玄米は圧力鍋を使うと炊くのに時間がかからない、って本当?

玄米は炊飯器で簡単に炊けますが、白米よりも時間がかかってしまいます。

そこでおすすめなのが、圧力鍋です。

玄米は圧力鍋を使うと、1時間もかからずに炊けてしまうのです。

今回は、圧力鍋を使った玄米の炊き方や、時間のかからない炊き方など、いろいろご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

そのままでも隠し味でも!おいしい味噌のレシピが大人気!

日本の伝統的な調味料の一つ、味噌。子どものころは、母親の作る味噌汁の香りで毎朝目が覚めた方も...

味噌と牛乳のスープ!自分好みの混ぜ合せで驚くおいしさに!

味噌と牛乳を入れたスープを作ったことはありますか?「おいしそうだけど、自分ではうまく作れない...

玄米おにぎりで糖質制限!毎日継続するためのコツとは?

糖質制限する人におすすめなのは、玄米です。しかし、味が単調でなかなか続かないという人が多いよ...

お米が黄色い!と思ったらチェックしておくべき原因と対策

お米が黄色い!そんな時、まず確かめてほしいのは、「炊く前から黄色いのか、それとも炊いてから黄...

納豆と味噌汁の栄養について!それぞれの栄養効果について

納豆と味噌汁は、日本人の食事に欠かせないですよね。毎日食べているという方も多いのではないでし...

味噌を摂り入れて健康に!味噌大さじ1杯の糖質を知ろう!

味噌というと発酵食品で、「大豆=イソフラボン=身体に良い」というイメージがありますが、味噌自体は...

玄米甘酒は無添加で体に良い!その素晴らしい成分と効果とは

甘酒は「飲む点滴」と言われています。栄養価が高いということは皆さんご存知でしょう。中でも「玄...

味噌の発酵はアルコールを含む?その香りや仕組み、安全性も

味噌の発酵にアルコールの存在は欠かせません。おいしい味噌を作るために必要な成分です。商品...

玄米のびっくり炊きができるルクルーゼのココットをご紹介

玄米を炊く方法で「びっくり炊き」というのが話題になっています。びっくり炊きの良いところは、本...

コーヒー生豆を発芽加工し発芽コーヒーが作られる!特徴は?

皆さんが、ほぼ毎日口にしているコーヒー。実際コーヒーを好きな方って多いですよね。そんなコ...

味噌と豆腐でメインのおかずになる料理の作り方をご紹介

豆腐をそのまま使うだけでなく、より美味しく食べるために、豆腐の味噌漬けや豆腐の味噌味料理が色々ありま...

玄米ダイエットで痩せたというブログが人気になっています!

ダイエットに興味を持つ人たちの間で、玄米が支持されてきています。主食を玄米に変える、玄米置き...

味噌と醤油の違いや類似点について!購入する際の選び方は?

日本の家庭の台所には欠かせない調味料と言ったら!?そうです!味噌と醤油ですよね!和食...

食物繊維たっぷりのオートミールは一食あたり何カロリー?

欧米では、朝食メニューのラインナップに必ず上がるオートミール。関心はあるものの、どんなメ...

玄米をびっくり炊きするとアブシジン酸の毒が危険って本当?

玄米にはびっくり炊きといって、手間のかからない便利な炊き方があることをご存知でしょうか。しかし...

スポンサーリンク

玄米を圧力鍋で炊くと、時間がかからず早く炊ける!

