簡単で美味しい米粉を使った料理の作り方!米粉の特徴も!

ご家庭に小麦粉を常備しているご家庭は、多いかと思います。

しかし、最近よく目にする米粉は、なかなかご家庭においてあることは少ないでしょう。

使い方が分からないと、買っても無駄にしてしまう可能性もありますよね。

しかし、米粉は無駄にするどころか、簡単にたくさんの料理に活用することができます。

今回は、米粉を使った料理の作り方と、米粉の特徴をご紹介します。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

クッキーを体に優しい材料で作ってみよう!作り方教えます!

初心者さんのお菓子作りの定番と言ったら・・・「クッキー」ではないでしょうか!?手作りのクッキ...

忙しい朝にも便利な味噌玉レシピ特集!人気の秘密はなに?

数年前から味噌玉という言葉を耳にする機会が多くなりました。今ではすっかり人気になった味噌玉で...

手作りだし汁の作り方!ほんだしを活用した時短調理レシピ!

かつお節や昆布から、丁寧にとっただし汁をイメージしてみて下さい。手間ひまかけた分だけ、自然の...

「あれ?これ片栗粉と小麦粉、どっちだっけ?」見分け方は?

お料理でよく使う、片栗粉と小麦粉。どちらも白い粉で、袋から出したらどっちか分からなくなってしまっ...

和食の要の醤油を使った色々な焼きうどんのレシピのご紹介

焼きうどんは、私達にとても身近な日本料理です。焼きそばと同じように、うどんを肉や野菜などの具...

味噌を手作りしよう!ありがちな失敗とその対処法とは?

日本人の好きな味と言えば、やはり醤油味と味噌味ですよね。手作り味噌は比較的作りやすいことから...

中華料理の定番チャーハン!オススメの調味料や作り方とは

中華料理の定番「チャーハン」は手軽に作れるメニューでもあり、ラーメン屋などでも人気のあるメニューです...

電子レンジのグリル機能ならアルミホイルが使える?!

みなさんがお使いの電子レンジには、グリル機能が付いていますか?魚などを焼く場合、ガスコンロの...

料理で使うならどっち?砂糖・みりんの違い。使い方の解説

家庭で調味料はたくさんあると思いますが、砂糖とみりんの違いを説明できる方は、意外と少ないのではない...

お米を上手に計る!計量カップの違いと一合の量を知ろう

ご飯を炊くにはお米の量を計ります。計量カップで一合、二合…と計って洗って研いで炊く、というの...

電子レンジで簡単スピーディ!おいしく出来るレシピをご紹介

忙しい時や疲れている時、また夏の暑い日に、コンロで調理するのは大変です。そんな時、電子レンジ...

ちょっとした工夫でリッチな味噌汁を!海老だしを取る方法

お寿司屋さんに行った時など、海老だしの香り豊かなおいしい味噌汁を飲まれたこともあるのではないでし...

炊飯器や土鍋、圧力鍋を使って玄米4合を炊く時の水加減は?

カラダに良い玄米は、ご家庭でもカンタンに炊けます。普段お使いの炊飯器ではもちろん、土鍋や圧力...

手前味噌の作り方のコツは?初めてならビニール袋がおすすめ

最近、手作りの味噌が話題になっています。手前味噌ともいうこの自家製味噌作りですが、作るのに手...

スパイスを沢山使うカレーは健康食!コクうまカレーを作ろう

カレーに含まれるスパイスには、様々な健康効果が期待できます。中にはあまり聞き慣れないスパイス...

スポンサーリンク

最近見かける米粉とは?

近年、米粉を使った商品や食品を、スーパーなどで多く見かけませんか?

