玄米、醗酵食などで美と健康を目指す、正しい食の情報メディア

健康人口倍増計画

玄米摂取の効果って何がある?癌にも効くって本当なの?

      2017/03/27

玄米摂取の効果って何がある?癌にも効くって本当なの?

玄米には健康や美容面で効果があるという話を聞いたことがある方は多いのではないでしょうか。

癌にまで効くという噂もありますよね。

玄米は本当に身体に良いのでしょうか。

玄米を食べることで、具体的にはどのような効果が得られるのでしょうか。

今回はそんな玄米の効果について紹介します。

スポンサーリンク

  こんな記事もよく読まれています

トランス脂肪酸の含有量にこだわった日本のマーガリン

みなさんは、トランス脂肪酸をご存知ですか? トランス脂...

トランス脂肪酸が含まれたマーガリンの代用となるものは何?

パンに塗るのに欠かせないマーガリン。 そのマーガリンに...

野菜ジュースに頼りたいけど、どれくらいの栄養がとれるの?

野菜ジュースの種類は沢山ありますが、種類によってとれる栄...

家庭での味噌の作り方!大豆1kgの作りやすい分量でご紹介!

最近は発酵食が美容と健康に良い効果を与えると見直され、味...

田楽の味噌レシピをご紹介!残ったときのアレンジも

囲炉裏端で田楽を食べたことはありますか? 田楽は豆腐や...

豚肉の味噌焼きは驚きのカロリー控えめなダイエット料理

豚肉の味噌焼きは美味しくて、それだけでご飯がいくらでも食...

味噌汁の塩分濃度は何パーセントなのか?計算方法もご紹介

日本の食卓に欠かせない味噌汁。 しかし、塩分が高くて高...

手前味噌の作り方のコツは?初めてならビニール袋がおすすめ

最近、手作りの味噌が話題になっています。 手前味噌とも...

絶品!本格味噌鍋がカンタンに3ステップで完成!レシピ6選

鍋といえば、鍋つゆが命です。 後は好きな具材を入れるだ...

味噌汁の簡単レシピをご紹介!一人分を作る便利な方法は?

一口すするとホッとする味噌汁は、食卓の一品として欲しくなり...

別茹でなし!味噌煮込みうどんのレシピ!乾麺使用で時間短縮

うどん料理を作るとき、皆さんは市販の茹でうどんを使います...

美味しい味噌ラーメンの作り方は?簡単・本格両方紹介!

ラーメンは、とんこつや鶏を煮て、時間がかかるイメージです...

味噌入り鍋はおいしいうえに栄養満点!人気レシピの作り方

味噌入り鍋は体が温まりますし、野菜の甘味と味噌のコクが一...

手作り味噌の容器の大きさは?口の広さや大きい方がよい理由

近頃は、手作り味噌の材料や、容器がネット通販で買いやすく...

簡単な味噌汁のレシピ!栄養豊富なオクラを食べてみましょう

意外に知られていませんが、オクラは栄養が豊富です。 特...

焼きおにぎりに味噌を塗ってシソを添えると味と香りがアップ

焼きおにぎりには、味噌と醤油味があります。 こんがり焼...

ズッキーニを相性の良い味噌とチーズで美味しく食べよう!

みなさんは、ズッキーニを食べたことはありますか? ラタト...

手軽でおいしい味噌汁の作り方!なすの定番・斬新レシピ

なすの味噌汁と言えば定番の味噌汁の具のうちの一つかと思い...

毎年味噌を手作りするならホーロー。おすすめする5つの理由

手作り味噌のおいしさを一度知ったら、やみつきになってしま...

寒い冬にはユリ根の味噌汁はいかが?意外に豊富なレシピ公開

冬の高級野菜、ユリ根はどんな食べ方が好きですか? とは...

スポンサーリンク


栄養素が豊富な玄米

毎日のご飯は白米ですか?
それとも米を食べずにうどんやパスタ、パンばかりでしょうか?

玄米が健康や美容に良いと聞きますが、どんな風に良いのでしょう。

玄米には、白米の約6倍の食物繊維が含まれています。
便秘にお悩みの方には嬉しい数字です。

また、摂り過ぎたコレステロール・糖分・発癌物質などを体外に排出してくれる効果があります。

日本人の1日の食物繊維の理想的な摂取量は、約20~25gですが、5~10gほど不足しているのが現実です。

【玄米の効果】
1.代謝を良くしてくれます。
 玄米はよく噛まないと食べにくいです。
 そのお陰で代謝が上がります。

2.腸の働きを活発にしてくれます。
 食物繊維が豊富なので、便秘が解消します。

3.ストレスを緩和してくれます。
 脳の疲れ・精神的な疲れを和らげるGABAという成分が含まれています。

4.美肌にしてくれます。
 フィチンという成分が、美肌に効果があります。

5.血液をサラサラにしてくれます。
 糖尿病や癌・動脈硬化・脳卒中や心筋梗塞の予防に役立ちます。

このような玄米の効果を知るだけで1度は食べてみようと思った方も多いでしょう。

この後、よりこの玄米パワーについてお話していきます。

玄米の抗癌効果は予防や再発予防に最適!

