バリエーション豊富!味噌を使ったおいしい鍋と出汁の取り方

味噌を使った鍋は、味や風味が異なる味噌の使い分けや、味噌をブレンドすることでいろいろな味が楽しめます。

しっかり出汁を取れば、うま味たっぷりでおいしい鍋になること間違いなしです。

〆までしっかり楽しめる、味噌を使った鍋の魅力をご紹介します。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

40歳代の女性が太る原因は?食事改善には、玄米がオススメ!

40歳代になって、太り始めた。という女性も多いのではないでしょうか?女性の中年太りの原因は、...

体にいいと噂の玄米の炊き方を教えて!炊飯器で炊けるの?

玄米は健康的なイメージがありますよね。「玄米ダイエット」という言葉もありますから、玄米は美しく...

自家製味噌を作ろう!保存法やカビ対策についてもご紹介

自家製味噌を作ってみたいと思っている人もいるかと思います。工夫次第で、自分だけのオリジナル味...

玄米と下痢の関係性と好転反応による下痢への対処法とは?

玄米を食べたことで起こる下痢の場合は、その原因はいくつか考えられることをご存知でしょうか。そ...

無農薬でお米は作れる?通常のお米の作り方と比較してみた!

無農薬で作られた野菜を目にする機会が多くなっています。お米でも、無農薬のものが出てきていますよね...

玄米で作るおいしいお粥でカロリーを気にせず健康な体づくり

栄養の宝庫と言われる玄米は、食感が硬いのがマイナスイメージですが、お粥にすることでおいしくいただ...

味噌を家で手作りできるの?タッパーを利用した味噌作り!

手作り味噌には憧れを抱く方も多いとは思いますが「難しいのでは!?」と、つい手が出ないこともしばし...

玄米をフライパンで炒るだけ!栄養満点「炒り玄米」のご紹介

ビタミンやミネラルが豊富で人気の高い「玄米」。しかし、調理に時間がかかったり消化が悪いなどの理...

赤飯と甘納豆を圧力鍋で作ってみよう!甘納豆赤飯もオススメ

昔から日本では、記念日の節々には、お赤飯を炊いてお祝いをしていますよね!炊飯器や蒸し器では、...

味噌の発酵はアルコールを含む?その香りや仕組み、安全性も

味噌の発酵にアルコールの存在は欠かせません。おいしい味噌を作るために必要な成分です。商品...

玄米を食べるとどうして下痢してしまうのか原因を調べてみた

体に良いと広く認知されている玄米ご飯ですが、食べると下痢をするというかたがいらっしゃいます。...

手作り味噌は感動のおいしさ!鍋と入れ物ですぐに作れる!

日本の食卓に欠かすことのできない味噌ですが、身体にいいことは誰しもがご存知ですよね。...

健康に良い玄米の糖質量は、茶碗1杯にどれくらいあるのか?

体に良いご飯の代表である玄米は精白されていないお米なので、白米にはないさまざまな栄養が含まれていると...

バケツ稲の栽培をしてみよう!土を混ぜる割合と稲作りの流れ

お米は、私達日本人にとって、非常に身近なものですよね。ほぼ毎日、口にするお米ですが、どの...

自由研究にも最適!家庭の玄米を発芽させて苗から米作り

子どもの食の安全や健康、自身の健康や体力作りのために、家庭菜園を始める人が増えています。きゅ...

