小腸の役割とは!?水分のほとんどは小腸で吸収されている!

下痢や便秘、それに伴い繰り返される腹痛などの症状に悩まされている人は、老若男女問わず多いと思います。

今回は、私達の大事な消化管のうちの「小腸」に、スポットを当ててみました。

水分の吸収は大腸で、栄養の吸収は小腸でという認識をもっていた方、必見です。

実は、水分のほとんどは小腸で吸収されていたのです!

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

ご飯ってどれくらいのカロリー?女性に役立つご飯の食べ方

ご飯を食べる時に、女性が気になるのはやっぱりカロリー、という方は多くいらっしゃいます。実際ど...

自由研究はこれで決まり!ジュースに含まれる砂糖の量を研究

小学校や中学校が長い休みに入る夏休みや冬休みなど、自由研究という宿題を課せられますよね。今年...

食品に使われる着色料に虫が使われていることへの安全と弊害

食品添加物の中には、天然の添加物もあります。特に着色料では、昔から利用されていた、ヨモギ...

塩少々って何g?レシピの調味料の表記を理解しよう

お料理を始めると、レシピの読み方が難しく感じるかもしれません。塩少々、ひとつまみ、適宜、適量....

体に良い食べ物の名前を発表します!ぜひご一覧ください

生活の中で、大切な要素であるのは「食べる」ということです。食べ物から体ができているのですから...

食事改善で便秘を軽減し、運動の継続で更に効果が見込める!

体に何らかの病的症状が見られた時、つい、薬に頼ってしまう傾向があります。しかし、以前から「食...

電子レンジで溶けたラップは有害?その安全性を検証してみた

食品を電子レンジで加熱すると、食材に触れたラップが溶けて、有害な物質が体内に吸収されてしまい危険...

体が水を吸収する時間と排出するまでの時間はどのくらい?

あなたは体の「水分吸収」について、どのくらい知っていますか?ほとんどの人が、この水分吸収につ...

オーガニックフードで健康体!どんな利点・欠点がある?

「オーガニックフード」と聞くと、なんだか身体に良さそうな気がしませんか?近年では、オーガニック...

カロリーは低い?バナナとご飯置き換えダイエットの是非

多くの女性はダイエットに興味がありますよね。新しいダイエット方法が流行ると、すぐに雑誌やテレ...

味噌汁1杯分に含まれる塩分量ははたしてどれぐらいなのか?

どんな料理でもどれぐらい塩分が入っているか気になるものですよね。毎日味噌汁1杯を飲むと、塩分や...

アレルギーでも食べれる小麦粉を使ったお菓子・バターなし編

今は昔に比べてアレルギーを持っている方が多く、市販のお菓子を買うとき原材料を見て慎重に買わざるを得...

ビタミンcは酸化を防ぐ?食品が酸化すると変色する理由とは

私たちは食事を摂って、必要な栄養素を体内に摂り入れています。なかには、体内で作ることができな...

味噌汁に含まれる塩分はどれくらい?計算方法はこちらです

健康のために、食事の塩分量を気にしている人が増えています。スーパーでも減塩の文字をよく見...

カロリーゼロのゼリーは本当にカロリーや糖質がゼロなのか?

健康志向を反映してか、巷にはカロリーゼロや糖質ゼロをうたう食品が溢れています。食事には気を配...

