オーガニックフルーツジュースで贅沢な時間をいかがですか?

フルーツジュースは、1本数百円のものから数千円のものまでありますが、自宅ではどんなものを飲んでいますか?

なかなか高価なフルーツジュースを、飲む機会はないと思います。

たまには、オーガニックフルーのフルーツジュースを飲みながら、贅沢な時間を過ごしてはいかがでしょうか?

オーガニックフルーツジュースの魅力について、ご紹介します。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

味噌汁の作り方を工夫してあさりを美味しくいただこう!

あさりの味噌汁は、あさりの旨味と味噌のコクが一緒に味わえる一品です。より美味しいあさりの味噌...

魚をたくさんもらったので冷凍保存したい!いつまで持つ?

魚をたくさんもらってしまった、魚が安かったのでたくさん買ってしまったという時、調理に困りますね。...

簡単にお菓子が作れて、なおかつ材料も少ないレシピ集

家にある材料で簡単にお菓子が作りたいと思っている方にオススメの混ぜるだけ、焼くだけ、少ない材料で...

みんな大好き味噌ラーメン!野菜や○○を使って具だくさんに

ラーメンには、味噌ラーメン、醤油ラーメン、豚骨ラーメンなど、味の種類がいくつかありますね。ラ...

りんごをミキサーを使ってジュースに!作り方と栄養効能は?

真っ赤に赤くて、丸くて、フルーティーな良い香りの果物と言ったら・・・りんごを思い浮かべませんか?...

家庭菜園でスイカやメロンを栽培してみよう!作り方教えます

夏がやってくると、皆さんが楽しみにしているスイカとメロンの出番です。甘くてジューシーな、美味...

イカを使った料理のレシピのご紹介!新鮮なイカは、刺身に!

イカは、私達日本人が最も良く食べる魚介類の一つです。イカは、刺身や、お鮨、天ぷらなど...

卵の栄養は黄身と白身で違うの?安心で安全な卵の選び方とは

卵は、昔から栄養価が高いとされている食材ですよね。黄身のほうが栄養がありそうなイメージですが...

きのこの旨味を引き出しおいしくパスタを作ってカロリーオフ

カロリー低めのパスタを作るために、きのこを入れて作るという人は多いのではないでしょうか?ただ...

カンタン!おいしい!味噌豚レシピはみんなに大人気!

家庭の豚肉料理といったら何を思い浮かべますか。とんかつ、生姜焼き、ポークソテー、煮豚などなど...

うまっ!北海道のスーパーで買うカニは鮮度も質もハイレベル

北海道はカニ、ウニ、ホタテなどの美味しい魚介類が沢山ありますよね。その中でも、一番人気があるの...

レモンの砂糖漬けはスポーツにぴったり!その理由とは!?

レモンの砂糖漬けは、スポーツをしている方などは馴染み深いのではないでしょうか。スポーツのとき...

自分で作れる!簡単!本格!おいしい味噌ラーメンの作り方

寒い冬など、無性に味噌ラーメンが食べたくなることって、たまにありませんか?外出するのが面倒な...

夏バテにも効果的!?夏が旬の果物を使ってケーキを作ろう!

今年も暑い夏がやってきましたね。スーパーなどでは、夏が旬の果物が、沢山陳列されています。...

【レシピ集】ヘルシーな手作りお菓子で低カロリーを実現!

「カロリー摂取は控えたいけど、お菓子を食べるのはやめられない!」という方に、ヘルシーな手作り...

