塩少々は何グラムが適正かを知って、美味しい料理を作ろう

料理にかかせない、調味料の基本の「さしすせそ」のひとつの塩ですが、レシピに書いてる場合は、少々と書いてることが多いですよね。

しかし、少々とは何グラム入れたら良いのでしょうか?

ちょうど良い塩加減になるように、どのくらいが適正か、調べていきたいと思います。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

着色料を使った好みの色の作り方!肌色なども簡単に作れる!

アメリカのお菓子などを見ると、どれもカラフルでびっくりしてしまいますよね。最近では、ネット上の...

ご飯は冷凍保存しよう!自然解凍したおにぎりは美味しい?

食欲がないときでも、おにぎりだったら食べられますよね。食べやすいおにぎりは、朝ごはんにもぴったり...

手作り甘酒につきものの米麹のつぶつぶはミキサーで滑らかに

「飲む点滴」といわれるほど、その健康効果に注目が集まっている甘酒。毎日の習慣としていただくた...

家庭で作るカレー。間違いなく美味しい材料の最適な量とは?

カレーを作る時の材料の量はどのくらいですか?家庭により、具だくさんのカレーや、好き嫌いにより特定...

カレールーにスパイスを追加するとカレーがグッと本格派に!

日本では、家庭の数だけオリジナルのカレーが存在していますね。カレールーを使って作るという人が...

エビチリで豆板醤がないときの代用はどうする?覚えて損なし

エビチリや麻婆豆腐を作る時に欠かせないのが豆板醤ですが、豆板醤がないときは代用調味料はないのでしょ...

ホットケーキをふわふわに焼くとっておきの作り方とは?

ホットケーキミックスでホットケーキを作ったことはありますか?パッケージ通りに作っても、なじみのあ...

絶品プリンを手軽に電子レンジで作るためのタッパー活用術!

手軽に、素早く、火を使わずにおいしいプリンが食べたい!そんな時は電子レンジ×タッパーが大活躍...

カレーを作る!玉ねぎをすりおろしすることでメリットが沢山

初めて作った料理が、カレーという方は多いのではないでしょうか。カレーは、簡単に作れて、子ども...

はかり要らず!小麦粉などのグラム表示をccに変換する方法

お菓子を手作りする時に困るのが、レシピに出ている小麦粉、砂糖といった材料がグラムで表示されている...

ホームベーカリーを使いこなすには?知っておきたい発酵温度

自動で簡単にパンが作れる「ホームベーカリー」。パン以外にも、ピザの生地や餃子の皮なども作れて、...

イカの刺身を自分で作ってみよう!イカのさばき方教えます!

皆さんは、刺身を食べる頻度ってどのくらいですか?1週間に1回は食べてる!なんて人もいるくらい...

味噌汁の作り方ってどうしてる?だしの素は使う?使わない?

食卓に欠かせない味噌汁は、ご家庭によって味が違ったり、味噌の配合が違ったり、作り方はお家の数だけきっ...

ぽかぽか味噌鍋のおいしいレシピ!オススメ人気メニュー4選

凍えるような寒い日には家で温かいお鍋が食べたくなってしまいませんか?家族と、友人と、囲んで食べ...

どこが違うの!?コチュジャンと豆板醤の特徴などの違いは?

皆さんは、辛い料理は好きですか?辛味に対しては、得意不得意、好き嫌いと好みが分かれますよね。...

スポンサーリンク

1食で何グラムの塩を使う?

どのご家庭にもある塩ですが、毎日の食事において、1食何グラム使っているのかご存知ですか?

料理によって塩加減が違いますが、和食・洋食・中華の大きく3つに分けて、塩が1食何グラムほど入っているかをご紹介します。

・和食

日本の伝統的な食事で、一汁三菜のバランスのとれた和食ですが、塩はどのくらい入ってるのでしょうか?

