カロリーが高い食品や食材は一番太る?色々な食品を比較

カロリーが高いと太る、カロリーが低いと太らないと、よくいわれますね。

しかし、このカロリーが高いということは、一体どういうことなのでしょうか。

カロリーが高いといっても、100g当たりのカロリーなのか、1食分のカロリーなのかによって違います。

とはいっても、肥満を指摘されたり、ダイエットをしたいときは、できればどちらも避けたいですよね。

今回は、カロリーが一番高いといわれる食品や食材についてご紹介しましょう。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

家庭の醤油100mlの栄養素と醤油を使った楽しいレシピご紹介

醤油は日本の代表的な調味料です。醤油は、4ml入り×10袋~1000ml入りが、一般用に販売...

砂糖大さじ1杯は何gあるの?気になるカロリーは?糖質は?

私たちに身近な調味料である砂糖には、上白糖、グラニュー糖など様々な種類があることをご存知ですか?...

夏も冬も食べたい鍋レシピ!生姜と味噌の驚くべき効能とは?

暑い夏でも、冷房の効いた部屋にいると身体が冷えてしまいますよね。冬場は手足が冷え込み、冷え性...

トランス脂肪酸は危険?マーガリンに多いって本当?

近年、マーガリンはトランス脂肪酸が多いから体に悪いという認識を持っている方が増えてきたのではない...

身体にいいと評判の良い玄米の「毒」に関する噂は嘘なのか?

身体に良いイメージの食品には、それに対する噂で「毒が含まれる」などの嘘も、流れやすいものではない...

離乳食期にはバナナが便利!でも食べ過ぎには気をつけて!

離乳食として果物を与える場合、その時期や量が気になりますよね。今回は、バナナを取り上げてお伝...

太りたい人は必見?!栄養価もカロリーも高い食べ物とは

カロリーが高い食べ物をどれだけ食べても太らない人は必見です。痩せ型の体型が気になる人も、気に...

体が水を吸収する時間と排出するまでの時間はどのくらい?

あなたは体の「水分吸収」について、どのくらい知っていますか?ほとんどの人が、この水分吸収につ...

離乳食を作ってみよう!朝食は簡単に!食べない日も焦らない

生まれてからミルクや母乳で育ってきた赤ちゃんも、成長に合わせて離乳食に移行させていきます。離...

生後3ヶ月の赤ちゃんの平均体重は?体重の増加有無の原因!

生後3ヶ月の赤ちゃんは、生まれた時のほぼ2倍の体重にまで成長して、首もすわりはじめます。ぷっ...

食事改善は外食先でもできる?おすすめの食品をご紹介!

飲み会やディナーやランチなどの外食は、おいしいものや好きなものが食べられたり、楽しい気持ちになり...

野菜ジュースはいつ飲むのがおすすめ?健康に良い摂り方とは

健康のために野菜を摂る事は大事ですが、野菜嫌いな方にとっては辛い事です。野菜ジュース...

胃の消化、何時間必要?食後横になり消化を促進する向きは?

皆さんは、普段口にしている食べ物の消化の流れをちゃんと知っていますか?食べ物が消化されるまで、実...

米油とトランス脂肪酸にはどんな関係があるの・・??

まず、米油はその名の通りお米から作る油です。お米から出来ているという事は、安心安全で健康に良...

お肉などの食べ物が消化される過程!消化に良い・悪い食べ物

口にしたもので作られている私達の体。食べ物が健康を大きく左右します!健康のための食べ物選...

スポンサーリンク

油脂の中でカロリーが一番高いもの

食品成分表は、可食部(食べられる部分)100g当たりのカロリーが表示されています。

市販されている食品成分表で一番カロリーが高いものを探すと、当然のことですが油脂類です。

脂質は1gおよそ9キロカロリーになりますので、100g摂るとほぼ900キロカロリーになります。

油脂といっても、種類によって脂質以外の栄養素が含まれているものもあり、例えば、バターは脂質の他に、ビタミンAやビタミンD、ビタミンEが含まれています。

オリーブオイルやサラダ油にも、ビタミンEが含まれていますが、ゴマ油やラードはほとんどが脂質になります。

中でも、ラードは一番カロリーが高く、941キロカロリーです。

バターは100gで763キロカロリーになりますので、ラードのほうが高カロリーになります。

ラードを100gに食べることなんて普通はありませんが、ラードは月餅やちんすこうなどに使われています。

沖縄のお菓子ちんすこうを5人分作る時には、なんとラードを100g使います。

1人当たり20gですが、ラードだけで188.2キロカロリーになりますよ。

ちんすこうにはバターを使っていないからとたくさん食べてしまうと、バター以上にカロリーを摂ってしまうことになります。

パウンドケーキも、バターを100g以上使い、脂質の分だけで150キロカロリー以上です。

ほかにも小麦粉を使いますので、食べすぎるとカロリーの摂りすぎになりますので注意しましょう。

普通に油だけと考えれば100gも摂ることはありませんが、食材に使うと意外とカロリーを摂ってしまいますね。

カロリーが一番高いカップ麺

皆さんは、ラーメンは好きですか?

