米ぬかで肥料を作ろう!納豆を使う作り方と使い方は?

簡単に作れて、効果が高い肥料はないでしょうか?

今回は、家庭で簡単に作れてしまう、それも米ぬかと納豆という、手に入りやすい材料でできる肥料についてご説明します。

どうやって作るのか、どのように使ったらよいのかも、具体的にみていきましょう。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

麦茶の容器を洗う頻度は?使いやすいおすすめな容器のご紹介

夏になると、冷蔵庫に麦茶を作って常備している方は多いですよね。キンキンに冷やした麦茶をゴクゴ...

そうめんの薬味や、つけつゆは関東と関西では違うものなの?

夏になると、食べる頻度が増えるのは、やはり「そうめん」ではないでしょうか?暑さで食欲が出ない...

オーガニック野菜宅配サービスや農産物の世界を比較検証する

オーガニック野菜の宅配サービスが普及した事で、有機栽培への注目度が上昇しています。それに伴い...

スーパーで買う野菜がいちばん値段が安いのか考える

野菜は、毎日の食事に欠かせないものですね。皆さんは、野菜をどうやって買っていますか?スー...

雑煮に味噌を入れる地域と入れない地域!違いは室町時代から

元旦に必ず食べるお雑煮は、日本各地で様々な種類があるのをご存知でしょうか。雑煮のおつゆは、ほ...

バタークッキーは手作りする?人気のお店で買う?

おやつに、お土産に、小腹がすいたときに、クッキーを食べると元気になりますね。おいしくて、かわ...

栄養満点の干し野菜を作ろう!乾燥ネットで簡単に作れます!

野菜の食べ方はいろいろありますが、まず干し野菜が頭に浮かぶ人は少ないと思います。干し野菜は、...

炊飯器の蒸気対策を教えて!スライド式などの食器棚のご紹介

炊飯器から立ち上る蒸気量は、けっこう多いですよね。炊飯器の蒸気が食器棚へ繰り返し付着すると、...

甘酒は麹によって生きてる酵素が違う、その発酵方法とは?

「飲む点滴」とも言われるほど、栄養が高い甘酒。甘酒には、米麹と酒粕、2種類があります。米...

江戸時代の食事とは?江戸の町人たちが育てた日本食文化

江戸時代は時代劇などで取り上げられることもあって、親しみを感じる時代ではないでしょうか。しかし...

生きた菌が作り出す醤油の微生物と美味しい味の関係とは!?

醤油は古くから親しまれてきた発酵調味料です。醸造品とも言われますが、発酵に必要な物がお酒やビ...

お米を美味しく食べるには家庭用無洗米精米機は必需品!

現在、家庭用無洗米精米機を使っている家庭も増えてきています。面倒くさいだけでは?と思ってしま...

土鍋と炊飯器とでは、どちらが光熱費はかからないの!?

炊きたてのご飯は、格別に美味しいですよね!突然ですが、ここで質問です。みなさんは、どのよう...

一人暮らしでかかる費用について!食費にかかる最低費用は?

一人暮らしを始める方は、一人暮らしでかかる必要最低限の費用をご存知ですか?また一人暮らしをさ...

和食にもワインを!醤油や味噌にワインが合うって本当?

和食の基本である醤油や味噌を使った料理は、ワインには合わないという考えの人もいます。確かに、...