和食は素材の味を引き立てるために、塩や醤油などの調味料を少々入れるので、意外とたくさんの塩を摂っていることが多いです。

また、梅や漬物には大量に塩が使われているので、知らず知らずの内に、口にしている機会が多いと言えます。

・洋食

ハンバーグやオムライスなど、味付けのしっかりしてる料理が多いので、塩も多く入っているのではないかと思いますよね。

洋食は高カロリーなものが多いですが、塩の量だけを見ると、和食よりも少ないです。

・中華

洋食と同じく、高カロリーなイメージですが、中華は塩も多く入っています。
和食はあくまでも、素材を引き立てるための塩ですが、中華は料理全体の味が濃くなっています。

3つの料理の特徴をご紹介しました。

それでは具体的に、生姜焼き定食・ハンバーグセット・八宝菜定食を例に、塩の量を比較してみましょう。

・生姜焼き定食 4~5.5グラム
・ハンバーグセット 3.5~5グラム
・八宝菜定食 6~7グラム

1食で、これだけ塩を摂っているということがわかりましたね。

少々の塩で健康に!1日何グラムまで塩を摂ってもいい?

塩は体内で重要な役割をしているため、不足してしまうと、体がうまく機能しなくなります。

しかし、過剰に摂ってしまうと逆効果になります。

塩の役割を知ってから、何グラムまで摂ればいいかを説明していきます。

塩は主に、4つの役割があります。

・体液の塩分濃度の調整

体液は常に約0.85%の塩分濃度に調整されており、体内で塩分濃度が多いときは骨に吸収され、少なくなれば、骨に在存する塩が放出されることで、バランスを取っています。

・体液のpH値の調整

pH値とは、酸性・アルカリ性を表す値です。
人の体内は、常に弱アルカリ性です。

食事をした際に、体内の代謝により酸性に傾きやすいのですが、それを中和して、弱アルカリ性を保っています。

・栄養素の消化や吸収のサポート

塩は、たんぱく質の分解を促したり、栄養素の吸収を助けます。

主な栄養素のブドウ糖やアミノ酸も、塩と結合しないと吸収されません。

・筋肉の動きと神経伝達のサポート

人の筋肉の動きや神経伝達は、すべて脳からの信号によって起こっています。

その信号が送られると、カリウムと塩(ナトリウム)によって、電気が発生して動きます。

塩は大事な役割を持っているので、たくさん摂っても良いのではないかと思いたいですが、摂りすぎると高血圧や、ガンや脳梗塞などの病気になりやすいと言われています。

日本人の場合だと、1日の摂取量は、男性8グラム・女性7グラムを目安にしましょう。

1食で少々の塩を摂取するようにすると、1日の摂取量を超えることは、少なくなりますよ。

何グラムまでが塩少々?

レシピ本に載っているレシピでは、塩少々と書いてあることが多いですが、何グラム入れるのが適正なんでしょうか?

あまりに「少々」過ぎてしまうと味がなかったり、逆に入れ過ぎると塩辛くなったりと、バランスが難しいですよね。

そんなことにならないように、少々が何グラムなのかを調査しました。

まず、少々を説明するために、一番イメージが湧く、海水の塩分濃度でどのくらい塩が入ってるのかを説明します。

海水は1リットルに対して、塩が30~40グラム入ってます。
海水は塩辛いと感じると思うので、これでは入れ過ぎです。

では、何グラム入れると、ちょうど良くなるのでしょうか?

1日に摂っても良い塩分量は、平均7~8グラムですので、1食に対して2~3グラム入れると、ちょうど良くなります。

毎回計るのは大変ですので、小さじ半分・指3本で、つまむ量がだいたい2~3グラムです。

レシピに少々と書いてある場合は、2~3グラムを目安にすると、塩分量もちょうど良く、味のバランスも取れますよ。

いろいろある塩の種類

「塩少々」の量はわかりましたが、塩といっても、サラサラの塩や岩塩など、いろいろなものがあります。

同じ塩でも、種類によって、塩少々が何グラムになるのかが変わるのでしょうか?

