味噌ちゃんぽんは秋田が有名!自宅でできるレシピも人気

ちゃんぽんといえば長崎が有名ですね。

たくさんの野菜と豚骨ベースのスープでとても人気があります。

しかし、実はちゃんぽんは全国各地にあるのです。

かつおベースのものや鶏ガラベースのものなど味もいろいろです。

今回は、秋田で有名な味噌ちゃんぽんについて、いろいろ掘り下げていきます。

自宅で簡単にできる人気のレシピもご紹介します。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

玄米と押し麦の栄養はどう違うの?どちらがダイエット向き?

体に良いといわれる玄米と押し麦ですが、それぞれに含まれている栄養はどう違うのでしょう。ま...

納豆や豆腐の豊富な栄養について!毎日食べると体に影響は?

納豆や豆腐などの大豆製品は、健康や美容に良いと言われていますよね。どちらも毎日の食事に取り入...

ちまたで話題の玄米を食べるならこのおすすめ銘柄を選ぼう!

最近、玄米食に対する評価が、見直されてきています。玄米が健康に良さそうだということは、以前か...

味噌の賞味期限は3ヶ月くらい?期限が切れた味噌は使える?

味噌は、馴染み深い、代表的な調味料の一つですよね。 昔から、沢山の日本料理に使われています。...

海外でも人気の「和食」一食当り大事なのはカロリーより質

平成25年、日本が誇る食文化「和食」が、ユネスコ無形文化遺産に登録されました。日本の国土は縦...

玄米をふっくら仕上げる炊き方のコツは、水の量と浸水時間!

体に良いといわれる玄米ですが、家で炊くのは大変と思っていませんか。水の量や洗米の仕方など、基...

低いのはどちら?玄米と白米ご飯の茶碗一杯分のカロリー比較

ご飯を食べるとき、私たちは茶碗を使います。カロリーや栄養価を調べる際に、茶碗一杯という表現があ...

万能飲料!?の玄米スープのレシピを伝授!玄米の魅力とは?

健康志向の高まりとともに、スーパーなどでもよく見かけるようになった「玄米」や「玄米スープ」。...

電子レンジでサクッと調理しよう!白米を使うレシピ

現代で欠かせない家電製品のなかのひとつとして、電子レンジが挙げられますよね。日本人が誇る白米...

ご飯の保存方法と保存期間の目安と玄米の保存方法について

ご飯を炊いて余ってしまうことってよくありますよね。そんな時、どのように保存をしていますか?...

体に優しい玄米粥の作り方とは?玄米を使ったスイーツレシピ

玄米とは、収穫したお米からもみがらだけを除いたものです。玄米は高い栄養効果や美容効果が注目され...

お米は保存方法と環境によっては賞味期限が半年以上になる

お米の賞味期限は、保存方法や環境によって、大きく変わってきます。保存方法をしっかりしていれば...

沖縄定番の油味噌!ごはんやおにぎりの具におすすめの常備菜

一般的に味噌というと味噌汁や料理の味付けに使用する調味料のイメージですが、沖縄には「油味噌」とい...

コーヒー生豆を発芽加工し発芽コーヒーが作られる!特徴は?

皆さんが、ほぼ毎日口にしているコーヒー。実際コーヒーを好きな方って多いですよね。そんなコ...

枝豆と大豆と小豆の違いってどこにあるの?栄養素のまとめ!

ビールに良く合うおつまみの枝豆、馴染み深い納豆、お祝いには赤飯・・・など、美味しい豆食品は豊富にあり...

スポンサーリンク

ちゃんぽんは長崎だけではなかった!秋田では味噌ちゃんぽんが人気

ちゃんぽんとは、野菜や魚介などを炒め、鶏ガラと豚骨ベースのスープに、太麺を入れて煮込んだ麺料理です。

太中華麺をスープと煮込むという点は、ラーメンと大きく違うところでしょう。

長崎が発祥といわれています。

明治時代に中華料理の店主が、安くて栄養のあるものを留学生に食べてほしいとして、中国の福建料理を元にちゃんぽんを考えたという説もあります。

そこから派生して、長崎ちゃんぽんの影響を受けた麺料理が全国に広がっています。

滋賀ではかつおダシ、愛媛では鶏ガラと、各地様々な特徴があります。

秋田ではあんのかかった味噌ちゃんぽんがあります。

ある店では、あふれそうなほどの味噌スープと野菜が人気を呼んでいます。

詳しいレシピは秘密という、秋田県産の合わせ味噌に調味料、野菜を加え、煮詰めています。

濃厚なスープと太麺の相性も抜群とのこと。

秋田へ出掛けた際には、ぜひ味わいたいものです。

味噌ちゃんぽんに使われる秋田味噌は努力の結晶

人気店の味噌ちゃんぽんにどんな味噌が使われているのかは、レシピが秘密のため、想像するしかありませんが、秋田県産ということですので、秋田味噌について見ていきましょう。