スポンサーリンク

食べ物の消化吸収の流れ

排便のお話をします…。
というと、ちょっと不快に思われる方もいらっしゃるかもしれません。

ですが、便の状態を知ることは、自分の健康状態を把握するうえでも、非常に大切なことです。

水分を摂り過ぎたり、逆に水分不足になったりすると、便の状態に顕著に現れますよね。

排便のメカニズムを理解するためには、まず、便がどんな過程で作られるのかを知っておく必要があります。

私達が食べた物は口から肛門まで、消化管を通って進んで行きます。
消化管は、場所によって形状や長さが、おのおの異なります。

消化管は、食道・胃・十二指腸と続き、5~6mあると言われる小腸から、1.5~2mの長さの大腸へと連なります。

ここで、消化吸収の流れについてお話します。

食べ物は食道をスッと落ちた後、胃の中でドロドロに溶かされます。
それから十二指腸に移動し、消化液と混じり合います。

胆汁は肝臓で作られた後、一時的に胆のうに蓄えられます。
胃の動きが活発になると、胆汁も一瞬にして、十二指腸へと流れ込みます。

胃の裏側に位置する膵臓からは、消化酵素が分泌されます。

そして、その消化酵素によって、ブドウ糖やアミノ酸といった栄養素に分解されます。

水分は主に小腸で吸収される

前項に引き続き、食べ物の消化吸収の流れについてお話します。

消化管から分泌される胃液や胆汁、膵液の量はどのくらいだと思いますか。

その分泌量は、1日になんと、約6ℓにも達すると言われているのです。
さらに、この6ℓに、食品中の水分や唾液を加えると、合計でおよそ9ℓくらいの量になります。

自分の体の中に、これだけの量の体液や水分があるとは驚きですよね。

前項でも少し触れましたが、私達が食べた物は胃の中でドロドロの状態ですが、消化酵素の働きによって、肉眼では見ることのできない栄養素に分解されます。

そして、この栄養素は9ℓの液体として、細長い小腸を徐々に前進しながら、体の中に吸収されていきます。

小腸に流れ込む9ℓのうち、およそ7ℓくらいはブドウ糖やアミノ酸といった栄養素と一緒に、小腸で吸収されるのです。

そして、残った2ℓと、消化されなかった食物繊維が大腸に入ります。

大腸では水分や電解質が吸収される

小腸では消化されなかった食物繊維が混ざっている、残りの2ℓは栄養素もなく、水のような状態になります。

大腸では、主に水分や電解質が吸収されます。
食べ物のカスだけが収集され、それらが塊となったものが便になるのです。

このように食べ物の形状の変化は、腸のどこを移動しているかに関わっていますが、同時に便の形状は大腸を進む速度に関係しています。

その理由を、今からお話しますね。

大腸に流れ込むとき、食べ物はほぼ液体の状態になっています。
そのため、水分が吸収されずに大腸を素通りしてしまえば、水便になります。

いわゆる、たまに襲われることがある、下痢の状態ですね。

逆に、大腸の通過時間が長ければ長いほど、水分の吸収は行われます。

その結果、便が黒いカチカチ状態になってしまい、排便されにくくなってしまうのです。

こうなってしまうと、トイレタイムが地獄の時間へと変わってしまいかねません。

便の量は、食べ物の量と比例します。
食べた量と便の量が、あまりにも差があるのは、それほど体が栄養を吸収しているということです。

しかし、便の量が少なすぎる人もいます。
便の量が少ない原因は、食物繊維不足が考えられます。

食物繊維が不足すると腸内環境が悪化し、便が正常に作られずに、うまく排出できなくなってしまいます。

そういった場合は、野菜や海藻などの食物繊維を多く含む食べ物を、積極的に摂取するようにしましょう。

水分は小腸や大腸で吸収され排出される

小腸は上から十二指腸・空腸・回腸の3つに分けられます。

小腸は日常生活において、あまり気にすることのない臓器ですが、私達の体の中で重要な働きをしてくれています。

小腸の働きは、排尿にも大きく関わっています。
そこで、排便だけでなく、排尿のメカニズムについても知っておきましょう。

私達は、血液中に溶け込んだ老廃物を、尿として体外に排出しています。

口から飲んだ水分は、食道⇒胃⇒十二指腸と通過し、小腸で吸収されます。
そして、吸収された水分は、血液にのって全身を巡ります。

