玄米、醗酵食などで美と健康を目指す、正しい食の情報メディア

健康人口倍増計画

オーガニッククッキーを簡単レシピで手作りしてみよう!

      2018/01/08

オーガニッククッキーを簡単レシピで手作りしてみよう!

健康のため、オーガニックにこだわる方も多くなってきました。

しかし、お菓子までは気にしている方は少ないかもしれません。

売られているお菓子には添加物が含まれていることが多いので、自分で、それもオーガニックの素材で作れるなら、体にも優しいですよね。

今回は、オーガニッククッキーのレシピをご紹介していきます。

また、オーガニッククッキーの材料が買えるお店やオーガニッククッキーが買えるお店もご紹介しますね。

スポンサーリンク

  こんな記事もよく読まれています

美味しい玄米ご飯のカロリーは炊く前と炊いた後でどう違う?

お米は玄米でも精白米でも、炊く前と炊いた後では、水の量が...

「トランス脂肪酸フリー」のマヨネーズについて知りたいこと

「トランス脂肪酸フリーのマヨネーズ」と聞くと、体にいいマ...

電子レンジでパンを温めるときにアルミホイルは使えるの?

私たちの生活のなかで、もはや電子レンジはなくてはならない...

濃厚とろとろ茶碗蒸しを電子レンジで作る秘訣はチーズにあり

みなさんは、茶碗蒸しは好きですか? お店で出される茶碗...

電子レンジのターンテーブルにケーキ型をのせて手作りケーキ

小さい子どものため、ケーキを焼きたいという人のために、便利...

チューブタイプのバターに含まれるトランス脂肪酸への疑問

チューブタイプのバターと聞くと、いつもは固く感じがちなバ...

自然製法でもトランス脂肪酸フリーのバターは存在しない?

2018年6月にアメリカでは、トランス脂肪酸の使用の規制...

味噌を詰める容器がガラスであるメリットと注意点とは?

味噌というと、スーパーで売られているパック入りの味噌が一...

麦味噌を作ってみよう!試しに2kgを容器に詰めてみよう

麦味噌をご存知ですか? 九州や愛媛県、山口県ではメジャ...

カロリーと脂肪の量がうまく絡む豚肉と部位の深い関係

肉の部位とカロリーは大きく関係します。 多くの人が、精...

カロリーの一日に必要な摂取量はどれくらいなのでしょうか?

飽食の時代と言われて久しい現代、生活習慣病に悩む人々も増...

お茶碗一杯分のカロリー消費にはどんな運動をどれくらい?

秋、食事が美味しくなる季節です。 ついつい箸が進み、食...

枝豆はカロリーが低くてダイエットに最適って本当なの?

夏から秋にかけての旬といえば、枝豆ですよね。 最近は芸能...

おにぎりと大福のカロリーと満足度の比較をしてみた結果…!

お弁当の定番はおにぎりという方も多いのではないでしょうか...

ドライトマトにはどんな栄養がある?カロリーはどれぐらい?

ドライトマトといえば、美容・健康・ダイエットに効果があると...

5kgダイエットするために必要な消費カロリーは?方法は?

年々、付きやすく、落ちにくくなってきました。 これは体...

食事が進まない2歳児!1日に必要とするカロリーの目安は?

かわいい盛りの2歳児は、「魔の2歳児」といわれるぐらいで...

自分のカロリー消費量を知ろう!1日の活動強度ごとに解説

あなたは、自分の体が1日にどれくらいのカロリーを消費して...

玄米の炊き方と、含まれるとされる「毒」との関係性とは?

玄米は健康に良い食品なので注目される分、「毒」を持ってい...

玄米を浸水のために冷蔵庫を使う時の注意点とポイントとは?

冷蔵庫はとても便利な家電で、玄米の保存にも浸水のためにも...

スポンサーリンク


オーガニックとは何を指す?オーガニッククッキーとは?

オーガニックとよく聞きますが、オーガニックの意味はご存知ですか?

