お米が好き!30kgで何合くらい炊けるの?まとめ買いの相場は

お米の消費量は昔と比べると少ないですが、根強いご飯派は多いですよね。

知人ですが、ご飯があればおかずはいらない、なんていう強者もいらっしゃいます。

今回は、お米のまとめ買いに役立つ情報をお届けしますので、節約されたいご飯派の方はお役立てください。

まずは、ホームセンターや販売店などにドカッと置かれていることも多い30kgのお米で一体何合炊けるのか、というお話から始めます。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

玄米から虫が発生してしまった!精米機にかけることは可能?

玄米や白米に、虫が湧いてしまったことありませんか?玄米を害虫から守り美味しく食べるた...

玄米甘酒の簡単な作り方!ヨーグルトメーカーを利用しよう

甘酒は近年の大ブーム商品。自宅で作る人も増え、栄養摂取や健康面を考えてヒット中です。特に...

豆腐デザートを作ってみよう!簡単お手軽レシピを教えます!

豆腐は大豆から作った栄養満点で様々な料理に使える万能食材です。私たち日本人の健康の維持に欠か...

味噌の発酵はアルコールを含む?その香りや仕組み、安全性も

味噌の発酵にアルコールの存在は欠かせません。おいしい味噌を作るために必要な成分です。商品...

玄米の浸水時間を長くするのは発芽毒に関係してるって本当?

体に良いといわれる玄米ですが、下準備が大変ですよね。特に面倒なのが、お米を長い時間水に浸けてお...

そのままでも隠し味でも!おいしい味噌のレシピが大人気!

日本の伝統的な調味料の一つ、味噌。子どものころは、母親の作る味噌汁の香りで毎朝目が覚めた方も...

玄米雑炊がダイエットに効果があるって本当なの!?

玄米や雑炊は、それぞれダイエットに効果があると言われていますね。最近では、白米を玄米や雑炊に...

玄米を圧力鍋で炊けば浸水なしで炊飯器の半分の時間で完成!

健康に良いと言われている玄米ですが、どんな栄養があり、白米とは何が違うのでしょうか。硬い...

肉や野菜や玄米は消化に悪いの?消化が良くなる対処策とは?

私達の生命を維持していくのに欠かせない食べ物。食べ物の中には、消化の悪いものもあり、体調の悪い...

花豆や甘納豆の栄養効果&花豆や甘納豆を使ったレシピの紹介

多種多様な豆は、日本人が古くから様々な方法で食べてきた、非常に馴染みの深い食べ物です。豆類は...

納豆や豆腐の豊富な栄養について!毎日食べると体に影響は?

納豆や豆腐などの大豆製品は、健康や美容に良いと言われていますよね。どちらも毎日の食事に取り入...

味噌の風味を長く楽しむ保存方法とは?常温でも良いの?

味噌は、ほとんどのご家庭で常備されている食品ですよね。健康食としても人気の高い味噌で...

玄米餅の作り方を紹介!ホームベーカリーの上手な活用法

餅を作る方法といえば餅米を用意し、一晩吸水させて蒸しあげて杵と臼で餅をつく、という大変手間のかかる...

手作り味噌からでてくる液体の正体、それはまた別の形の味噌

手作り味噌を熟成させておくと、味噌からじわーっと、茶色い液体がわいてきませんか?ちょっと試し...

初夏が旬!青唐辛子を使った味噌の簡単な作り方と保存方法

梅雨の時期がはじまり、雨がしとしとと降り続けるような季節ですが、そんな時季に旬な食材があります。...

スポンサーリンク

お米30kgは何合?ご飯中心がおすすめ

自炊をするようになり、食費についても細かく計算できると、家計をやりくりするのに役立ちますよね。

まず、お米30kgは何合かということですが、一合150gですので、10kgで約66合、30kgになると198合になります。

約200合と考えていいでしょう。

意外と多いと思うかもしれませんが、4人家族で食べ盛りのお子さんがいるような場合、割と早く使い切る量です。

イメージとしては、だいたい一日3合くらい炊いていると、3ヶ月くらいで、いつの間にかなくなっている感じです。

パンやうどん、パスタも美味しいですが、ご飯は腹持ちが良く無駄な添加物なども含まれていないため、お子さんの主食として優れた点がたくさんあります。

栄養面でも、必須アミノ酸のバランスが良く、「太る」と言われがちですが決してそんなことはありません。

むしろパンなどの場合、お砂糖が含まれていますし、食べると血糖値が急激に上昇するというデメリットがあります。

お米の消費量は減少していると言われていますが、和食中心の食事は健康的でダイエットにも良い効果がありますので、もっとたくさんの人が食べるようになるといいですね。

お米30kgは200合!何人分でどのくらいでなくなる?

