玄米、醗酵食などで美と健康を目指す、正しい食の情報メディア

健康人口倍増計画

料理に失敗したら捨てる?いいえ、リカバリーしましょう

      2017/11/07

料理に失敗したら捨てる?いいえ、リカバリーしましょう

料理をする人は誰でも、料理に失敗したことがあると思います。

失敗した料理を捨てるのは、つらいものですよね。

どうにか食べられないだろうかと、悩んだこともあるはずです。

そんな、料理に失敗したときのリカバリー方法を調べましたので、参考にしてみてください。

スポンサーリンク

  こんな記事もよく読まれています

米はご飯になると何グラム?カロリーは?米の種類別にご紹介

毎日の食卓に欠かせないものと言ったらやはりご飯ではないでし...

毎日量る白米1合は何グラム?お米の単位と簡単に量る方法

白米を量る時に使う際に、「合」という単位を使います。 ...

料理本にある水1カップとは?日本と外国の計量カップ!

近年では外食をする機会が増えていると思いますが、健康面を考...

水1カップをccで表すと?計量カップ以外の計量方法とは?

計量カップにも色々ありますが、水1カップは何ccなのでし...

自宅で味噌作りをしよう!容器や大豆の大きさ選びがたいせつ

食卓に欠かせない調味料である味噌は、どこのご家庭にも必ず...

毎日飲む味噌汁だから塩分濃度0.8%でおいしく健康的に減塩を

健康を維持するには、減塩もひとつのポイントです。 塩分を...

万能調味料と近ごろ話題の醤油麹の使い方!欲張りレシピです

テレビでも紹介され、いま話題になっている醤油麹。 醤油...

生きた菌が作り出す醤油の微生物と美味しい味の関係とは!?

醤油は古くから親しまれてきた発酵調味料です。 醸造品と...

オーガニックワインに合う料理とは?ワインの種類毎にご紹介

最近では、オーガニックワインが人気を集めているようです。...

オーガニックガムシロップの様々な用途とは?料理もご紹介!

アイスコーヒーやアイスティーのお供として、ガムシロップは...

玄米を精米すると栄養量が減る?玄米のアレコレを学ぼう!

栄養豊富で健康的なことから、いま熱視線を浴びている玄米。...

美味しいお味噌汁が簡単に作れる!便利な味噌玉が今話題!

突然ですが、皆さんは、お味噌汁を食べていますか? お味...

味噌を使ったインスタント食品の作り方!味噌玉って何?

お湯を注ぐだけで、味噌汁が作れるインスタント食品は便利で...

味噌漬けした肉の作り方!安い肉が美味しい肉に変わるかも?

味噌漬けした肉は風味も良く、柔らかいものが多いですが、...

ひと手間加えるだけでワンランクアップ!味噌漬け魚の作り方

外食した際に、西京焼き・味噌漬け焼きというメニューを見か...

材料色々な味噌チゲのレシピ!魅力満載の韓国料理について

日本の和食と同様に、韓国料理も健康食として、世界中から注...

体に優しい発酵食品の味噌と豚肉を使ったレシピのご紹介

豚肉を加熱すると、お肉のタンパク質が固まって、硬くなって...

味噌を手作り!大豆選びから大豆をつぶす道具などをご紹介!

日本食というと、ご飯と味噌汁、お漬物が定番ですね。 こ...

味噌作りは塩が不可欠!おすすめの食材で手作り味噌を作ろう

なにかと手作りがブームのなかで、味噌作りも密かに注目され...

【濃口・減塩・薄口】醤油大さじ1杯の塩分を徹底調査!

今、世界的に塩分を控えることがすすめられています。 ...

スポンサーリンク


失敗した料理を捨てるなんてもったいない!