スポンサーリンク

納豆菌と米ぬかで作るぼかし肥料を作るメリット

効果が高い肥料に、ぼかし肥料というものがあります。

納豆菌で米ぬかを発酵させて、米ぬかの栄養分の塊を分解し、植物が吸収しやすい形にします。

納豆菌により、養分はイオン化し、植物が吸収しやすい質の良い肥料になるのです。

また、土の中に住む微生物の栄養分となり、土壌の改良もできます。

納豆菌を使ったぼかし肥料は、比較的簡単にできるとも言われています。

米ぬかは「コイン精米所などにご自由にお持ちください」と、書いて置いてあったりしますので、簡単に手に入りやすいものです。

以上のように、納豆菌と米ぬかで、ぼかし肥料を作るメリットは、たくさんあります。

ちなみに、ぼかし肥料と呼ぶ理由は、有機肥料を微生物によって、発酵させて原型から「ぼかす」からです。

ここでの「ぼかす」という語は、「色をぼかす」というときの、ぼかすと同じ意味合いがあると言われています。

そして、ぼかし肥料は、好気性発酵させて作る方法と、嫌気性発酵させて作る方法があります。

嫌気性発酵の場合は、ビニールなどに入れて、密封して作ります。

反対に、好気性発酵の場合は、空気に触れさせた状態で作ります。

嫌気性発酵は切り返し、つまり混ぜ返すことをしなくてよいので、面倒が減ります。

しかし、発酵が低温になるので、出来上がるまで時間が掛かります。

好気性発酵は、熱が上がりすぎないように、ときどき切り返しが必要になります。

今回ご紹介するのは、米ぬかと納豆菌を使った、好気性発酵のぼかし肥料の作り方です。

作り方をみる前に、まずは納豆菌についてみていきましょう。

納豆菌の力とは

朝食などでも、よく食べられている納豆パックの納豆を使って、肥料が作れます。

これにより、わざわざ納豆菌を苦労して手に入れなくても大丈夫です。

いつものスーパーなどで買えますし、とても安く手に入ります。

低コストで、ぼかし肥料ができてしまうのも、納豆を用いる魅力のひとつです。

そんな納豆菌の力をみていきましょう。

納豆菌は、30種類以上の植物病原菌の働きを抑制するための抗菌物質を、作り出してくれるそうです。

病原菌の栄養物質となる鉄分を与えないよう働き、病原菌の活動を抑制する効果があります。

そして、ぼかし肥料を作る際には、米ぬかを発酵させる菌として働いてくれるのです。

しかし、そもそもなぜ、米ぬかを発酵させる必要があるのでしょうか。

また、米ぬかを、そのまま肥料として使ってはいけないのでしょうか。

米ぬかはそのまま畑に撒けないの?