カラダに良くて栄養たっぷりの玄米ですが、炊飯器で炊くと白米より時間がかかり、機種にもよりますが、だいたい75~90分もかかります。

もっと炊飯時間を短くしたいなら、圧力鍋がおすすめです。

60分未満、だいたい40~45分で炊き上がります。

高圧で蒸気が充満するため、玄米とは思えないほどふっくらもちもちに炊き上がります。

玄米は圧力鍋で炊くにせよ炊飯器で炊くにせよ、十分な下準備が必要です。

ちょっと面倒ですが、これをやるのとやらないのとでは仕上がりが違います。

おいしさを求めるなら、ぜひ下記の下準備をしましょう。

・洗米

玄米はもみ殻だけを取り除いた状態なので、もみ殻かすなどのゴミが混ざっています。

そのまま炊いてしまうと食感が悪く、風味を損ねるので、きちんと取り除くことが大切です。

ボウルに玄米と水を入れたら軽くかき回し、浮き上がってくるゴミを丁寧にすくい取りましょう。

水を取り替えつつ2~3回繰り返してください。

・拝み洗い

ゴミを取り除いたら、両手に玄米をとって、こすり合わせるようにして洗います。

その姿がまるで拝むようなので、拝み洗いと呼ばれています。

拝み洗いは硬い玄米の外皮を傷つけるため水分が吸収されやすく、柔らかくふっくら炊き上げるためのコツといえます。

忙しいときは省いてもいいので、できるときは行うようにしてください。

ここまで出来たらいよいよ炊飯か、と思いきや、実はもうひと工程あるのです。

やっぱり時間がかかるの?玄米に必要な下準備の工程とは?

玄米を圧力鍋で炊くための下準備で拝み洗いまで出来たら、後は水に浸けておきます。

・浸水

最も大切な工程です。

玄米は硬いため、長い時間水に浸けておくことで水分をたくさん吸収させます。

人によって浸水時間は異なりますが、6時間以上浸けておいた方がおいしくなるようです。

面倒なら一晩浸けておくといいでしょう。

前の日の晩に浸けておいて翌朝炊飯し、朝食後にまたセットしておけば夕飯用にいただけます。

ルーチンワークにすると苦になりません。

ボウルに玄米を入れ、ひたひたの水を注いで放置するだけです。

あるいは直接圧力鍋に入れてもいいでしょう。

水の量は、そのまま炊飯するなら玄米の1.1~1.2倍入れます。

柔らかめがお好みなら1.2~1.5倍入れましょう。

炊飯器や土鍋で炊くより水の量が少なくても、圧力鍋ではもちもちに炊き上がります。

浸水させた後の水を捨てるかたは、水の量は特に測らなくても結構です。

圧力鍋を使うと玄米が発芽するまでの時間を短くできる!

玄米には胚芽部分に、アブシジン酸という毒があります。

毒といっても毒キノコのように口にしただけですぐ悪影響が出るものではなく、生で大量に食べた場合に細胞のミトコンドリアが阻害され、体調不良になるかもしれないといわれているだけです。