スポンサーリンク

オーガニックフルーツジュースができるまで

まずは、オーガニックのフルーツジュースが、どのようにして出来上がるかをご説明します。

①果物を選別し、傷があるものを除きます。

②果物をプレスして、果汁を絞ります。

③低温殺菌してボトルに詰めたジュースが、ストレートタイプのジュースです。

このような工程を経て出来上がりますが、果物や作り手によって、異なる場合もあります。

オーガニックの果物だと農薬の心配がないため、皮を剥かずに、そのままプレスすることもあります。

よくジュースには、ストレートや濃縮還元タイプなど書かれていますが、オーガニックフルーツジュースは、ほとんどがストレートタイプです。

濃縮還元タイプは、絞った果汁から水分を抜くため、香りや風味などが濃縮した段階で損なわれますが、オーガニックフルーツジュースの濃縮還元タイプはほとんどありません。

おすすめはどっち?ストレートと濃縮還元のフルーツジュース

フルーツジュースには、ストレート・濃縮還元タイプありますが、味や栄養価に違いはあるのでしょうか。

2つの違いを比べてみましょう。

☆ストレートタイプ

ストレートタイプは、絞った果汁をそのまま詰めて、加熱殺菌したものです。

果物の品質によって味が変わるので、同じジュースでも味の違いがあります。

☆濃縮還元タイプ

濃縮還元タイプは、なぜ水分を一度抜くのでしょうか。

それは、低コスト・保存が効くからです。

輸入する際に、生の果物だと重くなり、コストが掛かります。

しかし、濃縮して水分を抜くことで、同じ重さでも大量に輸入することができます。

果物は、甘さや酸味などが、それぞれ違います。

ですが、濃縮還元タイプは、水分・糖分・香料などを入れてジュースにするため、いつも同じ味にすることができます。

栄養価に関しては、どちらも加熱処理をするため、絞りたてのジュースに比べると、栄養価は低くくなります。

濃縮還元は香料などの添加物が微量ながら入るため、健康面を気にする方なら、オーガニックの果物を使った、ストレートタイプがおすすめです。

オーガニックと市販のフルーツジュースの違い

スーパーには、たくさんのフルーツジュースがありますが、どのくらい違いがあるのでしょうか。

よく売られているオレンジジュースを例に、オーガニックジュースと、スーパーでよく市販されているジュースで、違いを比べてみましょう。

☆オーガニックタイプ

原材料は、オーガニックオレンジのみです。

果汁以外は入っていないため、オレンジの甘みと酸味のバランスがよく、スッキリした味です。

☆市販のストレートタイプ

原材料は普通のオレンジですが、その他はオーガニックタイプと変わりありません。

オレンジには農薬・防カビ剤が多く使われるため、ゴクゴクと大量に飲むことは控えにしましょう。

☆濃縮還元タイプ

原材料はオレンジ・香料が入ってるものが多くあります。

一度水分を抜き、メーカーで新たに水を加えます。

元々の水分はないため、果物本来の香り・酸味などは、ほとんどありません。

メーカーによっては、ビタミンなどの添加物が入ってることもあり、上2つのタイプに比べると、味の差に大きく違いがあります。

オーガニックフルーツジュースは健康に良い?

毎朝フルーツジュースを飲んで、健康に気を遣ってる方も多いと思います。

しかし、逆に「健康には良くない」という意見もあります。

本当に毎朝フルーツジュースを飲むことは、健康に良いのでしょか。

フルーツジュースと言っても、絞りたて・ストレート・濃縮還元・オーガニックなど、様々なタイプの組み合わせがあります。

絞りたて・ストレートタイプは、添加物が入っていないもの。

オーガニック素材を使ったものであれば、健康にも良いです。

農薬を使用した果物・濃縮還元タイプは、栄養価も低くく、添加物や農薬を体に取り入れることになるので、おすすめできません。

フルーツジュースには、果汁1%・10%など、果汁の%が表記されています。

100%以外のものは、果物よりも果汁や砂糖、添加物などが多く入っているので、100%のものがおすすめです。

ただ、健康に良くても、ジュースは糖分を多く摂ってしまうので、1日にコップ1杯ほど飲むだけで十分です。

摂りすぎは、逆に血糖値が上がったり・胃や肝臓などの負担も大きくなります。

おすすめのオーガニックフルーツジュース

様々なタイプのフルーツジュースがあることが、お分かりいただけたでしょうか。

しかし、フルーツジュースと言っても、種類が多すぎて、どんなジュースを買えばよいか悩んでしまいますよね。

そこで、おすすめのオーガニックのフルーツジュースをご紹介します。

☆紫波フルーツパーク

こちらは、自園自壌ワインを取り扱っているお店ですが、ワインと言えばブドウです。

無添加・無砂糖の100%ストレートのブドウジュースで、搾ってから半年熟成させるため、柔らかな口当たりがあります。

☆早和果樹園

みかん農園が作った、有田みかん100%ストレートのジュースです。

1本200グラムの飲みきりサイズで、まるでみかんを、そのまま飲んでいるような味が楽しめます。

☆Why Juice?

国産の無添加・無農薬にこだわった、野菜と果物を合わせたジュースです。

人参+りんご、柑橘+セロリなどを合わせて、野菜・果物本来の味や栄養を届けるため、ストレートタイプにこだわって作られています。

すべてネット販売をしているので、オーガニックフルーツジュースに興味がある方は、試ししてみてはいかがでしょうか。

また、プレゼントにも、おすすめですよ。

相手の好みに合わせて、贈りものをするのも良いですね。

オーガニックフルーツジュースを使ったアレンジレシピ

オーガニックフルーツジュースは、果物本来の味を楽しめます。

飲む以外にも、お菓子にアレンジすることで、また違う楽しみ方ができます。

オーガニックフルーツジュースを使った、おすすめのアレンジレシピをご紹介します。

『手軽にできる2層のムース』

【材料】

・粉ゼラチン 5グラム
・生クリーム 50グラム
・砂糖 15グラム
・オーガニックブドウジュース 200グラム

【作り方】

①粉ゼラチンに、大さじ2杯の水を入れて、ふやかします。

②ブドウジュースと砂糖を鍋に入れ、小さい泡がプツプツできたら、①のゼラチンを入れて溶かします。

③生クリームを②に入れ、数回混ぜ合わせて、お好みの型に流します。

④冷蔵庫に入れて、固まったら型から外しましょう。

2層のムースになっているはずです。

なぜ2層になるのか、疑問に思う人もいますよね。

これは、生クリームに含まれる乳タンパク質が、酸によって固まる性質があるからです。

ブドウジュース以外にも、オレンジ・りんごジュースでも綺麗にできますが、100%のフルーツジュースを使わないと、うまく固まらないことがあります。

酸が弱いもので作るときは、レモン汁を加えることで、どんな種類でも2層にできますよ。

お好きな果物を使ってください。

健康な身体作りを

毎日仕事や家事をしていると忙しくて、まともに食事ができないこともあると思います。

そんなときは、フルーツジュースを1杯だけ飲んでみましょう。

1日少量でも、身体に優しいオーガニックのフルーツジュースを飲むと、食事だけでは補えない栄養を摂れます。

ただし、飲み過ぎには注意です。