じゃがいもを電子レンジで加熱してもパサパサにならないコツ

ふかして食べたり、煮物にしたりといろいろな料理にも使えるじゃがいもですが、ゆでるのに時間がかかるものでもあります。

時短のために電子レンジを使う人もいるでしょう。

しかし、パサパサになってしまうことはありませんか?

今回は電子レンジで失敗しないコツなどについてご紹介します。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

手作り甘酒につきものの米麹のつぶつぶはミキサーで滑らかに

「飲む点滴」といわれるほど、その健康効果に注目が集まっている甘酒。毎日の習慣としていただくた...

シチューやカレーのルーの正しい保存方法&賞味期限について

小さい子どもから大人まで、シチューとカレーは昔から人気があります。市販されているルーを使えば...

ミキサーとフードプロセッサーの違いについて!代用可能!?

お料理のレシピ本や、テレビのお料理番組などで、ミキサーやフードプロセッサーという名前が出てきますよね...

魚の冷凍は焼いてからできる!焼く前・焼いた後のポイント

冷凍庫にある魚を解凍して、焼く人はとっても多いです。でも、魚を解凍するのって結構面倒ですよね...

ヘルシーなてんさい糖を上白糖の代用にしてみませんか

てんさい糖という名前を聞いたことはありますか?近年、健康志向の甘味料ということでその名が上げ...

美味しいおでんの作り方!生卵・完熟・半熟で栄養は違うの?

だんだん寒くなってくると無性に食べたくなるのが「おでん」ではないでしょうか?あったかいおでんを...

すぐに作れる!卵とうどんのシンプルで簡単な料理の作り方

小さなお子さんは、お腹が空くとグズることもありますよね。そんな時に、パパッと簡単に作れるレシ...

味噌汁の作り方ってどうしてる?だしの素は使う?使わない?

食卓に欠かせない味噌汁は、ご家庭によって味が違ったり、味噌の配合が違ったり、作り方はお家の数だけきっ...

醤油の薄口と濃口の違いって?料理で上手に使い分けよう

醤油といっても、地域や製法により、それぞれの持ち味があります。そのため、風味や味も異なるもので...

小麦粉大さじ1杯で何グラム?気になる体積15mlあたりの重さ

粉モノの料理を作ろうと思ってレシピを見ると、小麦粉の分量がグラム表記されており、「秤はどこにしまっ...

驚くほど美味しい味噌ラーメンが家庭でできる!6つのレシピ

美味しい味噌ラーメンが食べたいけれど、ラーメン屋まで行くのは面倒だし、お金もかかるというときは、...

電子レンジで野菜をゆでるには?メリットやレシピをご紹介

野菜をゆでるときは鍋を使っていますか?「ゆでる」というと沸騰したお湯でぐつぐつするイメージで...

味噌汁を5人分作るのは簡単!基本のレシピを覚えて作ろう!

皆さんは、味噌汁は好きですか?忙しい現代では、「毎日味噌汁を作って食べている」という人は少な...

電子レンジ料理のレシピが増える!鍋ごと便利な耐熱ガラス

鍋のまま電子レンジに入れて温められる、そのまま調理ができるというガラス鍋をご存知ですか?煮込...

野菜をサラダ用にカットしたときに美味しさを保つ保存方法

皆さん、毎日野菜を食べていますか!?一番手軽に野菜を食べる方法は、サラダですよね。でも、毎...

スポンサーリンク

電子レンジでじゃがいもがパサパサに!なぜ?!

ほくほくとしたじゃがいもは、甘くておいしいですね。

ゆでるとしたら鍋を使う人が多いでしょう。

水から火にかけてゆでていきますが、時間がかかります。

ゆで時間が足りなければ、中まで柔らかくならず、おいしくありません。

しかし、ゆですぎてしまうと煮崩れてしまって、ぐずぐずになってしまいます。

意外と時間の調節が難しいものですが、電子レンジを使うことで、その手間も省くことができます。

電子レンジをうまく使えば時短にもなりますから、毎日の負担を少しでも減らすことができるでしょう。

とても便利な電子レンジですが、おいしくなるように加熱するにはコツがあります。

やってしまいがちな失敗のひとつが、パサパサになってしまうことではないでしょうか。

加熱しすぎることで、じゃがいもは水分が抜けてパサパサになってしまうのです。

これでは手間を省いた意味がなくなってしまいます。

次項では、じゃがいもを電子レンジで上手に加熱するコツをお話しします。

じゃがいもがパサパサにならないように気を付けるコツとは?

