お菓子作りでメレンゲに失敗してしまう6つの理由と活用法

ケーキやお菓子のレシピを見ると、メレンゲという言葉がよく出てきます。

お菓子作りの最初の難関は、まずはこのメレンゲを上手に作ることではないでしょうか。

確かに、メレンゲ作りは簡単ではありません。

失敗することも多いでしょう。
しかし、失敗するのには理由があります。

今回は、メレンゲ作りについて見ていきましょう。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

味噌汁の簡単レシピをご紹介!一人分を作る便利な方法は?

一口すするとホッとする味噌汁は、食卓の一品として欲しくなりますよね。しかし、一人暮らしなどで一...

味噌玉の作り方は?オススメ具材と人気の組み合わせは?

朝のお味噌汁は、体も温まり、栄養も摂れて健康にもよいですよね。しかし、朝は時間がないのも...

小麦粉のグラム表示を大さじ・小さじ、カップに換算する方法

お菓子作りのレシピを見ると、小麦粉などの材料がグラムで表示されていることが多いです。キッ...

簡単で美味しい味噌玉!アレンジレシピのおすすめ一位を発表

日本人の食卓になくてはならないもの一位とも言える味噌汁を、毎日飲んでいる人も多いと思います。...

固形コンソメ1個は、顆粒コンソメの小さじ何杯なの?

料理本やレシピサイトを見ていると、コンソメの表示が固形コンソメであったり、顆粒タイプであったりし...

小麦粉を量るときにグラム数と計量カップを換算する方法

小麦粉は、料理やお菓子に使われ、身近な食材ですね。レシピにもよく登場するので、すぐに取り出せ...

教えて!味噌漬けした豚肉、鶏肉、魚は洗うべきなの!?

味噌漬けは、材料を混ぜて漬けておき、あとは焼くだけなので、非常に簡単に作ることができます。で...

目玉焼きを電子レンジで爆発させずに作る簡単なコツを教えて

みなさんは目玉焼きを作るとき、フライパンを使っているでしょうか。何個も作るならまだしも、一人分...

自宅で味噌作りをしよう!容器や大豆の大きさ選びがたいせつ

食卓に欠かせない調味料である味噌は、どこのご家庭にも必ず置いてありますよね。しかし、味噌作り...

電子レンジでもオーブンでも使える耐熱皿をタイプ別にご紹介

近年は、食卓でお皿として使える、耐熱皿の種類が充実しています。しかし、冷蔵庫に入れてある作り...

ちょっとした工夫でリッチな味噌汁を!海老だしを取る方法

お寿司屋さんに行った時など、海老だしの香り豊かなおいしい味噌汁を飲まれたこともあるのではないでし...

電子レンジのオーブン機能で焼き魚が簡単ジューシーに出来る

電子レンジで焼き魚が出来ることをご存知でしょうか。おそらくほとんどのかたが、コンロについてい...

基本の食パン作りから、砂糖やバターを使わない作り方

甘みのあるものから柔らかいもの、しっとりとしたものなど、食パンといっても、色々な食感や味を味わえ...

ヘルシーなてんさい糖を上白糖の代用にしてみませんか

てんさい糖という名前を聞いたことはありますか?近年、健康志向の甘味料ということでその名が上げ...

作ってみて!クッキーがサクサクで美味しいレシピをご紹介!

小麦粉やバターの値上がりで、市販されているクッキーの価格が高くなってしまいました。クッキーは...

スポンサーリンク

メレンゲ作りでありがちな失敗の理由①

お菓子作りでよく登場するメレンゲですが、作り方を習得するまでに失敗を繰り返した人は、数多く存在するはずです。

メレンゲは、卵白を泡立てたもので、お菓子に使われることが多いです。
メレンゲを使ったお菓子として有名なのは、シフォンケーキやガトーショコラですね。

そんなメレンゲですが、作るのにはコツが必要です。

ただ、かき混ぜるだけでは完成しません。
失敗する理由をいくつかあげます。

①時間がかかっている

メレンゲは、ハンドミキサーの最高速で、一気に泡立てなければいけません。
時間がかかってしまうと、卵白の温度が上がってしまい、うまく泡立ちません。

②泡立てすぎ

ぼそぼそになってしまい、ツヤがなくなってしまいます。
この状態になってしまうと、メレンゲ作りを諦めなければなりません。

③卵が古い

古い卵は水っぽくなっていて、泡立ちにくいです。
白身にコシがあるものを使いましょう。

④卵が常温

卵を常温にすると、速く泡立つのですが泡が壊れやすく、すぐに泡立てすぎの状態になってしまいます。

冷やしておいた卵は泡立ちにくいのですが、きめが細かい泡が立ちます。
卵は冷やしておいたものを使った方がよいでしょう。

メレンゲ作りでありがちな失敗の理由②

⑤ボウルに汚れが付いていた

いつまでたっても泡が立たない場合、考えられるのはボウルや器具に、油分・水分などの汚れが残っていたということです。

わずかな油分が残っているだけでも、繊細なメレンゲは泡立ちません。

メレンゲを入れるボウル、泡だて器はきれいに洗ったでしょうか?

