ホームベーカリーで食パンを焼くには?たっぷりバター風味

ふつうの食パンはもう飽きました!?

どうせ作るならブリオッシュやホテル食パンのようなバター風味たっぷりのリッチな食パンを作ってみましょう!

今回はホームベーカリーでバター食パンを作るレシピを紹介します。
自分で作るともちろん節約になりますし、イーストフードなどの添加物がないため安心して食べられますよね。

ホームベーカリーをセットして眠りにつくと、次の日バターの香りで目覚めることができます。
朝ごはんが楽しみになりますよ!

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

炊飯器でご飯の保温って何時間していいの?丸1日できる?

炊飯器の保温機能を使っている人は多いですよね。しかし、何時間使っていいのか知っている人は、少...

料理本にある水1カップとは?日本と外国の計量カップ!

近年では外食をする機会が増えていると思いますが、健康面を考えて自宅で手料理をする方も多くなってきて...

炊飯器がなかったら、水の量は手を使って計る!

ご飯を炊くとき、どのように炊いていますか。炊飯器任せですよね。もし、炊飯器がなかったら、...

体に良くておいしい!玄米ピラフを圧力鍋で作る時短レシピ

玄米は体に良いことはわかっているけれど、硬くてポソポソしているからおいしくないと思っている方は多い...

作ってみて!クッキーがサクサクで美味しいレシピをご紹介!

小麦粉やバターの値上がりで、市販されているクッキーの価格が高くなってしまいました。クッキーは...

栄養価の高い発芽玄米の作り方!ヨーグルトメーカーで作れる

皆さんは、発芽玄米をご存知でしょうか。身体にとても良いそうですが、発芽玄米はどのようにして手...

生チョコ作りのポイント!生クリームは動物性?植物性?

柔らかくて、どこか高級感さえ感じる生チョコは美味しいですよね。手作りしたけれど、上手くいくか...

醤油50cc入れる和食のレシピって何?どうやって量ればいい?

醤油は和食作りに欠かせない基本の調味料です。しかし、レシピの材料に醤油50ccとあったら、ど...

ホームベーカリーを使いこなすには?知っておきたい発酵温度

自動で簡単にパンが作れる「ホームベーカリー」。パン以外にも、ピザの生地や餃子の皮なども作れて、...

電子レンジでの焼きそばの作り方のコツや便利グッズをご紹介

電子レンジ調理が人気の今、おすすめなのは焼きそばです。作り方は容器にまとめて材料を入れるだけ...

忙しい朝は食パン×△△で簡単&美味しいアレンジを楽しむ♪

1日の活力を補うために欠かせない朝食、皆さんはしっかり食べていますか?忙しい朝は簡単に食パンで...

塩少々は何グラムが適正かを知って、美味しい料理を作ろう

料理にかかせない、調味料の基本の「さしすせそ」のひとつの塩ですが、レシピに書いてる場合は、少々...

美味しいお味噌汁が簡単に作れる!便利な味噌玉が今話題!

突然ですが、皆さんは、お味噌汁を食べていますか?お味噌汁が健康に良いのは分かっていても、忙し...

バター・マーガリンでお菓子を作るときの混ぜるポイントは?

最近はバター不足なため、値段も高くなっており、数量制限してるお店もあります。その点、マーガリ...

カレーの野菜が溶けるのを防いで誰でも美味しく作る方法!

お店のカレーは具だくさんで味が染みていて美味しいですよね。真似して美味しいカレーを作ろうとしっ...

スポンサーリンク

ホームベーカリーでパンを焼く時の注意点は?

ホームベーカリーのタイマーを使って朝焼き立ての食パンなどを食べたい!という方は多いと思います。
機械に材料を入れて何時間か放置する形になるので、以下の点注意しましょう。

①ドライイーストは絶対濡らさないでください。
イーストは濡れると発酵を始めてしまいます。

材料を入れるとき、強力粉は最後に中央を高くして入れ、頂上にくぼみを作ってそこにドライイーストを置きます。
こうすることで、こね始めるまでドライイーストは水に触れることがなくなりますね。

②生地の様子をどうしても見たいときは、ドライイースト以外の材料で、まず少しこねます。
そして上にドライイーストを入れて、タイマーコースをセットしてください。。
ドライイーストを自動投入してくれる機器であれば、ドライイーストの入れ方などは全く問題ないのですが、その他の機種では気をつけましょう。

③こね始めるまで時間があるので、夏場はその時間を見込んで、水の一部を氷(2、3個)に代えましょう。
また、夏場でなくても牛乳、卵、生ものなどの腐敗の可能性のある食材は避けましょう。バターはタイマーコースで使っても大丈夫です。

基本のバター食パンはタイマーOK

ホームベーカリーでタイマーセットして作りたい場合はこのバター食パンはいかがでしょう?

タイマーを使う場合はドライイーストの入れ方(水に触れさせないことで発酵させるのを防ぎます。)と冷水または氷を使うこと(温度を下げて腐敗を防ぎます。)が注意すべき点です。
簡単にバター風味のパンが作れてしまいますよ!