大腸でも水分は吸収され、一部は便とともに排出されます。
そして、左右一対の腎臓の働きによって、体液量を調節しているのです。

全身を巡った血液は、毛細血管を経由して腎臓の中で、ろ過されます。
腎臓で作られた尿は、尿管という管を通って、膀胱に流れ込みます。

膀胱とは、腎臓から送られてくる尿を、一時的に溜める袋みたいな臓器です。

膀胱に尿が一定量たまると、脳から「出せ」の指令が出て、膀胱から押し出された尿は、尿道を通って排泄されます。

小腸などの腸内環境改善のためにやるべきこと

ここでは小腸などの腸内環境改善のために、やるべきことをご紹介します。

☆硬水をこまめに摂取

水といっても、スーパーやコンビニで売られているような、ミネラルウォーターが最も適しています。

ミネラルウォーターには、軟水と硬水があり、日本でおなじみなのは、軟水です。

ですが、海外で飲まれている硬水には、便秘薬にも含まれているマグネシウムなど、便通を良くしてくれる成分が含まれています。

一度にたくさん飲むのではなく、こまめに飲むことにより、いつも腸に水分がある状態を保てます。
そうすると、腸の働きも良好になり、便秘の改善にも効果が期待できます。

水分は食事や飲み物などから、1日に3~5ℓほどの量を摂取しています。

食事から摂る水分が不足しているときは、腸内環境の悪化を防ぐためにも、しっかりと飲み物からも水分を吸収しましょう。

食事量とのバランスを考えながら、水分を摂取することが大切です。

☆朝食にバナナ

朝は時間に追われて、バタバタと忙しいですよね。

そんなときには、バナナを食べましょう。

食べ終わるのに時間も掛かりませんし、バナナとヨーグルトを一緒に食べると善玉菌が増えるので、良いことだらけですね。

☆食物繊維たっぷりの味噌汁

ごぼうなどの根菜と、ワカメなどの海藻類が具の味噌汁を飲むことで、食物繊維がたくさん摂れます。

気を配って欲しいのが、水溶性食物繊維と不水溶性食物繊維の、両方を摂取することです。

水溶性食物繊維は海藻類や果物、こんにゃくなどに含まれている食物繊維です。
悪玉菌や脂質などの吸収を、穏やかにしてくれる効果があります。

反対に、不水溶性食物繊維は、根菜などの咀嚼回数が多くなるものに、たくさん含まれています。

そして、その繊維質は腸内でも溶けずに、悪玉菌などを絡め取って、体外に便として排出してくれます。

この2つの食物繊維を、バランスよく摂取することで、腸内環境改善効果が期待できます。

☆インナーマッスルを鍛える

腹筋が弱いと、便をうまく押し出すことができないので、便秘になることがあります。

下半身と上半身を繋げる腸腰筋、つまりインナーマッスルと呼ばれる、お腹の内側の筋肉を鍛えましょう。

小腸などの腸内環境改善メニュー

腸内環境は、全身の健康状態に大きな影響を与えます。

健康増進のためにも「押麦のヨーグルトスープ」を作って、小腸などの腸内環境の改善を行いましょう。

トローリとしたスープに、押麦のプチプチ食感も楽しめて、消化吸収も良いですよ。

【材料 約3人分】

・押麦 大さじ軽く3杯(30g)
・玉ねぎ 1/4個(50~60g)
・卵 1個
・プレーンヨーグルト(無糖) 1カップ(200g)
・小麦粉 大さじ2
・水 400cc
・塩 小さじ1/4~1/2
・コンソメ 1個
・バター 10g
・こしょう 少々
・パセリ・バジル・オレガノ等ハーブ類 お好みで適量

【作り方】

①押麦はザルに入れて軽く洗い、玉ねぎはみじん切りにしましょう。

②鍋に卵を入れ、ヨーグルト・小麦粉を入れたら、よく混ぜます。

③そこに水と塩を加えて、さらによく混ぜ、コンソメとバターを加えます。

④鍋を火にかけ、焦げ付かないようにかき混ぜながら、中火で加熱しましょう。
沸騰したら弱火にして、時折り混ぜながら、10分くらい煮ます。

⑤こしょうと刻んだハーブ類を入れ、さらに弱火で8~10分くらい煮込みます。

⑥味見をして、お好みで塩こしょうで味を整えたら、出来上がりです。

小腸を大事にしよう

いかがでしたか。

小腸は目立たないところで毎日頑張ってくれている、とても大事な臓器だということがよくわかりましたね。

腸内改善のためにも、腸に良い食べ物を積極的に摂取したり、インナーマッスルを鍛えるようにしましょう。