夏の楽しみ枝豆を栽培しよう!実が入らないのはなぜ?

夏の野菜といえば枝豆です。
ビールのおつまみ、おやつ、夕食の1品にと大活躍してくれます。

枝豆は栽培も比較的簡単にできますので、家庭菜園にもおすすめです。
しかし、「実が入らない」というお悩みもよく耳にします。

原因を考えてみましょう。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

ご飯に合う味噌を使った料理とは?いろいろなレシピをご紹介

日本人の食卓に欠かせないものといえば、やはりご飯ではないでしょうか。炊きたての白米とおか...

お米の正しい保存方法は?長期保存にベストなお米と保存方法

お米の保存方法に悩んでいる方は多いのではないでしょうか?お米は正しい保存方法でないと美味しくな...

ご飯の最適な保存方法と保存目安は?夏場は特に注意が必要!

ご飯を炊いたものの、食べる人の都合によって、余ってしまうことってありますよね。そんな余っ...

玄米餅の作り方が簡単にできる炊飯器のもち米モードを紹介

普通のお餅は白米のもち米を使いますが、玄米餅はもち玄米を使っています。玄米ともち玄米は似てい...

玄米甘酒を手造りしてみよう!驚くべき効能と栄養&造り方!

「甘酒」は、飲む点滴・飲む美容液とも呼ばれる日常に摂り入れたい発酵食品のひとつです。甘酒には、...

自由研究にも最適!家庭の玄米を発芽させて苗から米作り

子どもの食の安全や健康、自身の健康や体力作りのために、家庭菜園を始める人が増えています。きゅ...

即席のインスタント味噌汁は健康や栄養面はどうなの?

一般的に、味噌などの発酵食品は身体にいいとされていますね。味噌汁といえば、お湯を注ぐだけで簡単...

人気の玄米!だけど無農薬でも安いと危険?安全の見分け方

環境問題の観点や健康志向の高まりで、無農薬で作られた玄米が人気です。そんな体にいいものを少し...

体に優しい玄米粥の作り方とは?玄米を使ったスイーツレシピ

玄米とは、収穫したお米からもみがらだけを除いたものです。玄米は高い栄養効果や美容効果が注目され...

豆腐はレンジで温めるだけでとても美味しく変身!お試しあれ

皆さん豆腐をレンジで温めた経験はありますか?実はレンジを使って豆腐を温めると簡単に水切りができ...

玄米の栄養について!玄米と白米はカロリーに差はあるのか?

玄米は健康や美容に良いというイメージは皆さんお持ちですよね。日々の食事の主食である白米を玄米に...

炊飯器で保温したお米が黄色くなった理由は?味や栄養は?

毎日食べるお米、炊飯器で炊いた後に保温する方は多いことでしょう。しかし、保温したお米が、黄色く...

食事に添えて簡単に取れる、味噌玉の具におすすめの食材

味噌玉という言葉を耳にしたことがあるでしょうか?味噌玉はとても簡単に作れますし、味噌玉を...

オーブンがなくてもOK!小麦粉のお菓子はレンジでできる?

オーブンがないという方、暑い日にオーブンを使わずお菓子作りをしたい、という方もいらっしゃると思いま...

納豆と味噌汁の栄養について!それぞれの栄養効果について

納豆と味噌汁は、日本人の食事に欠かせないですよね。毎日食べているという方も多いのではないでし...

スポンサーリンク

夏の野菜、枝豆を栽培しよう

夏に食べたい野菜といえば、枝豆ですよね。
塩茹ではもちろん、サラダのトッピングや、混ぜご飯にしても美味しい野菜です。

夏になったら、絶対に食べたいものです。
ところで、枝豆と大豆は同じものだとご存知でしたか?