スポンサーリンク

鍋におススメの味噌の魅力

鍋料理は年々バリエーションが増えています。

和風、洋風、アジア系と多種多様な鍋の中で、味噌と出汁ベースのものも人気です。

味噌の魅力は、味噌そのものの風味を楽しめることと、栄養価が高いことといえます。

大豆を使って作られた味噌は、タンパク質が豊富です。

野菜をたっぷり摂れる鍋ですが、ベースの味噌からもタンパク質が摂取できるのですから、おいしい上に栄養面でも優等生といえます。

味噌の役割は、出汁と一体になった時のうま味はもちろんのこと、他にも大事な役割を担っています。

味噌には、嫌な匂いを取り除く作用もありますので、生臭みのある貝や魚を使った鍋に、とても効果があります。

味噌と出汁ベースの鍋にも、実はいろいろなバリエーションがあります。

その魅力を知って、味も栄養も大満足の味噌鍋を楽しみましょう。

味噌と出汁ベースの鍋を楽しむ味噌の種類いろいろ

蒸した大豆に、米や麦、または大豆の麹と食塩を混ぜて、発酵、熟成させて作られた味噌。

シンプルな製法なので、ご家庭で作っている人も増えているようです。

麹の種類によって「米味噌」「麦味噌」「豆味噌」に大別されます。

塩分量によって塩味が違いますし、甘さ辛さもさまざまです。

よく知られている味噌では、日本の家庭で一番多く使われている信州味噌です。

癖がなく、飽きのこないすっきりとした風味や香りが特徴です。

中部地方の八丁味噌は濃い褐色で特有の香りと酸味もあり、個性があります。

京都を中心に広がっている西京味噌は「白みそ」とも呼ばれ、甘口で上品な味わいが特徴的です。

九州地方では、麦味噌が好まれ、甘辛の段階もいろいろあります。

このように、味噌の種類だけでもたくさんあり、さら味噌の特徴を生かしながらブレンドすれば、味が無限に広がります。

野菜中心や白身魚や鶏むね肉など、淡白な食材を使用するならば、あっさりした信州味噌や西京味噌が合います。

生臭みのある魚は八丁味噌との相性がばっちりです。

このように、素材と味噌の相性を見ながら、使用する味噌を使い分けたり、ブレンドしてみるのが味噌鍋上級者の楽しみのひとつです。

下地となる出汁は顆粒のものでもいいのですが、おいしさを追究するならば本格的な出汁でお鍋を楽しみたいですね。

味噌ベースの鍋のもうひとつの主役、出汁の効用

簡易なレトルトの鍋用調味料がいろいろ販売されていますが、本格的な味噌ベースの鍋を楽しむならば、出汁からしっかり取ることが理想です。

味噌鍋の香りとうま味に差がでるのは、本格的な出汁の存在が大きく影響します。

出汁をおいしく取れれば、味噌の量は多くなくても大丈夫です。

出汁のうま味と味噌の香りと風味で、最高においしい鍋が完成します。

出汁もかつお節、昆布、煮干しなど、いろいろ種類がありますが、鍋といえば、やはりかつお節と昆布が王道でしょう。

しかし、難しく考えることありません。

土鍋に水と昆布を入れてあたため、細かい気泡が出てきたら昆布は取り出します。

ぐつぐつ煮ると、昆布臭さが残ってしまうのです。

火を弱めて、次にかつお節を入れます。

すぐに火を止めて、アクを取りながら、かつお節が沈むのを待ちましょう。

5分程度置き、かつお節が沈んだら、ざるでかつお節を取り出します。

このときかつお節を押し絞らないことが大切です。

かつお節の臭みが残ってしまいます。

こうしてできたのが、うま味たっぷりの出汁です。

かつお節はイノシン酸、昆布はグルタミン酸という、それぞれ異なるうま味の主成分があるので、2つが合わさったときに、最高のうま味成分を含んだ出汁ができあがるのです。

ここに食材を入れ、煮立ったところに味噌を投入すると、味噌の香りが引き立ちます。

臭みのある食材の場合は、先にお味噌を投入して一緒に煮ることで効果が出ますが、この場合は、西京味噌より、八丁味噌など味や香りが濃いものが適しているといえるでしょう。

