初心者にはわからない!レシピにある水1カップって何ml?

1人暮らしや単身赴任、リタイアをきっかけに初めて料理に挑戦するというかたにとって、レシピに出てくる言葉は謎だらけです。

例えば水1カップを量る工程でも、1カップのカップがいったい何mlあるのかと、疑問が尽きません。

カップは何を使用したらいいもかも、分かりませんよね。

ここではレシピの計量に関する単位、基準を、初心者向けにわかりやすくご紹介していきます。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

おでんでも人気!大根の煮物にはなぜ面取りが必要なの?

大根は煮物にしたり、サラダにしたり、日本人が大好きな野菜ですよね。中でも、おでんなどの煮物に...

スキムミルクは牛乳で代用できるのか?パン作りの便利な方法

最近では、ご家庭でパンを作って食べるという人は多いようです。ホームベーカリーをお持ちの方も多...

電子レンジで野菜をゆでるには?メリットやレシピをご紹介

野菜をゆでるときは鍋を使っていますか?「ゆでる」というと沸騰したお湯でぐつぐつするイメージで...

味噌作りで使う容器はプラスチック?それとも他の容器?

私たちにとって身近な調味料の味噌。市販品に含まれる保存料や添加物が心配という方は、手作り味噌だ...

電子レンジでパスタを茹でると光熱費は安くなる?高くなる?

鍋でパスタを茹でるときは、たっぷりのお湯を沸騰させて麺と塩を入れ、一定時間茹でるのが基本です。...

炊飯器や土鍋、圧力鍋を使って玄米4合を炊く時の水加減は?

カラダに良い玄米は、ご家庭でもカンタンに炊けます。普段お使いの炊飯器ではもちろん、土鍋や圧力...

カレーを作る!玉ねぎをすりおろしすることでメリットが沢山

初めて作った料理が、カレーという方は多いのではないでしょうか。カレーは、簡単に作れて、子ども...

野菜に合うソースは?野菜につけるディップソースレシピ

飲み会や残業が続き、体が野菜を欲している感じがすること、ありませんか?そんなとき、野菜のそのまま...

家庭で作るカレー。間違いなく美味しい材料の最適な量とは?

カレーを作る時の材料の量はどのくらいですか?家庭により、具だくさんのカレーや、好き嫌いにより特定...

電子レンジを活用して気軽に楽しくパンを作れる黄金のレシピ

家庭でパン作りを楽しむ人が増え、材料も本格的なものが増えてきました。一方で、忙しい主婦は、家...

絶品プリンを手軽に電子レンジで作るためのタッパー活用術!

手軽に、素早く、火を使わずにおいしいプリンが食べたい!そんな時は電子レンジ×タッパーが大活躍...

一人暮らしの料理のレパートリーを増やすには調味料がカギ!

一人暮らしを始めて、節約や健康のために自炊をしようと試みても、いつも同じ料理や味付けになってしまっ...

ほっぺが落ちそう!?クッキーをサクサクに焼くコツは?

クッキーが焼きあがるときのあの何とも言えない香り、クッキーが焼きあがりつまみ食いするときのワクワク...

炊飯器選びのポイントは内釜!内蓋を洗わないとどうなる!?

私達日本人の主食はお米ですよね!お米、皆さんはどうやって炊いていますか?ほとんどの方が炊...

簡単で美味しい米粉を使った料理の作り方!米粉の特徴も!

ご家庭に小麦粉を常備しているご家庭は、多いかと思います。しかし、最近よく目にする米粉は、なか...

スポンサーリンク

水1カップは何mlなの?米1カップと同じ?アメリカの1カップは?

料理のレシピを見ると、だし汁2カップや水2/1カップなど書いてありますが、この「カップ」というのは料理用の計量カップのことです。

通常、透明な容器に目盛りがふられていて、1カップ=200mlとなります。

水でもだし汁だとしても、1カップの体積はみな200mlです。

ところが、炊飯器に付属されていることの多い米専用の計量カップを見てみると、1カップが180mlとなっています。

米は1合、2合といった尺貫法を使うため、少しずれています。

料理用の計量カップなら世界共通なのかというと、実はそうではありません。

アメリカでは1カップ=240mlとなっています。

国によって基準が異なるなんて、意外な感じがしますよね。

なお、計量カップは100均などでも販売されています。

ご家庭で米専用の計量カップを一つ持っておくと重宝しますよ。

水1カップは何cc?mlとどう違うの?

体積の単位にはmlだけでなくccもあります。

ccとはCublicCentimetreの略で、立方センチメートルのことです。

1立方センチメートルは、一辺が1センチのサイコロの体積です。

つまり1ccは1立方センチメートルであり、そして1mlでもあります。

1cc=1立方センチメートル=1ml。

1mlは1ccなのです。

1mlとは1L(リットル)の1/1000です。

そして1Lとは、水1㎏の体積のことになります。

ccは立方センチという空間の体積からきているのに対して、mlは水の重さを体積に換算した呼び名からきていて、由来がそれぞれ異なります。

しかし、結果から見れば1ml=1ccなのですから、水1カップは200ml=200ccということになります。

水だけでなく、牛乳でも1カップ=200ml=200ccとなるのです。

水1カップは何g?

