ヨーグルトにジャムをのせて食べたらカロリーが高くて太る?

ヘルシーだからと朝食にプレーンヨーグルトをいただくかたは多いと思いますが、意外にもカロリ―が高いというウワサがあります。

甘さを補おうとジャムをのせたら、さらにカロリーが増すことになりかねません。

今回は気になるプレーンヨーグルトのカロリーを中心に、ジャムなどのトッピングについても、どういったものがダイエットに効果的なのか、探っていきたいと思います。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

後片付けも簡単!電子レンジを使って家族で美味しいパン作り

手作りパンは美味しいですね。本当に美味しいパン屋さんは、食パンを買うだけでも並んだり、遠くま...

魚の冷凍は焼いてからできる!焼く前・焼いた後のポイント

冷凍庫にある魚を解凍して、焼く人はとっても多いです。でも、魚を解凍するのって結構面倒ですよね...

焼きおにぎりに味噌を塗ってシソを添えると味と香りがアップ

焼きおにぎりには、味噌と醤油味があります。こんがり焼いた味噌の焼きおにぎりは、香ばしくてとて...

中華料理の定番チャーハン!オススメの調味料や作り方とは

中華料理の定番「チャーハン」は手軽に作れるメニューでもあり、ラーメン屋などでも人気のあるメニューです...

夏のお弁当はどのくらい保存できる?オススメのおかずとは?

夏のお弁当は、傷みが早いので食中毒などの心配もあり、保存する際は気を遣うという方も多いのではないでし...

お弁当のご飯をおいしく食べたい!硬くならない裏ワザ紹介

お昼ご飯に、お弁当を持って行っている人は多いですね。お母さんや奥さんに作ってもらったり、または...

電子レンジで食パンをトーストすると、なぜ時間がかかるの?

最近は、いろいろな機能の付いた便利な電子レンジが出回っています。トースト機能が付いているのも...

パンを手作りしたけど失敗してしまった!原因は何?

香ばしい焼きたてのパンが手に入ったときは、うれしくて気分が上がりますね。そんな焼きたてのパン...

おからを電子レンジで簡単おやつに!蒸しパンをおいしく作る

電子レンジおやつとして人気なのが蒸しパンです。材料を混ぜ合わせて5分の加熱で作れます。電...

味噌汁を600ml作るには味噌の量はどれくらい必要ですか?

味噌汁を作るときに入れる味噌の量は、どれくらいがいいのでしょう?料理初心者がわからないのはも...

電子レンジで目玉焼きができちゃう?ラップを利用して作ろう

ちいさな子どもがいる家庭や、コンロが足りない時などに便利な電子レンジ。最近では災害の際にガス...

キッチンのお悩み解決!炊飯器から出る蒸気の対策方法

炊飯器から出る蒸気が、棚に直接当たっているのを見ると、ふと心配になりますね。今回は、炊飯器の...

味噌汁の作り方ってどうしてる?だしの素は使う?使わない?

食卓に欠かせない味噌汁は、ご家庭によって味が違ったり、味噌の配合が違ったり、作り方はお家の数だけきっ...

絶品!本格味噌鍋がカンタンに3ステップで完成!レシピ6選

鍋といえば、鍋つゆが命です。後は好きな具材を入れるだけで完成です。味噌鍋なら、いつも味噌...

抹茶を楽しもう!スイーツレシピご紹介!簡単にできます!

抹茶といえば、最近ではスイーツの定番フレーバーの仲間入りをしていますね。そのため茶道は難しい...

スポンサーリンク

ヨーグルトのカロリーって本当はどれくらいあるの?

美容と健康のために毎朝いただいているかたも多いヨーグルトですが、意外にもカロリーが高いという声があります。

そこでスーパーなどでよく見かける代表的な無糖プレーンヨーグルトについて、1回分当たり100gのカロリーを調べてみました。

・Aヨーグルト 62kcal
・Bヨーグルト 63kcal
・Cヨーグルト 65kcal
・Dヨーグルト 64kcal
・脂肪ゼロEヨーグルト 46kcal
・脂肪ゼロFヨーグルト 40kcal
・脂肪ゼロGヨーグルト 43kcal

ノーマルタイプで平均63.5kcal、脂肪ゼロタイプで43kcal程です。

脂肪ゼロタイプは、カロリーが4割近くカットされています。

このカロリー、果たして高いといえるのでしょうか。

他の食品の同量のカロリーと比較してみましょう。

・ゼリー 70kcal
・プリン 124kcal
・牛乳  69kcal
・バナナ 78kcal
・食パン 240kcal

結論として、ヨーグルトのカロリーが明らかに高いとは言えません。

しかし、トッピングにジャムを大さじ1杯のせると、カロリーが128kcalと一挙に跳ね上がるのです。

ジャムのカロリーってどれくらいあるの?

ヨーグルトにトッピングとして、ジャムをのせて食べているかたは多いと思います。

しかしジャムをのせただけでカロリーが高くなるなら、いったいジャムにはどれだけカロリーがあるのでしょうか。

1回のトッピング量である、大さじ1杯(20g)のカロリーを調べてみました。

・イチゴジャム 39kcal
・ママレード  36kcal
・リンゴジャム 36kcal
・あんずジャム 40kcal
・ブルーベリージャム 36kcal
・白桃ジャム 36kcal
・ミックスジャム 39kcal

平均して37kcalが、ヨーグルトのカロリーに上乗せされる計算です。

100gのプレーンヨーグルトに、大さじ1杯のジャムをのせたカロリーはだいたい128kcalになります。

これは、低脂肪タイプのストロベリーヨーグルト1個分(162g)と同じカロリーです。

アロエヨーグルト(125g)1個なら111kcalなので、ジャムのせヨーグルトのほうがカロリーが高くなります。

ジャムは気をつけないと、せっかくのヨーグルトのカロリーを押し上げてしまう結果となるのです。

しかし、低糖質ジャムや低カロリージャムを選べばカロリーの上昇が抑えられます。

活用なさってみてください。

カロリーを抑えるにはどんなヨーグルトを選べばいい?

