玄米、醗酵食などで美と健康を目指す、正しい食の情報メディア

健康人口倍増計画

かぼちゃの収穫期間はどのくらい?かぼちゃを育てる方法は?

      2017/10/30

かぼちゃの収穫期間はどのくらい?かぼちゃを育てる方法は?

甘くて美味しいかぼちゃ。

天ぷらやスープ、煮物など料理のアレンジも様々ですよね。

また、ハロウィンの飾りとしても、かぼちゃは色々なところで使われていますよね。

家庭菜園でかぼちゃを育てている方や、これから育てたいと思っている方もいらっしゃると思います。

今回は、かぼちゃの収穫期間はどれくらいなのか調べてみました。

スポンサーリンク

  こんな記事もよく読まれています

カロリーゼロは万能ではない!どんな食品でも摂りすぎに注意

カロリーゼロの食品を利用したことがありますか。 小腹が...

カロリーは1日に摂って使って!健康で綺麗な女性を目指そう

皆さんはダイエットをしたことがありますか? 女性であれ...

カロリーはダイエットとは全く関係ないの?多面的に解説

カロリーを抑えればダイエットできるという話をよく耳にしま...

必要カロリーはそれぞれ違う?女性の一日に必要なカロリー

暑い日が続き、今年はいわゆる「酷暑」といわれています。 ...

カロリーが気になるなら牛乳とヨーグルトどちらがおすすめ?

カロリー制限中やダイエット中でも必要な栄養素はバランスよ...

豚肉は高カロリーそうだが、ダイエットに向いているのか

豚肉のダイエットが注目されているそうです。 しかし、豚...

外で食べるカロリーが高いご飯メニューとメリットデメリット

一食で最もカロリーが高いご飯と聞かれたら、それはビュッフ...

若人こそ一食のカロリーが大切!おかずだけで500kcal以上を

1日に必要なカロリーを推定必要エネルギー量と言います。 ...

栄養満点の味噌汁の作り方!ほうれん草の下茹での必要性は?

ほうれん草は、お野菜の中でも特に栄養価が高いと言われてい...

味噌汁の具にもやしを使うとこんなに良いことがあります

暑かったり寒かったり、天候の関係で価格の変動が激しくなっ...

冬が旬のぶり!ぶりの風味豊かな味噌汁のレシピとは?

お料理のメインになるぶりですが、味噌汁の具材にしてもとっ...

納豆に味噌や砂糖を加えると美味しい?!色々な納豆の食べ方

食卓に加えると、食べ応えも栄養も十分に発揮してくれる納豆...

牡丹鍋は味噌味が最強!その歴史と分布・作り方をご紹介

近年はジビエが流行したりと、ちょっと変わったお肉を食べるの...

離乳食の味噌汁はいつからOK?作り方と注意すべきポイント

生後5ヶ月頃から始まる離乳食、赤ちゃんが食べる練習をする...

実はおでんに味噌をつけるのが密かな人気!実際に食べてみた

肌寒くなってくると恋しくなってくるのがおでん。 近年、コ...

ふきのとうで作る「ばっけ味噌」が美味しい!保存のコツとは

山菜がスーパーに出回り始めると「春」を感じますね。 春...

文明開化の味?牛鍋のレシピ!醤油味も味噌味も簡単に!

牛鍋を食べられるお店は、現在減りつつあるようです。 そん...

自然薯はとろろ以外にもレシピが豊富!味噌汁にしても美味!

自然薯は、一般的にはとろろにして食べることが多いですよね...

トランス脂肪酸は危険?マーガリンに多いって本当?

近年、マーガリンはトランス脂肪酸が多いから体に悪いという...

トランス脂肪酸を含まない油を選んで健康生活を送りましょう

心血管系疾患リスクや、その他の健康被害に影響を及ぼすこと...

