玄米を食べるとどうして下痢してしまうのか原因を調べてみた

体に良いと広く認知されている玄米ご飯ですが、食べると下痢をするというかたがいらっしゃいます。

ヘルシーな玄米でなぜ下痢をするのか、今回はその原因を探るとともに、下痢をしないための対策も併せてご紹介したいと思います。

ご参考にしていただければ幸いです。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

玄米を炊く前の水につけ置きする時間はどれくらいがいいの?

体に良い玄米ですが、ご家庭で炊くのはちょっと面倒といいます。食感が白米に比べ硬くてポソポソして...

味噌と醤油の違いや類似点について!購入する際の選び方は?

日本の家庭の台所には欠かせない調味料と言ったら!?そうです!味噌と醤油ですよね!和食...

大豆の水煮ってどう保存するの?また使い方のレシピは?

大豆は食物繊維やたんぱく質(大豆は畑の肉であるとも言われてますよね)、イソフラボンに富み、健康食品...

黒豆豆乳の作り方を教えます!黒豆と豆乳で健康増進を目指す

皆さんは、黒豆や豆乳を積極的に摂取していますか?どちらかと言うと、女性の方が男性に比べて、口...

全粒粉でパンを作ってみよう!気になる味や栄養について!

パン屋さんの前を通ると、焼きたてのパンの良い香りがしてきますよね。その香りにつられてパン屋さ...

ヘルシーな玄米の優れた効果は花粉症にも効果的なの!?

お正月が過ぎ、1年で最も寒い時期も終わろうとする頃から気になり出すのが花粉症です。辛いく...

ヨーグルトで玄米を炊飯すると得られる嬉しい効果とは!?

健康志向の高まりと供に、注目が熱い玄米。玄米ご飯はその栄養価の高さから、日々の食事に摂り入れ...

玄米と押し麦の栄養はどう違うの?どちらがダイエット向き?

体に良いといわれる玄米と押し麦ですが、それぞれに含まれている栄養はどう違うのでしょう。ま...

ハードパンを家で作るときに簡単に楽しむコツを紹介します!

ふわふわな生地のパンも、もちろん美味しいですが、外はパリッとした生地に小麦の香りが立つハードパンも美...

体に良い、ザ・日本の発酵食品味噌。味噌汁の作り方は簡単!

発酵食品が注目されています。発酵食品は、含まれる微生物の力で、食品の栄養成分が吸収されやすく...

100円ショップで買えるアイテムでも米麹甘酒が作れる!

冬になると、温かくて甘い甘酒が飲みたくなります。自家製だったとしたら、さらに美味しく感じるこ...

玄米にはどんな効果があるの?不妊の改善にも効果はあるの?

お米って日本人に馴染み深いですよね。お米の種類は、もみ殻だけを除き、胚芽・果皮・種皮・糊粉層が...

体に優しい玄米粥の作り方とは?玄米を使ったスイーツレシピ

玄米とは、収穫したお米からもみがらだけを除いたものです。玄米は高い栄養効果や美容効果が注目され...

豆腐デザートを作ってみよう!簡単お手軽レシピを教えます!

豆腐は大豆から作った栄養満点で様々な料理に使える万能食材です。私たち日本人の健康の維持に欠か...

家庭でできる味噌の作り方!簡単で手軽な作り方をご紹介!

日本の食卓に欠かせない調味料といえば味噌。昔は各家庭で作るのが一般的だったそうですが、現在は...

スポンサーリンク

玄米を食べて下痢になる原因とは?

玄米とはご存知のように、もみ殻だけを取り除いた精製されていないお米です。

糠や発芽部分を有した外皮に覆われているため、精白米に食べなれた現代人にはやや硬く感じられます。

しかしこの外皮にこそ白米の5倍はあるといわれている食物繊維が多く含まれており、腸内環境を整え大便を排出するのに大いに役立っているのです。

そのため外皮だけは大便にそのまま混じって排出されることがあり、玄米は消化が悪いといわれる原因となっています。

つまり、外皮の消化の悪さが下痢を起こしているといえるのです。

裏を返せば下痢を起こすほど消化が悪い、イコール食物繊維が多いことの証明でもあります。

外皮の硬さを解消するための対策をとれば、改善する可能性があります。

玄米を食べて下痢をする原因を取り除くためにとるべき対策とは?

玄米を食べて下痢をしてしまうのは、玄米の外皮が硬いが故の消化の悪さが原因と考えられます。

そこで対策としては、次の2つを提案いたします。

・よく噛む

柔らかい食べものに慣れてしまった結果、近年食べ物を噛む回数が減ってきてるといわれています。

平均10回くらいで飲みこんでいるそうです。

これでは玄米の硬い外皮がうまく消化されず、胃腸に負担がかかります。

最低でも30回は噛んでみましょう。

噛めば噛むほど満腹感が高まって少食になるため、ダイエットにも効果的です。

まずは、たくさん噛むことを心がけてください。

・炊き方に気を付ける

玄米は精白米に比べ、歯ごたえがある、ふっくらしていない、食感が硬いといったデメリットがあり、胃腸に負担をかける原因となっています。

食べるのが大変なくらい硬かったら炊き方に原因があるので、以下のような手順で炊いてみましょう。

①洗い方

軽くすすいで周りについているごみを落としたら、玄米同士をこすり合わせるようにして洗います。

こうすることで外皮にキズをつけ、水を吸収しやすくさせるのです。

これを3~4回繰り返します。

②吸水

水に浸けておく時間は出来るだけ長くしましょう。

12時間以上がおすすめです。

長く浸けておくと発芽することもありますが、それにより栄養価が増すメリットがあります。

また、塩を少々加えると吸水率が高まります。

たくさん水を吸わせて、柔らかく、ふっくら炊けるようにしましょう。

③炊き方

12時間以上水に浸けておいたら、普通の炊飯器の玄米モードで炊いて大丈夫です。

以上のような対策をとっても下痢が止まらないなら、体質的に合わないか、別の原因かもしれません。

いずれにせよいったん玄米食は中止してください。

玄米を食べて下痢するのは、まさかの農薬が原因?