オーガニックとは『有機』のことで、化学肥料や化学的な農薬を使わずに栽培や加工した農作物、もしくは加工物のことを指します。

オーガニックと名乗るためには、さまざまな基準をクリアし、認定機関の認定を受ける必要があります。

その基準とは、化学肥料・農薬を使わないこと、2、3年前から化学肥料を使用していない畑での栽培であること、遺伝子組み換えの種ではないこと、などです。

こういった厳しい基準があるからこそ、食の安全が守られ、私たちの健康につながっているのです。

今回は、オーガニッククッキーについてのお話ですが、それでは、オーガニッククッキーとは何でしょうか?

オーガニッククッキーとは、オーガニックの材料をできるだけ使用して作られたクッキーのことです。

なんだか高級そう、と思われるかもしれませんが、材料が揃えば手作りもできます。

今回は、オーガニッククッキーのレシピをご紹介しますので、ぜひ作ってみてください。

しかし、作る前に必要なのは材料です。

オーガニックの材料はなかなか手に入らないですよね。

どこで買えば良いのかは、次項でご説明します。

オーガニッククッキーの材料はどこで買える?

クッキーの材料は、小麦粉や砂糖、ナッツ類やココアなどがありますが、オーガニッククッキーの材料は、どこで入手できるのでしょう?

