玄米、醗酵食などで美と健康を目指す、正しい食の情報メディア

健康人口倍増計画

お米とご飯の違いを知ってる?お米のアレコレ

      2017/08/05

お米とご飯の違いを知ってる?お米のアレコレ

日本人の食生活に欠かせないのがお米、世界からも注目されている人気の高い食べ物です。

そんなお米ですが、「お米」とも「ご飯」とも言いますよね?

日本人ならお米とご飯の違いについて、そしてお米に関するアレコレを知っておきましょう。

スポンサーリンク

  こんな記事もよく読まれています

カロリーゼロ甘味料の魅力とは?人気商品の特徴や用途を探る

1973年にお茶の間に初めて登場した、低カロリー甘味料「シュ...

米麹の甘酒はスーパーで買える!手軽な手作り甘酒もご紹介!

アミノ酸を豊富に含み、健康に良い飲み物として、甘酒は近年ブー...

オーガニックや無添加食品はやっぱり安心!おすすめ5選

現代はたくさんの食品に囲まれ食べることに困らない豊かな時代と...

1人暮らし向け電子レンジとオーブンレンジのおすすめ8選!

これから1人暮らしを始める方、1人暮らしで電子レンジやオーブ...

グルテンフリーなパンなら市販のアレルギー除去米粉パンを!

パン屋さんに並ぶさまざまな種類のおいしそうなパン。 そ...

甘酒や麹は市販の健康食品の中でも大人気!おすすめ理由詳細

今の食生活を改めて見つめてみた時に少し不安を感じることはあり...

味噌鍋にご飯を入れて美味しい雑炊を作るレシピをご紹介

味噌鍋を食べた後のスープを使って、うどんや雑炊を作ると美味し...

冬に食べたい味噌煮込み料理のレシピ!人気の食材は?

味噌煮込みの料理というと、恐らく誰もがイメージするのは愛知県...

味噌と豆腐でメインのおかずになる料理の作り方をご紹介

豆腐をそのまま使うだけでなく、より美味しく食べるために、豆腐...

バランスの良い食生活改善はダイエットだけでなく美容効果も

私たちは、食生活改善をすることでダイエットになり美容にも効果...

食事改善で便秘を軽減し、運動の継続で更に効果が見込める!

体に何らかの病的症状が見られた時、つい、薬に頼ってしまう傾向...

健康のためには食事改善!タンパク質はプロテインで補おう!

ダイエットやメタボリックシンドロームの予防のためには、食事改...

食事改善とダイエットを家事をしながら成功させてみよう!

健康のために、食事改善とダイエットに取り組んでいる方も多いこ...

海老と味噌を使ったヘルシー料理で美味しく食事改善を図ろう

健康の秘訣は、バランスの良い食事と適度な運動です。 食...

メタボリックシンドロームは食事改善で生活習慣病も防ごう!

飽食の時代と言われ、食べ物にあふれた生活を私たちは送っていま...

カロリーが高い食品や食材は一番太る?色々な食品を比較

カロリーが高いと太る、カロリーが低いと太らないと、よくいわれ...

美味しくて健康に良いと評判のオーガニックティーとは?

健康志向の現代人に、オーガニックティーが人気になっています。...

豚肉の味噌鍋レシピは色々!自分だけのオリジナルレシピ作り

寒い時には、身体が温まる味噌鍋レシピは最高ですね。 豚...

豆腐に味噌マヨネーズを合わせ栄養効果を上げるレシピを紹介

豆腐は、手軽に摂れるたんぱく質食品です。 歯が痛い時や...

子どものころから食生活改善!痩せるだけではないダイエット

私たちのほとんどは、ダイエットと痩せるという言葉を同じ意味と...

スポンサーリンク


お米とご飯の違いって?

日本の稲作(米作)には古い歴史があります。
日本が最初に稲作をしたと思っている人も多いかもしれませんが、そうではありません。

中国・インド・ミャンマーが原産地となっていて、そこから中国南部・東南アジアと稲作が広まったとされています。

そして、中国中部・北部・南アジア、それから日本といったように、稲作が日本へと伝わりました。

私たちの食になくてはならない「主食」として、さらに日本での米作りは歴史を深めていったのです。

稲作の稲から収穫できる小さな粒の実を「米」と言います。

「ご飯」は収穫した粒の実である「米」を材料として、お水を加えて、炊いてできたもののことを言います。

ちなみに「飯(めし)」は、召し上がるものという意味です。

昔は身分の高い人々に使うため丁寧な言い方で「ご飯」と言われていたことから、現在でも食事のことをご飯と言うようになったのです。

お米は稲から採れる実、ご飯はお米を食べるために炊いたものというわけです。

お米とご飯には、こういった違いがあったのですね。

白米とお米の違いって?

お米が稲作から収穫できる実のこと、ご飯はその実を食べれるように炊いたものと言うことは分かりましたよね。

では「白米」とは、どういう状態のお米のことを言うのでしょうか。

お米を炊いてできた日本のご飯は白いですが、では、このご飯と同じ意味で白米というのでしょうか。

正確には稲の実(お米)のことを、もみ殻と言います。
この籾殻(もみがら)を取り除くと「玄米」となります。

現代では、精米した白いお米のイメージが強いですが、精米をしていないお米(玄米)は茶色いのです。
なぜ茶色いかというと、玄米の周りを糠(ぬか)が覆っているためです。

ちなみに、この糠の下は胚芽になっています。

分かった人も多いかもしれませんが、この玄米の糠・胚芽を取り除くために精米すると「白米」と呼ばれるお米の状態になります。

これが白米とお米の違いです。

玄米から糠・胚芽が取り除かれる作業を精米と言います。
精米することで茶色い糠が取れて白米になりますが、この白米のことを稲の実の胚乳とも言えます。

白米と玄米に違いはある?

