シチュールーが余ったら?余ったシチューのアレンジは?

シチューを作った後のルーが余ってしまうことありませんか?

せっかく作ったシチューが余ってしまうことはよくあること。
特に気温の高い時期は焦ってしまいますよね。
捨ててしまうのはもったいないので、早めに食べきりたいものです。

今回はシチューのルーが余った時にできるレシピとシチューが余った時のシチューアレンジレシピをお伝えしたいと思います。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

料理で使うならどっち?砂糖・みりんの違い。使い方の解説

家庭で調味料はたくさんあると思いますが、砂糖とみりんの違いを説明できる方は、意外と少ないのではない...

カレーにトマト缶を入れる?酸味はどうやって消すの?

カレーを作るときに、オリジナルのレシピを持っている人もいますよね。水を入れない代わりに、トマト缶...

甘酒を麹から作るには?便利な電子レンジを使った作り方

甘酒を麹で作ってみたいと思われませんか?麹で作る甘酒は自然な甘さで、とても美味しく、健康に良...

水1カップをccで表すと?計量カップ以外の計量方法とは?

計量カップにも色々ありますが、水1カップは何ccなのでしょうか。答えは200cc、つまり20...

生クリームとバターを使わなくても美味しいお菓子は作れる

生クリームやバターはお菓子、特に洋菓子では基本的に使われている材料というイメージが強いかと思います...

にんじんのみじん切りが簡単にできる器具は?レシピも紹介!

にんじんのみじん切りが苦手な方は意外と多い気がします。レシピを見ていて「にんじんのみじん切り...

炊飯器で炊いたご飯を常温保存や保温機能を使うと何日もつ?

炊飯器で炊いたご飯、皆さんはどのように保存していますか?常温保存や炊飯器の保温機能を利用...

ヨーグルトでチーズケーキが作れる!?しかも簡単!楽チン!

ケーキ屋さんのショーケースの中には、たくさんの種類のケーキが並べられて、何にしようかと迷ってしまいま...

電子レンジ料理のレシピが増える!鍋ごと便利な耐熱ガラス

鍋のまま電子レンジに入れて温められる、そのまま調理ができるというガラス鍋をご存知ですか?煮込...

電子レンジで食パンをトーストすると、なぜ時間がかかるの?

最近は、いろいろな機能の付いた便利な電子レンジが出回っています。トースト機能が付いているのも...

オーブンなしで出来る!電子レンジやトースターで作るお菓子

お菓子作りはどうしてもオーブンに頼りがちですが、オーブンがなくても電子レンジやトースターで作れます...

仕上げの醤油は薄口醤油で締めてみよう、その使いかたとは?

名前は薄口でも味は辛い、でおなじみの薄口醤油。「関西でよく使われて、塩分が濃い目」というのは...

シチューとカレーの違いってズバリどこにあるのでしょうか?

寒さを感じる季節になると、温かいシチューを食べたくなりますよね。シチューの中でも定番レシ...

こんな時はどうしたらいい?米の水加減を間違えた時の対処法

毎日炊く米ですが、いつも通り炊いたつもりが柔らかくなったり、固くなったりと水加減を間違えたことあり...

市販の味噌ラーメンをアレンジ!おすすめレシピをご紹介

直ぐに食べられる便利さから、市販のラーメンをご自宅に常備しているという方も多いのではないでしょうか...