スポンサーリンク


日本かぼちゃと西洋かぼちゃの違い

かぼちゃは、元々カンボジアに寄港したポルトガル船によって、大分の豊後で広まりました。
そして、カンボジアがなまって「かぼちゃ」と、呼ばれるようになったと言われています。

かぼちゃは大きく分けて「日本かぼちゃ」と「西洋かぼちゃ」の2種類があり、収穫期間も異なります。

まず、日本かぼちゃは、あっさりした味で甘みが少なく、魚のすり身とよく合います。
水分が少なく、粘りが強いことから煮崩れしにくく、日本料理屋などで重宝されています。

一方、西洋かぼちゃは、原産地が中央アメリカから南アメリカの高原地帯で、19世紀にアメリカから伝わりました。

西洋かぼちゃは甘みが強くて、でんぷん質が多いので、ホクホクしています。
スーパーでよく見かけるかぼちゃのほとんどは、西洋かぼちゃです。

西洋かぼちゃのβカロチンは、日本かぼちゃに比べて5.5倍もあります。

また、かぼちゃは意外にもダイエットに適しており、カロリーも100グラムあたり、49キロカロリーしかないのです。

ダイエット効果だけでなく、かぼちゃにはβカロチンが豊富に含まれているので、抗酸化作用があり、アンチエイジングにも効果が期待できます。

ちょうど良い収穫期間を迎えるためのかぼちゃの植え付け時期

かぼちゃを植え付ける時期は、平均して4月上旬から6月下旬頃が最適です。
しかし、地域によって気温が異なるので、関東や東海地方は3月中旬から4月中旬頃です。

北海道や東北などの寒い地域は、4月中旬から5月中旬頃です。

沖縄や九州などの温かい地域は、3月中旬から4月上旬が良いとされています。

かぼちゃを種から育てる場合は、直径12cmのポットに2粒ずつ種をまいていきます。
その後、発芽したら生育の良いもののみ残し、1本に間引きましょう。

生育に適した温度は、17度から20度で、温度が10度を下回るとかぼちゃの生育が停まり、枯れてしまいます。

本葉が3~4枚あり、間隔がつまった苗が、良いかぼちゃを育てるポイントです。

かぼちゃの苗が育ってきたら、浅めに根が少し見えるくらいに植えましょう。
使用するプランターは、少し深めのものを選びましょう。

かぼちゃは栽培期間が長いため、根がかなり多くなります。

水やりは、土が乾いてきたら行います。

美味しいかぼちゃの収穫期間を迎えるために、正しい温度管理と方法で大事に育てましょう。

かぼちゃの収穫期間とタイミング

かぼちゃの1株あたりの収穫量は、だいたい3~4個くらいが良いでしょう。
放っておくと、もっと増やせますが、増やすと味が落ちてしまいます。

逆に1株1個採りにすると、高品質なかぼちゃが採れます。

かぼちゃが育ってきたら、6月中旬から9月下旬までに収穫しましょう。

日本かぼちゃと西洋かぼちゃの収穫の時期は違い、日本かぼちゃは受粉して約30日後、西洋かぼちゃは受粉してから約40日~50日後が収穫期間となります。

雨の日に収穫すると病害の発生が起こりやすくなるので、収穫は晴れた日に行いましょう
このとき、一度に全部収穫するのではなく、2~3回に分けて収穫に適しているかぼちゃを選びましょう。

特に梅雨の時期のかぼちゃは、湿気が多かったり、日照時間が短かったり、病気にさらされる危険が沢山あるので注意しましょう。

かぼちゃの見た目での収穫期間の目安は?