大豆を未成熟な状態で収穫するのが枝豆。
完熟した状態で収穫すると大豆です。

ですので、枝豆の種は大豆のことなんですよ。
さて、それではそんな枝豆を、自宅で栽培してみましょう。

夏の楽しみが、ひとつ増えることになりますよ。
枝豆栽培のポイントは、肥料を控え目にすることです。

マメ科の植物は、根についている根粒菌を利用して、窒素肥料を自分で賄うことができます。

ですので、窒素肥料をやりすぎてしまうと、枝や葉ばかりが茂ってしまい、実が入らない原因になってしまいます。

種から育てる場合は、ポットで苗になるまで育てましょう。
4~5月の間に、苗を植え付けます。

家庭菜園でしたら、鉢やプランターに植え付けましょう。
株同士の間隔が、30cmほど開くくらいの大きさのプランターを選びます。

地植えするのであれば、土づくりが済んだ畑に、幅70~80cm、高さ10cmの畝(うね)を作ります。
黒マルチで覆って、間隔を30cmほど開けて株を植えます。

枝豆栽培のポイント

水やりの頻度は、プランターでしたら、土の表面が乾いたら水を与えましょう。
花が咲いてからは気を付けてください。

花が咲いた頃から実がつくころまでの間に乾燥すると、葉や実が落ちてしまいます。
枝豆栽培に使う土は、野菜用の培養土でOKです。

肥料は、土づくりの段階で緩効性肥料を混ぜ込んでおきます。
追加の肥料は不要です。

前項でもお話した通り、肥料の与えすぎは実が入らない原因になります。
ただ、花が咲き始めたら2~3日に1回、薄めた液体肥料を水やり変わりに与えると、実の付きが良くなります。

開花の目安は、種まきから40日後くらいです。
枝豆は、上に向かって茎を伸ばします。

生長すると、風を受けて倒れやすくなりますので、30cmほどになったら、株元の土を寄せます。
支柱を立てておくのを忘れないようにしてください。

枝豆のサヤが付くのは、葉や枝のつけ根です。
ですので、枝数が増えると、収穫量が多くなります。

枝数を増やすために、摘心を行いましょう。
本葉が5枚出てきたら、頂芽を摘み取ります。

そうすると、養分が側枝に回り、枝数を増やすことができます。

枝豆の収穫適期を見逃さないで

枝豆は収穫適期が短い野菜です。
美味しく収穫できるのは、3日程度と言われています。

種まきから80日~100日を目安に、早めに収穫しましょう。
収穫の目安は、サヤです。

膨らんだサヤを指で押してみましょう。
実が飛び出してくる状態でしたら、収穫のベストタイミングです。

もし収穫が遅れてしまうと、実が硬く、黒くなってしまいます。

枝豆は未熟豆を食べる野菜ですので、サヤの中の実がすべて膨らむのを待っていると、採り遅れになってしまいます。

8割ほど膨らんだら、収穫適期と考えましょう。
採れたての美味しい枝豆が食べられるチャンスですので、見逃さないようにしてくださいね。

枝豆は、枝から切り離すと急激に鮮度が落ちます。
収穫後、すぐに茹でると美味しく食べられますよ。

ちなみに枝豆は、栽培期間が長い野菜です。
栽培の手間がかからないので、初心者にも手が出しやすい野菜ですが、種まきから収穫まで80日かかります。

栽培した野菜をすぐに食べてみたい、という人には向かないかもしれません。
じっくり野菜と向き合って栽培したいという人におすすめします。

枝豆栽培のお悩みとしてよく聞くのが、「実が入らない」という状態です。
どうして実が入らないのか、考えてみましょう。

枝豆栽培で実が入らない原因

枝豆を栽培して、実が入らない場合は、このような原因が考えられます。

<日当たり>

日当たりの良い場所で栽培しましたか?
枝豆は、日当たりの良い、保水性のある土壌が適しています。

日当たりが悪い場所で育てると、茎ばかりが伸び、花の付きが悪くなります。

<水不足>

上の項でもお話しましたが、開花期に水不足になると葉が枯れてしまい、実があまり付かなくなります。
開花期に雨がよく降れば良いのですが、晴れが続くようであれば、1日1回、朝か夕にたっぷり水をやります。

