玄米、醗酵食などで美と健康を目指す、正しい食の情報メディア

健康人口倍増計画

味噌煮込みうどんのレシピが知りたい!赤味噌の種類も必見

      2018/02/22

味噌煮込みうどんのレシピが知りたい!赤味噌の種類も必見

さっぱりとしたうどんも美味しいですが、こってりとした味噌煮込みうどんも食べたくなりますよね。

今回は、赤味噌で作る味噌煮込みうどんのレシピをご紹介します。

赤味噌の種類や特徴、さらに麺の選び方も併せてご覧ください。

スポンサーリンク

  こんな記事もよく読まれています

玄米80gのカロリーや栄養とダイエットに活かす方法とは?

玄米は薄皮に包まれている分、よく噛んで食べる必要があるた...

食生活改善と無理のないダイエットでさらに健康になろう!

ダイエットの基本は、摂取カロリーを消費カロリーよりも減ら...

じゃがりこチーズ味のカロリーが気にならなくなるイイ話

スナック菓子と言えば、ポテトチップスやかっぱえびせんなど...

玄米は圧力鍋を使うと炊くのに時間がかからない、って本当?

玄米は炊飯器で簡単に炊けますが、白米よりも時間がかかって...

断食を取り入れて体調改善を図りダイエットを成功させよう!

体調改善とダイエットの効果を高める方法として、断食が挙げ...

玄米の浸水時間を長くするのは発芽毒に関係してるって本当?

体に良いといわれる玄米ですが、下準備が大変ですよね。 特...

炊飯器や土鍋、圧力鍋を使って玄米4合を炊く時の水加減は?

カラダに良い玄米は、ご家庭でもカンタンに炊けます。 普...

自宅で味噌を手作りしよう!圧力鍋を上手に活用して時短調理

色、味、匂い。 作り方が変わるだけで、味もがらっと変わ...

玄米に虫が沢山湧いている場合に精米機を使用しても大丈夫?

玄米を精米しようとした時に、袋の中に虫が湧いていたことは...

砂抜きが大事な味噌汁レシピ!あさりを美味しく食べるコツ

日本人の食卓に欠かせない食材である、あさり。 酒蒸しや...

家庭食の定番!豚肉のソテーはソースでカロリーコントロール

豚肉と言えば安くて、美味しくて家庭料理には欠かせない食材...

体調改善を行うなら食事について毎日考える習慣をつけよう!

「最近なにかと体調がすぐれない」 そのような悩みがある...

食事改善とは、時間を見直して自己改善をするということ

食事改善というと、食事内容に気が向きがちです。 食べる時...

パニック障害を食事改善でストレスなく克服する方法

パニック障害を克服する方法として、すぐできる最も効果的な...

食事改善をしてダイエットに成功する女性になろう!

いくつになっても綺麗でいたい。 ダイエットに成功したい...

うつ病には食事改善が有効?感情をコントロールする食べ方!

近年、その患者数が増え続けているうつ病は、感情をコントロ...

食事改善で便秘を解消するために食物繊維を積極的にとろう!

食事改善で便秘を解消するなら、食物繊維を積極的にとってい...

女性の体調改善に豆乳!イソフラボンで女性パワーをアップ!

女性の体は一生を通じてはもちろん、大変短いサイクルで変わり...

食生活改善でダイエット達成には、バランスのよい栄養が大切

ダイエットで真っ先に考えるのは、食事のことではないでしょう...

食生活改善で痩せる!体重に左右されないきれいな身体作り

食生活改善で痩せる、とテレビや雑誌の記事を見て実行をして...

