玄米、醗酵食などで美と健康を目指す、正しい食の情報メディア

健康人口倍増計画

「あれ?これ片栗粉と小麦粉、どっちだっけ?」見分け方は?

      2017/08/31

「あれ?これ片栗粉と小麦粉、どっちだっけ?」見分け方は?

お料理でよく使う、片栗粉と小麦粉。
どちらも白い粉で、袋から出したらどっちか分からなくなってしまった、なんて経験はありませんか?

例えばから揚げを作る時、片栗粉を使うのと小麦粉を使うのとでは、仕上がりが全く変わってきます。
お菓子を作るときもそうですよね。

本当は小麦粉を使うところを、間違えて片栗粉を使ってしまった…なんてことにならないために、見分け方を勉強していきましょう。

スポンサーリンク

  こんな記事もよく読まれています

カロリーゼロは万能ではない!どんな食品でも摂りすぎに注意

カロリーゼロの食品を利用したことがありますか。 小腹が...

カロリーは1日に摂って使って!健康で綺麗な女性を目指そう

皆さんはダイエットをしたことがありますか? 女性であれ...

カロリーはダイエットとは全く関係ないの?多面的に解説

カロリーを抑えればダイエットできるという話をよく耳にしま...

必要カロリーはそれぞれ違う?女性の一日に必要なカロリー

暑い日が続き、今年はいわゆる「酷暑」といわれています。 ...

カロリーが気になるなら牛乳とヨーグルトどちらがおすすめ?

カロリー制限中やダイエット中でも必要な栄養素はバランスよ...

豚肉は高カロリーそうだが、ダイエットに向いているのか

豚肉のダイエットが注目されているそうです。 しかし、豚...

外で食べるカロリーが高いご飯メニューとメリットデメリット

一食で最もカロリーが高いご飯と聞かれたら、それはビュッフ...

若人こそ一食のカロリーが大切!おかずだけで500kcal以上を

1日に必要なカロリーを推定必要エネルギー量と言います。 ...

栄養満点の味噌汁の作り方!ほうれん草の下茹での必要性は?

ほうれん草は、お野菜の中でも特に栄養価が高いと言われてい...

味噌汁の具にもやしを使うとこんなに良いことがあります

暑かったり寒かったり、天候の関係で価格の変動が激しくなっ...

冬が旬のぶり!ぶりの風味豊かな味噌汁のレシピとは?

お料理のメインになるぶりですが、味噌汁の具材にしてもとっ...

納豆に味噌や砂糖を加えると美味しい?!色々な納豆の食べ方

食卓に加えると、食べ応えも栄養も十分に発揮してくれる納豆...

牡丹鍋は味噌味が最強!その歴史と分布・作り方をご紹介

近年はジビエが流行したりと、ちょっと変わったお肉を食べるの...

離乳食の味噌汁はいつからOK?作り方と注意すべきポイント

生後5ヶ月頃から始まる離乳食、赤ちゃんが食べる練習をする...

実はおでんに味噌をつけるのが密かな人気!実際に食べてみた

肌寒くなってくると恋しくなってくるのがおでん。 近年、コ...

ふきのとうで作る「ばっけ味噌」が美味しい!保存のコツとは

山菜がスーパーに出回り始めると「春」を感じますね。 春...

文明開化の味?牛鍋のレシピ!醤油味も味噌味も簡単に!

牛鍋を食べられるお店は、現在減りつつあるようです。 そん...

自然薯はとろろ以外にもレシピが豊富!味噌汁にしても美味!

自然薯は、一般的にはとろろにして食べることが多いですよね...

トランス脂肪酸は危険?マーガリンに多いって本当?

近年、マーガリンはトランス脂肪酸が多いから体に悪いという...

トランス脂肪酸を含まない油を選んで健康生活を送りましょう

心血管系疾患リスクや、その他の健康被害に影響を及ぼすこと...

スポンサーリンク


片栗粉と小麦粉の違い?見分け方はあるの?

それでは、片栗粉の成分から見てみましょう。

片栗粉はユリ科の「カタクリ」の根から摂れるデンプンを精製して作られています。
最近では、カタクリの収穫量が少なくなったため、ジャガイモのデンプンを使用している場合も多いそうです。
他の物は入っておらず、デンプンが100%です。
「とろみ粉」などと呼ばれる場合もあります。

対して小麦粉は、名前の通り小麦を挽いて作られたもので、70%~80%がデンプンで、1割程度のたんぱく質も含まれています。
このたんぱく質の含有量で、「強力粉」「中力粉」「薄力粉」の種類が分かれています。
たんぱく質が一番少ないものが薄力粉、次に多いのが中力粉、一番多いものが強力粉です。
薄力粉はお菓子やてんぷらなどに使われることが多く、中力粉はうどんなどに使われます。
強力粉はパンやピザ生地、餃子の皮などに使われることが一般的です。
どちらも白い粉で、パッケージから出してしまうと、どっちがどっちか分からなくなってしまうこともよくありますよね。

しかし、使い方を間違えてしまうと料理の仕上がりがかなり違ってしまうので、注意が必要です。

きちんと見分け方を勉強して、間違えないようにしましょう。

小麦粉も片栗粉も、どちらも白い粉…見分け方にはコツがいる?

