玄米、醗酵食などで美と健康を目指す、正しい食の情報メディア

健康人口倍増計画

クッキーのデコレーションにアイシング!今回はココアが主役

      2017/12/16

クッキーのデコレーションにアイシング!今回はココアが主役

カラフルにデコレーションされて、見た目にも可愛いアイシングクッキー。

アイシングクッキーは、お誕生日会やハロウィン、クリスマスなどのイベントにも大活躍ですよね。

今回は、以前に大ブームが起きて、現在、再評価されている「ココア」を使ったアイシングクッキーの作り方をご紹介します。

手作りしてプレゼントしたら、喜ばれること間違いなしですよ。

スポンサーリンク

  こんな記事もよく読まれています

トランス脂肪酸の含有量にこだわった日本のマーガリン

みなさんは、トランス脂肪酸をご存知ですか? トランス脂...

トランス脂肪酸が含まれたマーガリンの代用となるものは何?

パンに塗るのに欠かせないマーガリン。 そのマーガリンに...

野菜ジュースに頼りたいけど、どれくらいの栄養がとれるの?

野菜ジュースの種類は沢山ありますが、種類によってとれる栄...

家庭での味噌の作り方!大豆1kgの作りやすい分量でご紹介!

最近は発酵食が美容と健康に良い効果を与えると見直され、味...

田楽の味噌レシピをご紹介!残ったときのアレンジも

囲炉裏端で田楽を食べたことはありますか? 田楽は豆腐や...

豚肉の味噌焼きは驚きのカロリー控えめなダイエット料理

豚肉の味噌焼きは美味しくて、それだけでご飯がいくらでも食...

味噌汁の塩分濃度は何パーセントなのか?計算方法もご紹介

日本の食卓に欠かせない味噌汁。 しかし、塩分が高くて高...

手前味噌の作り方のコツは?初めてならビニール袋がおすすめ

最近、手作りの味噌が話題になっています。 手前味噌とも...

絶品!本格味噌鍋がカンタンに3ステップで完成!レシピ6選

鍋といえば、鍋つゆが命です。 後は好きな具材を入れるだ...

味噌汁の簡単レシピをご紹介!一人分を作る便利な方法は?

一口すするとホッとする味噌汁は、食卓の一品として欲しくなり...

別茹でなし!味噌煮込みうどんのレシピ!乾麺使用で時間短縮

うどん料理を作るとき、皆さんは市販の茹でうどんを使います...

美味しい味噌ラーメンの作り方は?簡単・本格両方紹介!

ラーメンは、とんこつや鶏を煮て、時間がかかるイメージです...

味噌入り鍋はおいしいうえに栄養満点!人気レシピの作り方

味噌入り鍋は体が温まりますし、野菜の甘味と味噌のコクが一...

手作り味噌の容器の大きさは?口の広さや大きい方がよい理由

近頃は、手作り味噌の材料や、容器がネット通販で買いやすく...

簡単な味噌汁のレシピ!栄養豊富なオクラを食べてみましょう

意外に知られていませんが、オクラは栄養が豊富です。 特...

焼きおにぎりに味噌を塗ってシソを添えると味と香りがアップ

焼きおにぎりには、味噌と醤油味があります。 こんがり焼...

ズッキーニを相性の良い味噌とチーズで美味しく食べよう!

みなさんは、ズッキーニを食べたことはありますか? ラタト...

手軽でおいしい味噌汁の作り方!なすの定番・斬新レシピ

なすの味噌汁と言えば定番の味噌汁の具のうちの一つかと思い...

毎年味噌を手作りするならホーロー。おすすめする5つの理由

手作り味噌のおいしさを一度知ったら、やみつきになってしま...

寒い冬にはユリ根の味噌汁はいかが?意外に豊富なレシピ公開

冬の高級野菜、ユリ根はどんな食べ方が好きですか? とは...

スポンサーリンク


クッキーを可愛くデコレーションしたい!

