

もち麦には食物繊維のβ-グルカンが入っています。

β-グルカンというのは水溶性食物繊維で、玄米の不溶性食物繊維とは別の食物繊維となります。

このβ-グルカンは、膵臓のインスリンというホルモンが糖質を脂肪として蓄える作用を抑制します。

その上、食後の血糖値上昇を抑えてくれて、食後の眠気防止もしてくれます。

食物繊維というのは、実は糖質なのですが、「難消化性多糖類」という種類の糖質で、同じ糖質で大別されていても、血糖値を抑えるのに役立つのです。

何でも一括りにできないということですね。

もちろん便秘改善にも効果がありますので、継続して摂取すれば効果が徐々に出てくるでしょう。

さらに、脂肪肝の方で、もち麦を試されて健康診断で引っかからなくなったなんて方もいらっしゃいます。

②ミネラル

ミネラルのカルシウム、鉄分などが多く含まれています。

この2つは特に現代人に不足しがちなミネラルで、積極的に摂取しようとしないとなかなか取れません。

しかし、もち麦はこの2つが入っているので、健康に良いのです。

特に最近の研究でカルシウムは、寿命延伸や健康促進に様々な良い効果があると食品関係者に発表されました。

こんな素敵なミネラルまでとれるなんて、もち麦は素晴らしい食材だと思います。

玄米の糖質量はどれ位なの?

さて、もち麦の次は玄米の糖質量です。

玄米100グラム当たりの糖質量は、約73グラムになります。

カロリーは約350キロカロリーです。

1粒あたりで比べてみると、精白米より玄米の方がぬか層や胚芽等がついている分、カロリーも糖質量も若干ながら高いです。

しかし、100グラム当たりだと、カロリーの低いぬか層が玄米をコーティングして、胚芽がついている分、玄米は精白米よりも1粒が大きくなっており、カロリーも糖質量も若干低くなります。

因みにぬか層というのは、果皮、種皮、糊粉層の事を総称したものです。

精白米と玄米を比べてみるともち麦ほどカロリー、糖質量は共に大きな差はありません。

カロリーや糖質だけで比べると一見、「精白米と玄米はカロリーも糖質も同じ位だから、ダイエットに大した効果がないのでは!?」と思います。

しかし、実際にはそうではありません。

それは、玄米についているぬか層や胚芽に、大きな秘密があります。

玄米の糖質量は精白米と同じ位だけど、ダイエット効果あり!

玄米にはぬか層や胚芽がついている分、様々な体に良い栄養がたくさん含まれております。

さて、どんな栄養なのでしょうか?

①不溶性食物繊維

もち麦の食物繊維とは別の種類の食物繊維、不溶性食物繊維がたくさん含まれています。

この不溶性食物繊維は腸で水分を含んで大きくなることで、腸の運動を活性化します。

腸の運動が活発になった結果、腸内がすっきりし、整腸効果があります。

②ビタミン

主に胚芽にはビタミンB1、ナイアシン、ビタミンB6、葉酸等のビタミンが多く含まれています。

どれも水溶性ビタミンなので、水に良く溶けます。

その中でも特にナイアシンはたっぷり入っているので、糖質、脂質、たんぱく質の代謝が促進されるだけでなく、皮膚炎予防などにもなります。

ビタミンB1も精白米に比べるとたくさん入っているので、夏バテしている時や疲れた時は玄米ご飯にすると体力回復が早くなることでしょう。

だるい時にもビタミンB1は効くのでお勧めです。

もち麦や玄米が試せない方へ、精白米の糖質量の抑え方

玄米やもち麦を試したくても家族で苦手な方がいたり、なかなか試すのにハードルがあったりします。

そんな時は、どうすればいいのかでしょうか?

出来れば家の精白米で糖質を少なくしたいものです。

そんな時はいくつか、糖質の吸収を抑えたり糖質を少なくする方法があるので、ご紹介したいと思います。

①冷汁ご飯を試す

九州地方のご当地ご飯の、冷汁ご飯を試すことをお勧めします。

ご飯は冷やすことで、消化速度や体内への糖質の吸収を抑えることが出来ます。

この状態のご飯のでんぷんを「老化でんぷん」と言います。

この老化でんぷんの状態のご飯をそのまま食べると食感にパサつきがありますが、冷汁にすることにより、適度に水分を吸収してもっちりとした米の食感となります。

②わかめやひじき等を使って、混ぜご飯にする

わかめなどを混ぜ込むことにより、カサが増してミネラルの吸収をよくします。

又、具材を入れることにより、精白米以外の具材のカサが増すので、相対的にお茶碗の米が少なくなった結果、糖質摂取量が少なくなります。

ご飯を食べて健康に!

ご飯一膳食べるだけでも体に良いと言われる食材のもち麦と玄米。

精白米に比べてもち麦は糖質量が少なく、玄米は糖質量が同じくらいでも、体に良い栄養がたっぷり入っています。

試していただけると効果が見えてくると思うので、興味を持たれた方は是非試してみて下さい。

 - 玄米・豆・穀物