水に限らず、何であっても料理用計量カップでの体積は、1カップ200mlであり200ccです。

しかし、1カップは何g(グラム)かというと、モノによって重さが変わります。

水の場合、1カップの重さは200gです。

水あるいはそれに準ずる液体、例えばだし汁やお酒、お酢などは1カップ=200ml=200cc=200gです。

ところが、味噌やみりん、醤油は1カップ=200ml=200cc=230gと重くなります。

塩は1カップ240gとさらに重くなります。

ほかの材料も、重さにして見てみましょう。

・砂糖(上白糖) 1カップ130g
・小麦粉     110g
・ケチャップ   230g
・ウスターソース 240g
・油やバター   180g
・粉チーズ    90g

このように材料によってgが変わってきます。

知らずに水と同様の体積:重さを1:1だと思っていると、料理で失敗してしまので注意しましょう。

水大さじ1杯は何ml?小さじ1杯は?

料理のレシピでは、砂糖大さじ1杯、みりん小さじ2杯などと、計量スプーンを用いた計量方法よく見かけます。

一般的には大さじと小さじ、その中間の3本セットで販売されています。

計量スプーンは計量カップ同様、100均などで買うことができますよ

大さじ1杯は15ml、15ccです。

小さじ1杯は5ml、5ccです。

その中間は10ml、10ccですが滅多に使われません。

たとえば醤油が10cc必要な場合は、主に小さじ2杯と表されます。

中さじ、とはいいません。

味をみながら勘で調味料を入れるかたもいらっしゃいますが、慣れないうちは計量スプーンや計量カップを使った方が無難です。

計量スプーンで量っているうちに、大さじ1杯や小さじ1杯が徐々につかめてくることでしょう。

酒やみりんなど液体を計量スプーンで量るときは、表面張力で少し盛り上がるくらいが1杯分です。

塩や砂糖を量るときは、固まったまま計量してしまうと誤差が出てしまいますので、まず固まりをつぶしておきます。
g
からです。

サラサラになったらスプーンでたっぷりすくい取ります。

そして、すりきりにしたものが1杯分となります。

スプーンにギュウギュウ詰め込む必要はありません。

計量カップも同じです。

ただ計量カップの場合、水1カップのような液体以外を量るのことは難しいことです。

小麦粉1カップ量る場合は、200mlの目盛りに合わせづらいからです。

小さじ1杯の3倍が大さじ1杯、小さじ1杯の40倍が1カップですので、計量スプーンをうまく利用してみてくださいね。

計量カップや計量スプーンを使ってレシピの材料を量ってみよう

料理のレシピには、大さじ小さじやmlなど、材料の分量表示の基準が混在しています。

せめて水1カップや味噌大さじ3杯といったように、計量カップや計量スプーンを基準とした単位に統一してほしいものです。

例えばハンバーグ4人前のレシピは、このように記載されています。

【材料】
・合いびき肉 400g
・玉ネギのみじん切り 小1個
・バター 15g
・パン粉 30g
・牛乳 45cc
・塩小さじ 2/3
・溶き卵 1/2個分
・コショウ 少々
・ナツメグ 少々

一目見て基準がバラバラだとわかりますよね。

では、上記の材料を計量カップと計量スプーンを使って量ってみましょう。

●合いびき肉
スーパーなどで400gのものを買ってくればOKです。

●玉ねぎ
小さめを1個分みじん切りにしておきます。

●バター
量りがあれば15g量れますが、量りをお持ちでないかたも、いらっしゃることでしょう。

そんな時は計量スプーンや計量カップを使います。

バターは小さじ1杯は5cc、5ml、4gとなり、大さじ1杯は15cc、15ml、12gです。

1カップは200cc、200ml、180gです。

バター15gは、大さじ1杯と小さじ3/4杯になります。

●パン粉
パン粉は小さじ1杯が1g、大さじ1杯が3g、1カップが40gです。

したがって、パン粉30gは3/4カップ、もしくは大さじ10杯です。

●牛乳
45ccは計量スプーンをそのまま使いましょう。

大さじ1杯が15ccですから、45ccはちょうど大さじ3杯になります。

●塩
そのまま小さじ2/3杯を量ります。

●溶き卵
卵1個を割って溶いたら1/2にします。

残りの半分は、スープに使ったりスクランブルエッグにするなど無駄なく使いましょう。

●コショウ・ナツメグ
少々というのは、親指と人差し指の2本指でつまんだ分で、小さじ1/8杯にあたります。

ちなみに「ひとつまみ」は親指・人差し指・中指の3本指でつまんだ分で、小さじ1/5です。

計量カップがない!水200mlをどう量る?

計量カップがない場合は、水1カップ200mlをどう量ればいいのでしょうか。

炊飯器に付いていた米専用のカップがあれば使えますが、180mlなのであと20ml足りません。

計量スプーンがあれば、大さじ1杯と小さじ1杯でちょうど20mlになります。

米専用のカップもない場合の代用として、おたまがあります。

1杯だいたい50mlなので、4杯分です。

ほかにも、豆腐のパックも使えます。

3個で1パックになって販売されているタイプは、1個が約150mlです。

1個だけで売れれているものは、350mlか400mlです。

400mlのなら半分が200mlになります。

そして、プリンの容器やお酒、焼酎の容器にも容量が記載されているので活用してみましょう。

ただし、代用品はあくまでもおおよその量でしか量れません。

100均などで計量カップを購入した方が、正確に早く計量することができますよ。

料理用語は未知の世界?!

レシピ制作者には「知っていて当然」なことでも、料理初心者のかたからしたら、分からないことも多いことでしょう。

ですが、知らないことは恥でも何でもありません。

はじめから分かる人などいないからです。

計量カップや計量スプーンを使っていれば、だいたいの加減もできるようになります。

自ずと料理の腕前も良くなることでしょう。