玄米、醗酵食などで美と健康を目指す、正しい食の情報メディア

健康人口倍増計画

オーガニックドライフルーツのマンゴーの効果・効能は?

      2017/12/31

オーガニックドライフルーツのマンゴーの効果・効能は?

南国のフルーツというイメージの強いマンゴーは、ジュースで飲むという人は多いのではないでしょうか。

そんなマンゴーは、オーガニックだと、また独特の美味しさが詰まったマンゴーになります。

それがさらにドライフルーツになると、いったいどのような効果・効能があるのでしょうか?

スポンサーリンク

  こんな記事もよく読まれています

家庭での味噌の作り方!大豆1kgの作りやすい分量でご紹介!

最近は発酵食が美容と健康に良い効果を与えると見直され、味...

田楽の味噌レシピをご紹介!残ったときのアレンジも

囲炉裏端で田楽を食べたことはありますか? 田楽は豆腐や...

豚肉の味噌焼きは驚きのカロリー控えめなダイエット料理

豚肉の味噌焼きは美味しくて、それだけでご飯がいくらでも食...

味噌汁の塩分濃度は何パーセントなのか?計算方法もご紹介

日本の食卓に欠かせない味噌汁。 しかし、塩分が高くて高...

手前味噌の作り方のコツは?初めてならビニール袋がおすすめ

最近、手作りの味噌が話題になっています。 手前味噌とも...

絶品!本格味噌鍋がカンタンに3ステップで完成!レシピ6選

鍋といえば、鍋つゆが命です。 後は好きな具材を入れるだ...

味噌汁の簡単レシピをご紹介!一人分を作る便利な方法は?

一口すするとホッとする味噌汁は、食卓の一品として欲しくなり...

別茹でなし!味噌煮込みうどんのレシピ!乾麺使用で時間短縮

うどん料理を作るとき、皆さんは市販の茹でうどんを使います...

美味しい味噌ラーメンの作り方は?簡単・本格両方紹介!

ラーメンは、とんこつや鶏を煮て、時間がかかるイメージです...

味噌入り鍋はおいしいうえに栄養満点!人気レシピの作り方

味噌入り鍋は体が温まりますし、野菜の甘味と味噌のコクが一...

手作り味噌の容器の大きさは?口の広さや大きい方がよい理由

近頃は、手作り味噌の材料や、容器がネット通販で買いやすく...

簡単な味噌汁のレシピ!栄養豊富なオクラを食べてみましょう

意外に知られていませんが、オクラは栄養が豊富です。 特...

焼きおにぎりに味噌を塗ってシソを添えると味と香りがアップ

焼きおにぎりには、味噌と醤油味があります。 こんがり焼...

ズッキーニを相性の良い味噌とチーズで美味しく食べよう!

みなさんは、ズッキーニを食べたことはありますか? ラタト...

手軽でおいしい味噌汁の作り方!なすの定番・斬新レシピ

なすの味噌汁と言えば定番の味噌汁の具のうちの一つかと思い...

毎年味噌を手作りするならホーロー。おすすめする5つの理由

手作り味噌のおいしさを一度知ったら、やみつきになってしま...

寒い冬にはユリ根の味噌汁はいかが?意外に豊富なレシピ公開

冬の高級野菜、ユリ根はどんな食べ方が好きですか? とは...

自家製味噌の製造販売の許可を取る方法と必要な資格の取り方

味噌は材料があれば、誰でも製造をすることができます。 ...

味噌鍋、旬の食材や冷蔵庫のもの全てをおいしく食べる作り方

冬と言えば鍋、鍋の定番のひとつは味噌鍋ですね! 味噌は...

発酵食品パワーをおかず味噌で手軽に!6つの作り方をご紹介

味噌は古くから「医者いらず」と言われるほどの発酵食品で、...

スポンサーリンク


オーガニックドライマンゴーの効果

ドライフルーツは、フレッシュ(生)のフルーツよりも甘みが強くて、美味しいものです。

普通のドライフルーツでも美味しく、健康効果がありますが、オーガニックドライフルーツは、さらに身体に良いのです。

その違いを、詳しくみていきましょう。

普通のドライフルーツは、化学農薬・化学肥料を使って育てたフルーツを、乾燥させたものです。

オーガニックドライフルーツは、化学農薬・化学肥料を一切使わずに育てたフルーツを、乾燥させたものです。

もし、農薬を使ったとしても、天然由来の農薬や堆肥です。

オーガニック(有機)の作物には、普通に育てたものより、含有量の多い成分があります。

それは、ビタミンCと抗酸化成分です。

なぜ多くなるのか、ご説明します。

◇ビタミンC

微生物が有機物を分解し、土の中のビタミンCが多くなります。

ビタミンCを多く含んだ土から、ゆっくりと栄養を吸収することにより、ビタミンC含有量が多くなります。

◇抗酸化成分

農薬に頼らずに育てられるため、害虫・病気のリスクにさらされます。

しかし、作物自身が身を守ろうとするため、抗酸化成分が増えるのです。

ビタミンCと抗酸化成分、どちらも美容に嬉しい成分です。

特に美容効果を考えるときは、ビタミンCの含有量がトップクラスの、ドライマンゴーはおすすめです。

オーガニックドライフルーツのマンゴーなら、美容効果がさらに期待できるでしょう。

オーガニックドライマンゴーならではの美容効果

美容のことを考えると、気になるのがビタミンCという栄養素です。

フルーツを乾燥させてドライフルーツにすると、ビタミンCが失われるのではないか、と思う人もいるでしょう。

しかし、マンゴーのビタミンCは、加熱や水に強い性質があるので、ドライフルーツになってもビタミンCを豊富に含みます。

そのため、前述のとおり、ドライフルーツになっても、マンゴーのビタミンCの含有量はトップクラスにいるのです。

また、オーガニック栽培で育てたマンゴーは堆肥を使うため、ビタミンCの含有量が、さらに多くなることが期待できます。

ほかにも、抗酸化成分も期待できます。

抗酸化成分は、ニキビ・シミ・肌の老化の原因の活性酸素を除去する働きがあります。

以上のことから、オーガニックドライフルーツのマンゴーは、美容効果が高いと言えます。

ドライマンゴーの効果はまだある!

