オーブンなしで出来る!電子レンジやトースターで作るお菓子

お菓子作りはどうしてもオーブンに頼りがちですが、オーブンがなくても電子レンジやトースターで作れますよ。

電子レンジやトースターでの調理はひと手間かければ、オーブンと特に変りなく調理することが出来ます。

簡単にサクッと出来るものから、本格的なお菓子までレシピをご紹介します。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

離乳食は市販?それとも手作り?それぞれのメリットとは!?

離乳食は市販と手作り、どちらで進めていますか?離乳食は思うように進まなかったり、手作りだと少...

ホームベーカリーで食パンを焼くには?たっぷりバター風味

ふつうの食パンはもう飽きました!?どうせ作るならブリオッシュやホテル食パンのようなバター風味た...

味噌入り鍋はおいしいうえに栄養満点!人気レシピの作り方

味噌入り鍋は体が温まりますし、野菜の甘味と味噌のコクが一緒になって、おいしいと人気です。味噌...

電子レンジで簡単スピーディ!おいしく出来るレシピをご紹介

忙しい時や疲れている時、また夏の暑い日に、コンロで調理するのは大変です。そんな時、電子レンジ...

片栗粉と小麦粉、お互い代用が出来る?ほかの代用品もご紹介

片栗粉と小麦粉は常備しているつもりでも、うっかり切らしてしまうこともありますよね。唐揚げを作...

忙しくても電子レンジを使って卵を割るだけ簡単調理をご紹介

電子レンジで卵料理をすると、卵の黄身が割れてしまって、うまく調理ができないという経験はありません...

電子レンジで野菜をゆでるには?メリットやレシピをご紹介

野菜をゆでるときは鍋を使っていますか?「ゆでる」というと沸騰したお湯でぐつぐつするイメージで...

電子レンジでもご飯からおいしいおかゆを作れる方法をご紹介

最近では、離乳食やダイエット用に、おかゆを電子レンジで作る人が増えています。おかゆといえば、...

海外で買うみりんは高い!代用するなら白ワインがオススメ!

ここ日本を離れて、海外で生活をしている人は沢山います。長く日本を離れていると、慣れ親しんだ和...

カレーを一晩常温でおいても大丈夫?寒い季節でも危険?!

カレーは大鍋で作るほうがおいしい。カレーは一晩置いたほうがおいしい。誰でも聞いたこと...

米粉を使ったレシピに唐揚げがある!レパートリーを増やそう

米粉は、小麦アレルギーの方も食べられることから、現在注目されている食べものです。活用方法もた...

生クリームとバターを使わなくても美味しいお菓子は作れる

生クリームやバターはお菓子、特に洋菓子では基本的に使われている材料というイメージが強いかと思います...

電子レンジでもオーブンでも使える耐熱皿をタイプ別にご紹介

近年は、食卓でお皿として使える、耐熱皿の種類が充実しています。しかし、冷蔵庫に入れてある作り...

ぽかぽか味噌鍋のおいしいレシピ!オススメ人気メニュー4選

凍えるような寒い日には家で温かいお鍋が食べたくなってしまいませんか?家族と、友人と、囲んで食べ...

美味しく玄米と白米を炊くなら水加減はどれくらいが良いの?

健康志向の人々の間で、玄米食が人気になっています。また、日本人の主食と言えば白米と言われるよ...

スポンサーリンク

電子レンジでもトースターでもお菓子は作れる

お菓子作りは、基本的にオーブンを使う印象がありますよね。

それは、お菓子作りの本など、レシピを調べると必ずオーブンの温度と加熱時間が書いてあるためです。

しかし、実際は電子レンジでもトースターでもお菓子は作ることが出来ます。

ただし、気を付けなければいけない点は、オーブンは庫内が均一の温度になるのに対し、電子レンジやトースターは焼きムラが出来やすく、焦げやすいというところです。

特にトースターで調理する際は、食品がヒーターの近くにあるため、庫内は場所によって温度が変わってしまいます。

中心部に火が通る前に表面が焦げてしまう場合があるので、オーブンのように一度入れたら時間まで放置するのではなく、焼け具合を観察しながら調理時間を調整すると良いでしょう。

ワット数の切り替え機能があるトースターの場合、1000Wで庫内は180~200℃になり、600Wだと160~170℃になりますので、目安として覚えておくと便利ですよ。

