玄米、醗酵食などで美と健康を目指す、正しい食の情報メディア

健康人口倍増計画

作ってみて!クッキーがサクサクで美味しいレシピをご紹介!

      2017/10/30

作ってみて!クッキーがサクサクで美味しいレシピをご紹介!

小麦粉やバターの値上がりで、市販されているクッキーの価格が高くなってしまいました。

クッキーは、色々な味や形があり、オヤツとしてもよく食べられていますよね。
美味しいクッキーを沢山食べたい方は、手作りしてみましょう。

今回は、サクサクして美味しいクッキーのレシピをご紹介します。

スポンサーリンク

  こんな記事もよく読まれています

カロリーゼロは万能ではない!どんな食品でも摂りすぎに注意

カロリーゼロの食品を利用したことがありますか。 小腹が...

カロリーは1日に摂って使って!健康で綺麗な女性を目指そう

皆さんはダイエットをしたことがありますか? 女性であれ...

カロリーはダイエットとは全く関係ないの?多面的に解説

カロリーを抑えればダイエットできるという話をよく耳にしま...

必要カロリーはそれぞれ違う?女性の一日に必要なカロリー

暑い日が続き、今年はいわゆる「酷暑」といわれています。 ...

カロリーが気になるなら牛乳とヨーグルトどちらがおすすめ?

カロリー制限中やダイエット中でも必要な栄養素はバランスよ...

豚肉は高カロリーそうだが、ダイエットに向いているのか

豚肉のダイエットが注目されているそうです。 しかし、豚...

外で食べるカロリーが高いご飯メニューとメリットデメリット

一食で最もカロリーが高いご飯と聞かれたら、それはビュッフ...

若人こそ一食のカロリーが大切!おかずだけで500kcal以上を

1日に必要なカロリーを推定必要エネルギー量と言います。 ...

栄養満点の味噌汁の作り方!ほうれん草の下茹での必要性は?

ほうれん草は、お野菜の中でも特に栄養価が高いと言われてい...

味噌汁の具にもやしを使うとこんなに良いことがあります

暑かったり寒かったり、天候の関係で価格の変動が激しくなっ...

冬が旬のぶり!ぶりの風味豊かな味噌汁のレシピとは?

お料理のメインになるぶりですが、味噌汁の具材にしてもとっ...

納豆に味噌や砂糖を加えると美味しい?!色々な納豆の食べ方

食卓に加えると、食べ応えも栄養も十分に発揮してくれる納豆...

牡丹鍋は味噌味が最強!その歴史と分布・作り方をご紹介

近年はジビエが流行したりと、ちょっと変わったお肉を食べるの...

離乳食の味噌汁はいつからOK?作り方と注意すべきポイント

生後5ヶ月頃から始まる離乳食、赤ちゃんが食べる練習をする...

実はおでんに味噌をつけるのが密かな人気!実際に食べてみた

肌寒くなってくると恋しくなってくるのがおでん。 近年、コ...

ふきのとうで作る「ばっけ味噌」が美味しい!保存のコツとは

山菜がスーパーに出回り始めると「春」を感じますね。 春...

文明開化の味?牛鍋のレシピ!醤油味も味噌味も簡単に!

牛鍋を食べられるお店は、現在減りつつあるようです。 そん...

自然薯はとろろ以外にもレシピが豊富!味噌汁にしても美味!

自然薯は、一般的にはとろろにして食べることが多いですよね...

トランス脂肪酸は危険?マーガリンに多いって本当?

近年、マーガリンはトランス脂肪酸が多いから体に悪いという...

トランス脂肪酸を含まない油を選んで健康生活を送りましょう

心血管系疾患リスクや、その他の健康被害に影響を及ぼすこと...