手軽にお腹一杯になるラーメンは、お店のものもインスタントのものも、ラーメンはカロリーが高いイメージがあります。

それでは、ラーメンの中で一番高いカロリーのものはどんな種類のものでしょうか。

そして、どれくらいのカロリーがあるのでしょうか。

まずは、身近なインスタントラーメンからです。

インスタントラーメンには、油揚げ麺と生麺があります。

油揚げ麺は油で揚げているために、生麺よりもカロリーが高くなります。

そして、その中でも最も高くなるのは、普通のカップ麺よりもカップ焼きそばです。

カップ焼きそばの中でも、2018年の夏にとんでもないものが出たのを、皆さんは覚えていらっしゃいますか。

そう、ペヤングの超超超大盛GIGAMAXですね。

一つで2142キロカロリーは成人1日分のカロリーで、もちろんカップ麺の中で一番の高カロリーです。

食べたことのあるかたは、満腹を感じることはできましたか。

思ったよりも物足りなかった、という人もいるのではないでしょうか。

ペヤングの超超超大盛GIGAMAXは期間限定のため、最近は見かけませんね。

しかし、ペヤング超大盛焼きそばはあり、こちらは1081kカロリーになります。

ちょっとしたランチセット並のカロリーです。

カップ麺の中でもカップ焼きそばはいずれも高カロリーで、一平ちゃんやUFOなど、ほとんどが700キロカロリーを超えます。

ラーメン屋さんで一番カロリーが高いのは?

人気のラーメン屋さんにも、1杯で1000キロカロリー以上のメニューはたくさんあります。

そのなかでも一番カロリーが高いのは、背脂が入っているものやこってり味、つけ麺などです。

中でも一番高いのは、ラーメン二郎のラーメン大盛で、店によって多少のカロリー差はありますが、2000キロカロリーを超えます。

昼のラーメン一杯で、1日分のラーメンを食べてしまうということになりますね。

同じラーメン店のラーメンでは、一番カロリーが低い味は、醤油ラーメンです。

味は、醤油よりも塩や味噌味の方が高くなります。

具沢山のラーメンもカロリーは高いですが、野菜やチャーシューは、糖質以外のカロリーもありますので、摂り方によっては具が少ないラーメンよりも健康には良いですね。

そして、一番カロリーが高いのは、つけ麺です。

つけ麺はとても美味しいですが、ほかのラーメンが600キロカロリーくらいのお店でも、つけ麺メニューを1杯は1000キロカロリー前後になります。

つけ麺は、普通のラーメンよりも、麺の量が多いということが理由のようです。

また、麺をつけていただくため、汁自体が濃い味になっているのも、高いカロリーになる原因ではないでしょうか。

つけ麺大好きな人は、カロリー過多に気をつけてくださいね。

ラーメンが食べたいときは、野菜をたっぷりトッピングした醤油ラーメンがおすすめです。

アイスクリームで一番カロリーが高いのは?

食後のデザートは別腹、というのは医学的に正しいということですが、デザートによってはカロリーが気になりますよね。

比較的カロリーが低めのデザートはゼリーになりますが、デザートのなかで一番高いものは何でしょうか。

アイスクリームが好きな人は、ハーゲンダッツやサーティーワンといった、バニラたっぷりの高脂肪アイスが高カロリーというイメージをもっているかもしれません。

しかし、実はラクトアイスと呼ばれるバニラアイスも高カロリーなのです。

ハーゲンダッツのバニラ味は、1個あたり244キロカロリーになります。

最近人気の黒蜜きな粉は184キロカロリーと、意外と低カロリーです。

一番カロリーが高いのは、マカダミアナッツで297キロカロリーになります。

ところが、ラクトアイスと呼ばれるエッセルスーパーカップは1個380キロカロリーで、ハーゲンダッツのマカダミアよりも高カロリーです。

2018年の夏に流行ったセブンイレブンのワッフルコーンのチョコミントは、1個364キロカロリーにもなります。
さっぱりした味わいのチョコミントですが、ハーゲンダッツのアイスよりもカロリーが高いとは驚きですね。

