昔なつかしいポン菓子のカロリーは玄米で作るとどれくらい?

スーパーのお菓子コーナーで、ポン菓子を見かけることがありませんか?。

手軽に食べられるポン菓子には、なにか昔なつかしく感じさせるものがあります。

軽いイメージのポン菓子なので、カロリーも白米より低そうですよね。

玄米で作ったポン菓子なら、さらに健康に良さそうです。

ダイエットにも活用できるかもしれません。

では、玄米ポン菓子のカロリーはどれくらいなのでしょうか?

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

無農薬でお米は作れる?通常のお米の作り方と比較してみた!

無農薬で作られた野菜を目にする機会が多くなっています。お米でも、無農薬のものが出てきていますよね...

玄米や麦の栄養価が知りたい!どっちの方が栄養価が高いの?

皆さんは、健康増進や体質改善の為に、主食を白米から変更してみようと考えた時に、玄米にするか麦にする...

アメリカで飲みやすい豆乳&おすすめなライスミルクについて

「健康に良い」と言われている豆乳を飲む人が増えています。大手のコーヒーショップでも、ソイラテ...

玄米を炊飯器で炊くと吹きこぼれがもの凄いのはどうして?

体に良いといわれる玄米を炊飯器で炊くと、吹きこぼれがひどいというお悩みを多く耳にします。いっ...

ヘルシーな玄米の優れた効果は花粉症にも効果的なの!?

お正月が過ぎ、1年で最も寒い時期も終わろうとする頃から気になり出すのが花粉症です。辛いく...

妊婦は玄米ご飯を食べても大丈夫?玄米によるメリットとは?

妊娠したら、お腹の赤ちゃんのために栄養素が豊富に含まれる体に良いものを摂りたい!と皆さん思いますよ...

玄米のびっくり炊きとは?圧力鍋を使ってもうまく炊けるの?

体に良いといわれる玄米ですが外皮が硬く、食べるとポソポソした食感が気になりますよね。びっくり炊...

味噌の上手な保存方法とは?ジップロックシリーズが便利!

味噌は日本食に欠かせない伝統的な食品です。健康食としても昔から親しまれていますよね。...

ご飯の最適な保存方法と保存目安は?夏場は特に注意が必要!

ご飯を炊いたものの、食べる人の都合によって、余ってしまうことってありますよね。そんな余っ...

豆腐の栄養・効果とは?豆腐の味噌漬けやデザートの作り方!

豆腐は日本の古くからある食材で、現代でも幅広く料理に使用されていますよね。そんな豆腐の栄養素や...

発酵食品パワーをおかず味噌で手軽に!6つの作り方をご紹介

味噌は古くから「医者いらず」と言われるほどの発酵食品で、体にいい食べ物なのは、現代になっても変わ...

グラハムクラッカーはどんなクラッカー?材料・成分・用途

グラハムクラッカーは、女性や主婦などに人気があります。あのタルトなどの下に引いてある生地がグラ...

豆乳と牛乳の栄養素とカロリーは?カロリー以外の違いとは?

豆乳と牛乳の違いを皆さんはご存知ですか?今回は牛乳と豆乳のそれぞれの栄養素とカロリーについて説明...

ダイエット中!米・パン・パスタなどで糖質が多い主食は!?

米・パン・パスタは、私達の主食ですよね!日本人のソウルフードのお米、朝ご飯でお米と同じくらい...

炊き込みご飯の栄養価は?冷凍保存の仕方とアレンジ法

炊き込みご飯は、沢山の具材が入っていて、作っても楽しく美味しいですよね。ここではその種類や栄...

