玄米、醗酵食などで美と健康を目指す、正しい食の情報メディア

健康人口倍増計画

甘酒は米と麹が命。高いものから安いものまでご紹介します

   

甘酒は米と麹が命。高いものから安いものまでご紹介します

美味しい甘酒を求めて、いろいろな甘酒を試したいと思いますよね。

特に、麹でできている甘酒は、健康効果や美容効果も期待できる「飲む点滴」です。

今回は、甘酒を毎日飲んでいる人や、興味はあるけれど毎日は飲まない、という人にまでおすすめできる甘酒を集めました。

また、毎日甘酒を飲むためには、値段も大切です。

できるだけ安い値段で、甘酒を手に入れるコツなども併せてご紹介していきます。

スポンサーリンク

  こんな記事もよく読まれています

玄米に小豆を入れて一緒に炊いたご飯にはどんな効果がある?

玄米は体に良いご飯として人気がありますよね。 これに小豆...

味噌を容器に入れるとき、保存に大事なことはなんだろう?

味噌を美味しく保存するためには、容器だけではなく、保存す...

玄米?それとも3分づき米?栄養面ではどちらを食べるべき?

玄米には栄養がたっぷりと含まれているので、体内に栄養素を...

一食700カロリーの食事を目安にカロリーをコントロール!

1回の食事を700カロリーに抑えることを目安にすれば、カロ...

昔なつかしいポン菓子のカロリーは玄米で作るとどれくらい?

スーパーのお菓子コーナーで、ポン菓子を見かけることがあり...

味噌を熟成して3年経ったものこそ、いい効果が得られる!?

「3年味噌」で、パソコンやスマートフォンの検索エンジンに...

硬い玄米に小豆を加えて土鍋で炊くと、ふっくらつやつやに!

体に良い栄養がたくさん含まれているといわれる玄米は、太り...

カロリーが気になる!お菓子対策はざっくり計算して意識する

大好きなお菓子をついつい食べ過ぎてしまって、あとから後悔...

玄米餅の作り方が簡単にできる炊飯器のもち米モードを紹介

普通のお餅は白米のもち米を使いますが、玄米餅はもち玄米を...

ダイエット中に気になるカロリー!一食分の摂取目安とは!?

ダイエットをする時、まず気になるのはカロリーです。 性...

栄養豊富で体に良い酒粕は、カロリーが高くて太るって本当?

飲む点滴と話題になった甘酒の原料である酒粕には、発酵食品...

体に良いと評判の大豆だけどカロリーが高くて太るって本当?

畑の肉と呼ばれ、昔から私たちの食卓には欠かせない存在だっ...

糖質のカロリーをエネルギーに!おにぎりの具で上手に消費

コンビニで簡単にお昼を購入しようと思い、おにぎりかサンド...

1000キロカロリーの一食は多い?摂ったら動いてしっかり消費

私たちが一日に最低限、何もせずに必要とするエネルギーを基...

雑炊のカロリーってどれくらい?ダイエットに向いているの?

冬の寒い日やお酒を飲んだ後にいただく雑炊は、体にしみわた...

アボカド一つの栄養とカロリーは?おすすめの使い方教えます

野菜売場にはアボカドがありますね。 大体一つずつ購入で...

例えばバナナ50gは?人気の果物の気になるカロリー目安!

バナナやりんごなどの果物は、みなさんが好んで食べるフルー...

ご飯2合は茶碗何杯分?カロリーや栄養はどのようなもの?

毎日、日本人の多くが主食として食べている、ご飯。 あな...

栄養の宝庫!アボカド1玉のカロリーは?どんな栄養がある?

「森のバター」とも言われるアボカドは、健康と美容に良いと...

野菜不足を解消する野菜ジュース500mlのカロリーは多い?

皆さんは、テレビのコマーシャルで1日30品目の食品を食べ...

スポンサーリンク


健康のために、米と麹で作られる甘酒を飲もう

甘酒は自宅で簡単に手作りできますが、米麹を買う必要がありますし、甘みを出すためには何時間も温めておく必要があります。

面倒だから、市販のものを手軽に飲みたいという人もいるでしょう。

市販のものでも、美味しくて健康効果が期待できるものを選びたい、と思っている人も多いはずです。

市販されている甘酒は、製造元によって味も風味も大きな違いが出てきます。

頻繁に飲みたいときには、値段が高い・安いというのも気になりますよね。

おすすめの甘酒を、値段と共にご紹介したいと思います。

「麹天然仕込み 酒蔵のあまざけ」ぶんご銘醸

900ml/580円~900円程度(店舗により販売価格が違います)

安いお店ですと、580円程度で購入することができます。

大分県で作られている甘酒です。

お米と米麹のみで作られており、すべて国産、添加物不使用です。

甘酒の味は、つぶつぶとろとろタイプで、甘みも強めです。

飲むというより、おやつとして食べるのがおすすめです。

さっぱり飲みたいときは、しょうがやレモン汁を足してみると飲みやすくなります。

人気過ぎて買えない?!蔵元の麹甘酒

続いても酒屋さんが作った甘酒です。

「造り酒屋の甘酒」遠藤酒造場

900ml/1000円(税抜)

こちらは値段が安いとは言えないのですが、米と米麹のみで作られ、砂糖無添加のこだわり甘酒です。

100%国産の酒米を使用しています。

甘さの中に酸味もあり、甘酒が苦手という人でも飲みやすく、さっぱりした味わいです。

「国菊 あまざけ」篠崎

900ml/600円~800円程度(店舗により販売価格が違います)