スポンサーリンク


赤味噌は栄養価が高い

味噌煮込みうどんのレシピのまえに、味を決める味噌についてお話します。

今回は、赤味噌です。

赤味噌は、その名の通り、赤みがかかった色をした味噌です。

大豆に米と大豆の麹(または大麦)、塩を加えます。

これを発酵させ、熟成することで、赤味噌ができあがります。

大豆を蒸して作るのですが、この工程でアミノ酸と糖が反応し、メイラード反応が起こることによって赤みがかかるのです。

塩分ですが、東京都内で作られている江戸味噌は約5~7%。

仙台味噌や津軽味噌、御膳味噌は約11~13%と、江戸味噌と比べると高くなっています。

また、中京地方で作られる豆味噌も赤味噌の一部で、塩分は約10~12%です。

塩分濃度の高い赤味噌は、長期保存に向いています。

続いて、赤味噌の栄養価を見てみましょう。

・ナトリウム
・カリウム
・マグネシウム
・鉄
・亜鉛などのミネラル
・ビタミンB1・B2・B6・B12・D・K・A・C
・ナイアシン
・葉酸
・パントテン酸
・アミノ酸
・イソロイシン
・バリン
・アラニン
・グリシン
・アルギニン

味噌があれば医者いらずといわれるほど、味噌は栄養価が高いですね。

たくさんある赤味噌の種類

レシピに「赤味噌」と書かれていても、どの味噌を選んだら良いのか、悩むところです。

前項でもいくつかの赤味噌の種類をお話しましたが、それぞれ特徴があります。

味噌煮込みうどんを作るときの、参考にしてみてくださいね。

☆江戸甘味噌

米味噌の甘口味噌に分けられる赤味噌です。

主に東京都内で作られています。

甘みが強く、塩分濃度が低いのが特徴です。

☆仙台味噌

主に宮城県で作られていて、米味噌の辛口味噌に分けられます。

風味もある辛口の赤味噌です。

そのままでも食べられることから、別名「なめ味噌」ともいわれています。

☆津軽味噌

米味噌の辛口味噌に分けられ、長期間熟成させています。

中辛で、独特の旨みのある赤味噌です。

☆御膳味噌

米味噌の甘口味噌に分けられ、徳島県で作られています。

大豆に米麹と塩を混ぜていて、麹歩合は10~15です。

☆越後味噌
新潟県の辛口の赤味噌です。

コクがあり、まろやかな味わいが特徴です。

味噌の中で米粒が浮いているように見える様から、「浮麹味噌」ともいわれています。

☆三州味噌

原材料は大豆と塩のみで作る豆味噌です。

コクに中に渋みがあるのが特徴です。

味噌煮込みうどんは塩分控えめの麺を!