玄米を食べて下痢をするのは、外皮が硬く、消化するのに胃腸に負担がかかるのが原因と考えられます。

ところが一説には、玄米に農薬が付着していることが原因ともいわれています。

果たして本当に農薬のせいでしょうか。

確かに、農薬がついたままの可能性はあります。

しかし、玄米に含まれている栄養素にはデトックス(排毒)作用のあるものが多く、仮に付着していたとしても、余分な化学物質は排出されるはずです。

そのため、下痢を起こすほどの農薬が体内に吸収されるとは考えにくいのです。

もちろん、ごく微量の農薬が体内に蓄積されたことによって下痢を誘発するといえなくもありませんが、私たちは玄米だけを食べているわけではありません。

今やさまざまな食品に農薬は使われています。

無農薬野菜等を食べているかたであっても、食生活から100%農薬、またはそれに類するものを除去するのは、現代の生活において不可能といえるのではないでしょうか。

一概に玄米だけのせいに出来ないと思われます。

もちろん無農薬玄米を食べるに越したことはありませんが、ごく一般的な精白米と玄米とを比べたら、農薬云々よりもその健康効果の高さから玄米に軍配が上がるといえるのではないでしょうか。

下痢の隠れ原因?玄米に毒性成分が含まれているって本当?

玄米を食べて下痢をするのは外皮が硬く消化が悪いためで、それ以外の原因は考えにくいとされています。

しかし玄米に含まれている、ある毒性成分が作用しているのではないか、ともいわれています。

アブシジン酸といって発芽部分に含まれており、鳥類から種子を守るために備わったものです。

アブシジン酸は活性酸素を大量に生成して、生体のミトコンドリアを攻撃する性質があるといいます。

しかしこれは種子をついばむ鳥類に対して発揮される攻撃であり、我々ヒトに対してではありません。

そもそも全ての生物に対してアブシジン酸の毒性が有効であるならば、昔から玄米を食べてきた我々の祖先はとっくの昔に消滅していたといえるでしょう。

ですからこの説にはあまり過敏になる必要はないといえます。

それでも気になるというなら、次のような対策をとると良いでしょう。

玄米に含まれる毒性成分アブシジン酸に対する対策とは?

玄米の種子を鳥類の攻撃などから守るために備わっているアブジシン酸という成分には、毒性があるといわれています。

この成分が原因でヒトが下痢を起こすとは考えにくいのですが、気になるならアブジシン酸の毒性を失わせる方法があります。

それは、玄米を長時間水に浸けておくことです。

12時間以上水に浸けておけば、アブジシン酸の毒性が無害化出来ます。

長時間水に浸けておくことで玄米が発芽しかかり、この発芽にエネルギーが消費されてしまうため毒性が抜けるというのが無害化の理由です。

同時に発芽のためのさまざなパワーが増すため、栄養価自体が高くなるというメリットも兼ね備えています。

さらに長時間の浸水でたっぷり水分を吸収し、外皮が柔らかくなっておいしくなるという、一石二鳥にも三鳥にもなる対策です。

ただし、長時間水に浸けておくことで雑菌が繁殖するデメリットもあります。

変な臭いがしたり水の色が変わってきたりしないよう衛生管理をしっかり行いましょう。

具体的には数時間に1回は水を取り替えるようにします。

12時間なら6時間ごとに取り換えましょう。

下痢だけじゃない!玄米を食べて起こるその他のデメリットとは?

玄米を食べると下痢になるという他に、貧血になるという話もあります。

その原因は、玄米に含まれるフィチン酸という成分にあるようです。

フィチン酸は鳥類に食べられることを避けるために穀物に備わっている成分で、ミネラル、特に鉄分を体外に排出させてしまいます。

そのためヒトが玄米を食べると貧血になるというのです。

しかしこれは鳥のように、フィチン酸を生のままで食べた場合に起こることです。

私たちは玄米を生のままで食べません。

必ず加熱しています。

加熱するとフィチン酸のこうした性質は弱まるといいます。

弱まると都合のいいことに、ちょうどよい按配のデトックス作用となり、体内の鉄分を排出するよりも余分に付着した物質、たとえば農薬を排出するといった方向へと転じてくれます。

したがってフィチン酸に対してそれ程神経質になる必要はないでしょう。

それの証拠として、長いこと玄米を食べ続けてきた我々の祖先に、健康上何の問題も起こっていません。

長時間の浸水で玄米による下痢をストップ!

玄米を食べて下痢になるのは、外皮が硬いことが原因といえます。

外皮が硬いと食べづらく、消化が悪いので胃腸に負担がかかります。

そのためまずは長時間水に浸けることで柔らかく、ふっくら炊くようにしましょう。

また長時間浸水には、発芽しかかることで栄養価が増す効果や、毒性があるといわれるアブシジン酸の無害化も出来ます。

しっかり水に浸けて玄米の健康効果を享受し、おいしくいただきましょう。