毎日料理をしていると、失敗してしまうこともありますよね。

味が濃すぎた、焦げてしまった、煮過ぎてしまったなど、誰しも一度は経験があるのではないでしょうか。

そんなときは、どうしていますか。

そのまま、食卓に出してみますか。
それとも、あきらめて廃棄しますか。

失敗することは、誰にでもあります。

しかし、食べものを捨てることに抵抗を覚える人は少なくありません。

「もったいない」
誰でも思いますよね。

失敗してしまったとはいえ、食べものをゴミ箱に捨てるのは、心が痛みます。

食べものを粗末にしてはいけないと、子供の頃教えられましたね。

一生懸命作った料理なのですから、できることならリカバリーしておいしく食べたいです。

今回は、失敗した料理を捨てずにリカバリーして、おいしく食べる方法についてお話ししていきます。

失敗したときは、こちらを試してみてください。
意外とおいしい料理に、アレンジできるかもしれませんよ。

カレー料理に失敗したら

簡単に作れると思われがちなカレーですが、失敗してしまうこともあります。

カレーの失敗は、リカバリーが比較的簡単です。

失敗①:水っぽくなる

カレールウと水の分量を間違えて、薄いカレーが出来上がってしまった、なんてことありませんか。

ルウを足せば良いのですが、もうルウがないという場合は困ってしまいます。

そんなときのリカバリー法は、「ジャガイモを足す」です。
ポイントは、すりおろしたジャガイモを入れるということです。

ジャガイモのとろみが、カレーにとろみをつけてくれます。

ほかにも、お餅を入れるという技もあります。
すりおろしたジャガイモと同じく、カレーにとろみをつけてくれます。

チーズを入れても、違った風味ととろみになるので、試してみてください。

失敗②:ジャガイモが煮崩れる

カレーを煮込んでいたら、ジャガイモが溶けてなくなってしまうことはよくあります。
そのまま、カレーのとろみにしてしまいましょう。

気になる人は、面取りして水にさらしてからカレーに入れると、煮崩れしにくくなりますよ。

火が強すぎても煮崩れの原因になるので、火加減も気を付けましょう。

番外編:失敗した料理をカレーに

カレーは、香辛料が強い料理です。

ほとんどの食材は、カレーに入れてしまうと、カレーの風味には勝てません。
ですので、失敗してしまった料理でもカレーにすると、気にならず食べられることがあります。

カレーに入れられそうな食材であれば、試してみる価値はありますよ。

このように、カレーはほとんどの場合、捨てる必要なくリカバリーすることができますね。

ご飯には神様が宿る!捨てるなんてできない

日本人の主食であるご飯ですが、毎日炊いていても失敗することはあります。

お米ひと粒には、7体の神が宿ると言われているくらい、日本人にとって大切なお米。
できるだけ、捨てるようなことはしたくありません。

リカバリーして、おいしく食べましょう。

失敗①:芯が残る

水の量が少ないと、芯が残ってしまいます。
また、炊き込みご飯などでも浸水時間が短いと、芯が残ってしまうことがあります。

リカバリーは再加熱です。

1)ご飯を耐熱皿に移します。
2)ご飯にところどころ穴を開け、そこに水を少量入れます。
3)ラップをかけて、電子レンジにかけます。

様子を見ながら、加熱時間を調節してください。

どうしてもリカバリーできなかったら、おかゆやリゾットにしてしまうという方法もあります。

失敗②:水の量が多すぎた

水の量が多すぎて、ベチャベチャになってしまったご飯は、リカバリーが難しいですよね。

どのくらい水の量が多かったのかによりますが、まずは炊飯器の保温のスイッチを切り、ふたを開けっ放しにします。

これで水分を飛ばして、様子を見ましょう。

もうひとつ方法があります。

すぐに水で洗って、ご飯のベチャベチャを洗い流してしまいます。

ご飯としては食べられませんが、チャーハンなどにできます。
うまくいかなかったら、雑炊かリゾットなどの料理に変身させましょう。

ご飯は最終手段のおかゆや雑炊があるので、何とかリカバリーすることができると思います。

