玄米、醗酵食などで美と健康を目指す、正しい食の情報メディア

健康人口倍増計画

生クリームの賞味期限切れたときのアレンジ方法をご紹介!

      2017/12/27

生クリームの賞味期限切れたときのアレンジ方法をご紹介!

自宅でケーキを作ろうと思って生クリームを買ったけれど、結局ケーキを作らず、生クリームを余らせた経験のある方はいませんか?

そうなると、生クリームの出番はなくなってしまいますよね。

気付いたときには、賞味期限切れた生クリームが冷蔵庫から出てくる、ということになってしまいます。

生クリームを捨てるのはもったいないので、賞味期限切れたものでも、使える方法をご紹介していきます。

スポンサーリンク

  こんな記事もよく読まれています

家庭での味噌の作り方!大豆1kgの作りやすい分量でご紹介!

最近は発酵食が美容と健康に良い効果を与えると見直され、味...

田楽の味噌レシピをご紹介!残ったときのアレンジも

囲炉裏端で田楽を食べたことはありますか? 田楽は豆腐や...

豚肉の味噌焼きは驚きのカロリー控えめなダイエット料理

豚肉の味噌焼きは美味しくて、それだけでご飯がいくらでも食...

味噌汁の塩分濃度は何パーセントなのか?計算方法もご紹介

日本の食卓に欠かせない味噌汁。 しかし、塩分が高くて高...

手前味噌の作り方のコツは?初めてならビニール袋がおすすめ

最近、手作りの味噌が話題になっています。 手前味噌とも...

絶品!本格味噌鍋がカンタンに3ステップで完成!レシピ6選

鍋といえば、鍋つゆが命です。 後は好きな具材を入れるだ...

味噌汁の簡単レシピをご紹介!一人分を作る便利な方法は?

一口すするとホッとする味噌汁は、食卓の一品として欲しくなり...

別茹でなし!味噌煮込みうどんのレシピ!乾麺使用で時間短縮

うどん料理を作るとき、皆さんは市販の茹でうどんを使います...

美味しい味噌ラーメンの作り方は?簡単・本格両方紹介!

ラーメンは、とんこつや鶏を煮て、時間がかかるイメージです...

味噌入り鍋はおいしいうえに栄養満点!人気レシピの作り方

味噌入り鍋は体が温まりますし、野菜の甘味と味噌のコクが一...

手作り味噌の容器の大きさは?口の広さや大きい方がよい理由

近頃は、手作り味噌の材料や、容器がネット通販で買いやすく...

簡単な味噌汁のレシピ!栄養豊富なオクラを食べてみましょう

意外に知られていませんが、オクラは栄養が豊富です。 特...

焼きおにぎりに味噌を塗ってシソを添えると味と香りがアップ

焼きおにぎりには、味噌と醤油味があります。 こんがり焼...

ズッキーニを相性の良い味噌とチーズで美味しく食べよう!

みなさんは、ズッキーニを食べたことはありますか? ラタト...

手軽でおいしい味噌汁の作り方!なすの定番・斬新レシピ

なすの味噌汁と言えば定番の味噌汁の具のうちの一つかと思い...

毎年味噌を手作りするならホーロー。おすすめする5つの理由

手作り味噌のおいしさを一度知ったら、やみつきになってしま...

寒い冬にはユリ根の味噌汁はいかが?意外に豊富なレシピ公開

冬の高級野菜、ユリ根はどんな食べ方が好きですか? とは...

自家製味噌の製造販売の許可を取る方法と必要な資格の取り方

味噌は材料があれば、誰でも製造をすることができます。 ...

味噌鍋、旬の食材や冷蔵庫のもの全てをおいしく食べる作り方

冬と言えば鍋、鍋の定番のひとつは味噌鍋ですね! 味噌は...

発酵食品パワーをおかず味噌で手軽に!6つの作り方をご紹介

味噌は古くから「医者いらず」と言われるほどの発酵食品で、...

スポンサーリンク


賞味期限が長い生クリームがある?

賞味期限切れた生クリームが冷蔵庫から見つかると、せっかく買ったのに、と落ち込んでしまいますね。

実は生クリームには、賞味期限が短いものと長いものがあります。

大きく分けて、動物性・植物性の2種類になります。

それぞれ賞味期限・特徴がどのように違うのかを、ご紹介していきます。

・動物性

原材料は、生乳・牛乳に含まれる、乳脂肪を濃縮したものです。

食品衛生法に基づき、乳等省令というものがあります。

省令では、植物性油脂・添加物を使わず、乳脂肪18%以上のものを生クリームと呼ぶと、決められています。

添加物などが入っていないため、賞味期限は約10日ほどです。

・植物性

原材料は、菜種油・コーン油・大豆油などの植物性油脂です。

そこに乳化剤などで、クリームのようにしたものです。

植物性生クリームは「生クリーム」と記載できないため、○○ホイップ・○○フレッシュという名前で販売されています。

添加物などか入っているため、賞味期限は約1ヶ月ほどです。

賞味期限の目安は開封されていない場合なので、開封した場合は、これよりも日持ちが短くなります。

生クリームの賞味期限切れたらどうする?

生クリームは賞味期限が短いため、気付いたら賞味期限切れたものが冷蔵庫に残っていた、という経験のある方も多いと思います。

生ものなので、衛生的に良くないため処分したほうが良いのですが、捨てるのはもったいないですよね。

では、賞味期限切れたものでも、安全に食べられる期間はあるのでしょうか?