スポンサーリンク

ポン菓子にいろいろな呼び方がある理由

ポン菓子には、様々な呼び方があります。

もともとポン菓子は、アメリカ人のアレクサンダー・ピアース・アンダーソンが、穀物の研究中にたまたま作り出してしまったものです。

ある実験中に、お米を入れた試験管に誤って蓋をしてしまい、試験菅が破裂しました。

破裂した試験管の破片の中に、後にポン菓子と呼ばれるようになる、膨張したお米があったのです。

これをヒントに、彼はポン菓子の特許を取り、パフライスとして販売を始めました。

ポン菓子を製造する過程の最後に、「ポン!」と大きな音がすることから、日本では「ポン菓子」と呼ばれていますが、実は地方によって様々な呼び方があるのです。

その爆発するさまから、「バクダン」と呼ぶ地方が多いのですが、他にも、「コメはじき」「ドンがし」「とっかん」「パッカン」などと呼ばれているようです。

さらに、パフライスが語源のような、「パットライス」と呼ぶ地方もあると言います。

作るときの最後の爆発の様子や、爆発音をどう表すかという違いから、いろいろな呼び方が生まれたわけですね。

駄菓子屋でよく見かけた、ニンジンを模したパッケージの「にんじん」を覚えている方も多いでしょう。

では、玄米を使用したポン菓子はなんと呼ばれているのでしょうか?

玄米ポン菓子のカロリーとあわせて調べてみました。

玄米ポン菓子を家庭で作る方法とは?

玄米ポン菓子の通称は、特に決まってないようです。

メーカー独自の、玄米ポン菓子の製品名はいろいろありますが、名前の一部にポンが入っているものがほとんどでした。

やはり作る過程の、「ポン!」という音が印象的なのでしょう。

では、家庭で玄米ポン菓子を作ることは可能なのでしょうか?

そしてもし作ることができるのなら、やはり最後に、「ポン!」と鳴るのかどうかが、気になるところですよね。

商業としてポン菓子を作成する場合、専用の「穀類膨張機」という機械が必要になります。

この機械を使用し、お米を10気圧まで加圧して、いきなり蓋を開け、一気に減圧するとお米が急激に膨張します。

これが本格的なポン菓子の作り方です。

しかし、家庭でポン菓子を作るときに問題になるのが、この10気圧まで加圧する方法です。

圧力鍋でも、10気圧までは加圧ができません。

どうも、ポップコーンのように、フライパンで作れるというわけではないようです。

超小型のポン菓子製造機は市販されていますが、それでもかなり高価で、おいそれと買えるものではありません。

結局、市販のポン菓子を購入するしかありませんね。

玄米ポン菓子のカロリーが低いのなら、自宅で作り、ダイエットに活用できて便利なのですが、家庭では作れないのが残念です。

玄米ポン菓子のカロリーは意外と高い!

では、気になる玄米ポン菓子のカロリーについて、見てみましょう。

その前に、白米のポン菓子のカロリーを確認してみると、10gで41kcalでした。

100gだと、なんと410kcalにもなってしまいます。

白米100gのカロリーは356kcalなので、白米のときよりカロリーが高くなっています。

ポン菓子にはいろいろな味付けがあり、砂糖をまぶしたポン菓子が人気ですが、どうも味付けによってはかなりの高カロリー食品のようです。

では、玄米ポン菓子はどうでしょうか?

スーパーで普通に売っている、玄米ポン菓子の裏の成分表を確認したところ、100gで394kcalとなっていました。

白米のポン菓子よりはいくらか低いですが、それでも結構な高カロリーです。

ただ、玄米ポン菓子100gというのはなかなか食べられる量ではありません。

玄米ポン菓子を食べる量を、30gに制限すれば、120kcal弱で収まります。

軽い食感なので、ついつい食べてしまいがちなポン菓子ですが、食べる量には注意が必要ですね。

また、ポン菓子は糖質のかたまりでありながら、あまり噛む必要のない食べ物です。

しかし、良く噛まないで食べると、腹持ちが悪くなります。

結果的にお腹がすくので、他の食べ物が欲しくなったりすることもあるでしょう。

やはり、ダイエットには向かない食べ物なのかもしれませんね。

ポン菓子とポップコーンのカロリーはどちらが高い?

玄米ポン菓子は思ったよりも、高カロリーな食べ物でした。

なんとなく、ヘルシーな印象を持っていた方も多いのではないでしょうか。

そして、ただ高カロリーなだけではなく、腹持ちが悪いのも気をつけるべきポイントでしたね。

では、ポン菓子に似た食べ物である、ポップコーンはどうなのでしょうか?