この項では海塩・岩塩・湖塩の3つに分けて、それぞれの特徴について説明していきます。

■海塩

海から取れる塩で、家庭によく置いてあるものです。
ミネラル分が豊富なのが特徴で、製造法によって種類が変わります。

・天日塩
海水から、太陽の力で水分を蒸発させて作った塩です。

・平釜塩
海水を釜で煮詰めて作る、日本の伝統的な塩です。

■岩塩

採取される地域によって、見た目や味が違い、産地ごとに様々な特徴があります。

・ピンクソルト
ピンク色のまろやかな塩で、女性に人気です。

■湖塩

限られた地域でしか取れないため、普段、目にする機会は少ないと思います。
代表的な産地を3つご紹介します。

・ウユニ塩湖
結晶がピラミッド型で甘味があります。

・死海
ミネラルが一般的な塩よりも多く含まれているため、美容やスキンケアにも使われます。

・デボラ塩湖
料理業界では有名な塩で、海塩に比べてまろやかで、岩塩に比べて、しっかりした塩味です。

このように、塩と言っても、たくさんの種類があります。

岩塩や湖塩は、海塩よりもしっかりした味のものが多いので、少し量を減らして入れると、バランスが取れます。

種類によってグラムが若干変わりますが、少々となると、大きく変わるということはありません。

塩少々で料理上手に

塩少々が、何グラムなのかがわかりましたね。
料理には、塩が欠かせません。

少々の塩を使うだけで、料理の味が変わります。

特に素材の味を引き立てるためには、なくてはならない調味料ですので、上手に使って美味しい料理を作りましょう。

■豚肉の塩ちゃんちゃん焼き風

【材料 2人前】

・豚肉 200グラム
・キャベツ 1/4個
・人参 1/2個
・玉ねぎ 1/4個
・味噌 小さじ2
・塩 少々

①キャベツはざく切り、人参は短冊切り、玉ねぎは薄切りにします。

②フライパンに油を少し入れて、豚肉を焼きます。

③豚肉が焼けたら、野菜・調味料・水を入れ、フタをして蒸し焼きにします。

野菜に火が通ったら完成です。

ちゃんちゃん焼きとは、北海道の郷土料理で、本来は鮭を使います。
豚肉を使って、ボリューム満点の料理にアレンジしてあります。

今回は、野菜から出る旨味を、塩で引き立てるために、味噌は少なめです。
濃い味が好きな方は、何グラムか調味料を増やすと、満足する味になりますよ。

おすすめの塩紹介

スーパーでは様々な塩が販売されていて、何グラム入りのどの塩を買えば良いのかと、悩む方も多いと思います。

1食に少々しか使いませんが、塩の大切さは、よく分かったと思うので、おすすめの塩をご紹介します。

・伯方の塩

スーパーでお馴染みの塩ですね。
様々な料理に使え、コストパフォーマンスも良いので、気兼ねなく使えます。

・ぬちまーす

通常の塩とは違い、サラサラのパウダー状の塩です。

まろやかな味で粒子が細かいため、料理に混ぜる以外にも、最後の仕上げに振りかけるという使い方もできます。

・心と体にしみる塩

こちらは岩塩でもなく、釜で煮る塩とも違う精製法で作られています。

自然のエネルギーを使ってるため、時間はかかりますが、まろやかな甘みがある塩です。

塩は痛むことはありませんので、500~1000グラムのものをまとめて買っておいた方が、コストパフォーマンスが良いのでおすすめです。

塩少々の大切さ

塩は、体内で大事な役割を持っています。

料理に使うときは他の調味料に比べると、少々しか使わないので、もっと入れた方が良いのでは?と思っていたかもしれませんが、素材の味を引き立てるためには少々で十分です。

塩をうまく使って、美味しい食事を作りましょうね。