では見分け方を勉強していきましょう。

まず一目見て、気づく人は気づきます。
何が違うのでしょうか。

例えば、小麦粉だけを見て「これは小麦粉だ」と判断するのは難しくても、小麦粉と片栗粉を並べると、「こっちが小麦粉で、こっちが片栗粉だ」と判断することができるのです。

それは、色が微妙に違うからなのです。
どちらも白いことに変わりはないのですが、その白さに少し違いがあります。

片栗粉は完全な真っ白、雪のような白さですよね。
対して小麦粉はというと、少しだけ黄みがかっているのが分かりますか?
オフホワイトというか、生成りというか…少しの差なので、比べてみないと判断は難しいかもしれません。

また、手で触って確かめるという方法もあります。
小麦粉はサラッとした手触りなのに対し、片栗粉はキュッキュッという感じがします。

もしも、見ただけで判断するのが難しい場合は、手に取って摘まんだり擦ったりしてみてください。
きっとあなたも見分けられることでしょう。

小麦粉と片栗粉、見分け方が分かったら使い方を勉強しよう

見分け方が分かったところで、それぞれの使い方を見てみましょう。

前述しました通り、小麦粉にはたんぱく質が含まれています。
従って、料理の打ち粉として使う場合は、片栗粉よりも小麦粉の方が焦げ付きやすくなっています。

揚げ物の衣として使う場合は、片栗粉はカリッと、小麦粉はしっとりした触感になります。
から揚げに使う場合は好みもありますし、両方を混ぜて使う場合もありますが、揚げ出し豆腐なんかには、小麦粉の方が向いているかもしれませんね。

どちらもとろみを付ける際には重宝されますが、片栗粉の方がより粘り気がある仕上がりになります。
あんかけチャーハンのあんや、中華料理には片栗粉の方が向いています。

逆に、トロッとしていながら粘り気の少ない、カレーやシチューなどには、小麦粉の方が向いています。

よく考えてみると、カレー粉やシチューの素には小麦粉が使われていますよね。

強力粉と薄力粉が分からなくなった時の見分け方…迷うのは片栗粉だけではない

片栗粉と小麦粉の見分け方の違いは分かったと思いますが、では同じ小麦粉でも薄力粉と強力粉の見分け方はどうでしょう。

片栗粉のときのように、見た目にはほとんど違いがなく、見分けるのは困難です。
しかし、使う料理によってはきちんと使い分けないと、全く違う仕上がりになってしまうので、注意したいところ。

パッケージから出して、同じような容器に移し替えて、「あれ?どっちだっけ?」となってしまった場合、見分けるには触ってみるしかないと思われます。

手でぎゅっと握ってみてください。
パラパラのままの方が強力粉、手の型が粉に付いた方が薄力粉です。
つまり、強力粉と比べると薄力粉の方が少ししっとりしているのです。

料理に使うときには、強力粉の方が歯ごたえがあり、「モチモチ」とした食感がより強くなります。
ですから、パンなどに使われるのですね。
対して薄力粉は「ふんわり」といった触感ですね。
ですから、ケーキなどには薄力粉が使われます。

クッキーなども、本来薄力粉で作るものなので、もしも強力粉を間違えて使用してしまうと、カチカチになるかもしれません。

片栗粉と小麦粉、それぞれを代用できるのか?

片栗粉や小麦粉の特徴や見分け方、それぞれに向いている料理などを紹介してきましたが、ではどちらかしかない場合代用することは可能でしょうか。

料理を始めてから、「あ!小麦粉がない!」となってしまったこと、ありませんか?
買いに行くには時間がないし、でも小麦粉がないと…。
そんな時、料理によっては片栗粉で代用できるかもしれません。

例えばから揚げや、肉や魚を焼くときの打ち粉として使う場合。
この場合は、少量で使うものなので、片栗粉を代用しても問題ないでしょう。
多少仕上がりに違いは出ますが、普通に美味しく食べられると思います。

また、片栗粉ではなくても、例えばムニエルなどに使う場合はお好み焼き粉などの味の付いた粉を使っても良いですし、お菓子作りの際にはホットケーキミックスを代用しても良いでしょう。

ただし、ホットケーキミックスには、小麦粉だけでなく砂糖やベーキングパウダーも含まれているので、レシピはホットケーキミックス用のものに変えたほうが無難かもしれませんね。

逆に片栗粉が足りない時にも、小麦粉で代用できる場合があります。
とろみをつけたい場合は特に小麦粉はもってこいですが、その際は水と小麦粉を1:1で溶いて使うようにしてください。

また、打ち粉として使用する場合や、揚げ物をする場合、片栗粉よりも小麦粉の方が焦げ付きやすいので注意しましょう。

片栗粉と小麦粉のカロリーや糖質の違い

見分け方も覚えた片栗粉と小麦粉がそれぞれ代用できることも分かりましたが、から揚げのようにどちらを使っても美味しく作れる場合、味の好みもありますがどちらを使うかカロリーや糖質を気にしてみるのも良いかもしれません。

どちらも粉ものなので、やはりお米などに比べるとカロリーはお高め。
健康維持の為にも、少しでもカロリーを抑えたい方はどちらを使うべきなのでしょうか。
結論から言うと、カロリーを抑えたい方は片栗粉を、糖質を抑えたい方は小麦粉を使うと良いです。
どちらをとっても、両方を抑えられるわけではないので、食べる時にはそれなりに覚悟して口にするようにしましょう。

片栗粉の場合、少量でとろみが付くので、あんかけなどの場合は片栗粉でとろみを付けるといいですね。
しかも、食感で満腹感が得られやすいのもオススメの理由です。

よく似ていても用途は違う!片栗粉も小麦粉もお料理には欠かせない

用途は違いますが、小麦粉も片栗粉もお料理には欠かせないものです。

見分け方をマスターして、きちんと使い分け、お料理のレパートリーを増やせるといいですね。

 - 料理のポイント