スポンサーリンク


サクサクなクッキーを作るポイント

クッキーは、しっとりタイプも人気がありますが、やはり王道は「サクサククッキー」ですよね。

個人的には、クッキーを食べたときにサクサク感を感じるだけで、美味しさもアップしちゃいます。

さて、サクサクなクッキーを美味しく作るコツは、いったいどこにあると思いますか。

以下に、まとめてみました。

☆バターの溶かしすぎは注意

・室温で30分~1時間くらい置いて、指で押してみて、へこむくらいの硬さ

・よく混ぜて白っぽく角が作れる感じが、ほどよい硬さ

バターが透明になってしまうと、それは溶かしすぎです。

☆小麦粉をバターよりも入れすぎない

小麦粉がバターの量に対して多すぎると、クッキーが硬くなります。

☆ゴムベラを使う

ハンドミキサーや泡だて器を使用すると、余分な空気が入りすぎてしまい、サクサク感がなくなってしまいます。

サクサク感を生むには、ゴムベラを使用して、切るように混ぜることが重要です。

☆使用する砂糖の種類

グラニュー糖や粉砂糖を使用すると、サクサクになります。

混ぜる際は、なじませるくらいにして、砂糖が全部、生地に溶けてしまわないようにしましょう。

次からは、みなさんに作っていただきたいレシピの数々を、どんどんご紹介していきますよ。

プレゼントにどうぞ!サクサクアイスボックスクッキーのレシピ

サクサクなクッキーを作るコツを掴んだところで、次は実践ですね。

ここでは、プレゼントにもおすすめな「サクサクアイスボックスクッキー」のレシピをご紹介します。

焼いているときから、早く食べたくてソワソワしてしまうような、なんとも良い香りがします。

【材料 直径3cm 40~45個分】

・無塩バター 80g
・粉糖 60g
・卵黄 1個
・バニラオイル(バニラエッセンスOK) 6~7滴
・スライスアーモンド 70~80g

■小麦粉 130g
■アーモンドプードル 30g

【作り方】

①バターをボウルに入れて、マヨネーズ状になるまで混ぜます。
そこに、粉糖を入れて、さらにふんわりと、滑らかになるように混ぜましょう。

② ①に、卵黄・バニラオイルを入れて混ぜます。
そこに■をふるい入れ、ゴムベラで練らないように、さっくりと混ぜましょう。

③だいたい8割くらい混ざったところで、スライスアーモンドを入れてください。

④ボウルを回しながら、縦に手前に切るようにして、さっくりと混ぜます。
粉っぽさがなくなり、ひとまとめになったらオーケーです。

⑤ ④を棒状にして、ラップで包みます。
それを冷凍庫で2時間~休ませましょう。

⑥オーブンを170度に予熱します。

⑦ ⑤を約7mm幅にカットして、クッキングシートを敷いた天板に並べたら、表面がうすいきつね色になるまで16~18分焼きましょう。

卵を使わないサクサクココアクッキーのレシピ

卵アレルギーの方は、残念ながら卵は食べられませんよね。
糖尿病の方や心臓病の方もリスクを考えると、卵は避けたほうが良いとされています。

卵が苦手だったり、卵アレルギーを持つ小さい子ども達でもクッキーを楽しめるように、卵不使用の「サクサクココアクッキー」のレシピをご紹介します。

材料は、どれも家庭にあるものばかりです。
おやつに作ってあげると、喜ばれますよ。

【材料】

・バターまたはマーガリン 20g
・砂糖 大さじ3(お好みで増量してください)
・薄力粉 大さじ5
・ココア 小さじ1.5
・牛乳 小さじ1
・スライスアーモンド お好みの量

【作り方】

①バターを室温に戻しておきます。

②バターに砂糖を加え、滑らかになるまで混ぜましょう。

③そこに牛乳を加え入れ、なじむまで、よく混ぜます。

④薄力粉とココアを加えたら、ゴムベラで混ぜます。
粉っぽさが少なくなってきたら、ひとつにまとめましょう。

⑤お好みでスライスアーモンド入れて、生地に練りこみます。

⑥生地を棒状にして、ラップで包んだら、冷凍庫で10分寝かせます。

⑦オーブンを170度設定で余熱します。

⑧5~7mm幅に切って、包丁の背などを使って形を整えましょう。

⑨170度で13分焼いたら、完成です。

バター不使用!サクサク紅茶クッキーのレシピ

うっかり!バターが冷蔵庫になかった…。
そんなときでも、大丈夫です。

バター不使用でも、片栗粉を使うことで、サクサクなクッキーが簡単に作れますよ。

クッキーを食べるときの良き相棒でもある、紅茶を使ったクッキーのレシピをご紹介します。
みなさんのお好みの紅茶で、作ってみてくださいね。

【材料 約55枚(使用する型のサイズにより変わります)】

■菜種油 60g
■お湯200ccにティーバッグ1袋を入れて沸かした紅茶 30cc

・紅茶の葉(紅茶を沸かし終わって残ったもの) 2g(ティーバッグ1袋分)