もし、ポップコーンのカロリーが低いのならば、ダイエットに活用することができるかもしれません。

では、ポップコーンとポン菓子のカロリーの違いについて見てみましょう。

ポップコーンの原料は、ご存知の通りトウモロコシです。

トウモロコシなら何でも良いというわけではなく、ポップ種というコーンを使います。

ポップコーンはフライパンで炒めるだけで作れるので、おやつにするのも簡単です。

さて、ポップコーンのカロリーですが、100gでなんと驚きの、484kcalでした。

玄米ポン菓子と比較すると、かなり高いですね。

ポップコーンは、とてもダイエットには使えない食べ物のようです。

しかし、世の中にはこのポップコーンを使用した、ポップコーンダイエットなるものが存在します。

それなら、玄米ポン菓子を使ったダイエットが、あっても良いのではないでしょうか。

高いカロリーのポン菓子をダイエットに使う方法

見てきたように、ポン菓子は、あまりダイエットには向かない食べ物でした。

たとえ原料が玄米でも、あまり変わらないようです。

ポン菓子がダイエットに向かない理由には、大きく分けて2つあります。

まず、100gあたりのカロリーが410kcalと高いこと。

食べる量を半分の50gに抑えたとしても、205kcalになる計算です。

糖質のかたまりである、ポン菓子で205kcalを摂取するなら、同じくらいのカロリーの他の食材の方が、食べ応えもあるでしょう。

この、食べ応えというのが、2つ目のダイエットに向かない理由です。

ポン菓子は軽い食感なので、良く噛まないで食べてしまう、という点は先ほども確認をしました。

そのため、満腹感がなかなか得られません。

ダイエットの大敵は、食事と食事の間の空腹感です。

たとえ食事のときにポン菓子を少量しか食べなくても、お腹が減って、つい間食をしてしまう。

それではダイエットは成功しません。

やはり、ポン菓子はあまりダイエットには向かないようですが、それでもダイエットに活用したいというのであれば、方法はあります。

まず、主食を完全にポン菓子のみにします。

そして、食べ応えのある食材を、ポン菓子を食べる前にゆっくりと良く噛んで食べます。

ポン菓子は食事の最後に食べるようにすれば、そんなにお腹も減らず、ストレスにもならないでしょう。

ポン菓子を玄米七号食ダイエットに活用しよう!

ポン菓子をダイエットに使えないか、いろいろと考えてきました。

主食を白米からポン菓子に変える、置き換えダイエットをするときには、さきほど見たように他の食材で腹持ちを良くするしかありません。

しかし、ポン菓子と白米を置き換える置き換えダイエットは、ポン菓子のカロリーが高いこともあり、あまり効果的なダイエット方法ではないようです。

それでは、最近話題の「玄米七号食ダイエット」ではどうでしょうか。

玄米七号食ダイエットは、玄米以外、何も食べないというダイエット方法です。

おかずもみそ汁も食べない、かなり大変そうなダイエット方法ですが、玄米だけはいくら食べても良いのです。

玄米は腹持ちが大変良いので、意外とお腹がすかないダイエット法なのですが、1つだけ難問があります。

玄米しか食べないので、玄米に飽きてしまうんですね。

中には、「玄米を見るのも嫌になった」という人がいるくらいです。

そこで、玄米七号食ダイエットに飽きないよう、何度か玄米ポン菓子を食べるというやり方があるのです。

毎食ではお腹がすくので、何回に1回と決めて食べてみましょう。

あるいは、食間のおやつにしても良いかもしれません。

ただし、どちらにしても味の薄い、砂糖ができるだけ少ない玄米ポン菓子を、選ばなくてはいけません。

ポン菓子を食べるならトータルのカロリーに注意しよう!

一見ヘルシーに見える玄米ポン菓子は、実はカロリーの高い食べ物でした。

スナック感覚でたまに食べるなら良いのですが、毎日のおやつにするのなら、注意が必要です。

見た目の軽さに騙されないように、1日のトータルカロリーを考えながら楽しみましょう。

少なくとも、100gのポン菓子を全部食べるのではなく、4分の1くらいに抑える気持ちが大事です。

ファスナーの付いている、ジッパー袋に小分けにしておくのも良い方法ですね。