玄米は癌予防に効果があります。

なぜなら五大栄養素がバランスよく含まれているからです。

五大栄養素とは、たんぱく質・脂質・炭水化物・無機質・ビタミンです。

RBF(Rice Bran F)という成分が、癌細胞が増える為に必要なエネルギーを阻止してくれます。
すると癌細胞は、次第に弱っていき、増殖できなくなるのです。

RBA(α-グルカンの一種)成分は、免疫を活性化させ、癌細胞を小さくする効果があります。
このグルカンは、きのこにも多く含まれている成分です。
きのこ類も、癌予防の食べ物として有名ですね。

グルカンは、集中力や免疫力を高める効果があります。
またRBAは、抗癌剤と同等くらいの治癒力を発揮するとも言われています。

そして玄米には、フィチンという成分が含まれています。
フィチンが体内に入ることで出来るフィチン酸は、化学物質や水銀・鉛など体内の悪い物質と結合し、それらを体外へ出してくれる働きをしてくれます。
これが、キレート作用と呼ばれるものです。

玄米に含まれるフィチン酸が抗癌に大活躍!

フィチン酸は、体内の放射性物質を体外へ追い出し、体内をきれいに掃除する働きをしてくれます。

このことは、東日本大震災が起きた時に、テレビやネットで何度も報じられていましたので、ご存知の方も多いのではないでしょうか。

長崎の原爆投下の後、玄米とわかめの味噌汁を食べた人達は、原爆症になった人が少なかったと、聖フランシスコ病院の秋月医師は言われていたそうです。

味噌のたんぱく質・ビタミン・ミネラルと、わかめのヨウ素・カルシウム、玄米のビタミン・ミネラル・フィチン酸・フェルラ酸などが、放射性物質を退治してくれた効果としか考えられないと仰っています。

万が一癌になってしまい手術を終えたとしても、体内はまだ癌体質にあるのです。

それを健康な体に戻す為にも、食事改善が大切になります。
白米を玄米に変えることで、体内の掃除をし、癌の再発予防に役立てていただきたいです。

ゆっくりとしっかり噛んで、海藻類・季節の新鮮な野菜・果物・きのこ類と共に玄米を召し上がってください。

抗癌だけじゃない!満腹感やストレス解消にもいい!

玄米が、抗癌に効果を発揮することは述べてきましたが、女性にはとくに嬉しいダイエット効果もあるのです。

玄米はよく噛まないと飲み込めません。
よく噛むことで、脳に刺激がいくのです。
たくさん刺激がいくと、満腹感を得られるので、食べ過ぎてしまうことがなくなります。代謝もよくなるので、体に脂肪が付きにくくなるのですね。

そして、玄米は白米に比べ、血糖値の上昇が緩やかです。
白米では、インスリンによる糖の代謝が追いつかないことがあり、そこで余った糖は脂肪となります。

また玄米には、ストレスを解消してくれる効果もあるのです。
仕事で疲れた体や精神は、ストレスでいっぱいになることが多いですね。
パソコンでの頭や目の疲れなど、一日中緊張した心と体を、ゆっくりさせてあげたいと皆思うものです。

玄米のGABA(ギャバ)という成分はアミノ酸の一種で、脳の緊張をほぐし精神安定剤の効果もあるので、イライラの予防にもなります。

さらには中性脂肪やむくみを抑える効果もあり!

玄米には抗癌の他に、中性脂肪を減らす効果もあります。

脂質と糖質を摂り過ぎると、血液中に中性脂肪が増え、血液はドロドロの状態になります。
そうすると、血液の流れが悪くなり、代謝が落ちて脂肪が溜まる原因となるのです。

玄米のビタミンB1は、脂質や糖質をエネルギーへ変える働きをしてくれるので、中性脂肪をぐっと減らしてくれます。

脂っこい食事の時には、玄米を合わせて食べると良いですね。
揚げ物のお店で、玄米をオススメしてくれる所もあります。

毎日、自宅でも玄米を食べ続けると、相当な中性脂肪を減らせそうです。

むくみで困っている方も多いと思いますが、血液の流れを良くしてくれる玄米は、むくみ解消の手助けをしてくれます。
体内の老廃物や毒素を外に追い出してくれるからです。

また玄米の中に多く含まれるカリウムも、余分な塩分を外へ排出してくれるので、むくみ解消に役立ちます。

むくみは、体内の状態を示してくれる大事なサインなので、見逃さないようにしましょう。

玄米には女性に嬉しい効果も

さらに玄米には、女性に嬉しい効果を与えてくれます。

便秘解消・老化防止そして、美容効果です。

高級化粧品でも、さすがに便秘解消はしてくれません。

玄米に含まれる不溶性食物繊維は、白米の7.4倍だと言われます。

不溶性食物繊維は、胃や腸に入ると水分を吸収することにより、何倍にも膨らむのです。そして便の量を多くし、腸を刺激し、排便に繋がるというわけです。
これで毎朝スッキリとして、学校や仕事に出かけられます。

それから玄米のビタミンEは、活性酸素を抑える効果もあります。
活性酸素により、細胞が酸化し、傷つくことで老化が進むと考えられています。
その活性酸素がいたずらをし、細胞が異常をきたすことにより癌が発生するのです。

玄米のたんぱく質はコラーゲンを作り出していると言われます。
高いお金を払って、コラーゲンを注入したりサプリメントを購入しなくても、玄米を毎日食卓にとり入れるだけでお肌が綺麗になるのですね。

このように玄米は私達の体にとって良いことばかりです。

玄米を食べて健康になろう

いかがでしたか?

玄米には様々な効果があります。

個人差はあるものの、玄米を食べると良い効果が得られることは間違いのです。

毎日の主食が白米という方は、この機会に玄米に替えてみてはいかがでしょうか。

3食のうち1食を玄米に替えるだけでも、身体に変化があるかもしれませんよ。

 - 玄米・豆・穀物