小麦粉で作るような食品でも、「米粉で作った…」とパッケージに書かれていることもありますよね。

米粉を使った簡単な料理の作り方の前に、米粉とは、いったいどんなものなのか、見ていきましょう。

米粉とは、私たちの主食である、お米を粉状にしたものです。

団子やせんべい、和菓子などの食べものに、昔から使われている食材です。

昔から使われている米粉を、半分以下まで、微細の米粉にする技術が開発がされてからは、さまざまな食品で使われるようになりました。

洋菓子・パン・麺類など、幅広く使えるようになったのです。

米粉は、私たち消費者だけではなく、食品産業も注目しているので、お米の新しい需要にもなりますよね。

これからも、米粉を使った新しい商品が、数多く開発される可能性も秘めています。

食品自給率の向上にも、つながりますよね。
米粉を使って、日本を盛り上げましょう。

米粉の嬉しい特徴

次に、米粉の特性を見てみましょう。

☆食感・味

米粉の特性として、とろみが付く作用があります。
スープや、あんを作るときには、とろっとした食感になります。

お菓子の作り方で、小麦粉を使う場合、小麦粉を米粉に代えるだけで、もっちり・しっとりとした食感に焼けますよ。

味はクセがなく、色々な食材とも相性が良いので、料理に使いやすいです。

☆小麦粉と異なる点

私たちの体に必要な必須アミノ酸が、小麦粉と比べると、バランスが良く摂取できます。

また、油の吸収率が少ない米粉は、揚げものなどの料理をヘルシーに仕上げたいときなど、簡単に摂取カロリーを抑えることができます。

そして、揚げてから時間が経っても、衣がベチャっとなりにくいです。

☆栄養満点

微細にしたとしても、米粉はお米の栄養価は変わらないので、米粉は、お米を食べているのと同じことです。

お米に含まれる、炭水化物・タンパク質・ビタミンB1・Eが含まれているので、米粉は栄養価が高い食材と言えます。

料理に使いやすい米粉

米粉の特徴だけ見ても、使ってみたくなりますね。
ここでは、料理で米粉を使うメリットをご紹介します。

☆使いやすい

米粉は、とても細かく、さらさらとしています。

これにより、料理の作り方で面倒な粉をふるう作業が必要がなく、水分とも混ざりやすいので、ダマになりにくいメリットがあります。

料理を作った後も、水でサッと簡単に洗い流すことができるので、後片付けが楽にできますよ。

☆グルテンフリー

小麦粉を、水と混ぜすぎてしまうと、グルテンという粘り気の物質が出ます。

このグルテン、料理によっては、発生させたくない場合もありますよね。
しかし、米粉はどんなに混ぜても、グルテンを作る成分が入っていないので、気にせずに料理が作れます。

☆安心で自給率アップ

国産の米粉は、添加物は使われていません。
また、ほとんどが日本全土で作られているので、自給率の向上にもなるメリットがあります。

日本が誇れるお米の米粉を、世の中に浸透させ、定着させたいものですね。

ふるいにかけず簡単!米粉かぼちゃクッキーの作り方

クッキー作りで面倒なのが、小麦粉を一度、ふるいにかける作業です。

米粉を使えば、そんな面倒な作業がなく、簡単にサクサクのクッキーが作れますよ。

☆米粉かぼちゃクッキー

【材料 約50個】

・かぼちゃ 400g
・米粉 約300g(調整してください)
・バター 30g
・砂糖 大さじ3杯
・卵 1個

【作り方】

①かぼちゃを、包丁で切りやすいように、電子レンジで1分ほど加熱します。
電子レンジから取り出し、種を取り除いたら、適当な大きさに切り、鍋で茹でましょう。

②茹でたかぼちゃをつぶし、常温に戻しておいたバター・砂糖・卵を入れ、よく混ぜ合わせます。

③ ②に米粉を入れて、生地をまとめていきます。
米粉の量ですが、かぼちゃに含まれる水分によって、米粉の量が変わってきます。

成形しやすい生地になるまで、様子を見ながら増やしてください。

④160℃のオーブンで15分焼き、180℃で5分焼いて取り出し、粗熱が取れたら出来上がりです。

優しい甘さなので、もう少し甘さが欲しい方は、バター・砂糖・バニラエッセンスなどで調整してみてくださいね。

かぼちゃの代わりに、サツマイモを使っても、美味しいですよ。

混ぜて焼くだけ簡単!米粉チヂミの作り方

中はモチモチ、外はサクッとしたおかずにも、おつまみにも嬉しい簡単に作れる一品です。

米粉は油を吸収しにくいですから、小麦粉で作るよりも、摂取カロリーを抑えられますよ。

☆米粉チーズチヂミ

【材料 2人分】

・米粉 1カップ
・水 1カップ
・卵 1個
・塩 小さじ1/2
・ゴマ油 大さじ1
・ニラ 1束
・にんじん 3cm
・長ネギ 1/2本
・とろけるチーズ(※ピザ用) 80g
・白ゴマ 大さじ1

【作り方】

①ボウルに、水と卵を入れて混ぜます。

②米粉と塩を①に加えて、ダマがなくなるまで混ぜ合わせましょう。
ここで、しっかり混ぜることによって、もっちり食感になりますよ。

そこに、ゴマ油を加え混ぜます。

③ニラは3cmにざく切り、にんじんは細切り、長ネギは斜め薄切りに切っておきます。

④ ②に③とチーズ、白ゴマを加え、しっかりと混ぜ合わせましょう。

⑤油を熱したフライパンで、④の生地を薄めに伸ばし、両面焼きます。

焼き色がついたら、出来上がりです。

フライパンで作れる、簡単米粉パンの作り方

もっちりとしたパンが、ホームベーカリーやオーブンがなくても、フライパンで簡単に作れます。

朝食や子供のおやつ、小腹が空いたときにいかがでしょうか。

☆米粉パン

【材料 4個(直径12cm)】

・米粉 150g
・砂糖 大さじ1
・ベーキングパウダー 5g
・塩 ひとつまみ
・牛乳 大さじ3
・プレーンヨーグルト 90g

【作り方】

①ボウルに全ての材料を入れて、ゴムベラでまとめるように混ぜます。
混ざりにくい場合は、牛乳を少しずつ足しながら(大さじ1ぐらい)様子を見ましょう。

②フライパンに油(分量外)をひいて、中火にかけます。

③フライパンが温まったら弱火にして、①の生地を4等分にした量を流し、フタをして焼きましょう。

④片面5分を目安にして、美味しそうな焼き目になってきたら、ひっくり返して、もう片面も焼けば出来上がりです。

焼き時間は、焼き色を見ながら、調整してください。

このままでも、もちろん美味しいですが、ハムやレタスなどを挟み、バンズのように食べるのもオススメですよ。

米粉をもっと活用しよう

今まで使ったことのない食材だと、どのように扱えばいいのか心配なこともありますよね。

ところですが、米粉は、普段お使いの小麦粉のように活用できます。

色々な料理に使えるので、ぜひ、お米からできている米粉を使ってみては、いかがでしょうか。