米ぬかは、玄米を精米した後に残る粉なので、栄養をたくさん含んでいます。

栄養たっぷりなので、そのまま畑に撒いても良いのではと思いますが、実際はどうなのでしょうか。

そのまま畑に米ぬかを撒いてしまうと、ぬかの中の糖質や脂質が微生物によって、分解されてしまいます。

すると、その活発化した微生物が窒素を土から奪い取り、植物が吸収する窒素を減らしてしまうのです。

そのため、植物や作物に窒素不足と、同じ症状が出てしまいます。

また、土に米ぬかをそのまま混ぜると、速いスピードで分解して熱や炭酸ガスを出し、土の酸素を欠乏させます。

こうなると、根がダメージを受けてしまうのです。

こうした理由のため、米ぬかをそのまま肥料として撒くことは、おすすめできません。

上記に述べたような問題が出ないようにするために、納豆菌や別の菌を使って、米ぬかを発酵させるのです。

ちなみに、好気性ぼかし肥料を作る場合は、空気にさらすわけですから、米ぬかを発酵させる時期は秋から冬がベストです。

夏に作ると雑菌が入ったり、虫がわく恐れがあります。

つまり、失敗につながる確率が高くなるということです。

冬に米ぬかを発酵させておくと、春に肥料を使うことができますので、タイミング的にはおすすめです。

次項でご紹介しますが、ぼかし肥料は、もちろん夏場でも作ることはできます。

その場合は、納豆菌は好気性菌なので、別の菌を用いて嫌気性発酵の方法で作ってみるのものも、よいですね。

納豆と米ぬかで作るぼかし肥料の作り方

では、具体的に、どのような方法で米ぬかと納豆で、ぼかし肥料を作ったらよいのでしょうか。

作り方をみてみましょう。

【用意する材料】

・米ぬか 10kg
・納豆 1パック
・水 3リットル
・大きめの園芸用桶、または衣装ケースのようなもの

【作り方】

①まず、桶に米ぬかを入れて、水を2.5リットル入れて、よく混ぜます。

撹拌が終わるまで10分くらいは掛かりますが、米ぬかと水がよくなじむまで、混ぜましょう。

②残りの水で納豆を溶かし、この水入り納豆を、①に混ぜ込みます。

③この後は、発酵作業に入ります。

布をかけて発酵させましょう。

④発酵熱が出てからは、1日に1回は、酵素を行き渡らせるために撹拌していきます。

発酵が完了するまで、夏場は5日から1週間ほど、冬場は10日ほど掛かります。

発酵中は温度がどんどん上がるので、温度計で温度を計りながら、発酵の様子をみましょう。

温度が下がり、味噌のような香りがするようになったら完成です。

使用するときは、温度が安定するまで待ってから使いましょう。

納豆米ぬかで発酵中のぼかし肥料の温度が上がらない場合

納豆と米ぬかを仕込んだ後で発酵に入ります。

発酵の際、温度が上がりにくいことがありますが、それにはどういった原因があるのでしょうか。

好気性発酵は酸素が必要ではありますが、反対に、混ぜすぎないようにしてください。

菌がまだ増えていない段階で、混ぜすぎてしまうことは、よくありません。

ある程度、菌が増えてから、混ぜるようにします。

混ぜすぎると温度が下がってしまい、温度が上がるまで、また時間が掛かってしまいます。

40~50℃の発酵熱が出るまで、暑い時期は3~4日に1回、冬場は1週間に1回混ぜます。

発酵熱が安定したら、毎日1回混ぜると良いでしょう。

こうすると、温度が上がりすぎないようにできます。

また、温度が上がりにくい原因として、水分の量が足りていないことも考えられます。

水分量を40~50%は保たせないと、発酵がなかなか進みません。

ですから、混ぜるときによく観察し、水分が足りないようなら、水分も足しましょう。

ただ、夏場は水分が必要になることは、まずありません。

水は、多すぎてもいけません。

水が多すぎると、腐ってしまいます。

肥料の材料を握って固まるけれど、指で押すとパラパラと崩れるほどの硬さに、調整しましょう。

納豆と米ぬかで作ったぼかし肥料の使い方

米ぬかと納豆で作ったぼかし肥料は即効性があり、窒素も多く含みますので、少量ですぐに効果が出ます。

この特徴を考えると、追肥として使うのがおすすめです。

やり方のコツは、量を少なめに撒くことです。

撒きすぎてしまうと窒素過剰になり、失敗の原因になってしまいます。

ぼかし肥料は、少量ずつ与えることを心掛けましょう。

また、いつ追肥をするかは、作物の葉色をみて決めましょう。

ぼかし肥料の窒素は、撒いた後の早い段階で6割は放出されるため、即効性があります。

しかしながら、残りの4割の窒素は、分解されにくい有機物になっていて、ゆっくりと放出されます。

そのため、ぼかし肥料の窒素が全部出るまでは、数ヶ月から半年ほど掛かります。

もし「元肥として使いたい」というのでしたら、肥料を畝の上部1/3くらいに混ぜ込んで使います。

全体に混ぜ込むと、効果が減ってしまいますので、気をつけましょう。

その他の注意点です。

米ぬかを発酵させた肥料は家の中で使うと、コバエやゴキブリが寄ってくる恐れがあります。

そのため、室内の観葉植物などに使うのは、なるべく避けましょう。

簡単に・手軽に・低コストでぼかし肥料を作ってみよう

納豆と米ぬかで、簡単にぼかし肥料が作れます。

決して適当に作るのではなく、きちんと勉強して、正しい知識に基づいて作ってみてくださいね。

そうすれば、失敗することも少なくなります。

効果が高く、即効性のある質の良い肥料を作ってみましょう。