アブシジン酸は穀類の種子を狙って食べようとする鳥の攻撃や乾燥といった厳しい環境から種を守り、保存しようとするために備わった、いわば自然の知恵です。

ヒトに対して直接害をなすことはありません。

それでも気になるという方は、玄米を発芽させましょう。

発芽させることでアブシジン酸が無毒化されるからです。

ただし、玄米を発芽させるには、長い浸水時間が必要です。

季節にもよりますが、夏場でも24時間、冬場ですと48時間以上かかります。

ボウルで浸水させるなら冷蔵庫に入れるか、途中で水を取り替えましょう。

しかし、圧力鍋を使うとずっと早く発芽させられます。

玄米と一緒に35度くらいのぬるま湯を入れ、蓋をきっちりして放置しておけば5~6時間で発芽します。

圧力鍋に蓋をすることで発芽に適した温度が保たれるため、発芽までの時間が短縮できるのです。

発芽させた場合は、その水(ぬるま湯)をいったん捨ててからあらたに水を入れて炊飯します。

アブシジン酸を気にする方も、これなら心配いりませんね。

もちもちおいしい!圧力鍋を使った玄米の基本の炊き方

玄米を圧力鍋を使って炊く場合、次のような工程で進めていきます。

①洗米

上述したやり方でゴミを取り除きます。

②拝み洗い

水を吸わせるために外皮をこすり合わせます。

時間がない場合は省いてもかまいません。

③浸水

水を吸わせるために、一晩は水に浸けましょう。

発芽させたい方は24時間以上浸けておくか、ぬるま湯を使って時間短縮させましょう。

④炊飯

いよいよ炊飯です。

圧力鍋に玄米と、玄米の1.1~1.5倍の水を入れます。

水加減は好みで調節してください。

柔らかめが好きな方は水を多めに、硬めが好きな方は少なめに入れます。

ひとつまみの塩を入れるとさらにおいしく、柔らかく炊けます。

全体を静かにかき混ぜたら蓋をして、強火にかけます。

おもりが上がったら火を少し弱めて、1分くらいそのままにします。

それから弱火にして25分間炊きます。

⑤蒸らし

火を止めて蓋をしたまま10~15分放置します。

蒸らすことでお米がふっくらもちもちになるので、とても大切な工程です。

蓋を開けて、上下をひっくり返すように大きくかき混ぜて出来上がりです。

炊飯のポイントは、はじめ強火、その後弱火で25分してから火を止めて蒸らすことです。

さらに強火から弱火にする前に、少し火を弱めて1分間そのままにしておくことがおいしさアップのコツです。

ぜひ、お試しください。

超時短!圧力鍋を使った時間のかからない玄米の炊き方

玄米を圧力鍋で炊くと時間がかからないといいながら、結局浸水に長い時間がかかってしまいますよね。

だったら思い切って浸水なしで炊いてみませんか。

硬めに仕上がりますが、圧力鍋ならプチプチした食感になり、おいしくできます。

早速作り方をご紹介しましょう。

①洗米

ゴミを取り除くことは大切です。

丁寧に取りましょう。

②拝み洗い

浸水をしないなら、せめて拝み洗いで外皮に傷をつけ、水分を吸収させる機会を作ってあげましょう。

2~3回やってください。

③浸水はなし

④炊飯

水を切った玄米と、玄米の1.2~1.5倍の水、ひとつまみの塩を入れてゆっくり混ぜます。

水加減は好みで調節してください。

蓋をしたら強火にかけ、高圧になったら弱火にして20分炊きます。

⑤蒸らし

火を止めて、自然に減圧されるまで蓋をしたまま放置します。

蓋を開けて、上下をひっくり返すようにかき混ぜたら出来上がりです。

このやり方なら、玄米が食べたいと思ってからやり始めても、60分かからず食べられます。

超時短の炊き方です。

玄米は圧力鍋でまとめて炊いて冷凍保存しよう!

玄米を圧力鍋で炊くと確かに時間はかかりませんが、だからといって毎日炊くのはちょっと面倒です。

そんな時は一度に多めに炊いて、小分けにしてから冷凍保存しておくと便利です。

食べたいときに食べたい分だけ電子レンジでチンすれば、いつでもおいしい玄米ご飯がいただけます。

そのまま食べてもいいですが、チンした玄米をリゾットすると、おいしさがさらにアップします。

解凍した玄米ご飯は、柔らかくなるのはいいのですが、ややもするとベチャっとしがちです。

リゾットにしてしまえばそれが活きるうえ、加える具材の栄養も一緒にとれるため一石二鳥です。

解凍した玄米ご飯に刻んだトマトとベーコンを加え、スープを注いで煮込みます。

塩コショウで味を調え、粉チーズをたっぷりかけてパセリのみじん切りを載せれば、玄米のイタリアンリゾットの完成です。

温泉卵を加えるとさらにおいしくなります。

ひとりのランチにおすすめです。

玄米は圧力鍋を使うと1時間以内でもちもちに炊ける!

玄米は圧力鍋を使うと、1時間かからずに、ふっくらもちもちに炊けます。

ただし炊飯前に、一晩くらい浸水させておかなくてはなりません。

しかし硬めでもいいのなら、浸水なしで炊飯しても大丈夫です。

プチプチした食感がおいしいでしょう。

玄米は多めに炊いて冷凍保存するのがおすすめです。

圧力鍋で一気に炊いてしまいましょう。