ここでは、オーガニッククッキーの材料が手に入るオンラインストアや実店舗をご紹介します。

●マルサンパントリー

手作りパンとスイーツの材料・器具の専門店です。

JAS認定のオーガニック小麦粉500gが約500円、オーガニックシュガーが600g約600円で買えます。

●ビオフロレスタ

オーガニック&ナチュラル通販ショップです。

オーガニック小麦粉が500g約500円、オーガニックシュガーが1.6㎏で約1,400円です。

その他オーガニック製菓材料がかなりの種類揃っています。

●SWEET KITCHEN 株式会社丸菱オンラインストア

丸菱は、製菓・製パン材料の業務用卸しをしている商社です。

オーガニックチョコレートが1㎏で2,500円ほど、オーガニックオートミール500gが500円程度で購入できます。

九州熊本に実店舗もあり、プロの現場から家庭の食卓まで、様々な食材を揃えることができます。

●GAIAネット

オーガニックの通販会社です。

実店舗もお茶の水と代々木上原にあります。

青森産有機薄力粉500gが、500円程度で購入できます。

オーガニックシュガー400gが約500円で買えます。

このようなお店を使えば、オーガニックの材料をそろえることが出来ますね。

材料が揃いましたら、次はオーガニッククッキーを作ってみましょう。

次項でレシピをご紹介します。

米粉とレモンで作ろう!オーガニッククッキーのレシピ

オーガニッククッキーは材料さえこだわれば、作り方は簡単です。

このレシピは、米粉と薄力粉を半々で作ります。

優しいレモンの香りが漂い、子どものおやつにもピッタリです。

【材料】

・オーガニック薄力粉 70g
・米粉 70g
・オーガニックシュガー 80g
・菜種油(バターでも) 50g
・塩 少々
・オーガニックレモン汁 大さじ1

【作り方】

①粉類を合わせて一緒にふるっておきます。

シュガーもふるいます。

バターを使う場合、バターは溶かしておきます。

②菜種油とシュガーを泡だて器で混ぜます。

そこにレモン汁と塩を加え、最後に粉類をさっくり木べらで混ぜます。

③生地がまとまったら、手でひとまとめにします。

棒状にしてラップで包み、冷蔵庫で少なくとも15分は寝かせましょう。

④生地を包丁で4㎜ほどの厚さにカットし、オーブンシートを敷いた天板に並べます。

160℃のオーブンで15分焼きます。

オーブンにはそれぞれ癖があるので、クッキーが焦げないように注意しましょう。

オートミールで作るオーガニッククッキーのレシピ

小麦粉でなく、オートミールを使ったオーガニッククッキーのレシピをご紹介します。

バターも使わないので、ヘルシーですよ。

●はちみつオートミールクッキー

【材料】

・オーガニックオートミール 75g
・オーガニックココナッツオイル 大さじ2と1/2
・オーガニックはちみつ 大さじ3
・オーガニックきな粉 小さじ1と1/2

【作り方】

①ビニール袋にすべての材料を入れ、よく混ぜましょう。

②クッキングシートの上にタネをスプーンで広げます。

焼くと広がりますので、間隔と量に注意してください。

170℃のオーブンで10分ほど焼いて、取り出し、冷まします。

パリパリクッキーの出来上がりです。

●バナナオートミールクッキー

次に、バナナが入ったオートミールクッキーです。

バナナが入っているのでしっとりしたクッキーになります。

【材料】

・バナナ 30g

≪A≫
・オーガニックオートミール 30g
・オーガニック薄力粉 60g
・オーガニックアーモンドプードル 10g
・ベーキングパウダー(アルミニウムフリー) 小さじ1/2
・塩 少々

≪B≫
・菜種油 大さじ2
・オーガニックメープルシロップ 大さじ1
・白練りごま 大さじ1

【作り方】

①バナナは小さく角切りにします。

②ボウルにAの材料を入れてよく混ぜます。

③もうひとつのボウルにBの材料を合わせて泡だて器で混ぜます。

④ ②と③を木べらでさっくり混ぜて、バナナを加え、ひとまとめにします。

⑤生地を12等分にして丸め、手で押さえて平たくし、5~6㎜の厚みにします。

⑥170℃のオーブンで20分ほど焼きます。

天板の上で冷ましてできあがりです。

風味豊か!抹茶オーガニッククッキーのレシピ

続いて、抹茶風味のオーガニッククッキーのレシピをご紹介します。

片栗粉入りなので、サクサクしてとてもおいしいです。

【材料】

・オーガニック片栗粉 50g
・オーガニック薄力粉 50g
・ベーキングパウダー(アルミニウムフリー) 小さじ1
・オーガニック抹茶パウダー 5g
・オーガニックシュガー 30g
・オーガニックココナッツオイル 20g
・豆乳 40㏄

【作り方】

①オーガニックシュガーとココナッツオイルと豆乳をボウルに入れて混ぜ合わせます。

②粉類を合わせて、①にふるい入れます。

③まとまるまで、さっくり混ぜ合わせます。

べたつくときは粉を少し加えてもOKです。

④丸く形作り、オーブンシートを敷いた天板に並べます。

⑤180℃のオーブンで、20分焼きます。

抹茶パウダーをオーガニックココアに変えると、ココアクッキーになります。

アイデア次第で、色々なバリエーションが楽しめます。

たまにはオーガニッククッキーを買っちゃおう!

忙しすぎて手作りクッキーなんて作れないという方や、レシピを見ながらのお菓子作りはちょっと難しいという方に朗報です。

今は便利なもので、オンラインでも実店舗でもオーガニッククッキーが購入できるんですよ。

ここでは、オーガニッククッキーが買えるお店をご紹介します。

●HALMU(ハル)

ひばりが丘にあるカフェとサロン併設のお菓子屋さんです。

オーガニック・植物性原料・国産など厳選した材料のみ使っています。

合成食品添加物は不使用です。

オンラインでも購入できます。

●無添加&オーガニック焼き菓子 結と(むうと)

大分県中津市にある姉妹で仲良く営まれている焼き菓子屋さんです。

木・金曜日が営業日です。

オンラインショップもあります。

●京都太泰しぜんむら

オーガニッククッキーが130gで600円程度で買えます。

国産無漂白小麦粉を使用しています。

また、卵・乳製品や重曹・ベーキングパウダーは使っていません。

いろいろな味がありますので、ココア、黒糖バナナ、野菜ミックスなど、お好みの物を選んでくださいね。

オーガニッククッキーは簡単に作れます

いかがでしたか?

材料さえ揃えば、だれでも簡単にオーガニッククッキーが作れますよ。

簡単なレシピばかりなので、健康のため、ぜひ試してみてください。

手作りは難しいという方は、ぜひこの記事で紹介したお店に足を運ぶか、オンラインショップを覗いてみてくださいね。

 - 料理のポイント