お米が30kgの場合は何合かというと約200合ですが、それで何人分くらいのご飯が炊けるのでしょうか。

お茶碗2杯でだいたい1合と考えられますので、おかわりをすれば単純に、200合=200人分、ということになります。

果てしない数字ですね。

小食な方が多ければ、それ以上の人数でも大丈夫ですし、逆に大食漢が一人でもいれば足りない、ということになります。

イベントなどでたくさんご飯を炊く場合は、客層を見て、少し多めに用意されるといいですね。

そして、もし一人暮らしの方などで単純に、一日一合を消費されるのであれば、およそ半年分の量、ということです。

食費のやりくりを計画的に、年単位で計算する方は、ぜひ参考にしてみてください。

お米30kgの値段って?新米の時期

お米30kgが何合で、だいたい何人分くらいなのかイメージしていただけたところで、お次は値段について考えてみましょう。

新米が出回る時期になると、甘くてモチモチした美味しいご飯を食べたくなる方も多いのではないでしょうか。

この時期のお米30kgの相場は、店舗によって多少バラつきますが、コシヒカリの場合、だいたい8,000円から10,000円くらいです。

あきたこまちの場合は、8,500円から12,000円と、若干高いようです。

しかし、どちらも高級なお米なら15,000円以上のものもあります。

そして、お米の値段は、量が多いほど割安になる、ということはご存知かと思いますが、5kgの場合、コシヒカリは1,000円から2,500円、あきたこまちは1,500円から2,500円くらいになります。

ただし、お米は袋の口を開けたときから劣化が始まります。

せっかく新米を買ったのですから、その美味しさを十分味わえるように気をつけたいですね。

もし、ついつい袋の口をしっかり締めるのを忘れたり保存方法に気を配るのが面倒、という場合は少なく買って食べる方が、美味しい状態で食べきれるのでおすすめです。

何合でも食べられる!?消費量が多いなら農家から直接購入も

お米の値段について書きましたので、ここで、農家から大量に仕入れる場合の相場についても触れておきましょう。

ホームセンター、販売店で10kg、30kgと買うよりも安く手に入れられるかもしれない方法が、農家からの直接購入です。

近くに農家の方がいたり、ご実家でもともと農業を営まれていて、そのつてがあったりする場合もありますよね。

生まれ育った家でご両親が毎年大量購入していた場合は、慣れているかもしれませんが、大人になってそうした手段があることを知ってお試しになりたい、と考えるケースもあります。

ご結婚されてパートナーが前々からまとめ買いしていた、という方もいらっしゃることでしょう。

農家から大量に購入する場合の値段は、やはりまちまちですが、売られているお米の保存状態により、下記のように考えられます。

・白米の場合の倉庫保存(常温)・100円/kg
・玄米の場合の倉庫保存(常温)・180円/kg
・玄米の場合の保冷庫保存   ・250円/kg

参考にしてみてください。

ご飯が大好きで何合でも食べられるという方がご家族に多い場合にも、まとめ買いはお得ですよ!

お米をネット通販で買うと安い?30kgの値段

お米のお得な購入方法ということで、忘れてはいけないのがネット通販です。

筆者も30kgをまとめ買いしていたことがありました。

30kgで10,000円以下でしたから、10kg3,300円くらいなので、比較的安い方です。

生産地などでも変わりますが、30kg、9,000円から8,000円台のお米もありますので、色々と探してみるといいかもしれません。

また、ネット通販は値段が安いということ以外にもメリットがあります。

それは、お店から自力で持ち帰る必要がないということです。

玄関まで届けてもらえるので、とても楽です。

30kgを持ち帰るなんて、車に積み込めるとしても、力持ちな人の協力がないと難しいですよね。

さらに、品種が豊富、という点も挙げられます。

近場で買う場合は生産地なども有名で決まった品種しかないかもしれませんが、ネットでは全国各地のお米が購入できます。

他には、口コミを見られるというメリットもあるでしょう。

お店で買う場合でも、お米は試食することはあまりありませんよね。

ネットからなら口コミ、コメントを見て選ぶことができます。

だいたいのイメージもつきやすいですよ。

ただし、「何合食べても飽きない!」「日本一美味しい!」など、あまりにも褒めちぎったコメントの場合、サクラかもしれませんので気をつけてください。

豆知識!お米を何合入れたか忘れたら

お米まとめ買い(30kg購入)をテーマにさまざまな情報をお伝えしてきました。

最後に、知っておくと役立つかもしれない豆知識について書いておきます。

皆さんは、ご飯を炊こうとお米を計量していて、ふと、何合入れたか思い出せなくなることはありませんか?

物思いにふけっていたり、お米を研いでいるときに来客や電話でその場を離れたりすることもありますよね。

お米を洗い始めてから忘れてしまうと、もう一度測り直すのも大変です。

「だいたい、3合くらいだったかな」と思って炊いて、べちゃべちゃになってしまったらショックですよね。

そんなうっかり間違いを防ぐアイディアをご紹介します。

・水分量が「米の体積の1.2倍、重さの1.5倍」ということを目安にする

新米かどうか、吸水が始まっているかいないかでも変わりますが、お米とお水の比率は、カップで測ってお米と同量~1.3倍まで、重量比で1.3~1.5倍と考えていいでしょう。

なので、お米の炊きあがりについてこだわりがないなら、だいたいの目分量でそのくらいの割合になれば、一応食べられるご飯が炊けます。

・おばあちゃんの豆知識を活用

洗米したお米を平らにし、その表面に手の甲と手首が90度になるように垂直に手を置きます。

そして、手首まで水を入れて炊くのです。

究極の目分量、昔の人の知恵、ということになりますが、これで炊けるようになるとかっこいいですよね。

お米をお得に買おう!

お米30kgは、200合くらいだということが分かりましたね。

実際に数字で見てみて、「こんなものか。」と思った方もいらっしゃれば、「こんなに!?」と思った方もいると思います。

お米をまとめ買いして食費をやりくりできるようになれば、無計画に買うよりも節約できることでしょう。

農家からの直接購入、ネット通販についても取り上げましたが、美味しくて安いお米に巡り合えるといいですね。

一人暮らしの方でパンよりご飯派の方、食べ盛りのお子さんを持つ主婦の方は、ぜひこの記事を参考にしてください。