玄米の糠を取り除いて白米にしますが、なぜ白米にする必要があるのでしょうか?

玄米を白米にする、その理由をみてみましょう。

普段、私たちが食べている白いご飯はふっくらと、もちもちとしているイメージがありますよね。
玄米は白米を炊いたときと違い、固くて食感があまり良いとは言えません。

また、白米と違い粘り気がないので、そのまま食べることには適していません。

そういったことから、玄米は精米して、白米にされ、食べられているのです。

しかし、現代には玄米を炊くことができる機能がついた炊飯器も多くあり、玄米をおいしく食べることもできます。

でも、白米の方が食べやすくて美味しいのに、わざわざ玄米を選ぶ必要はあるのか?と考えた人もいるでしょう。

白米に比べ、食べにくいとも言える玄米をわざわざ選ぶことには、もちろん理由があります。

それは、ビタミン・ミネラル・食物繊維が豊富に含まれているからです。
そのため、玄米は健康を意識している人に好まれ、食べられているのです。

白米に比べ、噛みごたえもあるので、咀嚼回数が増え、満腹感を得やすいといったメリットもあります。

白米と玄米の中間?分づき米とは?

白米にも玄米にも、それぞれの特徴があります。

味や食感など、人によっては好みも違い「玄米の方が美味しい」、そう感じることも、もちろんあります。

ふっくらもちもちの白米は食べやすく美味しいですが、栄養は玄米の方が優れています。
どちらにも良い特徴がありますが、白米と玄米の中間くらいのご飯があればと思う人もいるでしょう。

「分づき米」って知っていますか?
この分づき米こそが、白米と玄米の間とも言えるお米です。

玄米を精米する際、糠をあえて少し残すことで、分づき米が出来上がります。

分づき米には、3分づき米・5分づき米・7分づき米といったように種類があります。

何となくお分かりになると思いますが、3分づき米は糠の茶色がよく残っていて、その分栄養も多く残されています。

玄米を少しだけ精米したのが、3分づき米になります。

そして、5分づき米は、まさに白米と玄米の中間です。
白に近いですが、胚芽部分は残っているので、白米より栄養があります。

初めて分づき米を食べるときにおすすめなのが、7分づき米です。
白米に近くいので、とても食べやすいです。

はちみつで美味しいご飯を炊く?!

日本のどの家庭を探しても、必ずあるのが炊飯器です。
もちろん、お米もどの家庭にもありますよね。

お米の種類はとても豊富で、お手頃に買うことのできるお米から、そうではない高級とも言えるお米まで様々です。

日本の主食ですから、お米は毎日使う家庭がほとんどでしょう。

いつも使っている炊飯器で、いつも食べているお米を美味しく炊いてみてはどうでしょうか。

使うのは「はちみつ」、たったのこれだけです。

お米を研いだら、お米2合分に対し、はちみつを小さじ1杯入れます。
はちみつをお米とお水に馴染ませ、1時間程度おいて、しっかりとお米に吸水させましょう。

あとは、いつものように炊くだけなので、誰でもできる手間のかからない炊き方です。

これをするだけで、安いお米も古くなってしまったお米もいつもと違い、ツヤのある美味しいご飯に炊き上がります。

はちみつの味や風味がご飯についてしまうのではないか、と思う人もいるはずです。

しかし、はちみつの甘さは全くありません。
美味しいご飯の甘みが引き出されたような甘みになるのです。

なぜはちみつで美味しいご飯が炊けるのか?

いつものお米と違いのないお米が、「はちみつを入れただけで美味しく炊ける」のは理由があります。

はちみつの糖分には、充分な保水力があります。
ボディケアやヘアケア用品に、はちみつが使われているのを見たことがある人は多いですよね。

それも、はちみつの保水力が関係しているのです。

美味しいご飯を炊けることに、このはちみつの保水力がなぜ、関係しているのでしょうか?

はちみつを入れてお米をおいておくと、はちみつの保水力で、お米は充分に水分を吸水します。

お水が充分に浸透したお米は、炊き上がりがふっくらとするのです。

また、はちみつに含まれるアミラーゼという酵素も大きく関係しています。

このアミラーゼは人間の唾液にも含まれています。
ご飯を噛んでいると甘みが増していくのも、唾液に含まれているアミラーゼが理由です。

そして、このはちみつのアミラーゼは、お米のでんぷんを分解し、糖にします。
そのため、はちみつを入れて炊き上がったご飯は甘くなるのです。

料亭などでも、この方法でお米が炊かれていることが多いので、試してみてはいかがでしょう?

日本人の主食「米」について知っておこう

普段、当たり前のように食べているお米のアレコレがわかりましたか?

お米とご飯の違いや、日本の米の歴史など、お米ってなんだか深いですよね。

はちみつで美味しいお米を炊く方法もとっても簡単なので、一度やってみてもいいですよね。

 - 玄米・豆・穀物