発酵食品パワーをおかず味噌で手軽に!6つの作り方をご紹介

味噌は古くから「医者いらず」と言われるほどの発酵食品で、体にいい食べ物なのは、現代になっても変わりがありません。

よく食べる機会の多い味噌汁以外で、毎日の食事にもっと味噌を取り入れたい方は、おかず味噌はいかがですか?

おかず味噌は白いご飯のお供や、お酒のおつまみにもぴったりで、保存も利くので常備菜にすると便利です。

こちらでは、6つのおかず味噌の作り方をご紹介致します。

皆さん是非参考にしてみてください。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

研がずに炊ける便利なお米、無洗米の1合は何グラム?

精製法の発達により、以前より美味しくなっている無洗米。研がずに炊ける手軽さで、ますます需要が...

玄米の炊き方2合分を知っておけば基本からアレンジまで可能

みなさんは、玄米を食事で摂り入れていますか?健康にために、これから玄米生活をスタートしたい人...

バケツ稲の栽培をしてみよう!土を混ぜる割合と稲作りの流れ

お米は、私達日本人にとって、非常に身近なものですよね。ほぼ毎日、口にするお米ですが、どの...

玄米摂取の効果って何がある?癌にも効くって本当なの?

玄米には健康や美容面で効果があるという話を聞いたことがある方は多いのではないでしょうか。癌にま...

玄米の冷凍保存期間とおいしさや栄養素とのつながりとは?

玄米は白米と比べると浸水時間をとった方がいいという面があるため、炊飯器で炊くことに少々手間を感じ...

玄米の圧力鍋調理をダメと言われてもあきらめきれない時は?

時短調理が人気であっても、圧力鍋を使った玄米の調理に対しては、「その調理法はダメ!」と批判的なこ...

簡単に手作り味噌を作る方法!容器はジップロックでOK!

日本の食卓に欠かせない調味料の味噌。買うのが当たり前と思っている人が多いかもしれませんが...

発芽玄米・ヨーグルトなどの作り方!ヨーグルティアを使う!

体に良いと言われている健康食品は、沢山ありますよね。健康志向が高い方は、すでにチェックされて...

納豆や豆腐の豊富な栄養について!毎日食べると体に影響は?

納豆や豆腐などの大豆製品は、健康や美容に良いと言われていますよね。どちらも毎日の食事に取り入...

夏の楽しみ枝豆を栽培しよう!実が入らないのはなぜ?

夏の野菜といえば枝豆です。ビールのおつまみ、おやつ、夕食の1品にと大活躍してくれます。枝豆...

今すぐ始めたい!玄米と白米を同時に炊くときのベストな方法

「健康に良い」というイメージが定着し、積極的に食生活に取り入れる方が増えている玄米。身体に良...

玄米 30キロ はいったいいくら?おススメブランドの価格は?

ビタミンB1が不足すると、「脚気」「ウエルニッケ脳症」といった病気になる可能性があります。それ...

毎日量る白米1合は何グラム?お米の単位と簡単に量る方法

白米を量る時に使う際に、「合」という単位を使います。合は尺貫法における単位の一つで、一升の1...

体にいいと噂の玄米の炊き方を教えて!炊飯器で炊けるの?

玄米は健康的なイメージがありますよね。「玄米ダイエット」という言葉もありますから、玄米は美しく...

甘酒は米と麹が命。高いものから安いものまでご紹介します

美味しい甘酒を求めて、いろいろな甘酒を試したいと思いますよね。特に、麹でできている甘酒は、健...