☆薄力粉 165g
☆片栗粉 45g
☆砂糖 60g
☆ベーキングパウダー・塩 ひとつまみ

【作り方】

①紅茶の葉は、濡れたままで、すり鉢ですります。

②ボウルに■と①を入れ、泡立て器でよく混ぜて、油と紅茶を乳化させます。

③☆を②にふるい入れ、カードで切るように混ぜます。

④粉っぽくなくなったら、まとめて、ビニール袋に入れます。

⑤ビニール袋の上から、5mmくらいの厚さに伸ばします。

⑥ビニール袋を切り開き、お好みの型で⑤を抜きます。

⑦それをオーブンシートを敷いた天板に並べ、170度に予熱したオーブンで、12~15分くらい焼いたら完成です。

栄養満点のキヌアを使ったクッキーもおすすめ

みなさんは、キヌアってご存知ですか。

キヌアとは、健康的な体調管理に適する、栄養豊富な南米産の食材です。
必須アミノ酸をバランス良く含み、各種機能性も豊富で、完全食品とも称されます。

キヌアは低GI食品なので、体に良い食材と組み合わせれば、健康的なダイエットにも貢献してくれるでしょう。

淡白な味わいと、特徴的な食感の「キヌアを使ったサクサクなクッキー」のレシピをご紹介します。

【材料 約12~15枚分】

・オートミール 70g
・全粒粉(または薄力粉) 30g
・きび砂糖 30g
・天然塩 ひとつまみ
・ローストキヌア 10g
・チョコチップ(またはレーズン) 30g
・胡桃またはアーモンド 20g
・菜種サラダ油 大さじ2
・豆乳(または水) 大さじ2

【作り方】

①胡桃(またはアーモンド)はローストするか、フライパンで乾いりして、粗めに刻んでおきましょう。

②ボウルに、オートミール・全粒粉・砂糖・塩・キヌアを入れて、軽く混ぜます。

③そこに菜種油を入れ、手ですり混ぜます。

④豆乳または水を入れて、ゴムベラで全体を混ぜ合わせましょう。

⑤チョコチップ(またはレーズン)、胡桃を入れて、再度、全体を軽く混ぜ合わせます。

⑥天板の上に生地を広げて、ゴムベラを使って長方形に成型します。
4mmくらいの厚さにして、表面は平らにしておきます。

⑦170度に予熱したオーブンで、表面に焼き色が付くくらい、18~20分くらい焼いてください。

作ったクッキーを可愛くデコる!アイシングの基本手順

サクサクに作りあげた手作りクッキーを、デコレーションにピッタリなアイシングで、可愛くしてみませんか?

アイシングとは、卵白や砂糖などで、焼きあがったお菓子の上に装飾することを言います。

ケーキ屋さんなどで売られているアイシングされたお菓子は、とてもカラフルで、絵が書いてあるものもあり、とても素敵ですよね。

お菓子職人のようには、なかなか上手にできなくても、基礎をしっかり押さえておけば、お菓子作り初心者でも簡単にチャレンジできますよ。

では、レシピをご紹介しますね。

【材料】

・アイシングパウダーシュガー(ネットなどで手軽に購入可能)
・コルネシート(100均でも購入可能)
・着色料やココアパウダーなど色をつけるもの
・お水
・ボウル
・スプーン

【作り方】

①アイシングパウダーシュガーとお水を、ボウルの中で混ぜ合わせて、ほどよい固さにしましょう。

②使いたい色を作ります。
着色料などを使って、色をつけましょう。

③それを、ヘラや小さめのスプーンなどを使って、コルネに詰めます。

④最初に縁取りをし、それからその中をアイシングしていきます。
中に塗るものは、多少ゆるいほうが塗りやすいです。

広範囲を塗る際は、市販されている筆や小さめのスプーンを使用すると、作業しやすいですよ。

⑤半日~1日乾燥させたら、出来上がりです。

サクッと口当たりが軽いクッキーを作ってみよう

基本的には、家にある材料で作れてしまうクッキー。

同じような手間をかけるのならば、サクサクして美味しいものが食べたいですよね。

ご紹介したレシピは、どれも簡単に作れるものばかりなので、ぜひ作ってみてくださいね。

 - 料理のポイント