ふわふわ生クリームの作り方!【失敗しないコツ】

自分で、生クリームを泡立てて作ってみたものの、お店の生クリームと違う…。

こんな経験をしたことがある方も多いはずです。

ここでは、お店のような「生クリームの作り方」をまとめました。

失敗しないコツを知っておけば、ふわふわで美味しい生クリームが、自分で作れるはずです。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

おいしい味噌を食べたい!冷凍保存のコツと容器の選び方は?

食材をおいしく、新鮮な状態で食べたい場合、冷凍保存はとても便利な方法であり、味噌も冷凍することが...

固形コンソメ1個は、顆粒コンソメの小さじ何杯なの?

料理本やレシピサイトを見ていると、コンソメの表示が固形コンソメであったり、顆粒タイプであったりし...

電子レンジで使える鍋で気軽に焼き魚を作ってみよう!

電子レンジで食べ物を温めるように、魚も焼けたらいいのにと思うことはありませんか?最近、電子レ...

電子レンジで食パンをトーストすると、なぜ時間がかかるの?

最近は、いろいろな機能の付いた便利な電子レンジが出回っています。トースト機能が付いているのも...

甘酒を麹から作るには?便利な電子レンジを使った作り方

甘酒を麹で作ってみたいと思われませんか?麹で作る甘酒は自然な甘さで、とても美味しく、健康に良...

お菓子作りでメレンゲに失敗してしまう6つの理由と活用法

ケーキやお菓子のレシピを見ると、メレンゲという言葉がよく出てきます。お菓子作りの最初の難関は...

バターとマーガリン2つの違いは?ケーキに使用するなら?

ケーキを作ろうと思ったとき、レシピによっては、マーガリンとバターどちらかを使用しているレシピがありま...

鮭の切り身の冷凍保存期間とは?上手に冷凍保存し食べる方法

主婦なら一度はやったことがある冷凍保存!冷凍庫の奥の方にあって、気が付いたら冷凍焼けをし、美味し...

夕食を時短で作るコツ!今夜の夕飯のおかずは中華料理に決定

共働き家庭で最も大変なのが、夕食の準備ではありませんか?仕事から帰宅して、座る間もなく夕食作...

塩少々は何グラムが適正かを知って、美味しい料理を作ろう

料理にかかせない、調味料の基本の「さしすせそ」のひとつの塩ですが、レシピに書いてる場合は、少々...

美味しいお好み焼きの小麦粉と水の割合とレシピ3選

関西というと、お好み焼きをイメージする人も多いです。そんなお好み焼きですが、関西人ではなくても...

上白糖とグラニュー糖の違いは?代用はできるの?

普段の料理やお菓子作り、コーヒーや紅茶などの飲みものなどに欠かせない甘味料は砂糖ではないでしょう...

野菜炒めの味付けに使用される醤油!レシピと醤油の選び方!

家庭の食卓で登場する事が多い料理は、炒めものではないでしょうか?その中でも、冷蔵庫の中に入っ...

牛乳と生クリームの違いは?代用することって可能なの!?

シチューやケーキなどのお菓子作りに、牛乳や生クリームは欠かせませんよね。牛乳と生クリームは同...

美味しいチャーハン&スープの作り方。中華料理屋みたいに。

皆さんは、中華料理って好きですか?皆さんが抱く中華料理のイメージは、どんなものでしょうか?...