スポンサーリンク

たっぷりねぎのおかず味噌の作り方

まずは、万能ねぎがたっぷり入った、甘い味噌です。

そのままご飯にのせて食べると、何杯もおかわりが欲しくなる美味しさです。

ご飯にそのままのせるだけでなく、冷やっこにのせる、あっさり味の鍋物の薬味に使うのもおすすめです。

「ちょっと使い」で普段のおかずが、数段美味しくなります。

味噌を火にかけているとき、焦げ付きやすいので、絶えずかき混ぜるのが作り方のコツです。

万能ねぎには、クリプトキサンチンという抗酸化作用がある色素成分が、緑の葉の部分に多く含まれます。

こちらの美味しいおかず味噌の抗酸化作用で、アンチエイジングをしてみましょう。

【材料】

・万能ねぎ 2株
・生姜 1/2片
・みりん 大さじ3
・酒 小さじ1
・砂糖 30g以内でお好みの量
・米味噌 150g
・サラダ油 大1
・ごま油 小1

【作り方】

①おかず味噌を保存するための、密閉できる保存容器を、アルコールで丁寧に拭いて消毒しておきます。

後述のおかず味噌を作るときも、保存容器をアルコールで拭いておきましょう。

②万能ねぎは小口切りにします。

生姜はみじん切りにしておきます。

②鍋に油をひき、生姜を炒め、香りが出たらねぎを入れます。

ねぎを入れたら1分ほど炒めましょう。

③生姜、ねぎを炒めた鍋に砂糖、みりん、酒を入れます。

次に味噌を入れ、馴染ませながら、中火で絶えずかき混ぜながら煮ます。

とろみが出てきたら、ごま油を回し掛け、馴染ませます。

④粗熱がとれたら、保存容器に移します。

後述のおかず味噌も、加熱するものは、粗熱がとれたら保存容器に移しましょう。

大葉のいい香りでおかわり必須!

続いては、年間を通していつでも手に入りやすい、大葉を使ったおかず味噌の作り方です。
こちらの味噌は、大葉のとてもいい香りがします。

ご飯にそのままのせるのはもちろん、パンに塗って、少し焼いて香ばしく食べるのもおすすめです。

大葉は神経を鎮める作用があり、興奮を抑えるので、イライラ防止、安眠効果があります。

鉄分も多いので、貧血予防にもおすすめです。

【材料】

・大葉 30枚
◎味噌 100g
◎酒 大さじ2
◎みりん 大さじ2
◎砂糖 大さじ1
◎和風顆粒だし 小さじ1/4

【作り方】

①大葉は千切りにし、水にさらして水気を絞ります。

②鍋に◎の材料を入れ、よく混ぜたら弱火にかけます。

全体にふつふつしてきたら、とろみが出るまで、1分ほど絶えずかき混ぜながら煮ます。

③とろみが出てきた②の味噌に、大葉を加えてよく混ぜます。

さらに1分ほど煮たら、完成です。

玉ねぎのおかず味噌の作り方

こちらは火を使わない、手軽なおかず味噌の作り方です。

ご飯にのせるだけでなく、チャーハン作りの仕上げに少し使ってみると、香ばしくなります。

また、玉ねぎの少しピリリとした味わいがあるので、納豆の薬味がわりに使うのもおすすめです。

玉ねぎには血液サラサラ効果のある、含硫有機化合物が豊富です。

脳卒中、心筋梗塞予防にもってこいですね。

火を通さず、玉ねぎの栄養の損失が少ない、こちらのおかず味噌を是非試してみてください。

【材料】

・玉ねぎ 1玉
・合わせ味噌 大さじ2~4
・かつお節 軽く1つかみ

【作り方】

①玉ねぎは縦半分に切り、繊維を断ち切るように、繊維に対して垂直に薄切りにします。

②ボールに玉ねぎ、味噌を入れ、時々混ぜながら2時間ほどおいておきます。

玉ねぎと味噌を合わせてすぐの段階では、味噌と玉ねぎが馴染みにくいです。

しかし、時間がしばらく経つと、玉ねぎから水分が出て、時々混ぜているうちに馴染むようになります。

③2時間後、玉ねぎがしんなりして味噌と馴染んだら、細かくちぎったかつお節を入れます。

味見して、味噌が足りないようなら、ここで足してください。

かつお節を混ぜ、味噌で味を調節した玉ねぎのおかず味噌を、冷蔵庫で半日寝かせたら完成です。

生もずくを使ったおかず味噌なら、花粉症対策もできる!

最近、花粉症やアレルギー性鼻炎で、お困りではありませんか?