かぼちゃの見た目での収穫の目安は、果実とつるをつなぐ果柄の部分が白くなり、果柄部分がコルク状になり、縦方向に亀裂が入ります。

さらに、日にちを置くと、わずかですが、横方向にも亀裂が入ります。
そうなったら収穫の時期です。

また、果柄だけでなく、実に栄養がいき、葉っぱも枯れてきたら収穫のサインです。

葉っぱは収穫の時期が近付いて来ると、黄色がかってきます。

また、かぼちゃの実は最初ツヤがある状態ですが、収穫期間になるとツヤがなくなりマットな状態になり、手触りもゴツゴツしてきます。

爪でかぼちゃの表面を引っ掻いても傷がつかない状態だと、もう収穫しても良い頃のかぼちゃと言えるでしょう。

そのくらいには、表面の緑色が濃くなり、かぼちゃの模様がはっきりしてきます。

かぼちゃは収穫してもすぐに食べられないの?

野菜の中でも、採れたてのものが美味しい野菜もありますが、採れたてのかぼちゃは水っぽく甘みが少ないので、あまり美味しくありません。

かぼちゃを収穫したら、2~3週間、風通しの良いところに置いて乾燥させましょう。

2~3週間たった頃には、甘くて食べ頃のかぼちゃになっています。

このかぼちゃの切り口を乾燥させて、腐らせないようにする処理のことを、キュアリングと言います。

キュアリングすることでデンプンが糖に分解され、甘みが増し、ホクホクのかぼちゃになります。
また、カロテンの量が増え、栄養価も高くなります。

キュアリングする際には、温度が30度を超える場所では、かぼちゃが腐ってしまうので、注意しましょう。

その後、キュアリングで切り口が乾いたら、10度以下の場所で貯蔵しましょう。

また、キュアリング後、日数を置きすぎるとデンプンがどんどん分解されてしまい、かぼちゃがべちゃべちゃになってしまうので注意しましょう。

かぼちゃの保存方法ですが、カットしたかぼちゃを保存する場合は、種とワタを取り、ラップにくるんで冷蔵庫の野菜室に保存しましょう。

冷凍保存する場合は、加熱した後、つぶして保存袋に入れてから冷凍庫にしまいます。

かぼちゃは、収穫期間だけでなく、収穫した後も重要なんですね。

かぼちゃを育てるときの注意点

かぼちゃを育てるときは、つるが広がるので広い栽培場所を確保しましょう。

西洋かぼちゃは乾燥したところを好み、日本かぼちゃは高温多湿に強いです。

かぼちゃは、病害虫に比較的強い野菜ですが、病気にかかってしまうと株の枯れ上がりが早まり、かぼちゃの収穫量が減ってしまいます。

かぼちゃを栽培する際には、収穫期間も大事ですが、病気になる場合もあり、特にうどん粉病と疫病に注意しましょう。

うどん粉病は、雨量が少なく、乾燥した天気が続くと発生します。

うどん粉病とは、最初葉っぱに白い斑点ができ、そのうち葉っぱ全体が白くなってしまう病気です。
放っておくと葉っぱが光合成できず、野菜の果実が実らなくなってしまいます。

うどん粉病の発生を見つけたら、まず白くなっている葉っぱを、ちぎって様子を見てみましょう。

初期のうどん粉病なら、木酢液やお酢をお水で薄めたものか、重曹を1週間おきに散布すると、症状が消えることがあります。

疫病とは、葉っぱ・茎・果実に黄褐色の斑点ができる病気です。
疫病は、長雨が続き、水はけが悪くなると発生します。

日当たりが良ければ良く育ちますが、水はけが悪いと疫病が発生してしまうので、水はけが良い場所を選びましょう。

かぼちゃはベランダでも栽培できる

かぼちゃは、広い畑がないと栽培できないわけではなく、大きめのプランターとベランダがあれば、家でも手軽に栽培できます。

かぼちゃの収穫期間が来て、収穫した後、すぐに食べたくなってしまいますが、しっかりキュアリングして甘みが増すのを待って食べましょう。

かぼちゃは、料理やお菓子に色々とアレンジできるので、家庭菜園で何を作ろうか迷っている方は、かぼちゃを育ててみてはいかがでしょうか。

 - その他食材