乳脂肪が高いハーゲンダッツのアイスには、たんぱく質も豊富に含まれます。

マカダミアナッツには、ビタミンEやミネラルも含まれているため、カロリーだけでアイスクリームを選ばないというのも大切です。

チョコレート味のアイスは、思ったほど高カロリーではないものもあり、ゴディバのチョコレートのアイスバープラリネは275キロカロリー、ゴディバのフォンダンショコラは234キロカロリーです。

エッセルスーパーカップは、現在市販されているアイスクリームの中では一番カロリーが高いようです。

アイスがお好きな人は、食べすぎに気を付けてくださいね。

一番カロリーが高い飲み物

カロリーを気にしている人は、緑茶やウーロン茶、ミネラルウォーターといった甘味料が入っていない飲み物を選ぶ人もいますね。

しかし、時々甘い飲み物が欲しいと思うこともあります。

そんな時に、人口甘味料を使った清涼飲料水を選ぶ人もいますが、できれば自然なものが良いですね。

とはいうものの、市販の清涼飲料水のカロリーは高めです。

500mlのペットボトルのサイズで比較してみましょう。

甘い清涼飲料水はカロリーが高いというイメージがありますが、炭酸が入っているものと炭酸が入ってないものでは、甘味の感じ方が違いますね。

そのため、炭酸が抜けると甘味が強くなり、飲むことができないというものもあります。

その代表がコーラです。

コカ・コーラ1本のカロリーは2、25キロカロリーになります。

三ツ矢サイダーは210キロカロリーです。

コーラやサイダーを上回るのが、ファンタです。

ファンタオレンジは1本230キロカロリーで、コカ・コーラ社で販売されている一般的な清涼飲料水では一番カロリーが高いと思われます。

しかし、そんなファンタよりもカロリーが高いのが、清涼飲料水がサントリーのデカビタCダブルチャージです。

デカビタCダブルチャージは、1本245キロカロリーになります。

ほかにも、キリンビバレッジのトロピカーナはサイズが330ml入りと小さめのため、カロリーは155キロカロリーになりますが、500mlなら235キロカロリーで、意外と高めになります。

100%の清涼飲料水は果糖がっぷりでカロリーが高めになりますので、ペットボトルはもちろんですが、紙パック入りのものでも、500mlサイズを一度に飲まないようにしましょう。

カロリーが高くても脂肪やエネルギーになるだけではない食材

カロリーが高いといっても、食べ物や食材、飲み物と種類によって様々ですね。

最後に、野菜や果物・肉・魚・穀類など食材で一番カロリーが高いものは何なのか、みていきましょう。

カロリーとなる栄養素には、糖質・脂質・たんぱく質の三大栄養素がありますが、そのうちのたんぱく質は人の構成成分となるため、摂っても筋肉や皮膚などになります。

よく、高たんぱく低脂肪という言葉がありますが、たんぱく質も1g摂れば4キロカロリーになります。

高たんぱくの食材は、高カロリーになるということです。

しかし、たんぱく質で摂ったカロリー脂肪になるわけでは無いので、必ずしもカロリーが高いものが太るとはいえないということですね。

そこで、肉や卵・魚はたんぱく質食品です。

例えば、サンマは一尾で350~400キロカロリーありますが、カロリーのおよそ1/3がたんぱく質になります。

カロリーだけを見ると、ペットボトルのコーラやご飯茶碗一杯分よりも高くなりますが、ほぼ糖質のご飯やコーラと違い、全てがエネルギーや脂肪の素になるわけではありません。

肉やチーズなどの乳製品も同じで、乳製品の中で一番100g当たりのカロリーが高いナチュラルチーズ475キロカロリーでも、そのうちの1/3はたんぱく質になります。

そのため、最近はチーズや肉の赤身、魚はダイエットに良いといわれています。

チーズは低糖質食品なので、低糖質ダイエット向きの代表の一つですね。

ほかにも、100gで400キロカロリーを超える食材には、ドライソーセージやベーコン・凍り豆腐がありますが、いずれもたんぱく質が多く含まれています。

ほかの栄養も見て選ぼう!

何かを食べる時に、カロリーが高い食品や食材をつい避けてしまうことがあります。

もちろんカロリーが高いものには、脂肪が多く含まれている可能性は高くなりますが、カロリーだけでは一概に脂肪につながらないものもあります。

食品や食材を選ぶときはカロリーだけではなく、含まれるほかの栄養も見て選びましょう。