ここでは、表面が濡れる程度では足りませんので、たっぷりと水をやることが大切です。

<肥料のやりすぎ>

上の項でもお話しましたが、枝豆は肥料をやりすぎると、葉ばかりが茂って実が入らなくなります。
枝豆は根に付く、根粒菌が窒素を供給してくれるので、肥料で窒素を補給する必要がありません。

肥料を与えるのであれば、窒素成分が控え目のものか、肥料自体を控え目にします。

<カメムシによる虫害>

カメムシは、マメ科の植物を好んで集まってきます。
付き始めたサヤから汁を吸うため、実が入らない、実の変形などの影響を及ぼします。

害虫被害で実が入らないこともある

枝豆の天敵であるカメムシですが、どのように撃退すればよいのでしょうか。
カメムシは、名前通り亀のような形をしています。

触ると強烈な匂いを発しますので、触ってしまって大変な目に遭ったという人もいるかと思います。

マメ科に集まるカメムシの種類としては、「マルカメムシ」「イチモンジカメムシ」「ホソヘリカメムシ」などです。

葉を食べることはせず、針状の口を野菜の実や、茎に差して養分を吸い取ります。

見た目にわかりにくい被害ですので、栽培していて、気付かないうちに被害が拡大してしまうということもあるので、注意が必要です。

幼虫、成虫ともに害虫ですので、1年中気を付けなければいけない存在なのです。

カメムシを放っておくと、産卵をして数を増やし、群生します。

枝豆は及汁され続けると生育不良になり、実が入らないといったことや、ひどくなると株が枯れる原因にもなります。

カメムシはあらゆる植物に寄生するため、自分の菜園だけ防除しても、すぐにほかの畑からまた飛来してきます。

予防と対策としては、まず見つけたら、すぐに駆除することが基本です。
卵は葉の裏に産み付けられるので、見つけ次第処分します。

防虫ネットも有効です。
もし、大量発生してしまったら、薬剤の利用も考慮に入れておきましょう。

農薬は使いたくないと思われる人も多いと思いますが、生育の初期や収穫前の段階で、決められた量と回数を守って使えば、影響はほとんどありません。

実が入らない原因がわかったら茹で方も学ぼう

枝豆栽培の、実が入らない原因や対策がわかりましたね。
野菜の栽培で、いちばん喜びを感じる瞬間は、収穫した実を美味しく食べるときです。

せっかく収穫した枝豆なのですから、美味しく食べたいですよね。
少しだけ手間をかけて、茹でてみましょう。

【材料】

・枝豆 200g
・塩 40g
・水 1ℓ

【作り方】

①枝豆を洗い、キッチンバサミで両端を切り落としておきます。

②分量の1/3の塩を枝豆に振りかけ、塩もみして産毛を取ります。

③残りの塩を入れた水を沸騰させ、塩が付いたままの枝豆を入れます。

④お湯が再沸騰してから、4分ほど茹でます。
落し蓋をするとベターです。

⑤ひとつ食べてみて、茹で上がっていれば、ザルに上げて冷ましましょう。
うちわなどで扇いで、一気に冷やせば、色も鮮やかになります。

しかし、水にさらすのはNGです。
せっかくの枝豆が、水っぽくなってしまいます。

柔らかめの枝豆がお好みであれば、茹で時間を5分にしてみてください。
ほっこりとした食感になります。

自分で栽培した枝豆は美味しい

枝豆を自家栽培して収穫し、美味しく食べられると幸せですね。
茹で上がった枝豆の美味しさは、格別なことでしょう。

上記でお伝えした栽培のポイントを参考に、枝豆を栽培してみてくださいね。
もし、実が入らなかったとしても、次の年に教訓を生かして再チャレンジしてほしいです。