前述のように、マンゴーのドライフルーツは、ビタミンCと抗酸化成分が豊富です。

しかし、ビタミンCや抗酸化成分だけではありません。

他の栄養成分にも、注目してみましょう。

特筆すべきなのは、食物繊維・葉酸・βカロテン・ビタミンEが豊富ということです。

オーガニックドライフルーツのマンゴーは、様々な栄養素がバランス良く摂れます。

βカロテン・ビタミンEは、抗酸化作用があります。

そのため、悪玉コレステロールが過酸化脂質になりにくく、除去を速めます。

過酸化脂質が減ると、血管が若々しく保たれるので、アンチエイジング効果が期待できます。

次に、食物繊維についてです。

ドライマンゴー100gあたり、食物繊維は約2.5gです。

食物繊維の1日の摂取目標量は、男性20g・女性18g以上、とされています。

もし、マンゴーを100g食べるとすると、1日の摂取目標量の約1/10以上の食物繊維が摂れます。

そのため、便秘解消の効果を狙って、おやつに食べるのもおすすめです。

ダイエット中のおやつにオーガニックドライフルーツ

ダイエットのときに、特に気になるのは、糖質・糖分です。

太りやすいからと、ダイエット中に甘いものを控える人も多いでしょう。

甘いお菓子に含まれている砂糖は、ショ糖が主成分です。

ショ糖は、急激に血糖値を上げるので、下降するのも早く、すぐに空腹になります。

また、血糖値を急激に上げるのは、インスリンを大量に消費するため、健康面でも良くありません。

しかし、ダイエット中でも、甘いものが食べたくなることがあると思います。

そんなときは、天然の甘さのあるドライフルーツのマンゴーがおすすめです。

マンゴーに含まれている果糖は、血糖値がゆっくり上がるので、満腹感が続きます。

また、食物繊維が豊富で、消化に時間が掛かるので、空腹を感じる時間が少なくて済みます。

食物繊維は消化を遅らせるだけでなく、食べたときに噛み応えがあるので、食べすぎを防止できます。

オーガニックのドライフルーツは甘みも強く、甘いものを食べたいという欲求を満たしてくれるので、ダイエット中のおやつにおすすめです。

ドライフルーツは温活対策にも良い

マンゴーは「生のほうが美味しい」「栄養がそのまま摂れる」という理由で、フレッシュ(生)のものを好む人も多いです。

ほど良く熟した生のマンゴーも、もちろん美味しいですよね。

しかし、身体の冷え対策を考えると、生のものは、あまりおすすめできません。

生のマンゴーは100gあたりに、水分が約82gも含まれています。

例えば、生のマンゴーのSサイズを1人で食べるとします。

そのときの重量を考えてみましょう。

マンゴーのSサイズは、1玉が約180gくらいで、可食部は約117gになります。

生のマンゴーSサイズを1人で食べると、約96gの水分を摂ることになります。

水分の摂りすぎは冷えの原因となるので、生のマンゴーを大量に食べるのは、身体を冷やしてしまいます。

ですが、ドライフルーツは、水分を抜いて乾燥させてあります。

つまり、水分が少なく、身体を冷やすデメリットもなくなるのです。

温活をしている人も、冷える心配をせずに食べることができます。

また、暖色系の食べものは、身体を温めると言われています。

温活をするのであれば、太陽のようなオレンジ色のフルーツを食べましょう。

それには、オーガニックドライフルーツのマンゴーは、とてもおすすめです。

カロリーにご注意!ドライフルーツのマンゴー

ここまで、オーガニックドライフルーツ・マンゴーの効果・効能をご紹介しました。

たくさんの健康効果を持つオーガニックドライフルーツのマンゴー。

どうせなら、いつでもどこでも手軽に食べたいですよね。

ドライフルーツは、フレッシュ(生)と違って保存がききます。

食べやすいひと口サイズで保存しておけば、生のマンゴーのように切る手間がなく、食べたいときに、いつでも食べられます。

持ち運びやすいので、学校・職場などにも持っていけます。

しかし、いくら栄養価に優れ、効果・効能のあるオーガニックドライフルーツのマンゴーでも、食べ過ぎは良くありません。

ドライマンゴーは、1切れで約46キロカロリーあります。

おやつで摂取するカロリーは、100キロカロリーまでが理想とされるので、1日に1~2切れが目安です。

もし、おやつにドライマンゴーを食べるのであれば、カロリーに気をつけましょう。

甘くて美味しいだけじゃないドライマンゴー

ドライフルーツの代表とも言えるマンゴー。

オーガニックならではの、特別な育て方をしたマンゴーは、栄養素も豊富です。

カロリーに気をつけながら、美味しく食べて、美容・健康・ダイエットなどに役立ててください。

 - その他食材