クッキーの作り方は色々あり、使用する材料もココアやチョコチップなど多々ありますよね。

もちろん、クッキーのデコレーション方法も多種多様です。

ここでは、デコレーション方法のひとつのアイシングについてお話していきます。

アイシングクッキーとは、粉砂糖や卵白を混ぜて作ったアイシングで、クッキーの表面をデコレーションしたものです。

では、さっそくアイシングの準備に取り掛かりましょう。

アイシングの主な材料は、クッキーと卵白、粉砂糖などです。

あなた好みのアイシングカラーも、用意しておきましょう。

☆クッキーの準備

市販されているクッキーを使っても大丈夫です。

覚えておくと便利なので、アイシングクッキー専用の生地の作り方をご紹介しておきますね。

【材料 約25枚分】

・薄力粉 240g
・バター 120g
・粉砂糖 60g
・卵黄 2個
・水 小さじ2

【作り方】

①バターは2~3cm角に切って、室温に戻しておき、薄力粉はふるっておきます。

②ボウルにバターと粉砂糖を入れて、ハンドミキサーでよく混ぜます。

③なめらかになったら、水と卵黄を入れて、さらによく混ぜます。

④薄力粉を入れて、ゴムベラでさっくりと混ぜ、多少ボロボロとした状態で、密閉保存袋に入れます。

⑤保存袋の上から軽く手で揉み、生地を馴染ませたら、綿棒で均一に伸ばしましょう。
その後、冷蔵庫で約1時間休ませます。

⑥生地を型抜きし、180度のオーブンで15分焼いたら完成です。

続いてアイシングの準備です。

☆コルネの用意

コルネとは、三角形の紙を巻き上げて作る、手作りの絞り袋のことです。

アイシングのデコレーションを上手にするコツ

アイシングのデコレーションを、上手にするコツをつかんでおきましょう。

1)絞り出しに適した固さに調整

卵白に粉砂糖を入れ、ツヤが出るまで混ぜて作ったアイシングに、水をごく少量ずつ加えます。

絞り出しやすく崩れにくい固さに調整しましょう。

歯磨き粉より、多少柔らかい程度の固さを目指しましょう。

2)コルネにアイシングを詰める

扱いやすい固さになったアイシングを、スプーンを使ってコルネに入れましょう。

半分くらいまで入れたら、入れ口を折って閉じます。

3)デザインを描く

アイシングの固さを使い分けることで、上手に仕上げることができますよ。

縁取りには、持ち上げたときに角が立ち、緩やかに頭を下げるような、中間の固さのアイシングを使うとよいでしょう。

アイシングの固さのポイントを押さえて、あなたが描きたいデザインを描いてみましょう。

クッキー生地をそのまま活用したデザインであれば、ここで出来上がりとなります。

4)ベタ塗りに使うアイシングを調整

広い面積を塗るベタ塗りに使うアイシングは、持ち上げると、あっという間に角が消えるような柔らかさに調整しましょう。

上手に塗るコツは、縁取ったラインの内側に、柔らかく調整したアイシングを流し込みます。

そして、完全に乾燥しきらないうちに、竹串などで細かいところまでよく塗ることです。

5)コルネを使用

コルネを使用して、表面に模様を描きましょう。

完全に乾燥してから中間の固さのアイシングで描くのか、または乾燥しきらないうちに柔らかめのアイシングで描くのかによって、模様の雰囲気に変化を出せます。

6)よく乾燥させる

アイシングの中まで、きちんと乾燥させましょう。

次は、クッキーの生地やデコレーションにも使える、ココアの効果効能についてお話します。

ココアの効果効能

今回、使用する材料の主役であるココア。
寒い冬には、ホットココアを飲んで、温まりたくなりますね。

飲んでも良し、また、クッキーの生地やデコレーションにも使える、ココアの効果効能についてお伝えします。

ココアは、どのように作られているかご存知ですか。

ココアの原料はカカオ豆です。

まず、カカオ豆を発酵・乾燥・粉砕・除皮します。

それを、焙煎後に圧搾したものから、脂肪分の一部を取り除き、塊を作ります。

これを細かく粉砕したものが、ココアパウダーです。

脂肪分が22%以上、水分が7%以下で、バニラ系の香料以外を含まないものをピュアココアと言います。

ココアの効果効能は、カカオ成分によるものです。

☆ポリフェノール

ポリフェノールには、抗酸化作用があります。

抗酸化とは、簡潔に言うと老化を防止するという意味です。

私達の体の中では、ストレス・紫外線・喫煙・加齢などの影響によって、活性酵素が増えていきます。

活性酵素が増加してしまうと、病気になりやすくなったり、肌の老化が進んでしまいます。

活性酵素は、決して楽観視できない怖いものなのです。

この憎い活性酵素を減少させるためには、周期的な運動や規則正しい生活が有効ですが、食品によっても効果が期待できます。

それは、カカオのような食品を摂取することです。

嬉しいことにココアには、抗酸化作用が強いビタミンEも含まれています。