捨てるところなし!「野菜炒め」アレンジ

料理初心者が、誰でも一度は作るのが、野菜炒めです。
野菜を炒めるだけの簡単料理ですが、失敗もしやすい料理です。

失敗①:味が濃い

野菜を足して、味を薄めましょう。
足す野菜がない場合は、水で煮込んでスープに変身させます。

塩分が溶けた水を少し捨てて、塩分の入っていないスープを足してみるという方法もあります。

スープとしても飲めないくらい味が濃かったら、片栗粉でとろみをつけて餡かけにします。

餡かけでしたら、ご飯にのせたり、肉や野菜に絡めたりして食べるので、少々味が濃くても大丈夫です。

失敗②:水っぽくなる

野菜炒めが、水っぽくなることはよくあります。
火力が弱かったり、野菜の水切りが十分でないと、水っぽくなってしまいます。

上記の味が濃い場合と同じように、片栗粉でとろみをつけて餡かけにすると、おいしく食べられます。

これで捨てることなく、食べきることができますね。

よくある料理の失敗「味が濃い」

ここで、野菜炒めでも出てきた「味が濃い」という失敗について特筆します。

料理の中でも難しい「塩加減」は、失敗すると大変です。

味が薄いのであれば、調味料を足していけばリカバリーできますが、味が濃すぎた場合は、リカバリーも難しくなってきます。

しかし、捨てることなくリカバリーにチャレンジしましょう。

失敗①:しょっぱすぎる

失敗した料理が野菜炒めであれば、野菜を足したり、スープであれば、水を足したりすると調節できます。

それができない場合は、少量の酢を足してみましょう。
酢の酸味が出てしまうほど入れてはいけませんが、味を見ながら少しずつ足します。

しょっぱさが、だんだんと和らいでいきます。

料理によっては砂糖を入れる人もいるようですが、さらに味付けを失敗してしまう可能性もありますので、少量から試してください。

失敗②:甘すぎる

甘じょっぱい、甘辛いおかずは、ご飯に合いますよね。

しかし、甘すぎる料理は、おいしくありません。
塩を入れて相殺しようとするのは、間違いです。

辛みを足してみましょう。

豆板醤・一味・七味・鷹の爪など、料理に合わせて辛みを入れます。

煮物などは、甘辛く仕上がって意外なおいしさです。

失敗③:辛すぎる

辛めが好きで唐辛子を入れすぎてしまった、思ったよりも辛くなってしまった場合、致命的ですよね。

辛すぎる料理は、食べることができません。

辛いものには、乳製品です。
スパイスの辛さを緩和してくれます。

牛乳、ヨーグルトなどの乳製品を加えてみてください。
もしくは、食べるときに牛乳と一緒に食べると、辛さが緩和されます。

乳製品が使えない場合、アボカドもおすすめですよ。

お肉料理の失敗といえば生焼け

最後は、お肉料理の失敗です。

お肉料理でよくあるのは、生焼けです。
生焼けの場合は、再加熱しか方法はありません。

唐揚げでしたら、耐熱容器に移してラップをせずに、レンジで加熱します。

様子を見ながら調節しましょう。

失敗しやすいのは揚げものです。
外側は焦げているのに、内側はまだ生焼けの状態になってしまうことが多いようです。

とんかつなどの場合でも、唐揚げと同じく、電子レンジで加熱します。
トースターを使ってもOKです。

とんかつでしたら、天つゆに浸して溶き卵を落とし、火が通るまで煮れば、かつ丼にも変身できます。

これでしたら、失敗と気付かれないで済みますね。

揚げものは、真っ黒に焦げてしまった場合は捨てるしかありませんが、焦げた部分を取り除けば、食べられる場合もあります。

焦げた部分を取り除き、ソースなどでごまかすと、家族も意外と気付かないかもしれませんよ。

失敗は経験値になる

食べものを粗末にしてはいけないという気持ちは、だれでも持っています。

失敗することは誰にでもありますから、リカバリーできそうであればリカバリーして、おいしく食べましょう。

もし、どうしてもリカバリーできないのであれば、潔くあきらめることも大切です。

その失敗が経験値になりますので、次は失敗しないように、その経験を生かしていけば良いのです。

 - 料理のポイント