味噌漬けは焦げやすい?味噌漬けの作り方と牛肉の焼き方

みなさんは、味噌漬けというと、どんなものをイメージしますか?

味噌漬けは、野菜や魚を味噌で漬けたもののほかに、肉とも相性が抜群です。

ご飯にもぴったりですよ。

おいしく焼ける、お肉の焼き方やコツも、ご紹介します。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

甘みがアップするお米の炊き方教えます!そのポイントは酢!

皆さんが、ほぼ毎日食べているお米。どうせ食べるなら、少しでも美味しく食べたいですよね。普...

お米の水の量を間違えた!簡単リメイクでおいしく復活

お米の水の量を間違えたら、ご飯がおいしく炊けません。お米の水の量が多すぎると、ベタベタした水分...

簡単に調理ができるパスタの特徴と種類、ソースとの相性は?

日本でも馴染みの深いパスタ。手軽に簡単に調理が出来るので、とても人気の食材ですよね!そん...

さわらの味噌焼きのおいしい焼き方!焦がさないポイントは?

春が来たら、さわらを食べたくなる季節ですね。さわらといえば、西京焼きが有名です。外食では...

別茹でなし!味噌煮込みうどんのレシピ!乾麺使用で時間短縮

うどん料理を作るとき、皆さんは市販の茹でうどんを使いますか?それとも乾麺を使いますか?乾...

後片付けも簡単!電子レンジを使って家族で美味しいパン作り

手作りパンは美味しいですね。本当に美味しいパン屋さんは、食パンを買うだけでも並んだり、遠くま...

こんな時はどうしたらいい?米の水加減を間違えた時の対処法

毎日炊く米ですが、いつも通り炊いたつもりが柔らかくなったり、固くなったりと水加減を間違えたことあり...

手前味噌の作り方のコツは?初めてならビニール袋がおすすめ

最近、手作りの味噌が話題になっています。手前味噌ともいうこの自家製味噌作りですが、作るのに手...

お米の炊き方の手順と炊いたご飯の保存は炊飯器で良いのか?

日本人の主食「白米」。毎日の食卓に欠かせないものですよね。一人暮らしの方や新米専業主婦の...

野菜をサラダ用にカットしたときに美味しさを保つ保存方法

皆さん、毎日野菜を食べていますか!?一番手軽に野菜を食べる方法は、サラダですよね。でも、毎...

失敗しない魚の切り身の美味しい焼き方。目的別に紹介!

朝食に焼き魚と味噌汁は、定番です。魚の切り身を焼いていて、焼き方を失敗して焦がしてしまったこと...

昔風から現代風まで!生活に合う味噌の詰め替え容器のご紹介

味噌は、時間が経つと色が変わってしまいます。味噌の色が濃くなることを「褐変」といいますが...

電子レンジでもオーブンでも使える耐熱皿をタイプ別にご紹介

近年は、食卓でお皿として使える、耐熱皿の種類が充実しています。しかし、冷蔵庫に入れてある作り...

どこが違うの!?コチュジャンと豆板醤の特徴などの違いは?

皆さんは、辛い料理は好きですか?辛味に対しては、得意不得意、好き嫌いと好みが分かれますよね。...

ほっぺが落ちそう!?クッキーをサクサクに焼くコツは?

クッキーが焼きあがるときのあの何とも言えない香り、クッキーが焼きあがりつまみ食いするときのワクワク...