まず、未開封の生クリームの賞味期限は、

動物性…約10日
植物性…約1ヶ月

でした。

動物性は、牛乳と同じように添加物が入っていないため、期限も短いです。

植物性は、保存料・添加物が入ってるため、期限も長めです。

未開封の場合だと、賞味期限切れた後も3~4日後くらいまでは使用できると言われています。

1週間以上経ったものは、開けてみて判断しましょう。

開封した場合は、保存の仕方にもよりますが、動物性は翌日まで、植物性は1~2日後には使い切ったほうが良いです。

実際に使うときに、酸っぱい匂いやカビなどが生えているときは、未開封だったものでも、使わないようにしましょう。

賞味期限切れた生クリームの使えないときの見分け方

賞味期限切れた生クリームも、なるべく無駄なく使いたいですが、傷んでいては料理が全て台無しになってしまいます。

では、どのくらいの状態になってしまったら、使うのを諦めたほうが良いのかを、ご紹介していきます。

・酸っぱい匂いがする

生クリームは乳が主な原材料なため、基本的には刺激の強い匂いはしません。

ヨーグルトのような、酸っぱい匂いがしたら、使わないほうが良いです。

・変色して、黄色っぽくなってる

生クリームは白色ですが、バターのように黄色になったものは、古い証拠です。

・クリームが分離してる

生クリームは乳脂肪を凝縮したものなので、時間が経つと、水と油に分離してしまいます。

・カビが生えている

最も分かりやすいパターンですが、青カビ・赤カビなどカビが生えてるものは、すぐに処分しましょう。

普段、生クリームの匂いや見た目を意識することは、あまりないと思います。

しかし、賞味期限切れたり、開封して時間が経った生クリームは、注意が必要です。

使う前に、必ず状態を確認して使いましょう。

生クリームの賞味期限切れたときの保存方法

賞味期限切れた生クリームを見つけたけれど、すぐに使えないこともあると思います。

そのままにしておくと、さらに使えなくなるので、適切な保存方法をご紹介します。

生クリームは冷凍できないというイメージがあるかもしれませんが、実は冷凍することができます。

ただし、冷凍した生クリームを解凍すると、水と脂肪が分離してしまうため、泡立てることはできません。

ですから、料理やお菓子の生地に練り込んで使いましょう。

どうしても、ケーキのデコレーションに使いたい場合は、泡立てた生クリームを絞り袋に入れてから冷凍します。

そうすれば、解凍して、そのまま使うことができます。

冷凍した生クリームを解凍するときは、冷蔵庫に入れて数時間ほど掛けて、ゆっくり解凍します。

解凍した生クリームは、雑菌が繁殖しやすいため、再冷凍せずに、必ず使い切るようにしましょう。

冷凍した生クリームは、きちんと密封すれば、1ヶ月ほど保存できます。

すぐに使わない場合は、冷凍しておけば、無駄にせずに済みます。

賞味期限切れた生クリームはどうアレンジする?

賞味期限切れた生クリームは、料理やお菓子に使えますが、やはり心配になりますよね。

どう使えば良いのでしょうか。

普段、生クリームを使わない人にも、おすすめのアレンジをご紹介します。

・料理に使う

おすすめなのは、シチューやグラタンなどに入れて使うことです。

牛乳では出せないコクが出せるうえ、加熱するため、安心して食べることができます。

・お菓子に使う

泡立てて使う場合は、そのままお菓子のデコレーションにします。

泡立てた生クリームをコーヒーの上に載せ、ウインナーコーヒーにすると、いつもよりもワンランク上の味を楽しめます。

液体のまま使うのでしたら、フレンチトーストやスポンジの生地に、練り込んで焼くのもおすすめです。

泡立てた生クリームを、少量ずつ分けて冷凍させて、アイスのように食べることもできます。

もし余裕があれば、生クリームにチョコやジャムなどを合わせて、少量ずつ冷凍させると、いろいろな種類の味を楽しむことができます。

生クリームは高価なものですが、賞味期限切れたときは、思い切って使ってしまいましょう。

普段の料理やお菓子をワンランク上にして、早めに使い切ることをおすすめします。

賞味期限切れた生クリームを使ったおすすめレシピ

せっかく生クリームがあるのであれば、普段作らないものを作ってみましょう。

最後に、賞味期限切れた生クリームを使った、おすすめレシピをご紹介します。

『濃厚チーズクリームキッシュ』

【材料】

・パイシート 1枚
・ほうれん草 2束
・ベーコン スライス5枚
・玉ねぎ 1/2個
・チーズ 40グラム
・生クリーム 100グラム
・卵 1個
・コーンスターチ 大さじ1
・塩 少々
・胡椒 お好みで

【作り方】

①パイシートを3ミリほどに伸ばして、耐熱皿に敷いておきます。

伸ばすときに生地がくっ付いてしまうことがあるので、薄力粉を打ち粉として使うと、スムーズにできます。

②ほうれん草・ベーコンはざく切り、玉ねぎは薄切りにして、フライパンでしんなりするまで炒めます。

③卵・生クリームをよく混ぜ合わせてから、チーズ・コーンスターチ・塩とお好みで胡椒を入れます。

④パイシートを敷いた耐熱皿に、②を入れてから、③を流し入れます。

⑤200度のオープンで20分ほど焼いたら、出来上がりです。

パイシートがない場合は、耐熱皿に具材と生クリーム液だけでも、美味しく作れます。

スパイスを加えたり、醤油や海苔などを入れることで、エスニック料理や和食の味に変えることもできます。

賞味期限切れたときは状態をよく確認しよう

賞味期限切れた生クリームが見つかったら、そのまま処分せずに、まず状態を確認にしてみましょう。

生クリームは高価な材料なので、賞味期限切れていた場合も、状態が良ければ思い切って使っても大丈夫です。

生クリームを入れるだけで、コクのある仕上がりになるので、せっかくならワンランク上の料理を楽しみませんか?

 - 料理のポイント