ポリフェノールとビタミンEの、ダブルの抗酸化パワーが期待できますね。

まだある!ココアの凄い健康効果

☆テオブロミン

テオブロミンは、チョコレートやココアの苦味成分です。

この成分には、リラックス効果、基礎代謝率を高めてくれるダイエット効果、学習に必要な集中力や記憶力などを高める効果が期待できます。

学習や仕事で頑張りたい時、逆に頑張りすぎて疲れを感じた時にも、ココアを飲みましょう。

リラックス効果が得られる反面、テオブロミンは過剰摂取すると、利尿作用や興奮作用を高めることがあります。

くれぐれも、摂り過ぎには気をつけてくださいね。

☆ミネラル

ココアは、マグネシウム・カルシウム・カリウム・鉄・銅・亜鉛など、現代人に足りないミネラルを沢山含んでいます。

ミネラルには、以下の効果があると言われています。

・生活習慣病の予防改善
・アレルギー症状の緩和
・健やかな肌を保持する
・ストレスに対して耐性がつく
・免疫力の向上、虫歯予防

☆食物繊維

ココアは「カカオリグニン」という食物繊維を含んでいます。

腸内の善玉菌を増やしてくれるので、便秘解消とともに腸内環境改善による、美しい肌作り効果も期待できます。

☆フラバノール

フラバノールには、記憶力が良くなる効果が期待できます。

こんなにも健康効果が期待できるココアを、美味しく摂っていきたいですよね。

次からは、クッキーにココアで可愛くデコレーションする方法をご紹介していきます。

ココアでクッキーに肉球のデコレーション!

アイシングクッキーは、一見難しそうですが、実は簡単です。

さっそくアイシングで、可愛く犬や猫の肉球のデコレーションをしてみましょう。

冷蔵庫に卵がなくても、卵白の代用は牛乳でできます。

可愛いクッキーに、子供達も喜びますよ。

【材料】

・お好みの丸型クッキー(市販品でも大丈夫です) 10枚くらい
・粉砂糖 適量(クッキーのサイズによっても変動します)
・牛乳(または卵白) 適量
・ココア、食紅等 適量
■コルネ(絞り袋)

【作り方】

①まず最初に、アイシングを作りましょう。
ココアを混ぜた粉砂糖に、スポイトなどを使って、少量ずつ牛乳または卵白を加えます。

固めと柔らかめのアイシングを作っておきます。

②アイシングの固さの目安をお伝えします。

固めの場合は、筋を書いて10秒くらいで消えるくらいにします。

柔らかめの場合は、筋を書いて3秒くらいで消えるくらいです。

③縁を固めで描いてから、柔らかめで中を塗りましょう。

④できた2種類のアイシングを、ひとつずつコルネに入れます。

⑤クッキーに、肉球の絵を描いたら完成です。

肉球を白やピンクにしても可愛いですね。
白にする場合は何も入れず、ピンクにする場合は、赤の食紅を少し使いましょう。

ココアを使ったハロウィン仕様のデコレーションクッキー

ハロウィンは、仮装をして楽しむ秋の恒例行事となっていますね。
仮装をしている人を見ると、それだけでもテンションがあがります。

そこで、クッキーもハロウィン仕様に、アイシングでデコレーションしちゃいましょう。

【材料 33枚分くらい】

・ケーキマーガリン(常温) 100g
・グラニュー糖 60g
・塩 ふたつまみ
・卵 1個
・バニラエッセンス 少々

○薄力粉 100g
○全粒粉 20g

●薄力粉 100g
●ココア 20g

・お化け・カボチャ・コウモリなどのクッキー型
・白・黒・紫・オレンジ色のアイシング

【作り方】

①ケーキマーガリンを泡立て器でクリーム状にします。

②そこにグラニュー糖を3回に分け入れて混ぜたら、さらに塩を入れて混ぜます。

③もったりしてきたら、卵を2~3回に分け入れて混ぜます。

卵は、まず、割った卵の白身を入れます。
よく混ぜてから、黄身を入れて混ぜます。

④次に、バニラエッセンスを入れましょう。

⑤生地を2つに分け、○と●をそれぞれ3回に分けて、ふるい入れましょう。
そして、切るように混ぜます。

⑥それぞれラップに包み、冷蔵庫で冷やします。

⑦ラップにはさんで5~7mmの厚さに伸ばします。

べたつくようなら薄力粉をはたきながら、お化けやカボチャの型で型抜きしましょう。

⑧クッキングシートを敷いた天板に並べ、170度に予熱したオーブンで、周囲に軽く焦げ目がつくまで、約17分焼きます。

⑨冷めたらアイシングしましょう。

お化けは白、かぼちゃはオレンジ、コウモリは紫のアイシングで塗ります。

黒のアイシングで目や口を書くと雰囲気が出ますよ。

アイシングでクッキーをデコレーションしてみよう

自分で手作りしたクッキーをデコレーションして、素敵にバージョンアップできるアイシング。

慣れてきたら、段々と難しいものにステップアップしていける楽しみがあるのも、アイシングクッキーの面白いところです。

いつの日か、プロ顔負けの力作が作れるようになるかもしれませんね。

 - 料理のポイント