もし失敗したくないのであれば、使う前にもう1度、キッチンペーパーで乾拭きするとよいでしょう。

それから準備の際に、他の材料が手についたまま、泡立て作業に取り掛かるのも、失敗の理由として考えられます。

手をきちんと洗ってから作業に入りましょう。

⑥卵黄が混入してしまった

卵を卵白と卵黄に分ける際、卵黄が崩れて混入してしまうと、それが少量であっても、メレンゲは泡立ちません。

卵を割るときは注意してください。
最後の1個で失敗すると、ダメージが大きくなります。

心配であれば、1つずつ、別々の小さな器に割り入れて、完璧に取り出せた白身だけを、ボウルに移し替えれるようにしましょう。

100円ショップなどで白身と黄身を分ける道具が売っていますので、それを利用するのも良いですね。

メレンゲの見極めが重要

メレンゲ作りでは、どのくらいの状態が完成の状態なのか、見極めることが重要になってきます。

ツノが立つまでといいますが、そのツノの状態がわかりにくいですよね。

よく書かれているのが、ツヤが出たら完成、逆さにしても落ちてこない状態で完成などですが、作るお菓子によってちょうど良い状態が違うので、その見極めはとても難しいです。

目安としては、シフォンケーキなどのふわふわなお菓子に使う場合は、ホイッパーですくった時に立ったツノが柔らかくおじぎする状態。

マカロンなどの硬く焼き上げるお菓子に使う場合は、しっかりと泡立て、ホイッパーですくった時に硬いツノがピンと立つ状態。

注意してほしいのが、先ほどもお伝えした「泡立てすぎ」という失敗です。

この状態になるとケーキとしては使えませんので、ある程度泡立ったら、注意深く観察しながらかき混ぜましょう。

ただ、このように文章でお伝えしても、わからないという人の方が多いと思います。
これは、やはり自分で実践してみないと、習得はできません。

大切なのは、失敗を恐れずに、何度も挑戦することです。

以前に失敗してしまったことがあるから、という理由で再挑戦をあきらめてしまうと、そこから上達しません。

大きな失敗さえしなければ、どうにかなります。
とにかく実践あるのみです。

これで失敗しない!メレンゲ作りのコツ

それでは、失敗しないメレンゲ作りをご紹介します。

まず、作業を始める前に、清潔なボウルを用意し、卵白は冷やしておきましょう。
これをする理由は、上の項でお伝えした通りです。

1.ハンドミキサーの低速で卵白を切るように混ぜ、コシを切ります

2.空気を含ませるようにしながら、卵白を泡立てていきます

3.全体的に泡が均一になり、白っぽくなってきたら、砂糖の1/3を加え、さらに泡立てます

4.気泡がさらに細かくなってきたら、さらに砂糖の1/3を加えます

5.メレンゲがしっかりと泡立ってきて、泡だて器で持ち上げたときにツノが立つようになったら、最後の砂糖を加えてしっかり混ぜ合わせます

卵白に、塩、もしくはレモン汁を少量加えるというレシピもあります。
卵白がほぐれやすくなることにより、泡立ちをよくするためです。

入れるのであれば、最初に入れます。

入れても入れなくてもメレンゲは作れますので、何回か挑戦して、自分がメレンゲを作りやすいレシピを見つけたいですね。

失敗したメレンゲ活用法

メレンゲ作りは失敗を恐れずに、何度も挑戦しましょうとお伝えしてきましたが、実際に失敗してしまった場合、卵がもったいないですよね。

そんなときは、アレンジして、別の料理にしてしまいましょう。

まず、作りやすいのが、ふわふわオムレツです。
メレンゲのどの状態で失敗したのかによりますが、砂糖を入れる前の状態であれば、卵黄を足して、フライパンで焼くだけです。

メレンゲがある程度泡立った状態であれば、ふわふわのオムレツが作れますよ。

砂糖を入れた後だった場合、別のお菓子にしてしまいましょう。
薄力粉を加えて、ドロップクッキーにしてしまうのもいいですね。

カスタードプリンも簡単に作れます。
パウンドケーキやマドレーヌは、膨らませるお菓子ではないので、材料を足して、型に流し込んで焼けばOKです。

中でもおすすめなのが、パウンドケーキです。

理由は、卵・砂糖・バター・薄力粉を同量用意すればできるので、失敗した卵白の量に合わせて作ることが出来るからです。

作り方も簡単なので、型がある人は、ぜひ作ってみてください。

失敗しても活用法がわかっていれば、卵を無駄にせずに済みますね。

失敗する理由がわかったら

メレンゲを使って作るガトーショコラを作ってみましょう。

材料(直径15cm丸型1台分)

チョコレート:150g

卵:2個

砂糖:70g

無塩バター:80g

薄力粉:35g

1.卵黄と砂糖(35g)をボウルに入れ、湯せんにかけながら泡立てます。
生地が人肌程度になったら湯せんからはずし、白くもったりするまで泡立てます。

2.溶かしたチョコレートとバターを加え、よく混ぜます。

3.別のボウルに卵白を入れ、残りの砂糖(35g)を3回に分けて加え、メレンゲを作ります。
上記でお伝えした、失敗しないコツを参考に泡立ててください。

4.チョコレートの生地にメレンゲの1/3を加えてゴムべらでさっくり混ぜ、ふるった薄力粉を再度ふるいながら入れ、泡をつぶさないようにさっくりと混ぜます。

5.残りのメレンゲを加え、底からすくうようにして、さっくり混ぜ合わせます。

6.型に生地を流し入れたら、トン、と型を3㎝くらいの高さから落とします。

理由は、中の空気を抜くためです。
生地の厚みも均一になります。

7.180℃に予熱しておいたオーブンで40~45分焼きます。

メレンゲ作りのコツさえつかめば、そう難しいレシピではないと思います。

ぜひ作ってみてください。

ケーキ作りは1日では上達しない

メレンゲ作りに限らず、お菓子作りというものは失敗してみないと上達しないものです。

試行錯誤して、上手に焼けたときは本当にうれしいものですね。

1度や2度の失敗でめげてはいけません。
とにかく挑戦です。

頑張って、おいしいケーキを焼けるようになりましょう!