じゃがいもは電子レンジで加熱しすぎるとパサパサに仕上がります。

電子レンジ調理が向いていないのではなく、加熱のコツがあるのです。

ひとつずつ見ていきましょう。

●時間は短めに

目安として、中くらいの大きさのじゃがいもの場合、1個の加熱に必要な時間は600Wで3分程度です。

しかし、電子レンジの機種やじゃがいもの水分量などによっても変わってきますから、最初は時間を短く設定して加熱しましょう。

●かたさを確認

竹串がスッと通る柔らかさになれば、十分加熱されています。

まだかたいようなら、30秒ずつ追加で加熱しながら様子を見ましょう。

●皮がついたまま加熱

その後の調理によっては、切ってから加熱するほうが便利ですが、皮がついたまま加熱するほうがパサパサになりにくくおすすめです。

●濡れたまま加熱

じゃがいもを水洗いしたら濡れたまま加熱しましょう。

キッチンペーパーを濡らしてじゃがいもに巻いて加熱すると、蒸し焼きのようになり、ほくほくとした仕上がりになります。

ラップで巻くのでもOKです。

電子レンジで加熱するときに気を付けるもの①

電子レンジでじゃがいもを加熱するコツをご紹介しましたが、他の食材についても見ていきましょう。

そのまま加熱するとパサパサになったり味が落ちるだけでなく、やけどなどの危険を招く場合もあります。

●膜があるもの

膜や殻があるものは、加熱すると食材に含まれている水分の膨張によって、爆発する恐れがあります。

卵はそのひとつといえるでしょう。

卵を加熱するための容器を使用したり、卵を溶いて膜がない状態にして加熱しましょう。

他に殻のついたものは、銀杏や栗などがあります。

レバー、ウインナー、タラコなども薄い膜があります。

トマトやブドウなども薄い皮があるので注意しましょう。

これらのものを加熱する場合、殻を剥いたり竹串で穴をあけたりなどして中に蒸した空気がたまらない状態にしてください。

●とろみがあるもの

トマトソースやカレーなどのとろみがあるものを加熱すると、マグマのようにボコボコする突沸が起きます。

加熱しすぎないように、時間の調節をしてください。

ラップをゆるくかけることをおすすめします。

また、コーヒーやみそ汁も突沸の危険があります。

やけどをしないように、加熱しすぎてしまったときはしばらく電子レンジをあけずに少し冷めるのを待って、突沸がないか確認してから取り出しましょう。

電子レンジで加熱するときに気を付けるもの②

電子レンジで加熱する場合に気を付けるものは他にもあります。

●イモ類

じゃがいもについてはすでに触れていますが、他のイモ類も注意が必要です。

サツマイモや里芋、カボチャやじゃがいもなどは水分が少ないため、加熱しすぎると中の水分がすべて蒸発してしまい、パサパサどころか炭のように焦げてしまいます。

焼き芋やドライフルーツについても同じことがいえます。

発火の恐れもありますから、気を付けましょう。

水で濡らし、ラップで包むことで水分がなくなるのを防げます。

耐熱容器に大さじ2杯くらいの水と一緒に入れてラップをしてもいいでしょう。

●刺激物

乾燥トウガラシなどを作るときに電子レンジを使う場合もありますが、トウガラシのような刺激物を大量に加熱するのは止めましょう。

加熱して扉を開けたときに強い刺激の蒸気を浴びると、喉や目などがヒリヒリ痛む場合があります。

パサパサにならないじゃがいもの電子レンジレシピ

ここからは、電子レンジで簡単に調理できるじゃがいもレシピをご紹介しましょう。

【ほくほくじゃがバター】

パサパサにならないコツをつかんだら、じゃがいものほくほくした甘みを十分に味わえる、じゃがバターがおすすめです。

【材料 2人分】

・男爵イモ   2個
・バター    20g
・塩      適宜

【作り方】

①皮のついたままのじゃがいもを、水洗いしてそれぞれラップに包みます。

②600Wで7分加熱し、竹串がスッと通れば大丈夫です。

③250℃にオーブンを予熱しておきます。

④②のラップをはずし、アルミホイルでそれぞれ包んだら10分オーブンで焼きます。

⑤皿に移し、十字の切り込みを上から入れます。

⑥バターをのせ、完成です。

塩はお好みでお使いください。

子供のおやつにももう一品というときにもいいですね。

電子レンジで作るコロッケレシピ

電子レンジでじゃがいもを簡単に蒸す方法やパサパサにならないコツなどをご紹介してきましたが、下ごしらえだけでなくメインの一品を作ることもできます。

なんとコロッケも電子レンジで作れます。

油で揚げないので、カロリーも抑えられてヘルシーなコロッケができますよ。

【電子レンジで簡単コロッケ】

【材料 コロッケ8個分】

・じゃがいも    2個
・玉ネギ      1/4個
・ベーコン     2枚
◎バター      5g
◎塩こしょう    少々
◎パルメザンチーズ 大さじ1
★パン粉      60g
★オリーブオイル  大さじ3

【作り方】

①耐熱皿に★を入れて混ぜておきます。

②1000Wで1分加熱したら混ぜ、さらに40秒加熱して混ぜ、最後に30秒加熱し混ぜます。

きつね色になったら衣の完成です。

③じゃがいもは1cm角に切って水にさらしておきます。

玉ネギはみじん切り、ベーコンは1cm角に切り、具材すべてを耐熱容器に入れてラップをかけます。

④600Wで4分30秒加熱しましょう。

⑤じゃがいもをつぶしてから◎を加えます。

⑥⑤を8等分にして小判型に丸めます。

⑦②の衣を⑥につけて完成です。

ベーコンではなくひき肉でもおいしく仕上がります。

軽く押さえつけるように衣をつけるときれいにつけられます。

衣が余ってしまったら密封して冷凍保存できます。

使い方に気を付けて時短調理!

電子レンジはいろいろな調理に使えてとても便利です。

じゃがいもなど、ゆでるのに時間がかかるものは電子レンジで調理することで時短にもなり、忙しい夕食づくりのときなど助かりますね。

しかし、食材によっては使い方を誤ると、けがの恐れもあります。

けがも大変ですが、食材の破裂によってキッチンが汚れてしまいます。

時短のために電子レンジを使っても、掃除に時間をとられてしまっては大変です。

十分に注意をして電子レンジを活用しましょう。