秋田味噌とはその名の通り秋田県で作られた味噌のことです。

米どころ秋田ならではの麹のおかげで、江戸時代から自家製味噌が作られていました。

秋田味噌は米麹の味噌で辛口なのが特徴ですが、近年は塩分を低くして、甘口になってきています。

色も赤~淡色まで数種類あります。

麹の割合が高く、舐めたときも甘みを感じられます。

数年がかりで秋田県初の味噌用酵母が開発されました。

その酵母を使った味噌には、さわやかな味、華やかな香り、色鮮やかさなどの特徴があります。

また、大豆や米にもこだわり、各所の協力を得て研究されているのです。

そんな秋田味噌は味噌ちゃんぽんだけでなく、様々なご当地料理にも使われているのです。

寒い地域ならではの、いものこ汁やマタギ鍋などに使われることが多いです。

きりたんぽにつかわれるご飯を潰し、細長く丸めたものに砂糖味噌をつけて焼く、味噌つけたんぽは、子供のおやつとしても人気だそうです。

基本の味噌ちゃんぽん 簡単人気レシピ

では、自宅でできる味噌ちゃんぽんのレシピをご紹介します。

簡単にできると人気のレシピです。

好きな野菜をたっぷり入れて作りましょう。

豚バラ肉を使えばボリュームも出せます。

簡単味噌ちゃんぽん

【材料 2人分】

・中華麺         2玉
・豚バラ肉        適量
・キャベツ        1/8玉
・玉ねぎ         1/4玉
・もやし         1袋
・人参          5cm
・味噌          大さじ2
・醤油          大さじ3
・鶏ガラスープ      大さじ2
・みりん         大さじ2
・酒           大さじ4
・砂糖          大さじ1
・にんにくチューブ    5cm
・水           600cc
・一味唐辛子       お好みで

【作り方】

①フライパンで肉を炒めて皿取り、野菜を炒めます。

②調味料を入れ、火が通ったら肉を戻します。

③中華麺を入れ、味を馴染ませたら完成。

こちらは野菜中心ですが、魚介を入れるなど好きなものを入れてもおいしくなります。

お好みで一味唐辛子をかけてください。

豆乳を使った味噌ちゃんぽんの人気レシピ

続いて豆乳を使った味噌ちゃんぽんのレシピをご紹介します。

こちらもコクが出ると人気のレシピです。

豆乳味噌ちゃんぽん

【材料 2人分】

・ちゃんぽん麺      2人分
・豚こま肉        100g
・好きな野菜       好きなだけ
・かまぼこ        1/2本
・サラダ油        少々
・塩コショウ       少々

【スープ】
・水        500ml
・味噌       大さじ1
・鶏ガラスープ粉末 大さじ1.5
・コンソメ固形   1個
・豆乳       100ml

【作り方】

①豆乳以外のスープの材料を鍋に入れ、火にかけます。

フライパンにサラダ油を熱し、肉と野菜を炒めます。

②かまぼこを入れ、塩コショウを振っておきます。

スープと麺を入れ、ほぐれたら豆乳を入れます。

③ひと煮立ちさせて完成。

隠し味として味噌と豆乳がコクを出してくれます。

豆乳を入れたら、煮込みすぎないようにしましょう。

魚介を加えても旨味が増しておすすめです。

ちょっとアレンジ キムチを使った味噌ちゃんぽん

こちらは少し味を変えてキムチの味噌ちゃんぽんです。

寒い時期にはピリ辛で温まると人気のレシピです。

キムチ味噌ちゃんぽん

【材料 2人分】

・つけ麺用の太麺     2玉
・豚肩ロース肉      100g
・キムチ         好きなだけ
・キャベツ        1/4個
・ピーマン        1個
・もやし         1/2袋
・かまぼこ        1/4
・味噌          大さじ2~3
・ゴマ油         大さじ2
・醤油          少々
・塩コショウ       少々

【作り方】

①野菜を切り、ぬるま湯に入れます。

こうすることで野菜がパリッとします。

②お湯を沸かして麺を茹でる準備をします。

野菜が煮える前に麺を茹でるので準備が大切です。

③中華鍋、またはフライパンにゴマ油を入れ、香りが出てきたらキムチを炒めます。

④野菜とかまぼこを入れ、強火でさっと炒めます。

お湯を入れて、ひと煮立ちさせます。

味噌も溶いておきましょう。

⑤麺を湯がき、④に入れて絡めます。

⑥再び沸騰して1~2分煮立てたら完成。

多めに煮込むのでキャベツは多めに入れてもいいかもしれません。

完成後にキムチを入れてもいいですし、白髪ねぎを足してもいいでしょう。

ちゃんぽんでハンバーガー?!まさかのアレンジレシピ

味噌ちゃんぽんのレシピをいくつかご紹介しました。

ここでは、一風変わったレシピをご紹介しましょう。

インスタントのちゃんぽん麺を使うので、添付の粉末スープを使えば味付けも簡単です。

ちゃんぽん麺バーガー

【材料 1個分】

・チャンポン麺     1個
・サラダ油       大さじ2
・レタス        1枚
・トマト        1枚
・焼豚         1枚
・目玉焼き       1個
・マヨネーズ・ソース  適量

【バンズ用】

・強力粉        大さじ2
・卵          1/2個
・添付のスープ     小さじ1
※かやく入りのものならここでかやくを適量使います。

トマトは薄切り、焼豚は厚切りにしておきます。

【作り方】

①麺をお湯でほぐし、水気を切りボールに麺とバンズ用の材料を入れます。

②①を2つに分けます。

ラップをした口径8cmくらいの器に入れ、ラップをして残りも入れます。

冷蔵庫で20分くらい寝かせます。

③フライパンにサラダ油を熱し、②を焼きます。

底がカリッとしたら裏面も焼きます。

④できたバンズに具材を挟んでマヨネーズ、ソースをかけて完成。

チーズを入れたり、具材を変えるといろいろなバーガーができてアレンジも広がります。

新しいB級グルメとして人気が出るかもしれませんね。

好きなものをたっぷり!ちゃんぽんを食べよう

長崎ちゃんぽんがとても有名ですが、各地の特徴を活かした様々なちゃんぽんがあることが分かりました。

味噌ちゃんぽんは味噌作りで欠かせない麹を開発するなど、秋田の魅力が詰まったものでした。

ちゃんぽんとは、様々なものを混ぜるという意味通り、野菜や魚介など、好きなものを入れて食べられて、栄養も考えられた料理なのです。

お好みで具材を変え、スープのアレンジも豊富なちゃんぽんで栄養をたくさん取り入れてください。