ヨーグルトのカロリーを抑えるには、無糖タイプのプレーンヨーグルトを選びましょう。

加糖タイプは砂糖が含まれているので、その分、糖質もカロリーもアップするからです。

フルーツ入りはフルーツ以外の糖分も加わっているので、15kcalくらいカロリーが高くなります。

無糖のプレーンヨーグルトに、自分で生のフルーツを加えたほうがいいでしょう。

さらに、無糖のプレーンヨーグルトでも脂肪がカットされたものはおすすめです。

気になるカロリーが2~4割抑えられるので、フルーツやジャムなどのトッピングがしやすくなるからです。

また、脂肪がカットされたヨーグルトを水切りすれば、チーズ風な食感となって、いろいろな料理やスイーツに応用できます。

カロリーが抑えられるのでダイエットにとても効果的です。

ぜひお試しください。

隠れた主役!知っておきたいジャムの優れた効果とは?

ヨーグルトにジャムをのせれば、ヨーグルトだけいただくよりも確かにカロリーは増えますが、ジャム自体は優れて栄養効果の高い食品です。

ジャムにはペクチンという特有の食物繊維があるため、便秘解消作用のあるヨーグルトにのせれば相乗効果をなし、ダイエットの強い味方となります。

さらに、ジャムにしかないメラノイジンという成分には強い抗酸化作用があるため、コレステロールの抑制や糖尿病など生活習慣病の予防に効果が期待できます。

ブルーベリージャムならアントシアニンという眼の健康に優れた効果を発揮する成分も含まれているため、ゲームやパソコンで目を酷使するかたにおすすめです。

どの果物のジャムでも、加熱する過程でビタミンCや葉酸は失われてしまいますが、ポリフェノールや食物繊維は、生の時とほぼ同じです。

確かに糖度は高いですが、脳にとって糖は唯一無二の栄養源なので欠かすことはできません。

それに、意外なことにジャムはバターよりカロリーが低いのです。

トースト1枚に塗るバターのカロリーは75kcal、マーガリンで76kcalですが、低糖度のイチゴジャムなら39kcal、ブルーベリージャムなら36kcalです。

適量を守ればジャムもそれほど悪者ではないのです。

ダイエットに効果的なヨーグルトとジャムの組み合わせとは?

ジャムの代わりにコンフィチュール(フルーツのソース)をプレーンヨーグルトにのせたものは、カロリーが抑えられるうえに味もとてもおいしいと、今女性に大評判です。

それでもジャムの固まった感じが好みというかたは、いっそ手作りされてみてはいかがでしょうか。

砂糖と果物を煮詰めるだけなので簡単なうえ、甘さを自分で加減できます。

たとえば、ヨーグルトのリンゴジャム添えはいかがでしょうか。

レシピは下記の通りです。

【材料2人前】

・プレーンヨーグルト 120g
・リンゴ 1個
・砂糖 50g
・レモン スライス2枚

【作り方】

①リンゴを8等分してから薄くスライスし、砂糖、レモンを入れて電子レンジで10分加熱します。

②かき混ぜて、レモンを取り除いて冷蔵庫で冷やします。

③器に入れたヨーグルトに②をトッピングして出来あがりです。

お好みで砂糖の量は増減してください。

ヨーグルトの乳酸菌とリンゴの食物繊維で腸内環境を整え、便秘をスムーズに解消してくれます。

ぜひ一度お試しください。

ヨーグルトはどうやって食べるのがダイエットに効果的か?

ヨーグルトを食べると太るといわれるのは、ハッキリ言って食べ過ぎが原因です。

他の食品よりも低カロリーとはいえ、たくさん食べればカロリーも高くなります。

特にプレーンヨーグルトは、箱から食べる分だけすくい取るのでたくさん摂れますし、中には箱ごと抱え込んで食べるかたもいらっしゃいます。

気がついたらあっという間に半パック食べていた、なんてことがよくあるのです。

1パックは約400~450gですから、半パックなら一度に200~300g食べていることになります。

通常、1回分は100g前後です。

どんなにおいしくても、1回150gにとどめるべきでしょう。

1回分の適量がわからなければ、個別のパックに入ったタイプを買ってみて容器をとっておき、プレーンヨーグルトを食べる際、その容易に盛って1回分の目安にするとわかりやすいでしょう。

くれぐれもプレーンヨーグルトパックを抱えて直にスプーンで食べないよう、器にとりわけてから食べるようにしてください。

甘さがほしいなら、少量の低糖度ジャムかコンフィチュールを加えましょう。

また、ヨーグルトはたいてい朝食べるかたが多いですが、実は夜食べたほうが効果的です。

夕食後に食べると乳酸菌の影響で腸が活発に働き、翌朝スッキリに結びつきやすいからです。

ヨーグルトの効果を生かしたいなら、食べる「量」と「時間帯」に気をつけましょう。

適量のプレーンヨーグルトと低糖度ジャムでカロリーオフな毎日を

いかがでしたか。

ヨーグルトもジャムもカロリーオフなタイプを選び、適量を守っていただけば太る心配はありません。

私たちは体によい食べ物と聞くと、つい、摂取した分だけ効果があると思い、必要以上にたくさん食べてしまいます。

その結果太ると、「体によい」は嘘で、実は「太る」食べ物、という烙印を押してしまうのです。

何でもバランス良く、程よくいただくのがいちばん体によいのです。