モンドセレクションを受賞しており、大変人気の甘酒です。

販売店舗によっては、「おひとりさま〇本まで」という販売数規制がかかっています。

福岡県にある老舗の蔵元である「篠崎」が作っています。

国産米と麹のみを原料に使い、阿蘇山系の伏流水で仕込んでいて、少しつぶつぶ感がありますが、麹甘酒のクセがあまりなく飲みやすい仕上がりです。

砂糖はもちろん無添加ですが、甘みがしっかり出ています。

甘すぎるという人は、豆乳で割って飲むとさっぱりして飲みやすいです。

米と麹が命の甘酒は酒蔵から生まれる

やはり、甘酒は米と麹が命ですね。

美味しい甘酒は、酒蔵から生まれるようです。

「酒蔵仕込み 純米 糀甘酒」福光屋

150g/230円(アルミパウチタイプ)
500ml/848円(瓶タイプ)

※ともに税抜き価格

こちらは、珍しく少量のパウチタイプがあります。

1回ずつ飲み切りたいというときには、重宝します。

アルミパウチされているので、そのまま冷蔵して冷やしておけますし、冷凍すればシャーベットアイス感覚で食べられます。

温めたいときもそのまま湯煎できますので、常備しておくといつでも甘酒を飲むことができます。

つぶつぶ感がなく、さらりと飲めるタイプの甘酒です。

「和のヨーグルト 玄米甘酒」セラフィック春貴

500g/900円(税抜)

パッと見、値段が高いと思うかもしれませんが、実はこの甘酒、2倍濃縮タイプなのです。

甘酒の1~2倍の分量のお湯を加えて、温めて飲みます。

濃度はお好みで調節してください。

玄米甘酒もおすすめです。

濃厚で、そのままヨーグルトに混ぜて食べると美味しくいただけます。

これまでご紹介してきた商品の値段は、1本当たりの値段です。

3本セットや5本セットを購入すると、もっと安い単価で手に入れることができますので、検討してみてください。

美味しくて安い甘酒はないの?

さて、これまでおすすめの甘酒をご紹介してきましたが、値段が高かったり、普通のスーパーでは売っていなかったりして、手が出しにくいですよね。

もっと気軽に甘酒を楽しみたい、という人にはこちらの商品をおすすめします。

「米糀からつくった甘酒」マルコメ

125ml/138円~190円程度(店舗により販売価格が違います)

大手の味噌メーカーが手掛けていることもあり、スーパーでもよく見かける甘酒です。

ストレートでそのまま、手軽に飲めるパックになっています。

単品で買うよりも、まとめて買った方が安いので、まとめ買いをおすすめします。

まずは1本買って試してみましょう。

原材料は、米、米麹、食塩です。

砂糖無添加ですが、自然な甘さでさらりと飲みやすい仕上がりです。

しかし、食塩が入っているため「少ししょっぱい」という意見もあります。

塩分が気になる人は、前の項でおすすめした酒蔵の甘酒の方が良いかもしれません。

甘酒を安い値段で手に入れたい

栄養満点で体にも優しい甘酒を、もっと食生活に取り入れたいものです。

もともと甘酒は、夏バテ防止のために飲まれていた夏の飲みものですが、現在では、温めて冬に飲む人も多いです。

冷やしても温めても、どのような季節に飲んでも、甘酒は美味しい飲みものです。

砂糖を使いたくないときには、砂糖代わりに料理にも使えますよ。

健康に良いというだけでなく、ダイエット効果や美肌効果も期待できます。

麹でできた甘酒は、アルコールも含まれていないので、子どもも安心して飲めます。

いろいろな種類の甘酒をご紹介してきましたが、食生活にさらにとり入れるには、値段も大切です。

できるだけ安い値段で、手に入れたいと思いますよね。

甘酒を安く買うには、量販店やスーパーなどで大量購入するのがいちばん簡単な方法です。

箱で買うと、1つ当たりの単価が安く済みます。

甘酒を毎日飲みたい、料理にも使いたい、という場合には箱でのまとめ買いが最適です。

インターネット通販で安いお店を見つけよう

安い値段で甘酒を買うために、まとめ買いはおすすめなのですが、困った点は、その重さです。

量販店、スーパーなどで売っている甘酒は、瓶・缶・紙パックのものが主流です。

紙パックのものは比較的軽いかも知れませんが、瓶や缶入りの甘酒は持って帰るのが大変です。

特に、女性には辛いでしょう。

重いものを持つのが辛いのであれば、自宅まで届けてくれるインターネット通販を利用しましょう。

スマートフォンでも買えるので、いつでもどこでも気軽に買いものができます。

たくさんのメーカーや商品から、値段・味・量・パッケージを比較しながら選べるのも魅力です。

ご紹介したもの以外にも、しょうが入り甘酒・豆乳入り甘酒・赤米で作った甘酒など、いろいろな味が販売されています。

米麹ではなく、酒粕からできている甘酒もありますので、どちらが飲みたいのかよく確認して購入してくださいね。

甘酒を安い値段で手に入れるコツは、1本あたりの単価を見るのではなく、1リットル当たりの値段を見ることです。

そうすると、安いと思っていた甘酒が意外と高かった、なんてこともあるかもしれません。

工夫して安く甘酒を手に入れて、よりたくさん食生活にとり入れてくださいね。

どれでもひとつ試してみて

いろいろな酒蔵や飲料メーカーから甘酒が販売されていますので、どれを買えば良いのか迷ってしまいますよね。

今回ご紹介した甘酒を参考にして、どれかひとつ試してみてはいかがでしょう。

値段も、店舗によって変わることがあるので、よく比べてから買うと良いですよ。

 - 玄米・豆・穀物