スポンサーリンク

余ったクリームシチュールーで!グラタン

シチュールーが余った時にどうぞ!
ルーは2片使います。
シチュールーもこんなアレンジができるのです!
まずは子供たちも大好き、見た目も豪華に変化するグラタンからです。

【材料】
・じゃがいも大1個
・玉ねぎ1/2個
・ベーコン2枚
・バター適量
・ピザ用チーズ50g
・クリームシチューのルー2片
・牛乳50cc
・お湯50cc
・塩こしょう少々
・パン粉 適量
・パセリ 適量

【作り方】
①じゃがいもは薄めのいちょう切りにし、ラップに包んで5分レンジにかけます。

②玉ねぎは薄切りにし、ラップに包んで2分レンジにかけます。

③ベーコンは1cm幅に切りましょう。

④グラタン皿にバターを薄く塗り、①②③とチーズを順に重ねます。

⑤ルーを細かく刻み、温めた牛乳、お湯で溶き、塩こしょうで味をつけ、④にかけます。
⑥⑤にパン粉をふり、バターをのせ、200℃に温めたオーブンで20分焼いてでき上がりです。上にパセリを散らしましょう。

シチュールーひとかけで簡単スープ

忙しい朝に、ちょっとした夜食や体が冷えてしまったとき、小腹が空いたときなど、簡単にマグカップスープが飲めます!
シチュールーひとかけでマグカップ1杯分です。
ほっとする味をお楽しみください。
こんなルーの手軽なアレンジも知っておくととても便利です!
マグカップの大きさや具材の量などで味の濃さが変わりますから、お湯の量やルーの量で調整してください。

【材料】(1人分)
・シチュールーひとかけ
・具材料(野菜を茹でた後冷凍もしくは茹でたもの、またスイートコーンなど)
・お湯または水
・塩コショウ
・パセリ

【作り方】
①シチュールーひとかけと具材ををマグカップに入れます。

②のマグカップに水をマグカップいっぱいに入れて電子レンジにかけます。

③温まったらかき混ぜて、でき上がりです。
お好みで塩コショウで味を調え、パセリの刻んだものを散らしましょう。

具材料について:
人参スライスを茹でたものやホウレン草を茹でて刻んだものなどを冷凍しておくと簡単にマグカップスープが作れます。

シチュールーで作ろう!カルボナーラ

このアレンジには驚かされるのではないでしょうか?
生クリームがないときにもカルボナーラが食べれるからです。

カルボナーラとは「炭焼きのパスタ」(炭焼き職人風)といわれるパスタソースの一種です。
塩漬け肉やチーズ卵、黒コショウなどで作ります。
黒コショウを炭粒に見立てての命名であるという説が有力ですが、本物の炭焼き職人たちが作業中に焼き窯から離れなくても栄養のある食事が摂れるよう常備していた食材から生み出したという説や、イタリア統一の際に暗躍した秘密結社「カルボナリ党」に由来するという説など諸説あります。

レストランでは卵を固まらせないよう生クリームを入れることが多いのですが、今回は生クリームの代わりにシチュールーを使います。
簡単で手軽にできるカルボナーラをお楽しみください。

【材料】(2人分)
・クリームシチュールー3かけ
・水250cc
・黒コショウ少々
・卵黄2個
・パルメザンチーズ大さじ4
・にんにく1かけ
・ベーコン3枚ほど
・玉ねぎ半分
・パスタ200g
・オリーブ油適量

【作り方】
①鍋に水を沸騰させ、火を止めた後ルーを入れて溶かし冷まします。

②オリーブ油をフライパンに入れて弱火で熱し、にんにくスライスしたものを入れて香りが出たら、ベーコンと玉ねぎを入れて炒めます。

③①の溶かしたルーが冷めた後、ルーに黒コショウと卵黄、パルメザンチーズを混ぜます。

④茹でたパスタを②に入れて炒め合わせ、③を入れて混ぜます。

余ったシチューアレンジ!ドリア

クリームシチュールーで作った残ってしまったシチューが簡単に姿を変えます!