こちらは生もずくを使った、おかず味噌です。

もずくにはフコイダンという、海藻類がもつお馴染みの栄養があります。

もずくの持つフコイダンは、花粉症や鼻炎などの、アレルギー症状の緩和効果があります。

また、抗ウイルス効果があるので、インフルエンザ予防にもおすすめです。

材料を鍋に次々と入れて煮るだけなので、作り方も簡単です。

花粉症や鼻炎でお悩みの方は、プリプリとしたもずくの食感が美味しいこちらのおかず味噌を、是非試してみてください。

【材料】

・生もずく(味の付いていないもの) 100g
・赤味噌 大さじ2
・砂糖 大さじ1
・酒 大さじ1

【作り方】

①もずくを食べやすい長さに、切っておきます。

②小鍋にもずく、味噌をいれて弱火にかけます。

③もずくから水分がでてきたら、砂糖を加えて更に3分程度弱火で煮ます。

④とろみが出てきたら、酒を加えて、焦げ付かないように絶えずかき混ぜます。

そのまま弱火で5分ほど煮ます。

⑤ほどよいとろみになってきたら、完成です。

胃もたれには、ゴーヤのおかず味噌がおすすめ!

こちらは、ゴーヤの苦味と甘辛い味噌の何とも言えない美味しさを味わう、おかず味噌の作り方です。

ゴーヤのワタを多く取り除くと、苦味もその分少なくなるので、お好みで調節してみてください。

ゴーヤの苦味成分には、胃の働きを活発にし、食べ過ぎによる胃もたれなどを緩和する効果があります。

糖尿病予防効果もあるので、いつもつい食べ過ぎてしまうという方は、こちらのおかず味噌を是非試してみてください。

【材料】

・ゴーヤ 1本
・塩 小さじ1
・お好みの味噌 大さじ3
・砂糖 大さじ2
・みりん 大さじ1
・酒 大さじ1
・ごま油 適量
・かつお節 1パック(4gほど)
・白ごま 小さじ2

【作り方】

①ゴーヤは縦半分に切って、ワタと種を取り除きます。

さらに縦半分に切ってから、薄切りにします。

②ゴーヤを下茹でする湯を、沸かしておきます。

ゴーヤを塩もみして、10分ほどおきます。

塩もみしたゴーヤを、熱湯でさっと下茹でしてザルにあげます。

③小鉢などに味噌、砂糖、みりん、酒を合わせて溶いておきます。

④ごま油をひいたフライパンで、ゴーヤを炒めます。

⑤ゴーヤがしんなりしてきたら、③の調味料を加えます。

焦げつかないように、絶えずかき混ぜて煮ましょう。

とろりとしてきたら、かつお節、白ごまを混ぜて完成です。

さばと大豆のおかず味噌の作り方

こちらはさばの水煮缶と大豆を使った、食べ応えのあるおかず味噌の作り方です。

さばの水煮缶を使うので、手軽で、しかもさばを骨ごと食べられる、健康的なおかず味噌です。

さばはビタミンEが豊富で、食べ続けるとお肌を強くし、ハリや艶が出てきます。

また、ビタミンEには血行促進作用があるので、冷え予防にもおすすめです。

白いご飯が何杯も食べられるこちらのおかず味噌で、是非美肌を目指してみてください。

【材料】

・さばの水煮缶 130~150g
◎茹で大豆(または水煮缶) 120g
◎長ねぎ(粗みじん切り) 120g
◎砂糖 40g
◎八丁味噌 30g
◎酒 大さじ2
・生姜のみじん切り 25g
・にんにくのみじん切り 10g
・すりごま 10g
・ごま油 大さじ1強
・塩・胡椒 適量
・パセリのみじん切り 適量

【作り方】

①さばの水煮は細かくほぐします。

深型のフライパンに油をひき、生姜とにんにくを入れます。

弱火で香りが出るまで炒めます。

②生姜とにんにくを炒めた①に、ほぐしたさばと、◎の材料を入れます。

全体的に馴染むように混ぜ、焦げ付かないように、絶えずかき混ぜながら煮ます。

③とろみがつくまで煮たら、塩と胡椒で味を調え、すりごまを加えます。

最後にパセリをふり、完成です。

味噌の発酵食品パワーを手軽に

美白、ダイエット、アンチエイジング、がん予防など、味噌の健康効果は数え切れないほどです。

そんな万能スーパーフードの味噌を、毎日手軽に取り入れられるのが、おかず味噌です。

こちらでは、そんなおかず味噌の作り方を、ご紹介致しました。

6つのおかず味噌の中から、体調に合わせて、選んでみるのもおすすめです。

簡単に作れるおかず味噌ばかりなので、是非作ってみてください。