赤味噌といっても、たくさんの種類がありました。

甘口や辛口など、お好みのものを選んでくださいね。

続いて、うどんの選び方について、お話します。

ざるうどんや、かけうどんであれば、うどんの麺はお好みのものでも構いません。

しかし、味噌煮込みうどんとなると、うどんの麺に少し気を使ってみると、より一層おいしく召し上がれます。

味噌煮込みうどんは味がしっかりとしているので、麺は塩分の少ないものを選ぶと良いでしょう。

全体のバランスがよくなります。

また、下茹での済んでいる麺を使用すると、煮ているうちに煮崩れしてしまい、食べることきにプツプツと麺が切れてしまいがちです。

味噌煮込みうどんを作るときは、ぜひ、生うち麺を使ってみてください。

生うち麺を使うことで煮崩れしにくく、最後までおいしくいただけますよ。

では、味噌煮込みうどんのレシピを見ていきましょう。

味噌煮込みうどんのレシピ

こってりとした味わい深い、味噌煮込みうどんのレシピです。

野菜もキノコも入っているので、栄養バランスも良いですよ。

☆味噌煮込みうどん

【材料 2人分】

・うどん(生麺) 1.5~2玉
・鶏肉 250g
・白菜 200g
・干しシイタケ 2個
・わけぎ 1本
・かまぼこ 1/2本
・卵 1個

・赤味噌 大さじ3
・みりん 大さじ1と1/2

【作り方】

①ぬるま湯1/2カップ(分量外)を用意して、干しシイタケを30分以上つけて戻します。

軸を切って、半分に切っておきましょう。

もどした汁は、ペーパータオルなどでこしておきます。

②鶏肉は食べやすい大きさに切って、熱湯にサッと通し、ザルに上げて水で洗います。

③白菜は葉と芯に切り分けてから、芯はそぎ切り、葉はざく切りにします。

かまぼこは7mm幅に、わけぎは小口切りましょう。

④ボウルに、合わせ調味料の材料を全て入れて、混ぜ合わせます。

⑤鍋にシイタケのもどし汁と水7カップ(分量外)、鶏肉を入れて火にかけます。

煮立ったら中火にして、アクを取りながら10分ほど煮ます。

⑥うどんとシイタケを加え、④を溶き入れてから5分ほど煮ます。

白菜を加えて煮立ったら、かまぼこ、わけぎを加え、卵を割り入れます。

白菜がしんなりとしたら、できあがりです。

チーズ入り味噌煮込みうどんのレシピ

基本の味噌煮込みうどんも美味しいですが、少しアレンジを加えることで、また違った味わいを楽しむことができますよ。

このレシピでは、生麺ではなく、便利な冷凍うどんを使っています。

☆ナスとチーズで洋風な味噌煮込みうどん

【作り方 2人分】

・冷凍うどん(減塩) 2玉
・鶏もも肉 1/2枚
・ナス 2本
・シイタケ 3個
・とろけるチーズ お好み
・卵 1個
・だし汁 800ml
・赤味噌 大さじ3
・みりん 大さじ2

【作り方】

①ナスのヘタを取り、1.5㎜の厚さで輪切りにします。

水にさらしてキッチンペーパーなどで水気を拭き取っておきましょう。

②シイタケは軸を取り、4等分に切ります。

鶏肉は一口大に切っておきましょう。

③ボウルに赤味噌とみりんを入れて混ぜます。

④鍋にだし汁を入れて温め、③を溶き入れて火にかけます。

⑤④が煮立ったら①と②を加えて、フタをして煮ます。

具材に火が通ったら、冷凍うどんを加え、再びフタをして1分煮ます。

⑥軽くうどんをほぐしたら、チーズをちらし、卵を割り入れます。

卵がお好みの固さになったら、できあがりです。

副菜や食事の主役にも!赤味噌を使ったレシピ

味噌煮込みうどんで活躍する赤味噌ですが、使い慣れていない方は、他にどんなレシピが作れるのか気になりますよね。

最後に、赤味噌を使った料理をご紹介します。

☆ナスとニンジンの赤味噌炒め

【材料 2人分】

・ナス 240g
・ニンジン 1/3本
・白ごま 少々
◎赤味噌 大さじ1と1/2
◎砂糖 大さじ1と1/2
◎水 大さじ1と1/2
◎酒 小さじ1
◎サラダ油 大さじ1
◎ごま油 大さじ1

【作り方】

①ナスは水洗いして、キッチンペーパーなどで水気を拭きます。

ヘタを切り落としてから、一口大の乱切りにしましょう。

水に10分程度さらしたら、ザルにあげて水気を切ります。

②ニンジンは皮を剥いて乱切りにします。

電子レンジで1分ほど加熱しましょう。

③ボウルに◎の材料を全て入れて、赤味噌が溶けるまでしっかりと混ぜます。

④フライパンに油をひき、中火で熱します。

そこにナスを入れて4~5分炒めます。

ニンジンも加えて炒め、③を加えて混ぜながら炒めていきましょう。

汁けがなくなっってきたら器に盛り、白ごまをふったらできあがりです。

ナスとニンジンなら副菜に。

豚肉を加えれば、メインにもなりますよ。

赤味噌を使ってみよう!

いかがでしたでしょうか。

赤味噌を使った味噌煮込みうどんは、体の中からあたたまります。

まだ赤味噌を使ったことがない方も、ぜひ取り入れてみてください。

味噌汁にしても、味噌や合わせ味噌とは違う味噌汁が味わえますよ。

 - 玄米・豆・穀物