味噌と出汁を使った鍋のおススメ具材

味噌と出汁を使ったお鍋には、魚介が合います。

エビやホタテ、イカなども合いますし、カキは濃い目の味噌に合います。

おススメはイワシのつみれです。

栄養もあり、お味噌との相性が抜群です。

イワシのつみれの作り方をご紹介します。

【材料 2人分】

・イワシ 350g
・味噌 大さじ1
・片栗粉 大さじ1

【作り方】

①イワシは頭と内臓を取り除きます。

②ボールに入れた水の中で、指を中骨に添って入れて開きます。

③尾と中骨を取り、細かい骨も取り除きます。

④開いたイワシの皮を上にして、まな板に広げて、頭のほうから尾に向かって手で皮をはがします。

⑤身を包丁でたたいて刻みます。

⑥刻んだ身をすり鉢に入れて、味噌と片栗粉を入れて、なめらかになるまですります。

⑦出汁と味噌を入れて温まったお鍋に、丸くしたつみれを入れます。

イワシの身を開いたら、フードプロセッサーを使ってこねてもOKです。

イワシの代わりに鶏のミンチでもあっさり目でおいしくできます。

好みで、しょうがのしぼり汁を加えてもいいですね。

味噌と出汁ベース鍋の変わり種

おいしい出汁を取り、風味豊かな味噌を入れた鍋は、それだけで十分おいしいのですが、ちょっとひと手間加えると、味も風味もがらりと変わる変わり種の鍋になります。

まずは「みぞれ」です。

みぞれとは大根おろしのことです。

やや濃いめの味噌ベースに大根おろしをたっぷり入れます。

まろやかな味噌とみぞれのお鍋は、消化も良く見た目もおいしいそうで、食が進みます。

また、鮭を入れて楽しむならば、西京味噌と酒粕を入れた味噌鍋がおススメです。

鮭のおいしさにマイルドな白味噌は相性ピッタリですよ。

酒粕の効果で、体の芯から温まります。

さらにパンチの効いたものでは、「キムチ」はいかがでしょう。

出汁と味噌のベースにキムチを加えて作るキムチ鍋は、コクが出ます。

豚はもちろん、鶏モモにも合います。

「豆乳」も味噌との相性が良く、おススメです。

豆腐や野菜がいちだんとおいしくなります。

出汁と味噌を使った鍋にピッタリの仲間いろいろ

出汁と味噌ベースの鍋は、それでもう完成形ですが、少し違った食べ方で楽しんでみてもいいかもしれません。

しっかり出汁を取り、お好みの具材を入れたら、あらかじめ作っておいた「練り味噌」を付けながら食べる鍋です。

その際の味噌は、八丁味噌か西京味噌がいいでしょう。

どちらも個性があって、味噌の風味が際立っているので、おいしい練り味噌になります。

作り方は簡単です。

味噌とみりん1カップに対して、砂糖を大さじ4程度加えます。

砂糖の量は、八丁味噌の場合はもう少し多めにして、好みで調整してください。

お鍋でゆっくり火にかけるか、500wの電子レンジで少しずつ混ぜながら温めても大丈夫です。

出汁で火を通した具材を、この練り味噌に付けていただきます。

さて、出汁に味噌を入れていただく鍋の場合は、〆も楽しみのひとつですよね。

雑炊、ラーメン、うどんも合います。

このとき、試したいのが香辛料や薬味です。

味噌の風味に合う香辛料は山椒や七味唐辛子、柚子胡椒などがオススメです。

薬味ならば季節により、木の芽や柚子は味噌との相性が良く、一段と味噌のおいしさと引き立てます。

さらに試したいのがバターです。

コクが出て、病みつきのおいしさです。

気軽に取れる発酵食品である味噌と、栄養とうま味たっぷりと出汁を合わせて、おいしいお鍋を満喫しませんか。

味噌と出汁ベースの鍋は、バリエーションも豊富で栄養満点

うま味たっぷりの出汁に味噌を合わせた鍋は、おいしいだけでなく、栄養面も優れており、どんな具材でも良く合います。

味噌を使った鍋といっても、使う味噌や具材によって、バリエーションがどんどん広がります。

香辛料や薬味を利用して〆までしっかり楽しんで、味噌を使った鍋を満喫してみませんか。