ドリアとは、米を使った料理のひとつで、ピラフなど米飯の上にホワイトソースをかけてオーブンで焼いた料理です。
今回はピラフを作らず、シチューとご飯を混ぜる、という技を使います。
残ったシチューを使った手軽にできるアレンジなのでトライしやすいのではないでしょうか?
それでは熱々のドリアを楽しんでください。

【材料】
・余ったシチュー適量
・ご飯1人分
・とろけるチーズ適量
・パン粉 少々
・乾燥パセリ少々

【作り方】
①温めておいたシチューの具材をマッシャーなどで潰します。

②グラタン皿にご飯と具材を潰したシチューととろけるチーズ(少し)を混ぜます。

③①の上にシチューをたっぷりかけてとろけるチーズをたっぷり乗せたら、パン粉をかけてオーブンかトースターで焼きます。

④焼き色が付いたら乾燥パセリを散らしてでき上がりです。

余ったシチューアレンジ!ライスコロッケ

クリームシチューが余ってしまったとき、どうしたらいいでしょうか?
このアレンジメニューならまさかシチュールーで作ったシチューの残り物なんて誰も気づかないかもしれません。
このレシピはタネの時点で冷凍も可能です。
ぜひシチューが余ったら、試してみてください。
じゃがいものコロッケは定番ですが、今回はシチューとご飯で作れるコロッケです。

【材料】(4人分)
・シチュー
・ごはんシチューと同量
・粉チーズ適量
・塩コショウ適量
・小麦粉適量
・卵適量
・パン粉 適量

【作り方】
①シチューの中の具をマッシャーで潰します。
潰れない具は包丁で刻んでください。

②ご飯を①に入れます。
柔らかすぎるときご飯をもう少し足してもいいです。
形成できるような固さに、ご飯の量で調整してください。

③粉チーズを加えて、塩コショウで味を微調整します。
ちゃんと味見をして、味をきちんと整えましょう。

④タネを俵型に形成します。

⑤作ったら冷凍庫に入れます。

⑥冷凍しておいたタネを取り出したら小麦粉、溶き卵、パン粉の順でつけて170℃~180℃の油で揚げます。
ケチャップを敷いてその上に乗せ、パセリを飾りましょう。

残りシチューアレンジ!ロールキャベツ

クリームシチュールーで作ったシチューが余ったらこのアレンジでいかがでしょう?
ロールキャベツとは湯通ししたキャベツの葉でひき肉などで作ったタネを俵型に巻いたものを、ブイヨンやトマト味のスープもしくはホワイトソースなどで煮込んで作った料理です。

以下はロールキャベツから作るレシピですが、時間がない方はロールキャベツは冷凍ものを使うとより簡単です。

【材料】
・キャベツ1玉(小さいもの)
・水大さじ1
・ひき肉(合挽き)300g
・卵1個
・玉ねぎ1/2個
・パン粉 大さじ2
・塩小さじ1/2~1
・コショウ、ナツメグ少々
・クリームシチューの残り
・あれば生クリームまたは牛乳適量
・塩コショウ少々
・コンソメ1個

【作り方】
①キャベツは芯をくりぬき、水をかけてラップで包みレンジで500w10分加熱します。
余熱で蒸らして外側から順にはがします。

②ひき肉・卵・玉葱・パン粉・塩・コショウ・ナツメグを入れて、手で粘りがでるまで混ぜます。

③②のキャベツを広げて、手前に②を置き、(巻きにくいようなら芯を薄くそぐ)左だけ折り込んで巻き、巻き終えたら、反対側の端を内側に押し込みます。

④鍋にロールキャベツを敷き詰め、クリームシチューと生クリームを注ぎ、コンソメを入れ弱火でコトコトと煮込みます。
焦げないようにしましょう。
塩コショウで味を整えたらでき上がりです。

アイデアと工夫次第で

いかがでしたか?
アイデアと工夫次第できっとリメイクやアレンジ方法はかなり広がっていきますよ!

これでルーが余った時も、シチューが余ってしまった時も、以前のようには困らないです済ますね。

ぜひ今度今回学んだことを思い返して、活用してみてください。
そうすれば何より節約になりますし、食卓に変化を持たせることができるので、自分も飽きず、家族も大喜びしてくれるでしょう。