スポンサーリンク

生クリームを泡立てるコツ~前編~

美味しい生クリームの作り方で重要なことは、あることに気を付けるということです。

それだけで、いつもとは違う本格的な生クリームが作れるのです。

その気を付けなければいけない点とは、冷やすことです。

ふわふわな生クリームを作るコツは、生クリームを泡立てるときに、しっかりと「冷やしてあげる」ということが重要になってきます。

ですので、生クリームの泡立てに失敗してしまう大きな原因は、冷やせていないことがほとんどと言えるかもしれません。

失敗しないために、どうやって生クリームを冷やしながら泡立てるのか、上手に泡立てるコツを覚えておきましょう。

~生クリームを泡立てる準備~

☆生クリームを入れるボウルより、大きめのボウルに氷水を入れる。

☆生クリームを入れるボウルを、氷水の入ったボウルに浮かべて冷やしておく。

☆生クリームを泡立てるための道具(泡だて器など)も、直前まで氷水の入ったボウルに入れて冷やしておく。

あらかじめ、生クリームの泡立てに必要な道具を冷やしておくと、とっても泡立ちが良くなります。

下の項目では引き続き、生クリームを泡立てるコツをお話しします。

生クリームを泡立てるコツ~後編~

先ほどは、生クリームを泡立てる前の準備をまとめました。

続いてお話しするのは、泡立てるときのコツです。

~生クリームを泡立てるコツ~

☆生クリームの入ったボウルをやや傾ける。

☆空気が入るように泡立てる。

生クリームを泡立てる際は、ボウルを手前に傾けて、利き手で泡だて器を持ちます。

泡立てていて、とろみが出てきたら、空気を入れるようにして混ぜましょう。

生クリームは、泡立てるほど硬くなっていきます。

その硬さの違いを、まとめてみましょう。

・3分立て
泡だて器で持ち上げようとすると、さらっと流れ落ちる。

・5~6分立て
泡だて器ですくうと、帯状にとろとろと落ちて、その跡がすぐに消える。

・7分立て
泡だて器で持ち上げようとすると、粘り気があって重たいが、ツノは立たずにスジが残る。

・8分立て
泡だて器で持ち上げようとすると、柔らかいツノが立つが、ツノは曲がって下を向く。

・9分立て
泡立て器で持ち上げようとすると、ツノがピンと立ち、崩れない。

料理の種類や生クリームの硬さの好みにもよるので、どのくらいの硬さまで泡立てるのかを考えましょう。

次は、生クリームを使ったデザートの作り方をご紹介します。

苺がのったミルクレープの作り方

【材料】

・ホットケーキミックス 100g
・卵 1個
・牛乳 200ml
・サラダ油 大さじ1/2
・生クリーム 180ml
・砂糖 15g~
・ラム酒(お好み) 大さじ1
・スライス生チョコ 1袋

【作り方】

1)ホットケーキ・牛乳・卵をよく混ぜ合わせます。

2)熱した卵焼フライパンに油を引き、クレープの生地を焼きます。
生地を使い切るまで、クレープを繰り返し焼きましょう。

クレープを上手に焼くコツは、フライパンを冷まして弱火で焼くことです。
生地が乾いて周りが浮いてきたら、ひっくり返すタイミングです。

3)生地を冷ましている間に、生クリームを泡立てます。

4)砂糖を入れて、泡だて器やハンドミキサーを使い、9分立てにしたら、ラム酒を加えて混ぜましょう。

5)クレープ、生クリーム、生チョコの順で重ねていきます。

6)層になったら、冷蔵庫で2時間ほど冷やします。

7)しっかりと冷えたら、お好みの大きさにカットします。

生クリームをのせて、その上に苺をトッピングしたら完成です。

グラスチョコショートケーキの作り方

【材料】

・卵 3個
・砂糖85g
・薄力粉 75g
・ココアパウダー 15g
・生クリーム 150g
・砂糖 20g
・苺

【作り方】

1)ボウルに卵、砂糖を入れて、ハンドミキサーでしっかりと泡立てます。

2)そこに、ふるった薄力粉、ココアパウダーを入れて、ツヤが出るまで混ぜます。

3)天板にクッキングシートを敷いて、生地を平らに流し入れます。
オーブンを190℃に余熱しておき、12分くらい焼きます。

4)焼けたら冷まして、クッキングシートをはがします。

5)生地を冷ましている間は、生クリームに砂糖を加え、泡立てましょう。
しっかりと、9分立てで泡立てておきます。

6)苺のヘタを切り落としたら、苺を縦半分にカットします。

7)ミニグラスの大きさに合わせて、冷めた生地をカットしましょう。
ひとつのグラスに、カットした生地は2枚必要です。

8)グラスの底に生地を敷いて、その上に苺を4個並べます。
ミニグラスから綺麗に苺が見えるようにするコツは、グラスの側面に沿うように並べることです。

9)苺の隙間に生クリームを絞ります。

もう1枚の生地をその上にのせて、生クリームを絞り苺をのせたら完成です。

チーズを使わないティラミスの作り方

今回はチーズなしで作る、簡単ティラミスレシピをご紹介します。

【材料】

・カステラ 5切れ
・生クリーム 200ml
・砂糖 大さじ1
・無糖アイスコーヒー 100ml
・無糖ココア 大さじ1

【作り方】

1)生クリームに砂糖を入れて、8~9分立てくらいの硬さに泡立てます。

上手に泡立てるコツは、氷水の入ったボウルの上で、しっかりと冷やすことです。

2)ティラミスを盛りつける容器に、隙間ができないように敷き詰めます。
容器に合わせて、敷き詰めやすいようにカステラをカットすると、やりやすいです。

3)無糖のアイスコーヒーをその上にかけて、カステラに染み込ませます。

4)最後に、生クリームをのせて、ココアパウダーをふったら完成です。

ココアパウダーをそのままかけてしまうと、まばらになり見た目が悪くなってしまうので、ふるいなどでダマにならないようにふりかけましょう。

生クリームを使い切るコツ

生クリームが、ほんの少しだけ余ってしまったという場合は、チーズクリームクロワッサンを作ってみましょう。

【材料】

・冷凍パイシート 1枚
・クリームチーズ 50g
・きび砂糖 大さじ1
・レモン汁 少々
・卵黄

【作り方】

1)冷凍のパイシートは、常温で解凍しておきましょう。

2)常温で柔らかくなったクリームチーズを、ボウルで混ぜます。
そこに生クリーム・きび砂糖・レモン汁を加えてしっかりと混ぜ合わせます。

3)パイシートを縦に4等分に切ります。

さらに、斜めにカットし半分にして、全部で細長い三角形を8個作っておきます。

4)小さじ1のチーズクリームをのせ、太い方から細い方へ、クルクル巻きます。
上手に焼くコツは、巻き終わりを下にすることです。

5)はけで卵黄を塗ります。

200℃のオーブンで、15分焼いたら完成です。

生クリームを上手に泡立てるコツは冷やすこと

生クリームをふわふわに泡立てるコツは、しっかしと冷やしながら作業することです。

夏の季節に生クリームが上手く泡立たないのも、この温度が原因なのです。

面倒くさいと思うかもしれませんが、せっかく作るのですから、美味しい生クリームでお料理を楽しんでくださいね。