【材料】
・強力粉 200g
・薄力粉50g
・スキムミルク 大さじ3
・砂糖大さじ3
・塩小さじ1
・バター30g
・冷水18cc
・ドライイースト小さじ1

【作り方】
①ドライイースト以外の材料をパンケースに(強力粉は最後に入れます)入れ、ドライイーストは強力粉のくぼみを作ってそこに入れます。

②夏場は氷+水で全部で180ccになればよいです。

③焼き色は淡色でパンコースで予約セットしましょう。

④焼きあがったら取り出して冷まします。

ホームベーカリーで豆腐バター食パン

豆腐を入れるとヘルシーなだけでなく、ふわふわな食パンができあがります。
その理由は、豆腐に熱が加えられるとにがりの成分とたんぱく質が結びついて、豆腐が引き締まり、ふわふわ感が出るからです。
バターと豆腐のハーモニーをお楽しみください。
これから紹介するのは、ホームベーカリーで簡単にできるレシピです。

【材料】
・強力粉250g
・砂糖30g
・塩3g
・バター25g
・絹ごし豆腐150g
・牛乳80cc
・ドライイースト3g

【作り方】
①豆腐と牛乳をまず入れ、バターは角切りにして入れます。
強力粉を入れ、砂糖、塩を加え、強力粉を少しくぼませてドライイーストをくぼみに入れます。
もしくは機械の所定の場所にセットしてください。
もしドライイーストを別にセットする形であれば、他の材料を入れる順番は問いません。
②セットして、ホームベーカリーの食パンコースで焼きましょう。

③焼きあがったら速やかに取り出して、網にとって冷ましましょう。
できあがりです。

バターの香りがたまらない!ブリオッシュ風食パン

焼きあがる前からバターの香りが漂い、焼き上がりが待ち遠しい食パンです。
ブリオッシュとは材料にバターや卵を多く使用した、黄色い生地の甘いフランス発祥のパンです。
ホームベーカリーでもこんなにリッチなパンが焼けるのです!

【材料】
・強力粉250g
・薄力粉100g
・バター①20g
・バター②120g
・砂糖35g
・塩4g
・ドライイースト3g
・卵1個
・牛乳160cc

【作り方】
①卵と牛乳は合わせて混ぜておきます。

②①の卵牛乳とバター以外の材料を全部入れ、普通のパンコースでスタートさせます。

③粉が混ざってきたら①を加えます。
一塊になったらバター①を入れます。

④ミックスコールが鳴ったらバター②を入れます。
柔らかすぎるように見えますが大丈夫です。

⑤焼きあがったらケースから出して冷まします。

ホームベーカリーでチーズバター食パン

チーズパンと言ってもチーズは乗せるだけの簡単バター食パンです。
ホームベーカリーを使うと、子供から大人まで大好きなチーズバター風味のパンを簡単に焼くことができます。
焦げたチーズの香りについつい食欲が増してしまうかも。一味違った食パンをお楽しみください。

【材料】
・強力粉300g
・薄力粉70g
・ドライイースト4g
・バター40g
・砂糖30g
・牛乳270cc
・とろけるチーズ60g

【作り方】
①牛乳を先に入れ、粉類、バター、砂糖を加えます。
ドライイーストを粉のくぼみに入れ、パンコースをスタートさせましょう。

②焼きが入る前、焼き上がりの一時間くらい前にチーズをパラパラと生地の表面にまんべんなく乗せます。

③焼きあがったら型から取り出して冷ましましょう。
チーズが熱いのでやけどにご注意ください。
できあがりです!

パン型で!バターたっぷりのホテル食パン

ホームベーカリーを使って発酵させますが、形成、焼き上げはホームベーカリーから取り出して行います。
艶出しに最後にバターを塗るのでますますリッチな風味を楽しめますよ!
少し手間をかけても美味しいホテル食パンを楽しみたいという方(とは言いましても簡単にできますので)ぜひ挑戦してみてください。

【材料】(一斤分)
・強力粉250g
・砂糖30g
・スキムミルク10g
・塩5g
・ドライイースト3g
・卵1個
・牛乳130cc
・バター30g
(はさみ込み用)
・バター適量

【作り方】
①ホームベーカリーの生地コースで生地を作ります。
材料を液体から入れ、最後に強力粉のくぼみにドライイーストを入れて、スタートします。

②生地ができたら、取り出してガス抜きをして生地を4等分します。
丸め直して濡れ布巾をかぶせ15分休ませます。

③生地を楕円にのばし、両端を折り込み、手前からくるくると巻いていきます。
筒状のものが4つできます。

④薄く油を塗った型にきっちり生地を並べ、二次発酵させます。
(50分ほど。)

⑤生地の真ん中をキッチンバサミでカットし、バターを薄く切ったものをはさんでいきます。
刷毛で表面に卵を溶いたものを塗ります。
(分量外)

⑥180℃で30分焼きます。
焦げそうなときはアルミ箔で覆います。

⑦焼きあがったらすぐ型を少し上から(10~15㎝)ドスンと落とします。
※パンにはグルテンというたんぱく質の膜があり、焼くとその中の水分が水蒸気となってグルテンの膜が膨らんでいきます。
しかし焼成後に冷めると水蒸気に引っ張られてしまうため縮んでしまうのです。
そうなるとパン自体が一回り小さくなってしまいますし、パンの上が凹む場合もあります。
それを避けるために、パンを落としてグルテンの膜にひびを入れ、中の水蒸気を出すのです。

⑧網に出して冷まし、刷毛で表面にバターを塗ります。

食パンは買うよりも手作りはいかが?

もちろん安い食パンはありますし、近くにパン屋さんがあるかもしれません。

しかし、節約のため、健康のため、そして何より家族の笑顔のため、パン作りしてみられるのはいかがですか?

自分で食パンを作ってみて、焼き立てのパンがどんなに美味しいか分かってしまうと、もうやめられませんよ!
趣味と実益を兼ねて、ぜひこの機会にトライしてみられますように。