電子レンジでスノーボールクッキー

オーブンでないと作れないと思われがちな焼いて作るお菓子も、実は電子レンジでも作れます。

材料の計量から数えても、10分程度で作れてしまうので簡単なのも良いですね。

【材料】

・薄力粉 150g
・サラダ油 70cc
・グラニュー糖 大さじ3と1/2
・粉砂糖 適量

【作り方】
①薄力粉とグラニュー糖、サラダ油をボールに入れてさっくり混ぜます。

②クッキングシート(電子レンジOKのもの)の上に生地を手で丸めましょう。

③電子レンジ600Wで3分加熱します。

④網の上に移し、粗熱を取ってください。

⑤粗熱が取れたら、袋に入れて粉砂糖を適量入れて混ぜ、均等に粉砂糖が付いたら完成です。

加熱した後、生地が固まったことを確認してから電子レンジから出しましょう。

固まっていないようだったら30秒ずつ追加加熱して、様子を見るようにしてください。

トースターを使う場合は、約10分程度加熱すれば焼き上がります。

焼き具合を確認しながら加熱してくださいね。

電子レンジでノンフライポテトチップス

ノンフライなのでカロリーも抑えられて、食べても罪悪感のないポテトチップスですよ。

カロリーを気にしている方にも、子どものお菓子としてもおすすめのレシピです。

【材料】

・ジャガイモ 1個
・塩水 適量
・青のり 適量
・ブラックペッパー 適量
・カレー粉 適量

【作り方】
①塩水を準備します。

ジャガイモは皮つきのまま良く洗い、スライサーでスライスし、塩水へ3分つけます。

②キッチンペーパーの上に広げたら、上からペーパーで押さえて水切りをしましょう。

③電子レンジ600Wで3分加熱して、一度ひっくり返しまた3分加熱します。

焦げないように注意しながら加熱してください。

水分が抜けてパリッとなったらOKです。

④お好みで青のりやブラックペッパー、カレー粉をまぶし、味付けを行ってください。

塩水に浸すことで塩分はあるため、塩をふらなくても美味しく仕上がりますよ。

電子レンジによって、加熱時間が異なる場合があるので、注意しながら加熱時間を調節してください。

ちなみに、トースターでもポテトチップスを作ることが出来ます。

上の手順の①と②までは同じ作り方で、その後は180℃のトースターで20分程度焼けば、パリパリチップスの完成です。

ただし、調理時間がトースターは時間がかかりますので、時間短縮をしたい方は電子レンジを使いましょう。

トースターで簡単ラスク

みんなが大好きなラスクも、トースターで作れます。

簡単で美味しいラスクを作ってみましょう。

小腹が空いたときに最適なお菓子です。

【材料】

・フランスパン 150g
・グラニュー糖 大さじ1
・無塩バター 40g
・練乳 大さじ1

【作り方】

①フランスパンを厚さ約1cmに切ります。

②鉄板に並べて160℃で約4分焼きましょう。

③グラニュー糖、無塩バター、練乳を混ぜ合わせ、フランスパンの片面にムラなく塗り鉄板に並べます。

④トースターに入れ、160℃で約11分焼きます。

⑤焼けたら粗熱を取って完成です。

サクッと感を増すために、砂糖を塗る前に一度焼くのがポイントです。

電子レンジを使う場合は、砂糖を塗る前に一度2分程加熱して、その後砂糖を塗ってから再び約1分加熱してくださいね。

トースターを使ってお菓子作り!しっとりマフィン

オーブンがお家になくても大丈夫、トースターでもマフィンが作れます。

美味しいお菓子をシンプルな材料で作りましょう。

【材料】

・ホットケーキミックス 200g
・バター 70g
・グラニュー糖 40g
・牛乳 75ml
・卵 2個
・はちみつ 大さじ2

【作り方】

①ボウルにバターを入れ、クリーム状になるまでしっかり混ぜます。

② ①にグラニュー糖を加えて白っぽくなるまでしっかり混ぜ合わせます。

③ほかのボウルで卵とはちみつをよく混ぜておきます。

④バターに数回にわけて卵液を入れ、よく混ぜましょう。

⑤次にホットケーキミックスを加えサックリ混ぜ、牛乳も加えて混ぜます。

⑥カップの半分まで生地を入れます。

⑦トースターを170℃にして3分温め、5分焼いたら反転させてアルミ箔をマフィンの上にのせ、18分焼きます。

⑧次にアルミ箔を取って、2分焼きましょう。

⑨竹串を通して生地が付いてこなければ完成です。

アルミをかける理由は焦げ防止の為です。

アルミをせずに必要分数焼いてしまうとヒーターに近いため、焦げてしまいます。

電子レンジで作る場合は、約3分加熱して串を通して生地が付いて来なければ完成です。

トースターで作るよりも蒸しパンに近い食感になるので、本格的なマフィンが良い場合はトースターで作るのがおすすめです。

電子レンジとトースターで作るお菓子!スイートポテト

スイートポテトは、子どもから大人まで大好きなお菓子ですよね。

電子レンジでさつまいもに火を通すので、火も使いません。

【材料】

・さつまいも 大1個
・砂糖 50g
・バター 20g
・牛乳 50CC
・卵黄 1個

【作り方】

①さつまいもは皮をむいて、1cmの輪切りにします。

②耐熱容器にさつまいもを入れて、5分加熱して一度混ぜ、更に5分加熱します。

③熱いうちにマッシャーで潰します。

マッシャーがない場合は、フォークを使って潰してくださいね。

④さつまいもを潰したら、卵黄意外の材料を全て入れて混ぜます。

⑤卵黄の2/3をさつまいもに入れて、残りの卵黄は艶出し用に取っておきましょう。

⑥お好みの形に成形します。

⑦アルミカップにさつま芋を入れて、卵黄を塗ります。

⑧1000Wのトースターで約10分焼きます。

途中、焦げそうになったらアルミ箔をかぶせて焼いてください。

⑨焼きあがったら、粗熱を取って完成です。

さつまいもは電子レンジによって加熱時間が変わる場合があります。

指定の分数で足りないときは、様子を見ながら加熱時間を増やしてくださいね。

電子レンジやトースターの特性を生かしたお菓子作り

電子レンジやトースターは焼きムラが出来やすく、放っておくと焦げてしまうことがあります。

しかし、そういう点だけ頭に入れて調理をすれば、オーブンと同じようにお菓子を作ることが出来ますよ。

電子レンジで作ったポテトチップスのように、ノンフライでカロリーオフに出来たりもするので、電子レンジをうまく利用してみましょう。