スポンサーリンク

味噌漬けにする肉の選び方

スーパーに行くと、様々な肉の部位が販売されています。

肉の特徴を知って、どの部位を味噌漬けにするのか、決めてみましょう。

今回は、スーパーで購入ができる牛肉の部位をピックアップしました。

【牛肉の部位】

●肩ロース

きめ細かく柔らかい部分です。

程よい霜降りで、牛肉本来のコクが味わえます。

●リブロース

脂身と赤身のバランスが良いです。

牛肉のおいしさを存分に味わえます。

●サーロイン

最高部位で香りや風味が良く、どんな焼き方でも、おいしく頂けます。

きめ細かく柔らかいのも、特徴です。

●ヒレ

脂肪は少ないですが、上品な味わいです。

やや淡泊な味わいなので、コクを出した調理方法がおすすめです。

●もも

脂身が最も少ない部位です。

●バラ

脂肪と赤身が層になっていて、濃厚な風味があります。

●ハラミ

肉質は赤身肉に近く、下味をつけることで、よりおいしく頂けます。

味噌ダレを作って牛肉を漬け込んでいく

調理する牛肉の部位が決まったら、味噌漬けにする味噌ダレを作ります。

基本は、味噌をみりんで伸ばしたり、酒で伸ばして作るのですが、アルコールの香りが気になる方は、砂糖で伸ばしていただいても構いません。

甘めがお好きな方は、砂糖やみりんがおすすめです。

基本の味噌ダレに、おろし生姜やニンニク、ごま油などを加えていくことで、様々なアレンジが可能です。

それでは、牛肉を味噌漬けにしていきます。

固まり肉を使う場合は切らずに、固まりのまま漬けていきましょう。

①まず、牛肉の両面に味噌ダレを塗り込んでいきます。

牛肉の大きさにもよりますが、大さじ1杯ほどが目安です。

②ガーゼやラップのうえに①をのせて包みます。

このとき、密着するように、ピタっと包みましょう。

チャックつきの保存袋に入れて、冷蔵庫で1~2日置きます。

漬け込むのに1日以上かかりますので、必ず新鮮な牛肉を選び、購入したらすぐに使用しましょう。

次項では、牛肉の焼き方について、お話します。

肉が焦げつかない焼き方

牛肉を漬け込んだら、あとは焼くだけです。

簡単なことのように感じますが、この焼きの工程こそ最大の難関です。

肉の焼き加減によっては、中まできちんと火を通さなければならないのですが、漬け込んだ味噌はとても焦げやすいのです。

焦げてしまいますと、せっかくの料理が台無しになってしまいます。

味噌漬けにした肉の焼き方にはポイントがあります。

1つ目のポイントは、焼く前に、肉の表面についている味噌ダレを拭き取ることです。

味噌が付いていることで焦げやすくなるので、キッチンペーパーなどを使い、綺麗に拭き取ってから焼きましょう。

焦がさないで焼くポイント2つ目は、火加減です。

新鮮な牛肉をミディアムで頂きたい場合などは、中火から強火で焼いていきますが、豚肉や鶏肉はしっかりと中まで火を通す必要があります。

強火で焼いてしまうと、中まで火が通っていないにもかかわらず、肉の表面は焦げついてしまいます。

中まで火を通す場合は、弱火でゆっくり焼いていきましょう。

固まり肉を漬け込んだときは、薄くスライスしてから、焼いていきましょう。

牛肉の焼き方の種類

味噌漬けにした肉の焼き方は、マスターできましたでしょうか。

この機会に、牛肉の焼き加減も、おさらいしてみましょう。

・ロー(肉が完全に生の様子)
・ブルー(肉に片面、または両面を数秒焼いただけの、限りなく生に近い状態)
・ブルーレア(ブルーとレアの間)
・レア(肉の表面を焼き、中は生に近い状態)
・ミディアムレア(レアとミディアムの間)
・ミディアム(肉をカットしてみると、やや中まで火が通っている状態)
・ミディアムウェル(ミディアムとウェルの間)
・ウェル(肉をよく焼いた状態)
・ウェルダン(ウェルよりも、さらによく焼いた状態)
・ヴェリー・ウェルダン(中まで完全に焼いている状態)

このなかでも基本となる、レア・ミディアム・ウェルダンの焼き方を、ご紹介します。

●レア

強火で、肉の片面を30秒、弱火にして1分焼きます。

裏返して、弱火で1分焼けばレアに焼くことができます。

●ミディアム

はじめに片面を強火で30秒、弱火で2分焼きます。

裏返してから強火で30秒、弱火で2~3分焼きます。

肉の表面から肉汁が出はじめたころが、目安です。

●ウェルダン

強火で肉汁が出るまで焼きます。

裏返してから、同じように強火で肉汁が出るまで焼き、最後に3分ほど弱火で焼きます。

牛肉の味噌漬け!焼き方はミディアムで

それでは、牛肉の味噌漬けの作り方を、ご紹介します。

特別な日や、おもてなしの料理としても、喜ばれる一品ですよ。

牛肉を焼いてから味噌漬けにするので、焦げついたりする心配もありません。

☆牛もも肉の味噌漬け

【材料 2人分】

・牛もも肉(たたき用) 200g
・コショウ 少々

・合わせ味噌 100g
・砂糖 25g
・酒 25ml
・みりん 25ml
・おろしニンニク 1/2片分

【作り方】

①酒とみりんを耐熱容器に入れて、電子レンジで1分30秒あたためます。

温めたら、そのほかの味噌ダレの材料を加え、よく混ぜておきましょう。

②牛肉を2㎝ほどの棒状に切り、コショウをふります。

③フライパンに油をひいて、②を焼いていきましょう。

焼き方は、ミディアムがおすすめです。

④焼けた肉の粗熱がとれたら味噌ダレを塗り、ガーゼなどで包んで、1~2日漬けていきます。

⑤肉が漬かったら、サイコロ状に切ればできあがりです。

伝統の味噌漬けをご家庭でも

牛肉の味噌漬けは歴史が古く、さかのぼること江戸時代。

食肉は仏教にしたがって、禁止されていました。

しかしそんな中でも近江牛味噌漬けは、将軍家に献上されていて、公然と食されていました。

現代版にアレンジした近江牛味噌漬けが、インターネット通販でも販売されています。

牛肉を白味噌に漬け込み熟成させることで、肉本来の旨味を深く味わうことができますよ。

伝統の味を味わいたい方は、一度食されてはいかがでしょうか。

ご家庭でも楽しめますが、日持ちのする高級食材として、贈り物としてもおすすめです。

焼き方ですが、箸などを使い味噌を取り除きます。

サッと焼いて食べやすい大きさに切って頂けば、ほかに何の調味料も要らないほどです。

完全に火が通っていなくても食べられるため、肉は柔らかく、味噌が焦げる心配もありません。

牛肉は、極上の赤身、極上ロース、特選サーロインと、部位によって分けられています。

味噌漬けで食材を味わう

肉を味噌で漬けることで、味噌が持つ酵素で肉が柔らかくなる効果があります。

高級な肉でなくても、スーパーなどで購入できる肉でも、十分おいしく食べられますよ。

牛肉以外でも、豚肉、鶏肉、魚や野菜でも活用することができます。

なお、味噌漬けを作るときは、新鮮な肉で作りましょうね。